内職&在宅ワーク

内職&在宅ワークガイド

働く女性の増加策や世帯収入の増加策といった社会の流れを受けて、今、女性を中心に内職や在宅ワークといった比較的自由な働き方が人気となっています。家事や育児に忙しい主婦の方々も日中や夜間の少しの時間を有効に利用して内職に取り組んだり、働いている方々もプラスアルファの収入を目的として内職や在宅ワークを副業として取り組まれています。

内職&在宅ワークガイドは、「家計のために今から挑戦してみたいけど、どんなお仕事や案件があるのかイメージできない」という皆さんや、「メリットも理解できてやる気もあるけど実際の始め方がよくわからない」という皆さんを対象に、内職や在宅ワーク実践者の全国の声やそれぞれの始め方などについてわかりやすく解説するサイトです。

内職とは

まずは内職の定義からおさらいしましょう。一口に内職といってもいろいろなものがありますが、皆さんにとってもっともイメージしやすいものは、袋詰めや箱詰め、ボタン付けやあて名書きといったように材料をもらって自宅でつくって納品する内職ではないでしょうか?

別名、家内制手工業といわれ、昔も今も主婦を中心に根強い人気をもつ内職です。

最近では材料をもらって作業する内職以外にも、様々なスタイルの内職が増えてきています。その代表的なものがインターネットをつかって自宅にいながら全国のお仕事に取り組むことができるクラウド内職です。

クラウド内職とは、先に紹介した袋詰めなどの材料作業内職はもちろんのこと、ブログ記事の作成やデータ入力、翻訳、アンケート協力といった様々なお仕事に自宅から出ることなく取り組むことができる本格的な内職のことを言います。

登録されているお仕事は様々な分野で多岐にわたる案件が豊富にあるため、自分の好きなことや得意な分野で絞って案件を自分自身で選んで取り組むことが可能ですし、案件ごとに作業の単価も公開されているので、自分で単価のよいものを選んで取り組むことも可能です。

特別なスキルがなくても誰でも気軽に始めることができるため多くの人に人気となっていますが、どんな内職であっても、仕事を依頼するクライアントとそれを受ける内職者との立派なお仕事(ビジネス)です。自由に選んで始めた内職は、責任をもってしっかり作業しましょう。

在宅ワークとは

在宅ワークとは、パソコンを利用して企業の業務の一部を請け負ってすることを言います。厳密にいえば、内職は委託、在宅ワークは請負というように契約の性質が異なりますが、実際に仕事を探している方々はあまりその違いを意識はしていないようです。

世間一般的には自宅にいながらお仕事をすることを在宅ワークと言い、これもまた最近ではクラウド型の在宅ワークが主流となっています。以前の在宅ワークは企業のお仕事を専門に収集する仲介者にお願いして、企業とつないでもらっていましたので、そのころと比べると、在宅ワークはかなり私たちの身近なお仕事になってきたと言えるでしょう。

在宅ワークとして取り組めるお仕事には、ライティングやイラスト、デザイン、設計、翻訳、データ入力、経理、書類作成、各種代行などなど本当に多くのお仕事があり、今の自分にできることのなかから安心して取り組むことができるようになっています。

内職&在宅ワーク