会社の設立ガイド

宮城県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

宮城県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

もともと揉め事を解決するのが苦手な方なのでこういう人がいてくれると助かる。会社の事業に直接関係ない人が一人でもいた方が中立の立場に立って問題を穏便に解決出来そうな気がするから。紛争は次から次へと出てくると思うので仕事が滞る事がないようにするためにもこういう人が必要だと思う。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

加入が義務付けられている社会保険、給料によって金額が変わるので会社運営において重要ポイントです。社会保険労務士に相談すれば給料設定などのアドバイスも受けられとても参考になると思います。また、社会保険への切り替えが遅くなると社員にも迷惑をかけてしまう為、スムーズに切り替える為にも依頼するのは良い事だと思います。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

まず初めに会社を設立するために必要な書類を指導してもらうと同時に、今後必要なもの、必要なことなどのアドバイスがもらえそうだから。一番身近で助言相談などかしやすい立場で、かつ、最初から関わってもらえれば内情を理解し的確なアドバイスが継続的にもらえると思うのがメリット。

行政書士(補助金や助成金の申請)

会社の事業を軌道にのせるまでに自己資金でまかないきれるかどうかの判断を専門家にしてもらいたいので。もし足りないとわかった場合、どうすればいいのか、また、そのうえで補助金や助成金についての的確な助言やアドバイスを専門家にしてもらいたいと思うので。

司法書士(会社の設立登記)

会社の設立にあたって、まずは基盤が大事だと思ったため。登記などに関して、全く無知なので、専門の方にお願いしてから事業をスタートさせたいと思いました。その他のことは、設立後に必要になるものが多いような気がします。設立前につくっておく最低限必要なものとして挙げさせていただきました。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

株式会社と言っても、素人にはよく理解できていないですし、司法書士の方に相談して一緒に作っていくというのが無難だと思います。合同会社の設立に関しましても同様です。起業のスタートラインですし、無駄な時間は極力使いたくないからです。その分お金はかかるのはやむを得ません。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

いわゆる企業本に載っているような情報(設立登記の方法)は自分で何とか調べられるが、定款の作成は会社のジャンルにもよると思うので、自力での作成は困難だと思われる。会社設立後にするべき事も沢山あるが、とりあえず設立の為の第一歩は登記と定款の作成だから。

税理士(確定申告)

全部自分でやったり、社員にやらせるのは不安なのでここにあるのを全部頼みたいくらいなのですが、一番大変でイヤなのが確定申告なのでそれを選びました。確定申告を間違えると大変なことになるのでプロの目でしっかりとチェック・作成をして欲しいからです。

税理士(経理・決算業務)

自分は営業畑出身であることから、営業ついては戦略立案、判断することが出来るが経理業務は素人だから。また、会社設立当初は、社長である自分は営業系に専念、経理決算業務はプロである税理士に任せ、できるだけ早く会社を安定軌道に乗ることが得策と思うから。

税理士(顧問税理士の依頼)

税金対策によって多少でも税金を浮かすことができれば、社員や会社の設備に還元することができると思うので。かと言って犯罪になってしまったり、監督署が来た時に引っかかるようでは困るので、ギリギリのラインでできるだけ税金を安く済ませるためには、やはりその分野のプロにお願いをするほうが良いと思います。

税理士(税務の相談)

税務に関する作業のサポートを専門家にお願いしたいです。設立登記ももちろんですが、税務に不手際があると、その後の社会的信用へと関わってくるためです。税務に関しては複数のものがあり、それらが煩雑化することによる混乱、ミスを避けるためにもぜひプロのお力をお借りしたいです。

宮城県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    宮城県内の公証人役場
  • 仙台合同 〒980-0802 仙台市青葉区二日町16-15 武山興産第二ビル2階     
  • 仙台一番町 〒980-0811 仙台市青葉区一番町2丁目2-13 仙建ビル6階
  • 仙台本町 〒980-0014 仙台市青葉区本町二丁目10番33号(第2日本オフィスビル3階)
  • 石巻 〒986-0826 石巻市鋳銭場5-9 いせんばプラザ1階102
  • 古川 〒989-6162 大崎市古川駅前大通2-6-16 古川土地ビル3階
  • 大河原 〒989-1245 柴田郡大河原町字新南35-3

宮城県における会社設立専門家

宮城県仙台市の会社設立専門家

  • 富田亨行政書士事務所 〒983-0832宮城県仙台市宮城野区安養寺2丁目14-2
  • 千葉貞夫行政書士事務所 〒983-0832宮城県仙台市宮城野区安養寺2丁目14-2

宮城県石巻市の会社設立専門家

  • 木村康税理士事務所 〒986-0862宮城県石巻市あけぼの3丁目6-10
  • ひかり興産株式会社 〒986-0831宮城県石巻市羽黒町2丁目6-57

宮城県塩竈市の会社設立専門家

  • 小野秀三郎司法書士事務所 〒985-0026宮城県塩竈市旭町13-36
  • 佐久間志保子司法書士事務所 〒985-0026宮城県塩竈市旭町2-11

宮城県気仙沼市の会社設立専門家

  • 熊谷功事務所 〒988-0064宮城県気仙沼市九条240-5
  • 行政書士及川勇人事務所 〒988-0214宮城県気仙沼市最知荒沢192-1

宮城県白石市の会社設立専門家

  • 佐藤勇吉行政書士事務所 〒989-0203宮城県白石市郡山字観音崎22
  • 加藤司法書士事務所 〒989-0273宮城県白石市字中町1

宮城県名取市の会社設立専門家

  • オフィス・コスモス行政書士綜合事務所 〒981-1251宮城県名取市愛島台6丁目15-9
  • 渋谷浩司税理士事務所 〒981-1241宮城県名取市高舘熊野堂字岩口中36-3

宮城県角田市の会社設立専門家

  • 小形満春税理士事務所 〒981-1505宮城県角田市角田字栄町83-1
  • 司法書士星幸二事務所 〒981-1505宮城県角田市角田字錦町32-4

宮城県多賀城市の会社設立専門家

  • 小泉栄一司法書士事務所 〒985-0835宮城県多賀城市下馬3丁目26-5
  • 株式会社土生会計事務所 〒985-0835宮城県多賀城市下馬3丁目29-1

宮城県岩沼市の会社設立専門家

  • 石田秀男税理士事務所 〒989-2473宮城県岩沼市栄町2丁目3-35
  • 阿部昭二税理士事務所 〒989-2441宮城県岩沼市館下1丁目5-7

宮城県登米市の会社設立専門家

  • 吉田行政書士事務所 〒987-0602宮城県登米市中田町上沼字境前9-1
  • 千葉一夫行政書士事務所 〒987-0601宮城県登米市中田町石森字加賀野2丁目10-2

宮城県栗原市の会社設立専門家

  • すぎのめ行政書士事務所 〒987-2308宮城県栗原市一迫真坂字土手畑22
  • あおば綜合會計事務所 〒987-2171宮城県栗原市高清水長福寺2-3

宮城県東松島市の会社設立専門家

  • 辺見社会保険労務士行政書士事務所 〒981-0504宮城県東松島市小松字若葉9-4
  • 渡辺稔司法書士事務所 〒981-0504宮城県東松島市小松字上浮足260-3

宮城県大崎市の会社設立専門家

  • 千葉力雄司法書士事務所 〒989-6414宮城県大崎市岩出山字下川原61-34
  • 佐々木社労士行政書士事務所 〒989-6413宮城県大崎市岩出山字東川原町1-10

宮城県蔵王町の会社設立専門家

  • 我妻正弘行政書士事務所 〒989-0701宮城県刈田郡蔵王町宮字坂山31-1
  • 我妻昭行政書士事務所 〒989-0701宮城県刈田郡蔵王町宮字川原田上11-1

宮城県大河原町の会社設立専門家

  • 行政書士福島法務行政事務所 〒989-1203宮城県柴田郡大河原町字旭町54
  • 原田会計事務所(税理士法人) 〒989-1203宮城県柴田郡大河原町字旭町7

宮城県村田町の会社設立専門家

  • 関孝司法書士事務所 〒989-1305宮城県柴田郡村田町大字村田字西37-3
  • 行政書士佐々木行政法務事務所 〒989-1305宮城県柴田郡村田町大字村田字町49

宮城県柴田町の会社設立専門家

  • 札木庸久税理士事務所 〒989-1622宮城県柴田郡柴田町西船迫1丁目10-4
  • 金井弘税理士事務所 〒989-1622宮城県柴田郡柴田町西船迫2丁目6-105

宮城県川崎町の会社設立専門家

  • 行政書士中原法務事務所 〒989-1501宮城県柴田郡川崎町大字前川字松葉森山1-53
  • 大沼万亀子司法書士事務所 〒989-1501宮城県柴田郡川崎町大字前川字裏丁179

宮城県丸森町の会社設立専門家

  • 八島克之司法書士事務所 〒981-2161宮城県伊具郡丸森町字除南18
  • 八島克之行政書士事務所 〒981-2161宮城県伊具郡丸森町字除南18

宮城県亘理町の会社設立専門家

  • 小笠原法務事務所 〒989-2324宮城県亘理郡亘理町逢隈高屋字道下1-101
  • ひかり行政書士事務所 〒989-2381宮城県亘理郡亘理町逢隈上郡字若宮45

宮城県山元町の会社設立専門家

  • 遠藤健一司法書士事務所 〒989-2111宮城県亘理郡山元町坂元字舘下134-6

宮城県松島町の会社設立専門家

  • 松岡行政書士事務所 〒981-0215宮城県宮城郡松島町高城字町147-1
  • 伊藤薫社会保険労務士・行政書士事務所 〒981-0215宮城県宮城郡松島町高城字町41

宮城県七ケ浜町の会社設立専門家

  • 大野栄吉司法書士事務所 〒985-0822宮城県宮城郡七ヶ浜町汐見台南1丁目33-18

宮城県利府町の会社設立専門家

  • 中鉢政好税理士事務所 〒981-0134宮城県宮城郡利府町しらかし台2丁目12-14
  • みなみ行政書士事務所 〒981-0111宮城県宮城郡利府町加瀬字天形23-2

宮城県大和町の会社設立専門家

  • 藤村社会保険労務士事務所 〒981-3622宮城県黒川郡大和町もみじケ丘3丁目24-15
  • 小谷昇司法書士事務所 〒981-3621宮城県黒川郡大和町吉岡字下町51-4

宮城県富谷市の会社設立専門家

  • 行政書士小松賢二事務所 〒981-3352宮城県富谷市富ケ丘2丁目4-6
  • 鈴木力司法書士事務所 〒981-3311宮城県富谷市富谷新町13

宮城県加美町の会社設立専門家

  • 岩岡光明行政書士事務所 〒981-4273宮城県加美郡加美町字上川原一番46-1
  • 引地田路子司法書士事務所 〒981-4252宮城県加美郡加美町字西田三番1-11

宮城県涌谷町の会社設立専門家

  • 柳渕茂司法書士事務所 〒987-0112宮城県遠田郡涌谷町字桑木荒91-1
  • 相馬秀夫司法書士事務所 〒987-0100宮城県遠田郡涌谷町字砂田前34

宮城県美里町の会社設立専門家

  • 川村邦彦税理士事務所 〒987-0012宮城県遠田郡美里町字素山町3
  • 小牛田駅前司法書士事務所 〒987-0001宮城県遠田郡美里町藤ケ崎1丁目21

宮城県南三陸町の会社設立専門家

  • 山内司法書士事務所 〒986-0741宮城県本吉郡南三陸町志津川字十日町84
  • 加茂川くに子司法書士事務所 〒986-0725宮城県本吉郡南三陸町志津川字沼田150-33

宮城県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

お金を出して、自分が動けるものではなさそうだから。また専門科で動く方が、自分が仲介に入らなくても、効率良く運営が進みそうだから。自分に多少の知識があったとしても、専門科できちんと業務をこなしてもらう方が自分への負担も少なくて良さそうだから。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

雇用主と労働者との間で不安や争いが起こらないようにするため。労働者から信頼を得るため。その手続きをする上での、費用やメリットデメリットを相談する。その上で、どうすることが自分、労働者、会社の為になるかを考えて1番いい方法を見だす。他にも保険のことを相談して会社の損がないことと労働者に対しての保険なども相談する。

社会保険労務士(労働保険手続き)

もし自分が社長になるのだとしたら、会社の設立など社長のやる最低限のことは知識として持っているのは当たり前のことだと思います。しかし、保険のことに関しては保険関連の仕事に就いていなければわからないことが多いです。なので、そこで専門家をお願いして労働者や会社にもしものことがあっても大丈夫なように万全にしたいと思います。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

現在会社で人事労務を担当しています。軌道に乗せるためのサポートであれば内容変更時の手続きをしていただけるととても助かります。年に一回あるかないかのような業務は委託してしまう方が楽です。また、社会保険手続は現職なので自分でも手続可能です。なお、設立時や決算時には司法書士や税理士、会計士にもお願いすると思います。

司法書士(会社の設立登記)

会社を作るのに何が必要なのか、全くわからないため、初期の初期のである登記からお願いしたいと思いました。プロに頼む事でスムーズに進むので、自分はそのぶん会社設立後の業務に集中できるため、起動に乗るのが少しは早くなるのではないかなと思いました。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社の設立に必要とされている定款の作成と認証に関しては、やはり専門の司法書士の方にお願いするのが宜しいかと思います。会社の憲法ともいえる定款を個人で作成するのは常識的に考えて難しいでしょうし、やはり場数を圧倒的にこなしているプロに依頼したいです。

税理士(確定申告)

ただでさえ未経験で、勝手がわからないのにたくさんの書類等をまとめたり、段取りを組んだりする事を考えると、プロに頼むのがまず一番確実で効率的なのではと思います。一人で膨大な量をこなし、万が一ミスでもあったらもうその後のことが何も手に付かなそうです。

税理士(確定申告)

毎年の確定申告に手間がかかりわからないことがあるたび調べないといけないのは仕事するうえでデメリットとてもわずらわしいので。メリットはプロからみて税について適切なアドバイスをくれて業務にもわずらわしい作業から解放されそのぶん時間の余裕ができると思うので、仕事はかどりそうです。

税理士(経理・決算業務)

私が会社を設立するならば税の事は専門家に任せたいです。他のこどは設立するまでの事で、自分で何とかしようと思えばできそうですが、経理などはずっとついてまわることで、それにわずらわされる時間と労力を考えたら専門家に丸投げした方がはるかにメリットがあると思います。

税理士(経理・決算業務)

どんな企業も納税をきちんとしないといけないから。いい税理士さんを見つけて、長い間おつきあいすることが大事だと思います。脱税は企業にとってマイナスでしかないので、信頼できる税理士さんと共にしっかりチェックして、会社を守ってもらえるようにする。

税理士(経理・決算業務)

会社を設立するとなると、なにかとお金がかかってしまうと思います。しかしながら、事業をはじめたばかりで資金が潤沢でないことを考えると無駄な出費は控えたいです。そんなときに税理士の方に経理や決算業務をお願いできれば、必要最低限の出費だけで会社を回していくことができるのではないかと思うのでお願いしたいと思います。もし税理士のようなプロに会社のお金の管理をお願いできれば、事業の内容そのものにもっと社長として集中できるというメリットがあると思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

お金に関する事はしっかりしておきたいので、専門知識のある方に協力していただきたいと思っています。従業員にも会社のお金の流れを把握してもらい、各自が働くことによってどのようにしてお金が使われていき自分の収入につながるのかがわかれば働く意欲にもつながるのではと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

事業経費などは、専門知識がないと分からない部分が沢山ありますので、どういう状況で経費として落とすべきなのかをきちんと説明を受けたうえで、会社の将来を少しずつでもより良い環境、より良い状況で動かしていけばいいのかを、一緒に考えてくれるパートナーになってもらえた方が心強いと思うので、こちらを選択させていただきました。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社経営は、税務がネックとなることが多いから。税務がうまく行かないと、罰金を取られたり、余計なコストがかかったりするから。コンプライアンスを遵守しなければ企業の信用は落ち、損害につながるから。企業の社会的責任が叫ばれている昨今の社会事情があるから。

税理士(税務の相談)

どうやれば節税できるかわかると思うので本職の税理士さんにお願いしたいと思いました。お願いするメリットは自分で節税を考えて法に触れてしまう危険を排除すること、それに法の中で最大限の節税を可能にすることです。併せて決算業務もお願いするかもしれません。

税理士(税務の相談)

最初は小規模に国内消費者を対象にしたサービスを展開しつつ、その後は徐々に海外向けに拡販すると思います。あるいは、最初から海外の商品を扱うようなビジネスを立ち上げると思います。そうすると、必然的に輸出入関税であるとか、海外従業員に対する源泉の扱いなどが重要になると考えました。