会社の設立ガイド

宮城県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を設立する始めの時から同じ人または事務所にお金の流れを見守っていてほしいからです。そうすることで流れをきちんと把握してもらい的確なアドバイスをもらうことが出来ると思います。責任を負担してもらおうとは思いませんが、少し手伝ってもらえる部分は手伝ってほしいなと思っています。

税理士(確定申告)

やはり収入を得ることで資産を形成し、そこから従業員がいるのであれば給与を支払わなければならないし、税金などの部分で納め忘れなどがあっては会社のイメージそのものを損なってしまう。その結果社会的に受けるダメージとそれを回復する時間を考えたらやはり税理士は是非利用したい。

税理士(税務の相談)

私は金融機関に勤めるファイナンシャルプランナーですが、企業というものは節税の巧拙によって、随分、利益の増減が発生する事を学んできました。そしてそれを相談する相手としては、やはり毎年のように改定される税制について熟知している税理士にお願いするしかないというのが結論です。

行政書士(補助金や助成金の申請)

会社を運営していくにあたり、人材の育成はとても大切な事ですが、コストがかかります。そのための助成金であったり、今後より良い会社作りのための運営費用として補助金を貰えるよう、何か対策を効率よく行えるようにです。以前私が働いていた会社もうまく助成金や補助金を利用していました。

税理士(経理・決算業務)

業務の狙いや活動は自身にあるので、それに付随する資金のやりくりをお任せしたいから。事業が安定稼働するまでの間の資金繰りは、出入りが不安定になり、突発的な物も多くなり、複雑になるのが目に見えているので、専門のプロに目を光らせて貰った方が安心できる。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

設立後会社を大きくしていく過程で設立時に定めた定款などに不備などがあったりした場合、また素人考えで作成した文言などであとから起こる可能性のある不具合や問題などが起こる前に前もって対処・対応できるように。また自社に有利・有益な定款作成の参考になりそうなので。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

まずは、会社の設立の仕方がわからないため。設立について司法書士さんに色々と話を聞きながら、今後の税金のことや、登記についてや、会社を設立してからの大まかなことを相談できると考えたから。設立の時点で疑問に思っていることは、だいたいはじめに関わる人に聞けばいいという考えだから。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

社労士は会社にとって必要だから。会社を経営するとなると、会社の理念に沿う人材を雇わないといけないし、その後の仕事の状況が上手くいかなかった時に自分が面接をして雇った従業員から、責任を問われる可能性がある為。賃金や休暇など懲戒解雇などのお金がからむ問題が起きた時に、労働法を良く知る社労士に相談することは大きなメリットとなる。

宮城県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    宮城県内の公証人役場
  • 仙台合同 〒980-0802 仙台市青葉区二日町16-15 武山興産第二ビル2階     
  • 仙台一番町 〒980-0811 仙台市青葉区一番町2丁目2-13 仙建ビル6階
  • 仙台本町 〒980-0014 仙台市青葉区本町二丁目10番33号(第2日本オフィスビル3階)
  • 石巻 〒986-0826 石巻市鋳銭場5-9 いせんばプラザ1階102
  • 古川 〒989-6162 大崎市古川駅前大通2-6-16 古川土地ビル3階
  • 大河原 〒989-1245 柴田郡大河原町字新南35-3

宮城県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士