絶対に許せない人をあえて許す方法の効果!許すことの大切さとは?

許せない人を許す方法

絶対に許せない人を許す方法を知ることで、本当の意味で「許すことの大切さ」も知ることが出来ます。それはあなたの人生に大きな影響を与えます。その効果をあなた自身で体験してみてください!

    目次
  • 1.あなたが「絶対に許せない」のはなぜ?
  • 2.許すことの大切さ、それは「自分を愛する」ということ
  • 3.許す方法を知ることで、あなたの全てが変わる!その効果とは?

あなたが「絶対に許せない」のはなぜ?

今、あなたには絶対に許せない、許すだなんてそんなこと考えたこともない、という人がいますか? いるとすれば、なぜそこまで許せないと思ってしまうのかを考えてみたことがあるでしょうか。

大抵は「ものすごく酷いことをされたり、言われたりしたんだ。凄く傷ついた。しかも相手は反省すらしていない。人一人を傷つけたのに。どうしてそんな相手を許すことが出来るんだ?」という風に言い続けています。自分は被害者で加害者はあちらだ、と。悪いことをしたのはあちらで、それを反省していないのなら許すことは出来ない、反省して謝ってきたとしても許せるかどうかわからないぐらいなのに、と。

そういう風に考え続けていると、あなたの中は憎しみでいっぱいになります。いえ、すでにいっぱいかもしれませんね。どうしても許せない、と思う気持ちは人間であれば誰でも経験があることです。しかし、そうしているとあなたはどんどんと「許せない人」も「許せないこと」も増えていくことに気がつくでしょう。たとえあなたがどんなに傷ついていて、自分は間違っていないのに、と一生懸命訴えても、そういう出来事は他にもどんどん増えていきます。何故なら、あなたが憎しみと怒りの感情を込めてずっと考え続けているから。絶対に許せない、と過去の出来事を考え続けているからです。

そうしてまた、「あれが許せない、これが許せない」「あいつが許せない、こいつも許せない」と繰り返すことになるでしょう。許すことの大切さを知らないと、ずっとそのままです。同じ繰り返しが嫌なら、人を許す方法の効果を知ることが大切です。


許すことの大切さ、それは「自分を愛する」ということ

愛されたり感謝されたりすると、とても気分がいいですよね。それと同じくらい、愛したり感謝したりすることは、とても気持ちがよいものです。あなたには愛する力があります。他人を理解して受け止める力があります。しかしそれには前提があります。「あなたが自分を愛して、感謝して、理解して、受け止めていること」です。それが出来て初めて他人に対しても同じことが出来るのです。では、それを念頭に置いて、許すことの大切さや許す方法について考えてみましょう。

なぜ、許すことが大切なのか、それは相手のためではありません。あなたのためだからです。相手のために許しなさい、と言っているわけではありません。あなたのために許しなさい、と言っているのです。何故なら、許せない、許さないという感情は不快で、あなた自身と全くマッチしていないために、ずっとその苦しみが続いてしまうからです。絶対に許せない人のことを考え続けていることは、あなたのためになりません。 そして、相手を許す方法ではなく、自分を許す方法を探すほうが、傷ついたあなたにとってどれほど効果的かわかりますか? あなたはとても傷ついています。しかしそれは相手のせいではありません。あなたが自分で「許せない」と思い続けていることで、傷ついてしまったのです。「許せない」という憎しみや怒りの感情を持つ人は、その感情が強ければ強いほど、別のことを訴えていることにあなたは気づいていますか?

それは「本当は愛して欲しい」という、心の叫びです。あなたも気づいていない、本当の声です。

誰もがみんな、愛されたいと思っています。「誰か私を愛して」と愛に飢えている人達が、今この世界にはどれほど溢れていることか。しかし、そう願うのならまず最初にやらなければいけないのは、あなたが自分を愛して許す方法を探すことです。この大切さを知らないままでは、ずっと「誰か私を愛して」と虚しく叫び続けることになるでしょう。

あなたが本当に愛して慈しんで大切にしなければいけないのは「自分」です。あなたはまず自分を愛して許していかなくてはいけないということを、どうか忘れないで下さい。「自分を愛するなんて、それなんて自己愛?」という風に笑う人が多いでしょう。しかし、自分を愛していない人が他人を本当の意味で愛することなど、出来るわけがありません。

許す方法を知ることで、あなたの全てが変わる!その効果とは?

「許すということは大切なんだということは、本当はわかってるんだよ。だけど自分にとってあいつは絶対に許せない人なんだ、それに別に相手を愛したくもないし、愛されたいとも思ってないよ」という人に、1ついい方法を教えましょう。相手のことを考えるのではなく、自分のことを考えてください。相手を許せないと憎むことで、あなたは今どんな気分ですか? 最初は怒りが渦巻いているでしょうが、段々と「疲れた」気持ちになりませんか? 怒りのパワーを持続させるのは、確かに疲れることですから無理もありません。

疲れた、もう嫌だ、と思ったら、その自分自身に対して「ごめんなさい」と素直に謝ってみましょう。誰に許しを請うわけでもなく、あなたがあなたのためにあなた自身を許してあげましょう。そして、本当は愛だけを感じている自分自身と仲直りをしてください。別に愛したいとも愛されたいとも思っていない相手のことを考え続けたことで、あなたの心はとても疲れてしまったんです。そのことに対して、ごめんなさい、許してください、と謝りましょう。

すると不思議なことが起こります。あなたの心に、ずしっとのしかかっていた重みが、少し薄れていくのです。ごめんね、許して、と自分に謝れば謝るほど、その重みは軽くなっていきます。そして、もう自分自身を苦しめるのは止めよう、と決意できるはずです。その効果にあなたはびっくりするでしょう。そして相手を許せないのなら、もう考えないことです。「今は到底無理だけど、いつかは許せる日がくるかもしれない」と期待を持つだけで、今までとはがらりと違った風景が見えるでしょう。相手が変わったのではなく、あなたが変わったからです。そして、相手を変えさせることは出来ないけれど、あなたが変わることはいつでも出来るんです。相手のために許すのではなく、自分のために許す、というのはそういうことです。これが、相手を許す方法へにも繋がっていきます。

あなたの周りにある、嬉しいことや楽しいことに目を向けてみましょう。好きなこと、好きなものをどんどん増やしましょう。絶対に許せない人のことを考えて心を痛めつけるより、好きなことを考えているほうがずっと気分は楽になるはずです。そしてそれこそが、あなたを幸せへと導く鍵となります。時にはまた憎しみや怒りにぶつかるかもしれません。しかしすぐに目線を変えて、良いところを探す努力をしてみてください。物事には、良いところと悪いところ、両方あるのです。どちらか片方しか持っていないものなど世界中の何処を探してもありません。ですから、どんなに嫌な状況でも「良いところを探そう、私は気分良く生きていきたい、だから少しでもほっと楽になれるように、良い部分を見よう」と決意するだけで、あなたの目にうつるものが変わっていきます。何度も言いますが、それは周囲が変わったのではなく、あなたが変わったからです。素晴らしいことだと思いませんか?

許すことの大切さを、少しでも理解できたなら、あなたは大きな一歩を踏み出したことになります。

スポンサーリンク

合わせて読みたい