やりたくないPTA役員をやってみた~PTA活動は大変?やる価値あり?~

    目次
  • PTA参加は強制なの?
  • 加入しないという選択は?
  • 私がPTA役員になったきっかけ
  • 役員仲間とのお付き合い
  • 保護者や役員経験者との付き合い方
  • 役員活動への取り組み方
  • 役員は大変なのか?
  • 役員進行中の今、感じる事
  • おわりに




ここでは、「面倒だけど、考え方を変えれば、少し楽しくPTA活動ができるかも・・・」という点から、自分の経験を紹介しようと思います。

1.「PTA参加」は強制なの?

子供が集団生活に入ると、必ず出てくるPTA役員問題。結論から言うと、PTA参加は任意です。

私も、初めはとても抵抗があり、「なぜ、いまどきこんな制度があるのか。」「忙しいのに面倒だなぁ。」「幼稚園や学校がする仕事じゃないの?」・・・そういうマイナス面ばかり感じていました。役員の方を見ていて「大変そうだなぁ。」と思いましたし、できれば自分は関わりたくないとばかり感じていました。

ですが、実際、子供の生活を通して徐々に思いが強くなったのは、PTA活動や役員の方々への感謝でした。先生たちだけではなく、役員の方々の陰の働きがなければ、日頃の幼稚園・学校生活も円滑にいかないと思うのです。PTA、またはその役員の方たちが学校と家庭との間で子供たちを色んな意味で支えてくれているということに気づきました。

そう思うと、少なくとも私は「強制的に加入させられている。」という意識は次第に薄くなっていきました。

2.加入しないという選択は?

実際、PTAは任意参加でありながら、だれもが参加するのが暗黙の了解のようになっています。おかしいなとも思いますが、実際、PTAが絡む活動も少なくないのも現状です。もし、自分の都合でPTA参加を拒否すれば、子供はPTA主催の行事参加や、また、PTA会費で賄っている物(一例として、行事の参加賞など)の恩恵を受けることもできなくなります。時としてPTAからの寄付によって贈られた備品を使って子供たちは学校生活を送っています。

そのあたりの詳細は学校や地域性によっても異なると思いますが、こういった点を考えると、なかなか「加入しません。」と言い切れるものでもないですね。そういう慣習をなくしてしまえばいいのか、その是非も問題視されることも多いようですが、難しい問題ですね。

「PTA」を無くすとしたら、また別のやり方で、子供の学校生活の手助けとなる活動が必要となってくると思いますし、本当に難しい問題だと思います。

「PTAに興味はない。加入するつもりはない。」と言い切れるタイプの人であれば、おそらく悩む必要も感じないと思うので、こういった記事を目にすることもないと思いますが。

3.私がPTA役員になったきっかけ

自分の我が子には、「自分さえよければ」という人間にはなってほしくありません。実際、初めて役員選考の時期になった時、できれば理由をつけて逃げたかったです。白紙で出そうかな、仕事や育児を理由にしようかな、などと、正直色々と考えました。

でも、子供は親の背中を見て育つものです。子供には、「お互い様・思いやりの精神」「周囲に感謝できる心」「困っている人を助けることができる」「やらない後悔より、やって後悔」・・・そういう心を育てたいと思うので、自分が言い訳つけて逃げるということができないと感じたのです。結局は、子供のため、自分のためです。

もし我が子が大人になった時、我が子が嫌な事から逃げる姿は見たくない、自分さえよければという人になってほしくない、そう思い、思い切って手を挙げました。

手を挙げてしまえば、覚悟はできます。役員として密に学校側と関われる分、得るものは得て、楽しみたいと考えるようにしました。現状を知ったうえで、「あまりにも過酷だったら、大変だったら、提案すればいい。」そう思いました。

古くからの慣習は、変えていく必要があります。共働き世帯が増え、役員会の頻度や回数の見直し、選出の方法、仕事量など見直しは必要です。時代に合った体制にすれば、完璧ではなくとも、風通し良く、広く受け入れられやすいPTA組織になると思います。そしてそのためにも、実際やってみて、改善点は提案するなりしていけばいいのではないかなという気持ちも出てきました。

我が子にどういう人になってほしいか。そう考えると、「親として、今、自分の立場で協力できること」を冷静に見直すきっかけにもなるのではないでしょうか。大役でなくても、できそうな所で協力すればいいと思うのです。

4.役員仲間とのお付き合い

私が初めに役員になったのは、我が子が幼稚園の時でした。先生と保護者の距離がとても近い雰囲気の園でしたので、何でも相談できる雰囲気でした。分からないことは何でも聞けましたし、先輩ママさんや、役員経験者、とにかく色々と親切に教えていただけました。

一緒に役員となる人たちも、結局は似たような考え方で引き受けている人が多いので、話も合いますし、楽です。小学校になり、規模が大きくなると、それに伴い「やりたくない」人も増えます。そんな中で、半ば強制的に選出されてしまう人もいますが、「はい」と引き受ける返事をした以上、多くの人は、それなりにしっかり活動に参加していると思いますので、付き合いやすい人たちが多いです。

子供の性別も年齢も違う保護者とのつながりができるのは、とても貴重です。それぞれ家庭環境も仕事も世代も違う人たち。普通に生活していれば、縁のなかった人とつながりができるのはとても貴重な経験で、嬉しいことです。この先の子供の成長のイメージやアドバイス、地域の情報や仕事や家事の話、ネットでは手に入らない貴重な身近な情報がたくさん入ってきます。

過度に付き合う必要もないので、気が楽ですし、集まればワイワイ楽しく話せるという雰囲気ができます。そして、なんとなく皆が「この人たちなら、きっと、困った時に手助けてくれる」そういう雰囲気が漂います。そういった中で、回数を重ねるうちにかなり親しくなる場合もあるので、将来子供が巣立った後までもお付き合いしたいなぁと思う人たちも出てきます♪

正直、役員会の日は、とくにそれが夜だと、面倒に感じてしまいます。バタバタと用を済ませ、重い腰をあげ、会に出向くのですが、不思議と皆の顔をみると心が軽くなり、会話が弾むものです。程よい距離感で、仲間とのお付き合いを楽しむと、毎回役員会の帰りは笑顔になれ、いいストレス発散の場にもなっている気がします。 役員になること、それはとてもありがたい出会いのきっかけでもあるんです。

5.保護者や役員経験者との付き合い方

役員として試行錯誤しながら活動していると、中には、「自分が役員をした時は~だった。」「例年通りにした方がいいと思う。」と、アドバイスではなく、何かと比較し、意見をしてくる保護者や経験者の人もいます。実際、そういう人と合わずにストレスを抱える人もいます。

ですが、そういう人は、実は人脈も広く、多くの情報を持っているということが多いんです。私はあまり気にしない性格なので、対立することなくお付き合いすることができました。

コツとしては、
「ありがとうございます!参考にしますね。」
「今回は先生とも相談して、今までと違うやり方ですけど、おかしいなと思ったらまた声かけてください♪」
「先日教えていただいたことを参考にさせていただいたおかげで、うまくいきました♪」
などと言って、深入りはせず、でも感謝は忘れないことです。

心を広く持って、そういう人を、上手にたてていると、最終的に困った時など、とても力になってくれる時がきます。

忘れてはいけないのが、自分も、役員だからといって、目立った行動や大きな態度をとってはいけないということ。時々、役員としての立場をはき違えて、周りが見えなくなる人もいますが、見ていて気持ちのよいものではありません。行事などの際に、学校側が優先的に、特別待遇(例:観覧席の確保など)を配慮してくれることがありますが、常に低姿勢でいるように心がけています。

できるだけ「縁の下の力持ち」の精神でいると、自然と協力的な人も増えてくるはずです。

6.役員活動への取り組み方

自分は性格的に、「やると決めたら一生懸命」という責任感と真面目なところがあります。自分でも分かっているので、あまり必死になりすぎないように心がけました。役員会も遅くになり家庭が疎かになっては本末転倒ですし、犠牲にしてまで取り組むことではない、と言い聞かせつつ取り組みました。

ですが、「名前だけあれば役員したことになるでしょ。ほどほどに取り組めばいいや。」というスタンスも、自分には合っておらず後悔しそうなので、結果、役員になる際はけっこう全力で取り組んでしまっていますが、自分のストレスにならない程度、それなりに楽しんでいます。

役員の中にも、色んなスタンスで取り組む人がいるので、それはそれで、うまくバランスをとりつつなんとかなっている気もします。

あと、気を付けたのは、毎年同じメンバーが行う仕事ではないということを肝に銘じて取り組むことです。例年と違うことを、「簡素化」していくのは簡単です。ですが、新しいこと、特に複雑なことをやり始めると、それ以降が大変です。「なぜ仕事を増やすのか。」「同じことをするなら去年の人たちでやってほしい。」・・・そういった意見も出てくる可能性があり、次の引き受け手探しに難航しますので。

広く誰でも参加しやすい仕組みと雰囲気を作ることが大切だと感じています。お手伝いを呼びかけた時に協力的な人が多いと、本当にとても嬉しくなります。

7.役員は大変なのか?

大変だと言ってしまえば、どれも大変です。

私の場合でいうと、幼稚園では、わりと園側と密接な関わりのあるPTAでしたので、役員会も多かったですし、行事ごとに手伝いも多く、平日に園で作業することも多かったです。行事の司会進行を担当したこともありました。私の場合は下の子はいませんでしたが、乳児を抱えながら夜の役員会に参加する人や、仕事の合間に一生懸命活動されている人もたくさんいました。お母さん同士のつながりができるので、協力し合って、臨機応変に対応していました。

小学校にあがると、一気に規模が大きくなり、また一から人付き合いや環境を作り上げていかなければなりません。幼稚園ほど親の出番もなくなり、役員編成も変わってきます。地域との交流などの活動が加わったりする場合もあり、担当によって、仕事内容がずいぶん違ってくるので、自分に合った役員を選べるようになるのが特徴ではないでしょうか。

大変と思うかは、気持ち次第で、やっただけ、思い出にもなります。特に子供が小さいうちは、先生に近い位置に親がいると、ちょっと嬉しくなるようでした。園への出入りも多かったですし、行事の際も、一般の保護者とは違う位置で動くので、達成感を味わえます。そして、他の子供たちのことも覚えるので、皆が本当に我が子のようにかわいく思えてきますし、子供の会話にもどんどん入っていける楽しみもできます。

同じやるなら、悪い所ばかりを見て、不満ばかり言っていてもしょうがないです。深呼吸しながら、仲間と楽しみながらストレスを共有しながら、ひとつひとつ乗り越えていくと、終わってみればいい思い出になります。

ただ、役員になったからと言って、すべて背負いこむ必要もなく、参加できないものには参加しないという勇気も必要だと思いますので、自分にあったスタンスで取り組めば良いのではないでしょうか。楽しんでやってしまえば、子供の思い出とともに、自分が関わった思い出も加わり、より濃い思い出となって残ります♪

8.役員進行中の今、感じる事

まだ我が子は小学生なので、終わったわけではありません。

そんな中で、数年間、数回にわたり役員をしてみて感じたのは、子供に、人は一人では生きていけないこと、必ず誰かにどこかで何らかの形で支えられて普段の生活があることを、身を以て伝えられているかなと感じることです。そして、それをちゃんと感じ取ってくれつつあることです。「役員会に行ってくるね。」というと、子供は「お母さんありがとうね~。」と言ってくれます。子供が小さいうちは、行事の時にお友達に「これ、お母さんたちが準備してくれたんだよ♪」と嬉しそうに話していたりするのを見て、見ていてくれてるんだなぁと胸が熱くなったものです。

そして、役員活動に真面目に取り組んでいると、多くの人は、行事が終わるたびに「お疲れさま。」「ありがとう。」などの声かけをしてくれたりするようになり、そう思ってくれていると思うと嬉しくなります。アンケートや提出物に「いつもありがとうございます。」の一言や、「○○参加はできなくてすみません、他の所で手伝えることは協力します。」と書いてくださっている人も多くいることに、役員になって初めて気づきました。

見返りを求めるわけでもなく、ただ「子供のために」と思って手を挙げたことでも、結局は、そういう温かい気持ちになって戻ってくる、それがかけがえのない経験です。

9.おわりに

「自分は関わることはないかな。」と、漠然と思っていた数年前の自分。今になってみれば、大変ながらも、先生や、役員仲間との交流も、嬉しいものですし、色んな意味でいい経験になっていると思います。

役員に限らず、色んなシーンでボランティアをしている人に支えられて、我が子の安全な地域生活や学校生活が送れています。地域のきれいな街並み、花畑、見守りボランティアの方々、どれも子供の空間に当たり前のようにあるもの。それを「頼んだわけじゃない。」「勝手にそこにあるもの。」と切り捨ててしまえばそれまで。そういう事に気づける人になってほしい、感謝を忘れず優しい子供に育ってくれると信じて活動に取り組むと、気持ちが少し豊かになる気がします。

まだまだ我が子が巣立つまで長いですが、責任を持って子供に関わりたいなと思っています。

スポンサーリンク

合わせて読みたい