会社の設立ガイド

岩手県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

税理士(経理・決算業務)

経理業務や決算業務は慣れていないと作業自体に時間がかかってしまいます。経理などの専門的な業務を専門家のサポートを受け、アウトソーシングすることで、作業業務の時間短縮を図り、本業の営業活動や経営戦略を稼動させる時間として有効活用することができると思います。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社設立において、社員の労務管理に関して大手企業であっても中小企業であっても、長期に渡り、多くの企業が様々な改善を検討しています。そのくらい難しい内容は専門家を踏まえて整理することが重要であると考えています。従業員がいることで会社は成り立つためそういった点に重点をおいて政策する必要があると考えます。

税理士(税務の相談)

会社を設立した場合、一番重要なことは利益をあげることです。収入ばかり多くても費用が多いと収益はあがりません。そのためにも無駄な税金を払わなくてよいよう節税する必要があります。税金の種類は多岐に渡るので、少しでも節税を考えるのであれば税理士の知識を利用するのが一番だと考えます。

税理士(顧問税理士の依頼)

全く税制に関する知識がないため、色々と教えて欲しいから。決算に間違いがないか、帳簿の記入に漏れがないか等のチェックをお願いしたいし、税制上有利になる制度などがあればアドバイスしてもらいたい。認識不足で税金をきちんと納めていなかった、または過剰に払っていたというようなことが起こらないようにしてほしい。

税理士(税務の相談)

会社の設立に関しては、自分で始めるわけだから独学で勉強する。しかし、税の面では細かいことが多く専門家に任せるのベストだと感じた。また、ニュースを見ていると脱税に関する事柄が多く、自分が合法だと思い誤認してしまうことを未然に防ぐメリットがある。

税理士(税務の相談)

税理は専門的な知識が必要で、知識を入れるのに時間を要するため。会社の資金繰りの相談ができることはもちろん、会社を運営するためのノウハウをサポートしてもらえる。お願いするところによっては、経理業務を全てやってくれるため、経理部分を専門におこなう人を雇う必要がなくなる。

司法書士(会社の設立登記)

まず会社立ち上げの際に自分の会社を法人として公的に認知してもらうために専門家である司法書士に作成代行していただきたいです。この登記を放っておくと罰則金を支払わなければならずまた、会社立ち上げの際の諸手続きの漏れ等、発生させないためにも代行で作成をお任せしたいと思います。

社会保険労務士(労働保険手続き)

労働保険とは労災保険と雇用保険を総称したものだそうです。パート、アルバイトに拘らず労働者を1人でも雇用していれば業種・規模を問わず必ず加入しなければいけません。手続きが複雑そうなので専門の知識のある人にお願いすることで、スムーズに加入手続きができると思いました。

岩手県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    岩手県内の公証人役場
  • 盛岡合同 〒020-0022 盛岡市大通3-2-8 岩手金属工業会館3階
  • 宮古 〒027-0052 宮古市宮町1-3-5 陸中ビル2階
  • 一関 〒021-0885 一関市田村町2-25
  • 花巻 〒025-0075 花巻市花城町10-27 花巻商工会議所会館3階

岩手県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士