会社の設立ガイド

会社設立に伴う手続きや業務の代行なら会社の設立.com

  • 司法書士(会社の設立登記)
  • 司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)
  • 司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)
  • 税理士(税務の相談)
  • 税理士(顧問税理士の依頼)
  • 税理士(経理・決算業務)
  • 税理士(確定申告)
  • 行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)
  • 行政書士(設立後の会計帳簿記帳代行)
  • 行政書士(補助金や助成金の申請)
  • 行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)
  • 社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)
  • 社会保険労務士(労働保険手続き)
  • 社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)
  • 社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

みんなが頼りにしている会社設立の専門家

司法書士(会社の設立登記)

会社の運営は軌道になるまでは大変ですが、何とか頑張ることができます。しかし登記などは会社を設立してしまえば気にしなくなるものなので、関連書類なども紛失しやすくなるものです。会社を始める時がとてもたいへんなので、専門家にお願いしたいと思います。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

まず最初に登記などの手続きが必要ですから、個人ではとても難しそうなので、経験の豊富な方に頼むのが一番良いと思うからです。会社の定款の作成も面倒ですが、ある程度のパターン化は、されていると思うので、所々を、修正しながらの作成でき、相談できるのが良いところだと思います。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

会社の設立を考えたときに、とりあえず何が必要で、どんな手続きがあるのかなどを相談したい。独学では難しく、専門家からのアドバイスを基に、自分のやりたい事業で会社を設立したいと思う。ネットなどもあるが、賛否両論なので、やはり一から専門家にお願いしたいです。

税理士(経理・決算業務)

経理・確定申告は一定のスパンで必要となる仕事で、長い付き合いとなるから税理士をお願いしたいと思った。また、一旦雇えばその後の付き合いもつづいていくのではないかと思い、会社を設立当時から見守ってくれる存在となるのではないかと思ったからである。

税理士(顧問税理士の依頼)

事業を軌道に乗せられるかどうかの判断をする基準に売り上げなどの金額での判断が必要になると思うので。また、事業をスタートした時点から税理士に相談しておけば、今後事業が変化していく様子を見ていてもらえるし、過去の状態をわかったうえでのアドバイスをしてもらえそう。会社は設立するだけでなく、事業を軌道にのせ、継続していかなければいけないので、金銭管理が最重要だと思うので。

税理士(確定申告)

年に一度のことですが、意外に面倒な仕事だと思います。普段から計算をしていないと、わからなくなることもあります。もし、計算が間違っていると、後々になって請求をされることもあるので大変です。確定申告を間違えて申告してしまわないように会社設立後はプロに頼みたいと思います。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

会社設立時にやることはたくさんあり、事務所の確保や警察署への届け出、求人対応など、なのでなかなか社会保険の部分については手が出しにくいところでもあり、自分は社会保険の部分は無知なことが多く間違えることが多いと思うので的確な判断とアドバイスを聞きたいと思うので社会保険労務士にお願いしたいです。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社を経営する上で労働者は必要不可欠であり、労働者が安心して勤務出来る環境を整えることが、労働者の自発的な行動や意識向上などを促すのではないかと予想されます。メリットとしては、そうした労働者の行動が最終的には会社の利益向上や成長に繋がることです。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

景気が悪く、非正規労働者が増加している中で、経営者側と労働者側が対立状態になった時に、中立的な立場で判断し問題を速やかに解決することが必要だと考えています。そうすれば中断していた業務が少しでも早いタイミングで遂行することができると思います。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

まずは、会社として機能させる為に設立に必要な書類関係を整備してもらいたい。その間社長として必要な営業活動や事業方向など、決めないといけないことが山ほどあると思います。会社を立ち上げることも大事ではあるけど、会社を立ち上げて、継続させる方にパワーを使いたいと思います。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

株式会社を設立するためにどのような書類を用意したら良いか分からないため、設立時に代わりに書類を作って頂けたり変更の際も作成して頂けるのはありがたいです。また、自分で書類を作ることになった際も相談に乗って頂けるような気がします。

行政書士(設立後の会計帳簿記帳代行)

会社設立後のお金の管理は自分一人で管理するには難しそうで、知識を身に着ければできるようにも思えないからです。専門家であれば、正しくお金、数字の管理をしてくれそうだからです。また限られたお金の中での計画にも、必要な数字をいつでも正確に出してくれそうです。

会社設立の専門家を探す