会社の設立ガイド

岩手県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

岩手県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

会社内の紛争による会社内部の分裂を防ぐためです。お願いするメリットは会社内部の分裂を防ぐことで、会社内で一体感が出たり、退職者を減らしたり、新卒・中途入社の社員がなじみやすい空気を作ることができることです。また、社内のストレスを軽減するのにも役立つと思います。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

司法書士、行政書士、税理士は知り合いがおりますし、また自分でも興味があるため調べて勉強してどうにか自分だけでもできそうだと思います。しかし、社会保険労務士はまわりにおらず、自分の中で興味がないため深く調べたり、勉強したりということが一番困難かと思ったからです。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

会社設立に1番重要で必要なことだと思いました。認可を受けないと会社は運営出来ないですし、自分がどんな会社を設立するにしても何の認可が必要なのか専門家の方に作って頂いた方が確実だと思います。その他にも大事な事がありましたが1番には許認可申請だと思ったのでこれにしました。

行政書士(補助金や助成金の申請)

会社を設立するにあたって、まず金銭的なことが一番重要な問題として出てくることと思います。そこでいろいろな自治体などの補助金や助成金のことについて、詳しい知識を持った、行政書士さんにお世話になりなるべく金銭的に軽く済むような手立てを考えて第一歩を踏み出していきたい。

司法書士(会社の設立登記)

法律などにも詳しいため規則などをきちんと決めてもらえる。それが法律に関わることか、また規則を破った社員に対してどのような処罰を下すかを考えてもらえるから。裁判になってもこちらとしては法律にのっとって行なったことと言えばいいため問題がおきない。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

会社を立てるにあたって、株主や合同会社の協力は不可欠なものだと思います。最初は上手くいっていても何か問題が起きたときにすぐに裏切られてしまうようでは長続きしないと思います。なので、初めの段階でプロの人を仲介に認識の違いなどが生まれないようにきちっと決めることは決めたいと思うからです。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

自分が社長なら、そこを自分でやる暇があったら、会社の利益を出すために何をすれば良いかのアイデアを考えたり、トライする時間に充てたほうが会社のためになると思ってので選びました。社長は会社の手続きは行うべきではなく、有効に時間を使える人が社長にふさわしいと思います。

税理士(確定申告)

自営業になれば確定申告をしないといけませんが、店にかかる経費や従業員を雇えば従業員にお給料払うわけですから色々と分からない事があり、家族営業でも税金にかかる事なども分からない事があるし、子供達がいれば所得の関係で学校から助成されたりとあり上限に関する事が分からない事があると教えてもらえます。

税理士(経理・決算業務)

自分は自分のやるべき仕事に集中するべきだと思うから。また,プロの目から見ていろいろなアドバイスを貰えることもあると思うから。社員でもない第3者に経理などをチェックしてもらう事によって,自分たちでは見えてこないものも見えてくるのではないかというメリットがあると思う。

税理士(顧問税理士の依頼)

税理士は会社にとってパートナーとなる存在です。細かい経理業務をまとめてもらえたり、会社運営の相談・指導をお願いしたいと思います。こちらが経営に関して詳しくないなら尚更、抜けている業務や会社を大きくするノウハウを彼らは持っているからです。会社には必ず必要な存在です。

税理士(税務の相談)

上の項目を見たときに、私の能力の中で一番自信がないのが、税金の知識かなぁと思ったからです。また、今もこれからもですが、税金は大きく変動していくものであると思いますし、その動きについていける、専門の知識を持った人がいてくれることはとても安心できると思いました。

岩手県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    岩手県内の公証人役場
  • 盛岡合同 〒020-0022 盛岡市大通3-2-8 岩手金属工業会館3階
  • 宮古 〒027-0052 宮古市宮町1-3-5 陸中ビル2階
  • 一関 〒021-0885 一関市田村町2-25
  • 花巻 〒025-0075 花巻市花城町10-27 花巻商工会議所会館3階

岩手県における会社設立専門家

岩手県盛岡市の会社設立専門家

  • 社会保険労務士人事マネジメント永山事務所 〒020-0122岩手県盛岡市みたけ1丁目5-62
  • 行政書士永山事務所 〒020-0122岩手県盛岡市みたけ1丁目5-62

岩手県宮古市の会社設立専門家

  • 行政書士久保田秀房事務所 〒027-0024岩手県宮古市磯鶏1丁目1-15
  • 岩間美暁税理士事務所 〒027-0076岩手県宮古市栄町1-36

岩手県大船渡市の会社設立専門家

  • 今野篤平司法書士事務所 〒022-0003岩手県大船渡市盛町字宇津野沢2-13
  • 佐々木敏巳司法書士事務所 〒022-0003岩手県大船渡市盛町字宇津野沢6-8

岩手県花巻市の会社設立専門家

  • 畠山信弥行政書士事務所 〒025-0042岩手県花巻市円万寺字板橋99-5
  • 込山芳行税理士事務所 〒025-0063岩手県花巻市下小舟渡308-2

岩手県北上市の会社設立専門家

  • 梅木敬時税理士事務所 〒024-0084岩手県北上市さくら通り3丁目14-8
  • 行政書士斉藤徳志事務所 〒024-0073岩手県北上市下江釣子16地割181-3

岩手県久慈市の会社設立専門家

  • リプル法務(行政書士法人) 〒028-0024岩手県久慈市栄町第37地割148-1
  • 佐々木広美社会保険労務士事務所 〒028-0015岩手県久慈市源道第17地割4-3

岩手県遠野市の会社設立専門家

  • 菊池司法書士事務所 〒028-0516岩手県遠野市穀町1-21
  • 奥寺修税理士事務所 〒028-0776岩手県遠野市上郷町板沢13地割2-27

岩手県一関市の会社設立専門家

  • 菅原良弘税理士事務所 〒029-3101岩手県一関市花泉町花泉字袋39-1
  • 菅原節夫税理士事務所 〒029-3102岩手県一関市花泉町金沢字小沢田27-2

岩手県陸前高田市の会社設立専門家

  • 村上社会保険労務士事務所 〒029-2208岩手県陸前高田市広田町字六ケ浦228-2
  • 金野社会保険労務士事務所 〒029-2205岩手県陸前高田市高田町字洞の沢60

岩手県釜石市の会社設立専門家

  • 佐々木社会保険労務士事務所 〒026-0055岩手県釜石市甲子町第1地割37
  • 見世社会保険労務士事務所 〒026-0052岩手県釜石市小佐野町1丁目4-44

岩手県二戸市の会社設立専門家

  • たなか・みやお社会保険労務士事務所 〒028-5711岩手県二戸市金田一字駒焼場35-31
  • 十文字行政書士事務所 〒028-5711岩手県二戸市金田一字八ツ長275

岩手県八幡平市の会社設立専門家

  • 伊藤保己税理士事務所 〒028-7111岩手県八幡平市大更第18地割50-398
  • 樋口一男税理士事務所 〒028-7111岩手県八幡平市大更第25地割65-1

岩手県奥州市の会社設立専門家

  • 相原まさあき行政書士事務所 〒023-1131岩手県奥州市江刺区愛宕字橋本119
  • 社会保険労務士後藤事務所 〒023-1131岩手県奥州市江刺区愛宕字梁川124-1

岩手県雫石町の会社設立専門家

  • 北田始司法書士事務所 〒020-0541岩手県岩手郡雫石町千刈田76-5
  • 簗場弘友司法書士事務所 〒020-0542岩手県岩手郡雫石町万田渡100-1

岩手県岩手町の会社設立専門家

  • 遠藤武光行政書士事務所 〒028-4307岩手県岩手郡岩手町大字五日市第10地割51-10
  • 福森信夫司法書士事務所 〒028-4303岩手県岩手郡岩手町大字江刈内第10地割1

岩手県滝沢市の会社設立専門家

  • 吉田司法書士事務所 〒020-0668岩手県滝沢市鵜飼狐洞1-81
  • あすなろ行政書士事務所 〒020-0662岩手県滝沢市鵜飼大緩47-20-C-101

岩手県紫波町の会社設立専門家

  • 阿部士満夫司法書士事務所 〒028-3307岩手県紫波郡紫波町桜町1丁目2-4
  • 田村社会保険労務士事務所 〒028-3318岩手県紫波郡紫波町紫波中央駅前4丁目1-83

岩手県矢巾町の会社設立専門家

  • 細川榮子行政書士事務所 〒028-3626岩手県紫波郡矢巾町大字岩清水第11地割27-2
  • 村松哲行政書士事務所 〒028-3621岩手県紫波郡矢巾町大字広宮沢第10地割501-25

岩手県西和賀町の会社設立専門家

  • 高好行政書士事務所 〒029-5503岩手県和賀郡西和賀町清水ヶ野18地割131
  • 東英夫司法書士事務所 〒029-5507岩手県和賀郡西和賀町大沓36地割48-1

岩手県金ケ崎町の会社設立専門家

  • 菊地社会保険労務士事務所 〒029-4503岩手県胆沢郡金ケ崎町西根大前118-4
  • 菊地行政書士事務所 〒029-4503岩手県胆沢郡金ケ崎町西根大前118-4

岩手県住田町の会社設立専門家

  • 行政書士佐々木美保子 〒029-2501岩手県気仙郡住田町上有住字蓬畑85

岩手県山田町の会社設立専門家

  • 田代省平司法書士事務所 〒028-1343岩手県下閉伊郡山田町境田町11
  • 社会保険労務士昆事務所 〒028-1361岩手県下閉伊郡山田町織笠第12地割3-85

岩手県岩泉町の会社設立専門家

  • 千葉堅夫司法書士事務所 〒027-0501岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字下宿51
  • 鹿糠社労士行政書士事務所 〒027-0501岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字三本松29-15

岩手県軽米町の会社設立専門家

  • 大村隆男司法書士事務所 〒028-6302岩手県九戸郡軽米町大字軽米第10地割95-3
  • 工藤寿彦行政書士事務所 〒028-6302岩手県九戸郡軽米町大字軽米第4地割69-1

岩手県洋野町の会社設立専門家

  • 野里壽史司法書士事務所 〒028-7914岩手県九戸郡洋野町種市第23地割62-8
  • 野里壽史行政書士事務所 〒028-7914岩手県九戸郡洋野町種市第23地割62-8

岩手県一戸町の会社設立専門家

  • 柳平幸男行政書士事務所 〒028-5312岩手県二戸郡一戸町一戸字越田橋30-2
  • 田頭司法書士 〒028-5312岩手県二戸郡一戸町一戸字本町65-2

岩手県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社設立後、自分のことだけならそこまで手間ではないのかも知れませんが、数人でも従業員を雇うようになったら、保険等に関する部分は専門的に見て貰いたいと考えます。従業員のことを疎かにすれば自分に返ってくるので、そこは費用を抑えたくないところです。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

まず最初だからこそ会社の信頼や基盤を盤石なものとしたいので、保険についての知識やどうすればいいのかをよく知っておくことで周りに不安を与えないようにし、詳しい立場から見たアドバイスも取り入れていくことで魅力ある会社にしたいと思ったので選びました。

社会保険労務士(労働保険手続き)

会社の労働を増やすのに社員の労働を確保するのは大事保険などしっかりして社員安心して仕事出来る環境を作りたい。また、見直しを行い無駄な所の削減を行っていき会社にも負担が掛からないようにする。何かあった時に家族のサポートも大事一家の大黒柱が倒れても安心な保険が大事です。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

会社を設立するにあたり、ほとんど知識がないので設立のサポートをお願いしたいと思った。最初が肝心なので基盤をしっかり作って、事業を軌道にのせ、成功させるメリットがあるので、また社長として会社を作り上げる義務があるので1つ1つ丁寧にしていきたいと思った。

司法書士(会社の設立登記)

自分ではできそうにないのでお願いしたいから。事務経験はあるので社会保険関係はなんとかなりそうなので。会社を設立は想像もできないぐらい大変そうなのでプロにおまかせしたいなあと、感じました。社長であるからにはそれなりの勉強は必要でしょうけれども、最初は手助けがひつようかと思います。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社を立ち上げる際に、まず初めに現れるハードルだから。他の部分は、自分で勉強して資格を取ったりできそうだが、司法書士は簡単に取れる資格ではないので、やはりプロにお願いしたい。まず初めに相談しておくことで、今後の経営の見通しも立てやすくなると思う。

税理士(確定申告)

税制が変わり、申告の制度も変わり始めているので専門知識の豊富な方は元より、資格があるのならとても安心出来ると思ったからです。以前外交員だったため毎年自分で申告を行っておりましたが、申告の紙を何年保存等色々な事が分かりました。気を付けるべきところを分かりやすく説明して下さるので助かります

税理士(確定申告)

年に一度のことですが、意外に面倒な仕事だと思います。普段から計算をしていないと、わからなくなることもあります。もし、計算が間違っていると、後々になって請求をされることもあるので大変です。確定申告を間違えて申告してしまわないようにプロに頼みたいと思います。

税理士(経理・決算業務)

私自身に会計管理の知識がほとんどないため、その部分を助けて欲しいと思いました。会計管理は会社を運営していく上で必要不可欠なものであり、かつ、いつも正確で公正なものでなければならないわけですが、わたしだけでやるのは不安なので専門家の手を借りた方が安心だと思いました。

税理士(経理・決算業務)

企業経営者自ら、税金に関する事務的業務を行うことも可能でしょうが、税理士に依頼することで、自らの事務負担の軽減もさることながら知識として納税に関して有利になるということが考えられます。税務調査の対策なども、税理士が大きな力になってくれると思われます。

税理士(経理・決算業務)

給与の支払いは社員が最も気にする事と思いお願いしました。以前の職場でずさんな管理体制で多くの職員が不満をもらし結束が弱まってしまいました。しっかりとした経理を側に置く事で会社のお金の流れが間違った方向に行く事を防ぐために縁の下の力持ちとしてお願いしたいと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

1人で会社を行うにしろ人を雇うにしろ税金は必ず納めるものだから、税金周りのことは避けて通れないかと思ったので最初に考える最大のものだと思います。なので、専門家に頼みます。また、どれだけ稼いでも国に税金を納めなければ脱税で犯罪を犯してしまうことになるので最低限のことは守って事業をしたい。

税理士(顧問税理士の依頼)

設立時に設立登記や資金調達、日本政策金融公庫や銀行融資の申し込みから、設立後の会社の経理業務、確定申告など日常的な業務を一貫して依頼できるため。会社の一番の目的はお金を稼いで利益を出すこと。やはりお金に関することが最優先。社労士、司法書士、行政書士は軌道に乗って従業員を雇う時に必要かと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

税金以外の会社設立その他の手続きはお金がそれほど関係しないので間違えても修正は比較的簡単にできそうだが、税金はお金に関することなのでもし間違えるとかなり面倒なことになりそうだから、どんなことでも専門家に質問できる環境を作った方がよいと思った。

税理士(税務の相談)

税金の管理は専門的な知識と経験が必要だと思うからです。毎年、毎年税金の制度は時代の流れと共に変化していくので、それを専門的に扱う人にお願いした方が安心だと思います。また、適材適所に専門的な知識を要する人が居てくれると自分は社長業に専念できると思います。

税理士(税務の相談)

昨今、個人においても法人においても税制がどんどんと変わってきているため設立前に確認していた税制と実際に収益が出てきて申告する際の税制が変わってないとは言い切れない。こまめに税制については確認し、知らなかったから損をするような事態は避けたほうが良いと考えたため。