子どもがピアノに行かない!辞めたい!講師が教える後悔しない対処法

子どもがピアノに行かない!辞めたい!

せっかくピアノを始めたのに、子どもから急にピアノを辞めたいと言われたことはありませんか?親とすれば何故?と愕然とすることでしょう。ピアノ教室に通い始めてあまり経っていないとすると尚更です。

子どもがピアノに行かない、辞めたいと思ってしまう理由を突き止める必要があります。大きく分けて2つの理由がありますので、その1つ1つを紐解いてまいりましょう。最初は心理面において、子どもがピアノを辞めたい理由を取り挙げます。

    目次
  • 1.子どもがピアノをやめたい理由(メンタル編)
  • 2.子どもがピアノ教室に行かない理由(外的要因編)
  • 3.ピアノを楽しむ、後悔しない対処法

子どもがピアノをやめたい理由(メンタル編)

親から言われたから

こども本人にとって、特にピアノを習いたい訳ではなかったのに、親の希望によってピアノを始めたから。このパターンは多いのではないかと思います。私自身ピアノ教室をしておりましたが、何人かは逆に自らが親の方にお願いをしてピアノを始めたという生徒がいます。その子たちは、やはりピアノをやめたいとか、教室に行かないとは言いませんでした。

こども心にピアノはしなければならない習い事という風に定着します。そうすると音を楽しむどころではなくなりますね。こどもというのは、勉強にしても運動にしても楽しんでしていくところに、継続の力や向上心が備わってくるのではないでしょうか。

面倒くさいから

単純に練習することが面倒くさいからというのもあります。習い始めた当初は、ピアノ曲も簡単でちょっとの練習で割合にすぐ弾けるということで、それがまた喜びにもなって嬉しくてピアノに向き合います。

少しずつ難しくなってくると、練習することが面倒くさいと思う心に変わってきます。引いても上手になれない、弾いてて楽しくない、こうなってくるとピアノをやめたいとなる訳です。

ピアノの先生がイヤだから

また、ピアノの先生との相性の問題も多くあります。昔、自分自身ピアノを習っている時代は、ピアノの先生は厳しいのが当たり前でした。昔ながらのやり方でされているピアノの先生の場合は、どうしても敬遠されます。今の時代は楽しさ、面白さと言うものを取り入れて行かないと何事も続かないこどもが多いからです。そこが今のピアノの先生がレッスン時にいかに工夫するかが問われている実情です。


子どもがピアノ教室に行かない理由(外的要因編)

さて、もう1つの外的要因やその他の、こどもがピアノ教室に行かない理由を考えてみましょう。

住居環境など

住まわれている環境が、例えばマンションと言う場合、騒音の問題を考えることがありますね。大きくなってくると練習時間は昼の時間とはいかないことも多くなります。夜のピアノ練習は周りに気を遣いますね。ヘッドフォンで自分の音を聴きながらの練習になりがちですが、それでは全体的に把握する練習が出来ません。

昔と比較することばかり申しますが、昔ですと大体夜は20時くらいまでOKでした。それならば大丈夫だろうという暗黙の了解があったものです。ご近所付き合いも希薄ではありませんでしたから、大目に見て下さる方も多かったように思います。

今はご近所トラブルに神経を注ぐことも多く、ちょっとしたことも気を付けなければなりませんので大変ですよね。そうした環境の問題を抱えて続けられないことも理由の1つとしてあります。

子どもの年齢によるもの

ピアノを習わせるのは何歳からがいいのかしら!?と思われる親御さんも多いかと思います。始められるのであるならば4、5歳から始めることをおすすめしています。今は本当にピアノ教材も多種多様で、絵本のようなワークブックやイラスト満載のピアノ教本がたくさんありますので、小さい内から始める方が早く上達する可能性は高いです。

そして、ピアノ教室に行かないと言い始める第一関門が、小学生に上がる時に来ます。学校に行く頃になると少しなのですが、ピアノ曲が難しくなりますからそれについていけないとなると年齢的な教室に行かない最初の理由となります。

次は高学年になってからですね。何とか第一関門を過ぎたのに学校でのクラブとの両立が難しくなるということがあります。これはきっと昔も今も変わらない理由だと思います。運動部ですと尚更です。自分事を申し上げますと、バレーボール部に入部したかったけれど、ピアノの先生に反対され仮入部で辞めた経験があります。

後は小学生までは何とか続けたけれど中学に上がったらどうしても運動部の方が本気になったからという理由でピアノ教室には行かないとなることです。こうしたこどもは本当に多いです。

ピアノを楽しむ、後悔しない対処法

先ほどの理由の1つ1つの対処法が、必然的にピアノを楽しむ、後悔しない対処法となりますので、順々にご紹介してまいります。ご参考になさって下さいませ。

親の希望からのピアノ対処法

自分の意思よりも親に言われたからという方が強い状態でピアノ教室に通わせるという場合、学習塾などでもよくありますが、ご褒美作戦が功を奏します。ピアノの先生もシールやカードを活用します。ご家庭でも何かしらの目標を立てて、それを達成したならばよく出来たねと家庭内で約束したご褒美を渡すというものです。その時に重要なのは褒めること。達成感をより感じられます。

ピアノの練習嫌いを克服する対処法

面倒くさいというのは、練習することが段々嫌いになってくるというのと同じだと思います。これはピアノの先生との相性とも関係するのですが、その子の好きな曲をアレンジしてもらって、レッスンに取り入れてもらいましょう。お話し合いをすることで先生の人となりもよくわかりますし、こどもの練習嫌いの克服にも繋がります。

目標を持たせるのも方法の1つです。通っている教室で発表会やコンクールに熱心な先生でしたら、そこを目標として頑張ることが出来ます。大人でもカラオケやダンスの発表会は燃えると思います。目標を持つことは大事ですね。

年齢的な問題を克服する対処法

小学生の高学年となっての部活が忙しいという理由からのピアノをやめたい、行かないこどもにはどうすれば良いのか。もちろん、強要は出来ませんから何度も話し合いをしてどうしても無理であるとなれば、親御さんも決断しなければなりません。

逆に言えば高学年からがピアノは面白いと思わせられるかが大事になります。弾きたい!と思う心が高学年の頃に強くなれば、中学になっても辞めないでピアノを続けます。ギターコードがあるように、ピアノコードというのがあります。歌本などにはそのコードが記載されていますが、ピアノの先生にコードを教えてもらったら、自分の好きな曲を自分なりの伴奏で弾けることが嬉しくなることでしょう。もしかしたら弾き語りも夢ではありません。そうしたピアノ表現もあります。これはピアノの先生のご理解が必要ですが、部活をしながらもピアノを続けていける1つの方法です。

スポンサーリンク

合わせて読みたい