会社の設立ガイド

青森県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

青森県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

経理的な面が非常に分からなく困っていた時税理士をお願いすれば経理的な面は楽になるしカバー出来るときいて検討したのと、やはり人を雇う立場になれば労働基準も考えないといけませんので、社会保健労務士もお願いしたいと感じました。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

会社を新しく設立して従業員を雇う場合は社会保険が必要になる。その手続きを怠ったり間違えていると迷惑をかけたりするのてプロにアドバイスを受けて任せた方が確実に正確に手続きするとができる。信頼できる社会保険労務士を見つけておけば困ったときに相談できると思う。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

起業するって言うことは、何かやりたい事業があるとか、勝算のある算段が見えてるってことだと思う。だからクリエイティブな部分は自分でできるし、やりたいと思うから、必要な裏方的な仕事をやってくれる人がいたらありがたい。コンプラもそうだけど、何が必要かを調べてやってくれたら助かる。

行政書士(補助金や助成金の申請)

使える制度や補助金などがあるのならうまく活用し会社を良くしていきたいと考えます。そういったものを利用するには必ず申請が必要になりそのための手順は煩雑なのですべて任せてしまったほうが効率的だと思います。手続きをかわりにしてもっらて会社は事業に集中できると思います。

司法書士(会社の設立登記)

今現在事業計画というものがなく、会社設立の相談をまずしたいと思い選択しました。税理士さんや、行政書士の方への相談は、事業計画のプランがある程度固まってから必要になると思いますので、その時にご相談したいと思います。起業するのがまず先だという事だと思います。

司法書士(会社の設立登記)

私は知識が全くないため、司法書士の先生に頼みたいです。司法書士はほぼ全ての手続きを任せることが出来ると読んだ記憶があるからです。 行政書士はサポートはしてくれるがお任せできないらしいし、社会労務士は設立に関することはまれだと聞きました。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

まずは会社の土台となる部分をお願いしたいと思います。会社設立の前に自分なりのイメージが確立させて欠けている知識や登記までの流れを把握したいので、専門家のアドバイスが必要だと考えます。立ち上げの段階である程度の土台がしっかりさせつつ設立以後の軌道修正の為に余幅を作っておかないと設立後に苦労すると思います。

税理士(確定申告)

他のことは調べて行い、抜けがあっても金銭面で対してデメリットがありませんが、税金はきちんと納めていないと後々痛い目をみるためです。追徴課税など払いたくはないのできちんと日頃から税金を払い、無用なリスクを侵さないため、プロにお願いいたします。

税理士(経理・決算業務)

通常の経理は、担当者ができると思いますが、会社の決算となると専門家にお願いするのが安心であると思います。不備があったりした場合、何度も行わなくてはならないが、税のプロにお願いすることによりミスがなくなると思います。また、正確な数字で経営戦略ができると思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

会計事務所で働いていた経験があります。会社を設立するにあたっての業務も一通り受けていましたが、個々の先生にピンポイントの業務を依頼するというよりは長期的、総合的に万遍なく顧問税理士についてもらうほうが自分の知識も増え、経験を積めるなという印象だったので。

税理士(税務の相談)

無駄に払ってしまう税金はないか、そういう点では無知なので知識を持った方に教えていただきたいからです。税金対策のために必要な物品を購入したり、回せる範囲でうまく活用して行きたいと思います。以前働いていた会社では、老朽化したものを買い換えたり有効に活用していたのでそれを見習いたいと思います。

青森県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    青森県内の公証人役場
  • 青森合同 〒030-0861 青森市長島1-3-17 阿保歯科ビル4階
  • 弘前 〒036-8364 弘前市大字新町176-3
  • 八戸 〒031-0041 八戸市大字廿三日町28 八戸ウエストビル201

青森県における会社設立専門家

青森県青森市の会社設立専門家

  • 相続あすなろ相談室 〒030-0918青森県青森市けやき1丁目11-22
  • 南隆一郎税理士事務所 〒030-0919青森県青森市はまなす1丁目1-10

青森県弘前市の会社設立専門家

  • 赤坂洋治税理士事務所 〒036-8002青森県弘前市大字駅前2丁目15-16
  • ソウマショウイチ税理士事務所 〒036-8206青森県弘前市大字塩分町1-3

青森県八戸市の会社設立専門家

  • 山内敏雄税理士事務所 〒031-0824青森県八戸市旭ケ丘3丁目1-181
  • 有限会社宮下会計事務所 〒039-1102青森県八戸市一番町1丁目6-25

青森県黒石市の会社設立専門家

  • 中村民蔵行政書士事務所 〒036-0301青森県黒石市一番町31-1
  • 阿部誠税理士事務所 〒036-0333青森県黒石市柵ノ木1丁目5-10

青森県五所川原市の会社設立専門家

  • 田中良治司法書士事務所 〒037-0202青森県五所川原市金木町芦野216
  • 田中哲尋司法書士事務所 〒037-0202青森県五所川原市金木町芦野238-2

青森県十和田市の会社設立専門家

  • 高野洋三税理士事務所 〒034-0004青森県十和田市ひがしの1丁目12-38
  • 高野洋三行政書士事務所 〒034-0004青森県十和田市ひがしの1丁目12-38

青森県三沢市の会社設立専門家

  • 武森社会保険労務士事務所 〒033-0061青森県三沢市花園町4丁目31-3806
  • 青山司法書士事務所 〒033-0031青森県三沢市桜町1丁目1-34

青森県むつ市の会社設立専門家

  • 行政書士堀内圭事務所 〒035-0092青森県むつ市宇田町1-29
  • 畑中伊与吉事務所 〒035-0033青森県むつ市横迎町2丁目16-7

青森県つがる市の会社設立専門家

  • 北澤一郎司法書士事務所 〒038-3303青森県つがる市車力町花林42
  • 塚本山和行政書士事務所 〒038-3101青森県つがる市柏鷺坂清見71-1

青森県平川市の会社設立専門家

  • 小野清榮税理士事務所 〒036-0103青森県平川市本町平野24-1
  • 斎藤実司法書士事務所 〒036-0103青森県平川市本町北柳田20-1

青森県平内町の会社設立専門家

  • 高橋美喜夫司法書士事務所 〒039-3321青森県東津軽郡平内町大字小湊字小湊87-1

青森県今別町の会社設立専門家

  • 藤田社会保険労務士事務所 〒030-1502青森県東津軽郡今別町大字今別字中沢24-22

青森県鰺ヶ沢町の会社設立専門家

  • 増田晶夫税理士事務所 〒038-2761青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字舞戸町字上富田10-1
  • 菊谷直人司法書士事務所 〒038-2753青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字本町201-8

青森県大鰐町の会社設立専門家

  • 山内敏史行政書士事務所 〒038-0211青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字湯野川原92-53

青森県板柳町の会社設立専門家

  • 青山暢税理士事務所 〒038-3684青森県北津軽郡板柳町大字三千石字二潟3-2
  • 葛西利政司法書士事務所 〒038-3662青森県北津軽郡板柳町大字板柳字土井331

青森県鶴田町の会社設立専門家

  • 佐々木正明社会保険労務士事務所 〒038-3511青森県北津軽郡鶴田町大字横萢字森口9-3
  • 渋谷誠一税理士事務所 〒038-3503青森県北津軽郡鶴田町大字鶴田字鷹ノ尾7-2

青森県中泊町の会社設立専門家

  • 工藤篤行政書士事務所 〒037-0522青森県北津軽郡中泊町大字小泊字小泊35
  • 坂田社会保険労務士事務所 〒037-0305青森県北津軽郡中泊町大字中里字亀山440-1

青森県野辺地町の会社設立専門家

  • 澤口幸男税理士事務所 〒039-3123青森県上北郡野辺地町字種川7-14
  • 伏津司法書士事務所 〒039-3161青森県上北郡野辺地町字馬門道2-2

青森県七戸町の会社設立専門家

  • 田中司法書士事務所 〒039-2525青森県上北郡七戸町字七戸167
  • 乙部誠二司法書士事務所 〒039-2525青森県上北郡七戸町字七戸188

青森県六戸町の会社設立専門家

  • 山崎諭行政書士事務所 〒033-0071青森県上北郡六戸町大字犬落瀬字下久保1-132
  • 米内山功税理士事務所 〒033-0071青森県上北郡六戸町大字犬落瀬字権現沢14-174

青森県東北町の会社設立専門家

  • 蛯名晃一司法書士事務所 〒039-2406青森県上北郡東北町旭北2丁目31-108
  • 坂本武志行政書士事務所 〒039-2667青森県上北郡東北町字膳前48-82

青森県六ケ所村の会社設立専門家

  • 行政書士中村勝教事務所 〒039-3215青森県上北郡六ヶ所村大字倉内字笹崎868-1

青森県おいらせ町の会社設立専門家

  • 伊藤文雄税理士行政書士事務所 〒039-2131青森県上北郡おいらせ町向川原3-11
  • 長内良寛司法書士事務所 〒039-2221青森県上北郡おいらせ町上前田100-2

青森県大間町の会社設立専門家

  • 高松隆雄事務所 〒039-4601青森県下北郡大間町大字大間字大間54-6

青森県三戸町の会社設立専門家

  • けいのすけ司法書士事務所 〒039-0141青森県三戸郡三戸町大字川守田字関根1
  • 梅田政邦税理士事務所 〒039-0112青森県三戸郡三戸町大字梅内字鬢田1-8

青森県五戸町の会社設立専門家

  • 坂上晴信 〒039-1558青森県三戸郡五戸町字舘5
  • 神谷治税理士事務所 〒039-1524青森県三戸郡五戸町大字豊間内字地蔵平19-2

青森県田子町の会社設立専門家

  • 鳥井本社会保険労務士事務所 〒039-0201青森県三戸郡田子町大字田子字下田子46

青森県南部町の会社設立専門家

  • 浦山弘志司法書士事務所 〒039-0815青森県三戸郡南部町大字福田字あかね3-97

青森県階上町の会社設立専門家

  • 坂下社会保険労務士事務所 〒039-1211青森県三戸郡階上町蒼前東6丁目9-72
  • 中城行政書士事務所 〒039-1201青森県三戸郡階上町大字道仏字耳ケ吠32-21

青森県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

少子化高齢が進み雇用形態が変化している☆働く者仕事と日常の調和を実現し仕事らいふ調和の推進こんさるとは働くひとへ助言していくストレスを見つけます雇用形態の改善とコンサルトが労働時間基準違反の後過労死などが企業の話題であり介護商業活性化に伴うアドバイスがあると気づかれていない知らない相談相手に適任と認識され需要のしられていないことも多い

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

これから会社を大きくしていく上で、社員の増加は必須であり、社員を増加するためには社会保険の充実が必要だと思うからです。社会保険が充実していない会社は社員に不満を持たれ、会社を大きくするどころか悪い評判が立ち、会社は倒産の方向へ向かってしまうと考えていることも理由の1つです。

社会保険労務士(労働保険手続き)

仕事をしているときの怪我などがないとは限らないので、しっかりと労災のサポートは必要だと思います。労災がしっかりしていないと怪我した場合のサポートが何もなく怪我した本人、また会社も大変になってしまうので社会保険労務士の労働保険手続きのサポートは必要だと思います。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

会社を設立する際に、どのようなビジネスにするのか事業の将来像を見据えた経営計画を立てることが事業主の優先事項だと思います。ある程度設立に関わる全体像が決まった段階で、定款など細かく決め、行政に届出等を行う実務や設立後の諸手続きは行政書士にサポートしてもらうべきだと思います。

司法書士(会社の設立登記)

設立登記。 メリットとしては、設立登記は一番大切な手続きであり、気持ちの上でも本気で取り組むスタートになると思います。 専門家に色々とアドバイスを頂き、円滑にするべきことをひとつづつ進めていきたいと思います。 出来るのであれば、自分で出来るように、ご指導いただきたいと考えます。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社設立時にまず、何をしたいのかは明確にあるのだが、その業務範囲(定款)や関係書類作成の手続きが煩雑であるため。この手助けをしてくれる方がいると非常に助かる。また、作成時気づかぬことも気づけるのではないか。それ以上に会社設立後の佳き相談役・パートナーとして助言していただけるように思える。

税理士(確定申告)

新しく事業を起こす場合、確定申告は税理士にお任せしたほうが、日々の業務に安心して集中できると思いますので。また、確定申告のための日々の帳簿についても、無駄なく必要事項を記録するためのアドバイスをしていただけるから。業務内容によって、帳簿の項目の整理の効果的なやり方があると思うので。

税理士(確定申告)

それは、「公認会計士」の資格を取るという方法です。「公認会計士」の試験は、受験資格がないので高卒でも問題なく受験できるうえに、「公認会計士」の試験内容に税務に関することが含まれていることから、合格すると「税理士」の資格も同時に与えられます。

税理士(経理・決算業務)

経理業務や決算業務は慣れていないと作業自体に時間がかかってしまいます。経理などの専門的な業務を専門家のサポートを受け、アウトソーシングすることで、作業業務の時間短縮を図り、本業の営業活動や経営戦略を稼動させる時間として有効活用することができると思います。

税理士(経理・決算業務)

会社経営に置いてもっとも重要、複雑なところだと思います。会社の設立、登記は自分でもできますが、経理は日々の積み重ね、しかも一年分をもって決算や確定申告していくので、ここができないと決算、確定申告、税務に支障出るから、私ならここを税理士さんにお願いします。どれが一つっていわれたらの話ですが、欲を言うと行政書士、社会保険労務士、司法書士の資格を持った税理士にお願いするのが一番。

税理士(経理・決算業務)

自分自身がお金の計算などがあまり得意でないということもありますが、経理・決算は会社が大きければ大きいほど時間も手間も知識も必要になり、自分が社長だったら特にお金や税金に関して不正なことは一切ないクリーンな会社にしたいので、知識も経験も豊富な信頼出来る税理士さんにお金のことを一括してお願いすると思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

税法改正がされる中、意図しないリスク(違法行為など)は、避けたい。また、税務会計を適正に進めるうえでも必要性を感じます。税務署監査の対応にも顧問税理士のアドバイスは欠かせないと思います。会社の経営状態を理解されている顧問税理士とのコミュニケーションは重要だと思います。経営のブレーンとして活用すべきと考えます

税理士(顧問税理士の依頼)

起業にあたっては、色々と書籍も出ているし自分の行動次第では誰にでも教えを乞う事は出来ますが、長く続けられる会社にするには税金に関しては最初から顧問税理士を付けるべきだと考えます。税金に関しては常にクリーンにしておくべきだし、年末に駆け込みでやると漏れが出るのは当たり前。躓くのが目に見えている素人なので、専門家に常に傍にいてもらえると心強い気がします。

税理士(顧問税理士の依頼)

顧問税理士であれば、社労士、行政書士とのネットワークももっていると思うので、すべての相談を出来そうなため。また会社の税務処理は、従業員を雇って処理しても専門的知識がないと、その処理方法の違いで税金を不当に多く払ってしまう場合もあり、プロとして外部からの助言は不可欠と思うので。

税理士(税務の相談)

会社を設立する上では税務の相談は必要になると思います。節税することは税理士の目的では必ずしもないかもしれませんが、節税にも協力的な税理士についていただければ、必要なアドバイスを得て会社運営をすることが期待されます。資金調達にも詳しければなお良いです。

税理士(税務の相談)

私は化学専門だったので、数字関連は全く無知であるのと、これを間違えたりした場合は、会社の存続に関係する場合もあるので。会社、関係会社、取引先、社員にもそういう迷惑をかけたくないため、きれいな経営をするためにもぜひ専門家にお願いしたいと思う。