会社の設立ガイド

福島県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

税理士(顧問税理士の依頼)

企業するうえで、一番重要かつネックになるものが税関係、確定申告と個人的に思う。起業から月次、年末まで必ずついて回る、また煩雑な作業は大きな負担になる。餅は餅屋で個人でなんとかするのではなく、その道のプロにお任せするのが円滑に進めるのに重要であると考えます。

税理士(経理・決算業務)

自分で勉強したとして補える役割や職業を除くと、税務関係は自分には向いておらず、補うことが難しいと感じたため。また税理士さんにお願いすると脱税のリスクを避け、節税のアイデアをもらうことができると考える。そういう点でもプロの目線が特に必要だと思うため。

司法書士(会社の設立登記)

会社の設立登記をおねがいするのに、いいかなとおもいたった、そして、司法書士さんにおねがいしたら、ちゃんと、やってくれてcmでも、すごいといっていたので、このひとならこれからも、おねがいができて、いろいろしてくれそうだから、いいかなとおもったから、メリットあるとおもった。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社において、定款は重要な基礎だと思います。定款に沿った事業内容を行わないと、大変な事になります。あれもしたい、これもしたいと漠然と頭の中にあったとしても、それを簡潔に、分かりやすく確実に自分で文章にするのは難しいものです。設立後のスムーズな事業開始の為にも、司法書士にお願いするのが良いと思います。

税理士(確定申告)

確定申告には、青色申告と白色申告があります。まず、書類を準備する段階で苦労します。どの書類が必要なのか、考えるだけで時間のロスになります。会社社長ともなるともっと複雑でしょうし、お願いすると思います。また、納めすぎた税金を取り戻すという意味でも重要でしょう。

税理士(顧問税理士の依頼)

税金についての知識がほぼないため、単純にお任せしたいというのがあります。またそれだけではなく、税金については知っていたから損失なく、無駄なくできたという事がたくさんあると感じるので、顧問として全てお任せして会社にとって良い結果になるようにして欲しいと考えます。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

やはり、まず会社を設立するにあたって、まずは会社の設立についてプロの方に教えてほしいです。司法書士の先生であれば、会社の設立にあたってするにあたっての自分の立ち位置や素人にはわからないようなこともご存じだと思うので、まずは司法書士の先生の会社の設立についてご指導をいただきたいです。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

設立にあたって行動していくことが多く、定款作成などの細かく専門的なことは自分一人で考え作成していくのは時間もかかることで、自分で作成して何度もやり直したりする可能性を考えると専門家の方にお願いして進めてもらう方が短期間で処理ができ効率的だと思います。

福島県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    福島県内の公証人役場
  • 福島合同 〒960-8043 福島市中町5-18 福島県林業会館1階
  • 郡山合同 〒963-8017 郡山市長者1-7-20 東京海上日動ビル2階
  • 白河 〒961-0856 白河市新白河1-121
  • 会津若松 〒965-0022 会津若松市滝沢町5-40 市原ビル1階
  • いわき 〒970-8026 いわき市平字菱川町1-3 いわき市社会福祉センター4階
  • 相馬 〒976-0042 相馬市中村字北町63番地3 相馬市役所1階

福島県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士