会社の設立ガイド

秋田県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

秋田県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

会社を経営していくには必ず、従業員を雇用することが不可欠となります。しかしながら、従業員を雇用するということは、労務に関する揉め事は発生するものと考えられます。そこで、労務のプロである社会保険労務士に会社設立後の紛争問題の解決を依頼することにより、より一層、会社の経営がスムーズに運べると考える為です。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

これから従業員を雇用するということは、その人たちの生活をしっかり守らなければならなくなるので、まずは保障関係をしっかりと考え打ち出す必要があると思うけど、私にはその詳しい知識がない。ということは自分で勉強するか誰かの助けを借りなければいけない。となると、専門の人にお願いできるなら、私が別の業務を進めることができるメリットもあるから。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

会社を設立する際の手続きの種類や方法はネットや本で調べる事が出来ますが、申請書の作成は完璧に出来ていると思っても抜けてしまう事があり、設立前に何度も提出し直しになるような時間のムダは防ぎたいし、行政書士の方の力を設立、またその後も継続して借りたいから。

行政書士(補助金や助成金の申請)

会社設立において、まず補助金や助成金についての知識を蓄えておきたいところである。会社経営において最もネックになってくること、それがお金だと考えます。多くの若者が会社の経営に手が出せない理由にもなっていると考えられます。そのため、補助金や助成金という制度を知っていれば会社設立への糸口が見えてくるのではないかと考えます。

司法書士(会社の設立登記)

会社を設立する際に登記の登録はかなり大変ですからね!何も知らないと設立なんて出来ないですし知っていても必要な書類が多すぎて大変ですから司法書士の方がいればかなり助かるんじゃないでしょうか。ミスが無いように気を配ってくださると思うのでお願いしたいと思いますね。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

会社を設立する上で何が必要かわからないので相談することは、大変メリットがある、自分では司法書士業務は行うことができないから。税理士業務や、行政書士業務や、社会保険労務士の業務は自分自身携わった事があるので、お願いしなくてもなんとかなるから。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

私は長い期間会社勤めで設立の経験はありませんが、会社の設立はとにかく設立までの手続きが多いイメージがあります。誰かと一緒に等でなければ、初めての設立ともなれば最初はしっかりと手順を踏みたいです。司法書士でしたら会社設立の殆どを依頼できるメリットがあると思います。

税理士(確定申告)

税理士に確定申告をお願いしたいです。確定申告は漏れがあったら会社のイメージもダウンするので、きっちりプロに任せた方がいいと思います。よく税金のがれなんかで騒がれている方がいるのでここはきっちりうそのない申告ができるようにサポートをお願いしたいです。

税理士(経理・決算業務)

会社を設立していく上で何にもお金の管理というものは一番に大切なものだと思います。会社が発展していく上で経理・決算業務がおろそかになっていれば、その他の業務に多大な影響を及ぼすことは間違いないはずです。しっかりとした管理をして、何にお金が使われているかを把握することで今後の発展のプランも立てやすくなると思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を設立し継続させていくにはやはりお金が重要だと思います。運転資金を含め税金の問題など素人では分かりづらいところはプロに任せるべきだと思いました。無知だと優遇される税金の制度など会社にとって良いことも見落とします。お金に関しての専門家の意見は重要だと思います。

税理士(税務の相談)

法人化するとして、税の事はグレーゾーンも多く、経験の浅い自分ではいかに勉強しても実際の申告の時に「可」か「不可」か理解が難しい内容が多いと思います。そのため、経験豊富で誠実な税理士さんと会社設立時から関わることで、うっかり大切な事柄を見落とす事を回避したいと考えます。

秋田県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    秋田県内の公証人役場
  • 秋田合同 〒010-0921 秋田市大町3-5-8 秋田ニコスビル3階
  • 能代 〒016-0845 能代市通町9-48 大丸ビル2階

秋田県における会社設立専門家

秋田県秋田市の会社設立専門家

  • 高桑清勝行政書士事務所 〒010-0834秋田県秋田市旭川南町18-16
  • 成田均税理士事務所 〒010-0925秋田県秋田市旭南3丁目7-12

秋田県能代市の会社設立専門家

  • 山條明税理士事務所 〒016-0846秋田県能代市栄町13-3
  • 平川税理士事務所 〒016-0171秋田県能代市河戸川字南西山166-6

秋田県横手市の会社設立専門家

  • 小坂義博税理士事務所 〒013-0033秋田県横手市旭川3丁目5-6
  • 伊藤文雄行政書士事務所 〒013-0043秋田県横手市安田字ブンナ沢80-20

秋田県大館市の会社設立専門家

  • 高橋廣志税理士事務所 〒017-0044秋田県大館市御成町2丁目12-24
  • 清和(税理士法人) 〒017-0863秋田県大館市根下戸町2-1

秋田県男鹿市の会社設立専門家

  • 加藤勉行政書士事務所 〒010-0341秋田県男鹿市船越字一向65-39
  • 河内隆雄司法書士事務所 〒010-0341秋田県男鹿市船越字船越276-1

秋田県湯沢市の会社設立専門家

  • 高橋英一司法書士・調査士事務所 〒012-0855秋田県湯沢市愛宕町1丁目1-7
  • 金澤行政書士事務所 〒019-0204秋田県湯沢市横堀字小田中18

秋田県鹿角市の会社設立専門家

  • 黒沢均司法書士事務所 〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下花輪32
  • 佐々木社会保険労務士事務所 〒018-5201秋田県鹿角市花輪字久保田37-6

秋田県由利本荘市の会社設立専門家

  • 本荘税経瓦谷地事務所(税理士法人) 〒015-0872秋田県由利本荘市瓦谷地32-2
  • 三浦毅司法書士事務所 〒018-0711秋田県由利本荘市岩谷町字日渡63-2

秋田県潟上市の会社設立専門家

  • 若松好典行政書士事務所 〒018-1401秋田県潟上市昭和大久保字町後173-95
  • すずけん労務経営事務所 〒018-1401秋田県潟上市昭和大久保字堤の上45

秋田県大仙市の会社設立専門家

  • 藤嶋行政書士事務所 〒014-0111秋田県大仙市横堀字日吉11
  • 佐藤利雄税理士事務所 〒014-1413秋田県大仙市角間川町字下中町14

秋田県北秋田市の会社設立専門家

  • 黒澤司法書士事務所 〒018-3312秋田県北秋田市花園町20-37
  • 松尾良一行政書士事務所 〒018-3311秋田県北秋田市材木町9-23

秋田県にかほ市の会社設立専門家

  • 山中社会保険労務士事務所 〒018-0411秋田県にかほ市院内字城前75
  • 佐々木正己行政書士事務所 〒018-0115秋田県にかほ市象潟町字後田110-1

秋田県仙北市の会社設立専門家

  • 藤峰成利司法書士事務所 〒014-0372秋田県仙北市角館町小館34-4
  • 大釜勉税理士事務所 〒014-0354秋田県仙北市角館町水ノ目沢12-12

秋田県小坂町の会社設立専門家

  • 澤口経営労務事務所 〒017-0201秋田県鹿角郡小坂町小坂字中小坂68-1

秋田県三種町の会社設立専門家

  • 相原兼太郎事務所 〒018-2401秋田県山本郡三種町鵜川字西本田173-2
  • 三浦社会保険労務士事務所 〒018-2407秋田県山本郡三種町浜田字宮の下58

秋田県八峰町の会社設立専門家

  • 佐々木勉税理士事務所 〒018-2673秋田県山本郡八峰町八森字中家後1-14

秋田県五城目町の会社設立専門家

  • 小野健司司法書士事務所 〒018-1706秋田県南秋田郡五城目町字下タ町30
  • 五城目車庫証明申請センター 〒018-1745秋田県南秋田郡五城目町川崎字宮花5-8

秋田県八郎潟町の会社設立専門家

  • 伊藤長雄税理士事務所 〒018-1613秋田県南秋田郡八郎潟町字上昼根222-2
  • 松橋養一行政書士事務所 〒018-1616秋田県南秋田郡八郎潟町字大道31-3

秋田県美郷町の会社設立専門家

  • 伊藤文夫税理士事務所 〒019-1404秋田県仙北郡美郷町六郷字大町23
  • 京野行政書士事務所 〒019-1404秋田県仙北郡美郷町六郷字東高方町108

秋田県羽後町の会社設立専門家

  • 佐藤信子行政書士事務所 〒012-1123秋田県雄勝郡羽後町貝沢字五十堀17
  • 三浦潤税理士事務所 〒012-1131秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野11-18

秋田県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

従業員を雇う上で、労務管理を徹底したいと思ったからです。せっかく雇っても従業員ともめたり辞められては困りますし、経営者として労務を把握するためにも、従業員の立場に立って公正な目で意見してくれる方が必要です。従業員に気持ちよく働いてもらうために、相談にのってもらいたいです。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

まずは従業員の福利厚生が1番に重視したいと思いました。社会保険、年金、退職金とかさまざまな所でアドバイスしてもらえて従業員の方がやる気をだせる環境にできると思います。やる気をだせる環境にしていくことで売り上げが向上し従業員に対して貢献できることです。

社会保険労務士(労働保険手続き)

従業員の社会保険に関する業務を任せられたらいいと思いました。従業員の保険に関する法律と制度についての知識が自分にあまりなく、また煩雑そうだからです。従業員のためになるので、従業員は保険に入っていた方がいいと考えます。自分には実行しづらいなら、外部に任せてでも行ったほうがいいと思いました。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

時代の流れとともに会社も世の中も変わっていき、変わることも求められることがあります。一度決まっていたことを変更するというのは意外と大変で煩雑な業務です。そのようなときに専門家に任せてしまえば心配もなく確実に業務をこなしてくれるのでお願いしたほうが滞りなく変更が進みます。

司法書士(会社の設立登記)

設立に関する登記など、素人のわたしでは何をどうしたらいいか分からないからです。そのために登記等を専門に作成する司法書士の方がいるからで、従業員を雇用するきちんとした会社を設立する時に、わたしが自ら動くのではなく、司法書士の方にきちんと報酬を支払って登記を作成してもらった方が間違いが無いですし、その分の時間を、わたしが有効活用出来るからと思ったからです。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

専門知識がないと設立に必要な書類の作成は難しいと思ったので。法律にかなう書類の作成は自力で行うのは手間もかかるし、完成まで時間がかかりすぎると思います。何度も同じ作業をやり直すことを考えると、プロにお願いした方が結局はクオリティが高くなると思ったからです

税理士(確定申告)

手探りでまったくの素人がやるよりも専門家の方にお願いしたほうが間違いがないだろうし、速さも全然違うと思います。どの選択肢を選ぶか悩みましたが、毎年必ず発生することですし、お任せすることで浮いた時間で本来の会社の業務ができると思いました。現在、自分が個人事業主で(質問の立場とは違いますが…)一番手間がかかっているのが確定申告なので選びました。

税理士(確定申告)

税金を払い過ぎてしまうというのはもったいない事ですが、専門知識が必要なため依頼したいと思いました。税金対策で車を買うとか部屋を借りるとかかっこよくて憧れます。素人が勝手にやって損したり、最悪な事態は税務署から調査が入る事ですのでこう行った事態を防ぐためにもお願いしたいです。

税理士(経理・決算業務)

以前就業していた会社で感じたことですが、社内に経理があっても、うやむやになってしまい、うまくいかない場合がありました。経理決算業務をちゃんとしないと後々大変になるのを感じていたので、きちんと税理士事務所でお世話になったほうがいいと思いました。将来を見据えて会社のことを思えば税理士に依頼したいと思いました。

税理士(経理・決算業務)

お金の管理が一番難しく、しかし管理をしなければ、運用、税金などがきちんとできず、後から大変なことにもなりかねないため、やはり税理士な必要かと思われる。素人で、何ら対策がたてられないため、必要であると思う。会社を守るためにも重要であると考える。

税理士(経理・決算業務)

会社を健全に運営していく為には、やはり経理が非常に大切だと考えます。決算などは素人にはなかなか難しく、決算業務を覚える事よりも、それはプロに任せて日々の売り上げを伸ばし続ける方に専念した方が、より健全にかつ安定的に会社を運営し続けられると思います。メリットとしては、確実な経理、決算処理を行える事です。

税理士(顧問税理士の依頼)

設立するにあたって税金に関しては初めからプロに相談した方が良いと思うからです。申請や手続き関係は自分でもできます。また税理のプロに頼むことによって税金だけでなく幅広く相談することができますし、安心して社長としての仕事に専念できるメリットがあると思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社の体力はやっぱりお金。何かを始めるにも資金が必要だと思います。また会社に必要な機材を導入する時など今投資をしていいのか相談する相手がいるととても心強いです。また税金に対する知識が今の私に無いため率直になんか手続きとかがめんどくさそうとか難しそうと言うイメージがあるから税理士を選びました。

税理士(顧問税理士の依頼)

税金関係の事はやっぱり専門家に任せるのが一番だと思っています。また、顧問税理士にお願いすることで、税金に関する疑問が出てきた時も、スムーズに問い合わせることができるのも魅力だと思います。いざ、会社に調査が入った時も、顧問税理士が立ち会うことで、問題なく対応できると思います。

税理士(税務の相談)

税金に関しては、専門的な知識が必要なため、専門の知識を持つ方にお願いした方が良いと思ったからです。実際のところ、どのような税の種類があって、社員を抱えたら、どこまでを会社側が負担して、どこから社員の負担になるのか、全くわからないからです。税の専門家にお願いすることで、その分野の問題は考えなくてよくなります。

税理士(税務の相談)

税法は改正が頻繁に行われるため、やはりスペシャリストが必要だと思います。脱税は違法ですが、会社を経営し、会社の代表として『知らなかった』では済まされません。知らないなら、知る努力をしたり、専門知識を有する人を準備する義務があると思います。企業を軌道に乗せるためには様々なことを学ぶことが急務だと思うのでらやはり税務についてはスペシャリストに任せた方がコスパがいいと思いました。