あなたもルールズ&サレンダードワイフになる方法と私がなれた理由

ルールズ&サレンダードワイフになる方法

私はいわゆる愛され妻として、穏やかで幸福な日々を満喫する主婦です。夫は優しく頼もしく、家族を大切にしてくれます。息子は活発で心根が素直。ペットの高齢猫も、まだまだ健康です。

周囲からは「特別にラッキーだったんだね」と言われます。何故なら、そもそも私はバツイチ子持ちのシングルマザーで、おまけに見た目も十人並み。たまたま幸運に恵まれただけで、本当ならあり得ない話、みんながそう思いたがります。

女友達や姉妹は、うまくいかない恋愛や結婚生活を愚痴ってばかりいます。そんな彼女たちの容姿や仕事のキャリアは私よりもずっと高くて、もちろんバツイチでもシングルマザーでもありません。

彼女たちの愚痴の原因は、私から見ると火を見るより明らかなのですが、いつも黙って微笑むだけにしています。指摘すると必ず怒るからです。

運が良かっただけなのに偉そうにしないで!

実は、私が愛され妻になれたのには、ちゃんとした理由があるのです。ある二冊の本を、自分の人生を使ってカスタマイズした「ルールズ&サレンダードワイフになる6つの方法」です。


大事にされない女

まずは、私が愛され妻とはどれほど縁遠いキャラクターだったかを白状しておきます。とにかく惚れっぽく、恋をすると生活の全てが相手一色になるような恋愛体質。なおかつ、追われるよりも追う、口説かれる前に口説く方が好きでした。

尽くすのも大好きで、わざわざ電車に乗って恋人の家へ抱かれに出かけ、一人で帰ってくるのも珍しい事ではありませんでした。典型的な大事にされないタイプの女ですね。恋人はいつしか本命を見つけて去っていくか、或いはヒモ同然になり下がるだけでした。

そんな恋愛を繰り返しながら、私は23歳で妊娠します。相手はずっと憧れていた年上のバーテンダー。付き合いたてでしたから相手も大喜びで、すんなり出来ちゃった婚をしました。


大事にされない妻

やがて息子が生まれると、恋愛至上主義の女の子は、母性と現実に目覚めます。今度は典型的な大事にされない妻になりました。

っていうか、あなたの店って個人経営だから厚生年金無いでしょ?転職考えてよ。共働きなら家事は分担でしょ?お風呂洗ってよ。

毎日シビアな詰問を受けて口ごもる年上のバーテンダーは、父親としてはどう考えても頼りなさすぎる存在でした。何しろ勢いだけの結婚でしたから、一緒に頑張って家族になろうという決意や、正直に話し合う信頼関係も、お互いの思いやりも皆無。結局、3年も経たないうちに結婚生活は幕を下ろすことになりました。

6つの方法が生まれた理由

婚活を経験した女性なら、一度くらい耳にしたことがあるのではないでしょうか?両方、恋愛や結婚の指南本として世界的に有名です。この二冊こそが、今現在も私の幸福な生活のベースになっています。

ちなみに、ルールズが対象にしている読者層は未婚女性ですが、私が読んだのはバツイチになってから。サレンダードワイフは、ごく普通の夫婦生活を営む妻たちに書かれていますが、私の結婚は子連れ再婚。

バツイチだし連れ子はいるしで、どちらの本の条件にも全く当てはまらない自分だったからこそ、懸命に試行錯誤を繰り返し、自分なりにカスタマイズせざる負えなかったのです。

今からあなたがルールズ&サレンダードワイフになる6つの方法は、あくまでも自己流なので、厳密には本書と違う部分も多々ありますが、成功率はかなり高いはずです。

恋愛期間は自立した魅力的なルールズガール編、結婚してからは良妻賢母なサレンダードワイフ編、それぞれ各6つのポイントにまとめました。

ルールズって何?

正しいタイトルは「THE RULES―理想の男性と結婚するための35の法則」という本です。

エレン・ファインとシェリー・ーシュナイダーという女性2人による共著です。1995年にアメリカで出版されて以来、20か国以上で翻訳という世界的ベストセラーの恋愛、婚活の指南本です。

この本をバイブルとしてルールズを実践する女性を「ルールズガール」と呼びます。ルールズガールとして有名なのは、キャサリン妃、ミシェル・オバマ夫人、ビヨンセなどです。

出版されてから21年。いい加減に廃れても良さそうなものですが、ルールズは今後も定期的にブームを繰り返すでしょう。その理由は、ルールズのベースが「古き良きアメリカの、育ちの良いお嬢さん」であり、新鮮だけど古典的だからではないかと私は思っています。

本書の中に、とても分かりやすい部分があるので引用してみましょう。

恋の法則

ルールズがそもそもどこから来たのか、はっきりとしていません。でもおそらくその起源はメラニーという女性のおばあさんから。

1917年、両親のいる居間に彼氏をイライラと待たせておくような女性でした。彼女にプロポーズした男性は、持っている靴の数より多いほどでした。

そしてこの秘伝はおばあさんからお母さんへ、そしてメラニーへと時を経て伝授されたのです。

「恋の法則」は家宝として、一世紀近くも大切にされてきました。そしてメラニーが1981年に結婚したとき、彼女はこの伝統あるアドバイスを独身の友人や私たち同僚に、惜しげもなく伝授してくれたのです。

(本書より引用)

ルールズとの出会い

離婚してから私の情緒は、案外とても安定していました。毎日息子が全身全霊で自分を愛してくれるので、恋愛に依存する必要が無くなり、理解ある職場と友人にも恵まれ、公私ともに充実した日々を過ごしていました。その頃、私の世界には不思議な変化が現れます。

私が恋愛の優先順位を低くすればするほど、やたらと告白され、男性に大切に扱われるようになったのです。

結局は自分次第。この単純で愉快な法則に気が付いた私は、いつかまた元の自分に戻ってしまう恐怖と不安に陥りました。そして、この法則を裏打ちするしっかりとした理論が、自分には必要だと考えました。

アマゾンで恋愛に関する本を検索してみると、かなりの確率でランキング上位に登場していたのがルールズという本。これが、私とルールズとの出会いです。

ルールズ本番開始

現在の夫との出会いは、知人を通した偶然の再会でした。会ったことがあるかもしれない程度の、ごく薄い印象しかありませんでしたが、会話を重ねる度に、驚くほど映画や音楽、好きな作家の趣味が似ていることが判明していき、、、あれ?何だか顔までかっこよく思えてきたのです。

昔の自分なら、このあたりで運命的な恋!と思い込み、猪突猛進に愛情表現をしていたところですが、私は必死で久しぶりの恋心を抑え、こっそりルールズの本番開始を宣言しました。

私のルールズになるための6つの方法

1.連絡は自ら制限する

自分からメールしない、電話しない、連絡を取るのは向こうから。これは最低限の基本です。

このルールは、交際が楽しいものになればなるほど辛くなってきます。たまには魅力的な気まぐれってことで許されないかしら、そんな言い訳がましい自問自答を繰り返したのもしょっちゅうです。

ちなみに、男性が交際する前によくやるアピールとして「俺って無精だから付き合ってもマメじゃないんだよね」という伏線がありますが、彼も最初はそう公言していました。

私が連絡の制限が苦に感じなくなったのは、交際して3か月頃でした。相手がまさにルールズ通りの反応をし始めたからです。

他人行儀だったメールには、可愛い絵文字やピンクのハートが登場し、毎晩必ずおやすみなさいの電話までかかってくるようになったのです。

プロポーズを受けてからも、結婚するまでは緊急な場合を除き(キャンセルや時間の変更など)、連絡の制限は徹底しました。

2.デートの主導権は握らない

デートの主導権はあくまでも男性です。行きたいところや食べたいものについて訊かれたなら、正直に具体的に答えるべきですが、それ以外はお任せするのがルールです。

例えばドライブ中に、彼が道を間違えていても、近道を知っていても、口に出してはいけません。(もちろん旅行先でナビを頼まれるときは別です)

明らかに彼が道や店の開店時間を間違えているとき、最初はとてもドキドキしたのを覚えています。指摘すべきかどうかを悩んだ末、彼が気が付いたときの対応にこそ、全力で心を砕こうと覚悟を決めました。

初めて私が必死でひねり出したフォローの言葉は「冒険みたいだねっ!楽しいね!」という笑えるほど無理やりなセリフでしたが、彼はとても嬉しそうでした。

彼は次第にデートの下調べや計画という行為自体を楽しむようになり、エスコートもどんどん質が上がっていきました。

3.服装と髪型について

服装と髪型についてのルールは、とても簡単です。女性らしさと清潔感を意識する。これだけです。

交際期間は、まだ永遠の伴侶だとは決まっていません。まだまだお互いに知らないことがたくさんあるはずです。本当はレギンスが嫌い、ガウチョパンツはババ臭い、盛り髪はだらしない、そう思われてしまうかもしれません。

でも、膝が隠れる程度のワンピースや無地のセーターに、ものすごい拒否反応を起こすとか、セミロングのサラサラしたストレートに嫌悪感を感じるという男性に出会う確率は、限りなく低いのです。

アクセサリーやバッグは、別にブランド品でもかまいません。ただ、ロゴは目立たない方が無難です。特に、ヴィトンの妙に大きなバックを抱え、ヒールでヨチヨチ歩く姿は、かなりの確率で頭が悪い印象を持たれます。

4.体調不良は表に出さない

体調が悪いときは、好きな人にこそ優しくいたわってほしいし、慰めてもらいたくなります。大丈夫かい?心配そうに顔を覗き込まれると、足りなかった何かが満たされる気がするからです。

でも、こうしたアピールは、あなたの期待と正反対の結果を招きます。結果的には、うんざりされることでしょう。

体調不良や愚痴は弱音であり、自分の弱点をさらけ出すことです。そんな相手を守ってあげたくなるのは、女性特有の母性が刺激されるからです。

男性に母性はありません。父性は子育てをしないと目覚めません。男性にあるのは保護欲です。保護欲とは、か弱そうなのに頑張っている存在にこそ発揮されます。

風邪気味ならデートはキャンセルしましょう。お腹が痛くなったら、早めに帰ると宣言しましょう。にっこり笑って「大丈夫だから」と言うあなたの姿にこそ、彼の保護欲は刺激されるのです。

5.正式なプロポーズをしていただく

私たちの交際は、結婚を前提にお付き合いして下さいと言われてからのスタートではありましたが、具体的な時期については未定でした。ある時期から彼は、このまま結婚したらさ、という話題を急激に増やすようになりました。

冷房には弱い?寝室にクーラーはあった方が良いかな。個室は用意するけど、寝室は一緒でかまわないかな。カーテンは、全部新しくしようと思うんだけど。

私は彼の話を、全部はぐらかしました。結婚を前提に5年以上交際して別れたカップルや、プロポーズって特に無かったよねというカップルの女性側は、たいてい悲しそうな顔をするのを知っていたからです。

さあ、どうかな。現実になってみないと想像ができないな。

彼が私に指輪の箱を差し出しながら「幸せにしますから結婚して下さい」と緊張しながらプロポーズしたのは間もなくでした。

6.気軽に子供を巻き込まない

シングルマザーの恋愛は、子供の存在が強みにも弱みにもなります。私の場合、息子への愛情が過剰に強いのが幸いし、ルールズの実践をうまく後押ししてくれたようです。

交際期間中も、学校行事や親子の時間を圧倒的に優先。息子が少年野球で負けて落ち込んでいれば、迷わずデートをドタキャンしました。もちろんキャンセルの理由は正確に説明し、心から謝罪するのは当然です。

息子さんも一緒にどう?何度言われても、私は決して首を縦に振りませんでした。息子と彼は、偶然に顔を合わせたことは何度かありましたが、正式なプロポーズをされるまで、親しくさせるつもりはありませんでした。息子は私のオマケではないからです。

私へのプロポーズの数日後、彼が息子を主賓としたディナーの席を予約し、そこで「君たち親子の仲間に入れて下さい」という父親としてのプロポーズ?を眺めているときは、まるで二人の仲人のようで緊張したものです。

ルールズガール、妻になる

私の実感として、ルールズは実践しながら体得するという特徴がありました。ルールに納得出来ようが出来まいが、とにかく実践してみると面白いほどに結果が現れ、そこでやっと細かいルールの根拠が分かるのです。必要なのは素直さと忍耐力だけです。

ルールズガールはルールズワイフになるのが理想とされていますが、実際に日本でそれを継続するのは、かなり難易度が高いというのが私の本音です。

突然の転勤、意思に反した妻の転職、義理の家族との確執、子供のトラブル、夫婦になってからはルール違反せざる負えないシチュエーションがたくさんあります。

対するサレンダードワイフは、実践的というよりも、まずは精神ありき。シチュエーションが本に書いてある通りでなくても、主旨さえ間違えていなければ、自分なりに行動しても大丈夫。突発的な事件や、予想外の男性の反応に強いのです。

サレンダードワイフって何?

邦題は「サレンダード・ワイフ賢い女は男を立てる」

著者はローラドイル。1999年にアメリカで出版され、こちらもルールズと同様に、世界20ヶ国以上で翻訳されています。これから結婚する女性や、夫婦生活を見直したい妻に向けて書かれています。

ルールズガールは結婚するとルールズワイフと呼ばれますが、私にはルールズワイフが性に合いませんでした。結婚してからは、サレンダードワイフの方を参考にする方が圧倒的に多いです。

タイトルのサレンダードワイフを決して男尊女卑的な意味ではありません。夫をコントロールしようとしない、許す、敬う、まさに古典的な良妻賢母といえるでしょう。サザエさんに出てくるフネさんが、おしゃれして華やかになったようなイメージです。

私のサレンダードワイフ6つの方法

1.連絡は自ら制限する

自分からメールしない、電話しない、連絡を取るのは向こうから。これは最低限の基本です。

ただし!折り返しの連絡は出来る限り早くします。基本的には丁寧語です。なおかつ端的に要領をまとめましょう。夫が喜ぶと知っていても、ピンクのハートは不要です。その代わり「お疲れさま」というねぎらいの言葉を忘れないように。

結婚すると、事務的な連絡事項が増えます。例えば、午前中に親戚の伯母さんから連絡があった、子供が早退したなど。どうしても今伝えないといけない事柄なのか、瞬時に判断しましょう。

2.家計管理は夫が仕切る

本来のサレンダードワイフでは、完全に家計の管理を夫に任せてしまうことを推奨しています。確かに、それが出来ればベストです。我が家の場合は残念ながら無理でした。

私の夫は経営者です。小さな会社なので経理もほぼ自分でしており、時期によっては非常に大変なのです。その上で細々とした家計簿をつけてもらうというのは、正直私も気の毒で気が進みませんでした。

結局、共同での家計管理という結果になっています。お金の使い道や予算を夫が決定し、私はその意向に沿って、振り込みや引き落としの作業をするというスタイルです。

何よりも大切なのは、夫と一緒のときに私がレジで支払いをしないことです。支払いは夫が担当ですから、現金生活費は全額夫に渡しています。私が一人で買い物をする場合は、クレジットカードのみです。

3.ハウスキーピングは効率的に

ハウスキーピングにはコツがあります。何もかもが毎日ピカピカでなくても良いのです。優先順位ですが、まずはリビングと夫婦の寝室。次に、廊下、玄関、トイレやお風呂などの水回り。妻の部屋や子供の部屋は、一番後回しでかまいません。

リビングの床には物を置かないことを徹底して下さい。雑誌類や書類は、常に必ずかどを揃えて真っすぐに置いておきます。ディスプレイは最小限に、厳選したものを飾りましょう。毎日磨くことが出来ないのなら、謎のオブジェなんて飾らない方がずっとマシです。

寝室の掃除ですが、ベットに横になった状態の視界に、埃がたまっていませんか?太陽光が当たる日中に、夫が寝る側からチェックしてみると分かりやすいです。

夫専用の書斎や趣味部屋があるなら、そこは手を付けず放置します。夫から頼まれない限り、飲みかけのコーヒーカップが置いてあってもそのままにしておきます。勝手に足を踏み入れて良いのは、雨の日に窓が開けっ放しだったときくらいです。

4.夫を立てる

夫を立てる、これこそがサレンダードワイフのメインテーマですが、一番シンプルで簡単なのです。夫が何かを決定したなら、あなたは一切異議を唱えてはいけません。

そうね!あなたがそう思うならそうしましょう!すぐに明るくあっさりと同意しましょう。

もし、その決定が間違っていたら?

夫は自分で、何が何でも何とかするでしょう。意地でも、どんなに時間がかかっても、今までになかったくらい、人が変わったように、驚くほど懸命に、とにかく挽回するはずです。

でも今回は、、、金銭面だけは、、、もしかして私が正しいんじゃ、、、

最初はその都度に逡巡するかもしれません。それでもあなたは夫を立てて下さい。半年も経てば、心からの尊敬に値する素晴らしい男性があなたをしっかり守ってくれているはずです。

5.グルーミングを楽しむ

結婚してからも、自己管理を怠けない妻でいましょう。体型、髪の艶、爪の手入れに手を抜くのは厳禁です。

これを義務と思えばストレスになりますが、猫が毛繕いのするように、楽しいグルーミングタイムにすれば良いのです。

音楽を聴きながら、毎日スクワットを50回するだけでヒップラインは維持できます。髪は奮発して高価なヘアブラシを一本手に入れましょう。見違えるほど美しい艶が出ます。爪の手入れが面倒なら、いっそ短く切って、磨くだけにすると清楚で可愛らしい表情の手になります。

肌にトラブルを抱えているのなら、次々と基礎化粧品を替えたり、エステでスペシャルケアをするよりも、普通の皮膚科に通うことをおすすめします。2万円のクリームより、皮膚科の軟膏の方が肌を明るく滑らかにしてくれます。

グルーミングは自分で自分のメンテナンスをする貴重なひと時です。このひと時をぞんざいにすると、自分を大事に思えなくなってしまいます。

6.自分の機嫌は自分で直す

情緒不安定の始末は自分自身でしましょう。どうしても怒りやみじめな気持ちを抑えられない日は、にっこり笑って出掛けるのが一番です。愚痴を言える女友達の家へ、もしくは一人っきりで。

気晴らしにお金がかかってもかまいません。その日の夕食はピザでも取ってくれるように書き置きをしておきましょう。日帰り温泉でも美容室でもカラオケでも、好きなように過ごします。まずは自分の機嫌を直すのが先決です。

何故なら、ふくれっ面の不機嫌アピールや大きなため息、わざと乱暴に物を置くなどの行為は、絶対にしてはいけない行為だからです。これをやってしまいそうなら、緊急事態だと思って下さい。

そんなの誰もがごく普通にやっている行為だということは分かっています。でも、愛され妻を望むあなただけは、今日この瞬間から、絶対にやってはいけません。

ルールズ&サレンダードワイフに思うこと

ルールズ批判について

ルールズは、出版後に著者の一人が離婚経験者になったということもあり、反対派も多い本です。ルールズの批判で多く見られるのが、打算的だという意見です。

わざとメールの返信を遅らせて不安にさせる計算高さは卑怯で打算的でずるい!ついでに、ずるい人が愛されるなんて、もっとずるい!

自らを律してメールや連絡を我慢するのは、恋する女性にとって苦行以外の何ものでもありません。それは、もちろんルールズガールでも同じです。私は、メールの返信や連絡の制限は、女性が感情的にならないための保険という意味に捉えています。

別れた彼氏とのメールのやり取りを冷静に読み返してみたことはあるでしょうか?夜中に書いた手紙や日記を、昼間にじっくり読み返したことがあるでしょうか?どうして連絡を自制するのか、理由はおのずと分かるはずです。

また、あえて相手との距離を保とうとするのも、健全な恋愛関係ためには必要です。冷静さを失った女性は、ついつい交際相手を脅してしまいます。別れを仄めかす、失望感を態度で主張する。これらは立派な脅迫行為です。

「男は女を泣かせてはいけない」というのが、一般的な通念です。男性はそうやって育ったのだと重々承知しておきながら、泣きそうな顔をわざと見せつけて要求を通そうとする女性こそ、とてもずるいのではないでしょうか。

忙しそうだから週末は友達と会う予定を入れてしまったの。そう言って笑顔で出掛けるルールズガールは、打算的なのではなく、ただひたすらに、我慢強いだけなのです。

サレンダードワイフの落とし穴

サレンダードワイフを真っ向から批判する意見を、私は見たことがありません。日本人女性にとって強い違和感があるとしたら「家計管理を夫に任せる」という部分くらいでしょう。

ルールズの恋の法則に乗っ取って結婚しているなら、恋愛期間さんざん苦労して、やっと手に入れたのだという記憶が夫のプライドと強く結びついていますから、サレンダードワイフへのシフトはとても効果的です。

ただ、一つだけ大きな落とし穴があります。すでに崩壊寸前の夫婦生活を案じた妻が、危機を脱するために実践した場合です。ただ女性側だけが尽くして信じて、結局裏切られる恐れがあります。これが元ルールズガールのサレンダードワイフなら、致命傷になる前に見切りをつけ、さっさと自分で離婚届を取りに出掛けます。

非常に酷な表現ですが、そもそも愛が覚めている、惚れられていない、恋愛期間も大事にされていなかった、女は男を敬うのが当たり前という夫なら、むしろ今からルールズを実践する方が効果的かもしれません。

よくある具体的なトラブル

男性特有の攻撃性の発散には、たいていの女性が手を焼きます。

ニュース番組に向かって、罵詈雑言を吐いている男性の姿は珍しいものではありませんね。彼がこき下ろしているのは事件や出来事ではなく、出演しているキャスターやコメンテーターに対してです。

それなら、事実だけを淡々と述べるNHKニュースだけを観れば?と思うのですが、何故か思想が偏ったキャスターが司会をしているニュース番組ばかりを意図的に選びます。

また、スーパーの店員さんや営業マンに対して、必要以上に高圧的な態度を取る。ドライブ中に割り込まれると舌打ちをして汚い言葉で罵るなど。よく観察すると、彼が次第に悦に入っていくのが分かるはずです。

攻撃性を発散し、それをあなたが見ていることで余計に気分が良くなり、どんどんエスカレートしていくのです。あなたは同意もたしなめも反論もしてはいけません。そっと離れるか、無関心に遠くを眺めていましょう。

理由を聞かれたら「不機嫌だから怖い、怒られているみたいで悲しい」とだけ言いましょう。不快感を主張するよりも、ずっと効果的です。これを繰り返し、暴力性を自重する術を身に付けてもらうのです。

ルールズ&サレンダードワイフになるための最後に

ルールズ&サレンダードワイフ。私にとってこの二冊の本は、いまや精神的な支えともいえる愛読書です。実際に各7つの方法を実践してみると分かりますが、最終的には心身ともに自己鍛錬するための手引きとなります。

あなたも実践してみれば、恋人や夫よりも、自分自身をコントロールする面白さに気が付くでしょう。そして、いつしかその作業に没頭するはずです。自分の感情や習慣を完全に支配する方が、相手をコントロールするよりも、ずっと容易なのだと気が付くからです。