会社の設立ガイド

山形県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

税理士(顧問税理士の依頼)

税金関係は専門的な知識が必要で、手続きも煩雑なイメージがあるからです。顧問税理士をお願いすることで、困ったことはいつでもなんでも相談でき、手続き等もお任せできることがメリットだと思います。また、ミスによる納税漏れなどのリスクもなくせると思います。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

まず、第一に私自身が口下手であり、思っていることを正確に伝えることが難しいことが挙げられます。そのような苦手分野をプロフェッショナルに任せることによって自分の得意な部分に力をより注げると思います。それだけにとどまらず、紛争自体を的確に解決に持っていくことにより、相手に一筋縄ではいかない印象を与えたり、場合によっては逆に信頼関係を築けると思います。そのような面でお願いしたいと思いました。

税理士(経理・決算業務)

事務作業、細かい作業などが好きな方は数少ないですが、主婦の方でも少しの時間で稼ぎたいという方が働きやすいのかなと思いました。メリットとしては自営業でない限り仕事は分担してやるものだと思います。経理も一つの仕事でありどんな仕事でも重要な役割だと思います。

司法書士(会社の設立登記)

やってみたいt思うことがあってもなかなかできない。自分ひとりでどんなことをしたらいいとおもうか、なかなかきめられないときがあるとおもいます。そうしたときに専門家といったひとの手助けを借りることができるといいとおもいます。自分ではすぐにはできないことを専門の人に頼むといったことができると思います。

司法書士(会社の設立登記)

会社を設立するときに、まず初めに必要な手続きが会社の登記業務だと思います。その会社登記の業務が問題なくできるためにまず司法書士の力が必要なのではないかと思います。もし登記の段階で手続きに不備があれば、肝心な今後の仕事も始まることができません。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

まずは設立にあたって法律に触れる部分でのジャッジが必要と判断したために司法書士は欠かせないと感じました。会社の軸となる最初の基礎を創る上で、基本となるアウトラインを専門家と共に作り上げていかなければいけないと思います。財務や税金の話はそれから

行政書士(補助金や助成金の申請)

自分が会社を立ち上げら場合に、何が一番足りていないのか考えた場合、やっぱり初期投資となる資金源に乏しいことが問題だと考えたから。専門家にお願いして、資金の助けとなりそうな補助金や助成金集めに協力してもらいたいと考えたから。自分がそういった制度について疎いため。

税理士(税務の相談)

税に関するトラブルが一番めんどくさく、時間がかかりそうだからです。他は最初だけでも自分でしないとのちのち困ることになりそうだと思いました。メリットは業務に集中できることと、トラブルが起きても自分の時間や労力をそこに使わなくていいところです。

山形県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    山形県内の公証人役場
  • 山形 〒990-0038 山形市幸町18-20 JA山形市本店ビル6階
  • 鶴岡 〒997-0044 鶴岡市新海町17-68 鶴岡法務総合ビル2階
  • 米沢 〒992-0045 米沢市中央3-7-6

山形県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士