会社の設立ガイド

秋田県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

税理士(経理・決算業務)

私自身に会計管理の知識がほとんどないため、その部分を助けて欲しいと思いました。会計管理は会社を運営していく上で必要不可欠なものであり、かつ、いつも正確で公正なものでなければならないわけですが、わたしだけでやるのは不安なので専門家の手を借りた方が安心だと思いました。

税理士(経理・決算業務)

「軌道にのせるという」設問文から考えると、設立後の話なので設立関連の選択肢はすべて除外されると考えたのが大きいです。そして会社を営む点から考えると大切なのは売上と利益です。経理上の仕訳や、これは会社としてお金を出して良いのか?領収書の扱いは?など毎日不明点が発生します。これは会社の業種や時期によって様々です。そのためネット検索しても完全一致する答えが見つかるとは限らないのでお願いするメリットがあると思います。しかし他の選択肢はそれなりにネット検索したら答えが見つかると思うからです。

税理士(税務の相談)

会社を設立するということは、多かれ少なかれ売り上げや給料などのお金の出入りが発生する。お金の出入りが発生するということは、課税であろうと非課税であろうとそれらの申告や税務署と否応でもかかわることになる。会社を設立する限りは、すぐにでも軌道に乗せたいし、長く経営をして生き残りたいので、税務署と上手に付き合うノウハウ(申告書提出や節税など)をまずは税理士にお願いしたい。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社設立した後の労働保険や、給料の支払いなどの管理人を任せます。専門家に任せた方が、トラブルを防止や会社の経営に専念する為です。賃金などのトラブルが起きてしまっても、自分で解決するより知識がある専門家に任せれば良い方法で解決出来ると思います。

税理士(税務の相談)

税務相談をお願いする理由としては、正直自分があまり勉強していない分野であるからです。またプロが知っている節税対策が必ずあるので最初からた徹底した対策をちからを借りてやりたいと思います。また不手際があると会社の存続に関わるのでこの部分はお願いします。

税理士(税務の相談)

とにかく数字に弱いから。加えて、税金ほど分からないものはない。知らないというだけで損をする事もあると思うし、経営をするなら尚更ムダなものは払いたくない。かと言って節税のつもりが脱税になったりしては洒落にならないので、税理士さんなら上手くやってくれそうだから。

税理士(税務の相談)

公務員の仕事しか経験しておらず、とにかくお金関係、税金関係のことに関する知識に疎いため、専門家にお願いしたいと考えた。設立の登記等の諸作業については、今、高校生でも起業しているぐらいだから、きちんと調べれば、自分でできるものなのかなと考えたから。

税理士(顧問税理士の依頼)

税金が払えないでつぶれた会社のニュースや、知人の話をよく聞きます。税理士の先生に顧問になっていただいて、自身の給与や社員への給与の管理を徹底していただきたいです。社長は責任と重圧がかさなる職と考えます。税の部分でもしっかり責任もって取り組む必要があると思うからです。

秋田県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    秋田県内の公証人役場
  • 秋田合同 〒010-0921 秋田市大町3-5-8 秋田ニコスビル3階
  • 能代 〒016-0845 能代市通町9-48 大丸ビル2階

秋田県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士