会社の設立ガイド

栃木県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

栃木県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

限られた事業設立資金の中で専門家に依頼すべき案件は、トラブル発生時に会社の代理として矢面に立ち、会社に有利な条件で交渉をまとめることであると考えます。なぜならば、このトラブル対応は間違えば会社に大きな損害や信頼喪失を与えかねないためです。特に会社設立直後はどのようなトラブルに巻き込まれるか予想がつきにくいため、プロの柔軟な対応力が必要と考えます。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

私が再就職したときに、その会社が雇用保険に入っておらず、小さい会社だったので、社長に話したところ、数ヶ月後には雇用保険に入ってもらえました。が、職業安定所で前の会社とこの会社の期間を足せば、失業保険をもらえるけど、未加入期間があるためもらえないと言われてしまいました。万が一!の為にはやはり保険は有り難いので、もし自分が設立するなら、そういう不安は取り除きたいので選びました。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

新しく会社を設立するにあたって申請するのに必要な書類をお願いしたい。提出書類の内容に不備があっては、申請するのに時間がかかってしまうし、不備を訂正して申請しなおす等のに手間がかかるので、専門の知識をもった行政書士さんにお願いするのは、重要だと思いましす。

行政書士(補助金や助成金の申請)

色々な補助金がある事を自分で仕事しながら、探すのは手間がかかる。また、悪徳業者などに騙される可能性もある。それらをいちいち調べる時間を考えると、行政書士に一括して書類作成等もお願いしたほうが、諸費用を考慮しても得だと思う。自分が本来の仕事に打ち込める時間を多く作る事ができる

司法書士(会社の設立登記)

会社の登記に関しては、全く分からないからです。間違えたら困る部分であるでしょうし、今から勉強して自分でやるとしたら莫大な時間と労力を費やさなければならないでしょうから。それであるならば、お金はかかるのでしょうが、やはり専門の方にお願いすべきだと思ったので。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

会社設立の知識が無いため専門家の指導や相談を受けたい為また、必要書類や手続きなどもお願いできるため。会社設立、運営などの心構え注意点など、他の会社の実例などからのアドバイスや指導をもらい、生かし長く安定した会社運営を目指し、利益の上げられる会社を目指したいため。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

税金申告や、登記、申請方法やその実施は、自分自身の学習や、役所等への相談や質問によって解決する部分があるが、定款作成や、その認証については、自身の勉強では補えない部分があり、司法の専門分野に詳しい人物に協力していただきたいため。また、そのような人物に、設立当初から関わってほしい為。

税理士(確定申告)

確定申告の手続きは非常に大変だと思うので。過去に1度確定申告を自分でした時がありましたが、一つ一つの項目がややこしくて、書類の作成に手間取りました。こんなめんどくさい思いはしたくないので、社長になった時は絶対に税理士さんにお願いしようと思います。

税理士(経理・決算業務)

経理業務も大変なお仕事なので、毎日の帳簿付けなどの経理業務を税理士さんに任せることが出来たら、自分の仕事に集中出来ると思うからです。帳簿付けがきちんと出来ていたら、確定申告の際もあまり困ることもないと思うので、私は経理業務をお願いしたいです。

税理士(顧問税理士の依頼)

お金のことでいろいろ相談にのってもらいたい。決算処理や毎日の取引など細かく助言してもらいたい。税金に詳しくないから教えてもらいたい。不正なくきっちり決算を迎えたい。人に不快を与えないように事業をしていきたいので助けてもらいたい。従業員に指導してもらいたい。

税理士(税務の相談)

起業に対して、知識はありませんが、困ったことに対して、色々と相談し解決ができるパートナーがいると心強いし、税務等の税金関係に関しては、専門的な知識をもった、確実に処理ができる人材がいれば会社としても安心して仕事ができるようになることがメリットかと思われます。

栃木県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    栃木県内の公証人役場
  • 宇都宮 〒320-0811 宇都宮市大通り4-1-18 宇都宮大同生命ビル7階
  • 足利 〒326-0814 足利市通3-2589 足利織物会館3階
  • 小山 〒323-0807 小山市城東1-6-36 小山商工会議所会館3階
  • 大田原 〒324-0041 大田原市本町1-2714

栃木県における会社設立専門家

栃木県宇都宮市の会社設立専門家

  • 西川西事務所 〒321-0136栃木県宇都宮市みどり野町18-25
  • 加藤泰文会計事務所 〒321-0136栃木県宇都宮市みどり野町23-6

栃木県足利市の会社設立専門家

  • 本島会計事務所 〒326-0802栃木県足利市旭町538
  • 長谷川合同事務所 〒326-0802栃木県足利市旭町539-5

栃木県栃木市の会社設立専門家

  • 知久法務事務所 〒328-0035栃木県栃木市旭町16-33
  • 久嶋柳次司法書士事務所 〒328-0035栃木県栃木市旭町19-13

栃木県佐野市の会社設立専門家

  • 行政書士佐野自動車登録代行センター 〒327-0044栃木県佐野市下羽田町2001-3
  • 初谷総合事務所 〒327-0501栃木県佐野市葛生東1丁目10-16

栃木県鹿沼市の会社設立専門家

  • 大岡徹男行政書士事務所 〒322-0536栃木県鹿沼市磯町444
  • 酒井勝徳税理士事務所 〒322-0028栃木県鹿沼市栄町1丁目2-1

栃木県日光市の会社設立専門家

  • 村松悦男税理士事務所 〒321-2526栃木県日光市鬼怒川温泉滝634-1
  • 福田勝守土地家屋調査士・行政書士事務所 〒321-2336栃木県日光市荊沢599-75

栃木県小山市の会社設立専門家

  • 深谷公認会計士税理士事務所 〒323-0022栃木県小山市駅東通り1丁目36-16
  • やまぐち司法書士事務所 〒323-0022栃木県小山市駅東通り2丁目24-26-703

栃木県真岡市の会社設立専門家

  • 岡田税理士事務所 〒321-4523栃木県真岡市さくら4丁目8-4
  • 柳行政書士事務所 〒321-4363栃木県真岡市亀山2215-3

栃木県大田原市の会社設立専門家

  • 星労務管理事務所 〒324-0017栃木県大田原市奥沢776-6
  • 荻原会計事務所(税理士法人) 〒324-0036栃木県大田原市下石上2109-3

栃木県矢板市の会社設立専門家

  • 宮沢社会保険労務管理事務所 〒329-1574栃木県矢板市乙畑1630-22
  • 永井裕税理士事務所 〒329-1574栃木県矢板市乙畑814

栃木県那須塩原市の会社設立専門家

  • 木口屋税理士事務所 〒329-2763栃木県那須塩原市井口1177-129
  • 三田照夫司法書士・土地家屋調査士事務所 〒329-2712栃木県那須塩原市下永田3丁目1159-70

栃木県さくら市の会社設立専門家

  • 荒川行政書士事務所プラスワン 〒329-1334栃木県さくら市押上164-19
  • 鈴木一雄行政書士事務所 〒329-1412栃木県さくら市喜連川3531-1

栃木県那須烏山市の会社設立専門家

  • 大島富司税理士事務所 〒321-0624栃木県那須烏山市旭1丁目2-2
  • 細矢剛税理士事務所 〒321-0625栃木県那須烏山市宮原489

栃木県下野市の会社設立専門家

  • 飯島陽子司法書士事務所 〒329-0403栃木県下野市医大前3丁目10-13
  • 出口芳伸司法書士事務所 〒329-0413栃木県下野市駅東3丁目1-10

栃木県上三川町の会社設立専門家

  • 仁平税務会計事務所 〒329-0618栃木県河内郡上三川町しらさぎ1丁目17-4
  • 車庫証明下野センター 〒329-0526栃木県河内郡上三川町大字鞘堂463-4

栃木県益子町の会社設立専門家

  • 柳税理士事務所 〒321-4217栃木県芳賀郡益子町大字益子2831-3
  • 秋葉行政書士事務所 〒321-4217栃木県芳賀郡益子町大字益子3813-1

栃木県茂木町の会社設立専門家

  • 渡辺正通司法書士事務所 〒321-3624栃木県芳賀郡茂木町大字小山440-1
  • 矢野千恵子税理士事務所 〒321-3707栃木県芳賀郡茂木町大字小深97

栃木県市貝町の会社設立専門家

  • 中澤社会保険労務士事務所 〒321-3423栃木県芳賀郡市貝町大字市塙1109
  • 江守税理士事務所 〒321-3423栃木県芳賀郡市貝町大字市塙1666

栃木県芳賀町の会社設立専門家

  • 増渕省三税理士事務所 〒321-3322栃木県芳賀郡芳賀町大字東水沼2331-5

栃木県壬生町の会社設立専門家

  • 風間洋行政書士事務所 〒321-0203栃木県下都賀郡壬生町幸町1丁目2-3
  • 深出労務管理事務所 〒321-0203栃木県下都賀郡壬生町幸町1丁目5-12

栃木県野木町の会社設立専門家

  • 金子税理士事務所 〒329-0111栃木県下都賀郡野木町大字丸林386-2-506
  • 渡邉会計事務所 〒329-0111栃木県下都賀郡野木町大字丸林418-11

栃木県高根沢町の会社設立専門家

  • 田畠税務会計事務所 〒329-1232栃木県塩谷郡高根沢町光陽台5丁目2-19
  • 永島労務管理事務所 〒329-1224栃木県塩谷郡高根沢町大字上高根沢4289

栃木県那須町の会社設立専門家

  • 植竹税務会計事務所 〒329-3215栃木県那須郡那須町大字寺子乙3968
  • 植竹芳大 〒329-3215栃木県那須郡那須町大字寺子乙3968

栃木県那珂川町の会社設立専門家

  • 佐藤知章税理士事務所 〒324-0501栃木県那須郡那珂川町小川3489-20
  • わち行政書士・社労士事務所 〒324-0617栃木県那須郡那珂川町北向田68

栃木県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

コストを考えた場合、大半は人件費にかかります。会社を運営する上で労務を管理することは、コストの削減を意味しますので、専門家にお願いしたいと思います。また、メリットとして良い人材を確保できる点です。労務をきちんとすることで、ワークバランスを保つことが出来ます。自然と人材確保ができると考えます。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

社員が気持ちよく働ける環境にしたいから。社会保険加入は必須ではありますが、同時にアドバイスをもらえると、どのような作業が必要か?、その他必要手続きは?、会社&社員側のメリットやデメリットは何か?等理解できるといいと思います。設立時は未知なことを沢山吸収したいです。

社会保険労務士(労働保険手続き)

自分が働くときに労働保険がきちんとしている会社で働きたいと思うので、より有能な人材を集めたいと思ったときに保険制度をしっかりと整えられていることをアピールしておきたい。会社を起こすときに労働者がいないのは困るのでしっかりと人材を確保しておきたい。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

私が会社を設立する場合、いかにリスクを最小限に抑えるかというリスクヘッジを念頭に行動していきます。その際に必要になって来るのは会社の根幹となる定款について深く追求して考えることであり、なおかつ専門的な知識や経験を織り交ぜながら組み上げていきたい部分であると考えたため、行政書士を選択することにしました。

司法書士(会社の設立登記)

会社として成立させるために登記が必要。登記されて初めて金融機関などに会社として取引ができるから。登記されないと取引先などの信用にかかわる。まずは円滑な会社運営のために会社を設立するには必要だが、専門知識が必要なため(色々な条件があるので、設立時の状況だと、どのように登記すればいいかを相談したい)

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

はじめての会社設立なので、専門の司法書士の方のお願いした方が安心だからです。自分で設立に必要な定款の作成は、とうしていいのかわからないので、相談しながら作成して頂ければスムーズに出来て安心です。以前、会社設立をした時にも司法書士の方にお願いして作成して頂いたことがあります。

税理士(確定申告)

自分で考えるよりもお願いしてしまった方が良いと感じる為。節税対策、備品購入での確定申告。また儲けにかかってくる税金のことなど幅広く対応してもらえれば、税理士を雇うお金以上の見返りも期待ができる為、会社が大きくなればなるほど、必然な存在だと思う。

税理士(確定申告)

私が確定申告をしているのですが、非常に面倒くさいので、これを任せたいと思います。メリットとしては面倒な手間がなくなり、自分の業務に集中することができるという点だと思います。手間が無くなるだけで大分業務の進捗も違ってくると思います。

税理士(経理・決算業務)

会社設立後、経営者は営業活動の一環として、挨拶まわりや広報活動などで、外出する機会が多くなります。 そして、会社運営をしていくと、当然ながら収入や経費が発生し、経理の仕事が必要となってきます。 経営者が経理の仕事を行う場合、デスクワークが必要となり、積極的な営業活動の足止めを余儀なくされてしまいます。 営業活動の時間を確保するため、経理に関することは税理士にお願いしたいと考えました。

税理士(経理・決算業務)

会社を経営するにあたって経理の仕事は重要であるとまず考えます。やはり税理士というプロの目線から、赤字でも黒字でも「もっとこうしたほうがいい」などアドバイスを頂けるかと思います。経営者としてはそういう意見に耳を傾けることによって会社がどのような状態であるか把握出来る事と思います。また、会社の方向性も経営者によって決まると思うのでプロの意見をいろいろ聞ける面では経理は税理士にお願いしたいと考えました。

税理士(経理・決算業務)

会社も家計と同様お金の管理が基本になると思うから。最大のメリットは会社が大きくなった場合にお金の出入りが明確になるので事業の拡張や縮小の決断が数字を見ながら出来る事。雰囲気やなんとなくではなくしっかりとした数字に裏打ちされた決断が会社経営には必要だと思う。

税理士(顧問税理士の依頼)

税理士の先生にお願いして、税務関係 、確定申告、決算を全てお任せします。税務調査が入った際に、専門家の先生にお願いしていると心強いですし、繁忙期など日常業務に追われ、うっかりと手続きを忘れていた、等という失敗をおかすこともありませんので安心です。

税理士(顧問税理士の依頼)

専門の方にお任せするが一番良いと思います。また、税理士の方の豊富な知識によるアドバイスで、会社を支えている場面を何度も目の当たりにしたので、会社経営には重要だと思います。顧問になって頂くことで、会社の一部として協力していただける点が、メリットです。

税理士(顧問税理士の依頼)

税に対することは、社員に対しても一番重要なことだと思うので、会社の税に対することをおおまかに賄ってくれるように顧問弁護士の依頼はすると思います。また、それによって、社員も自分も安心して業務に望むことが出来ると思うのでお願いしたいと思います。

税理士(税務の相談)

事業をはじめて軌道に乗り始めた時、新しいことを始めるにあたり、プロの方に資金がどれだけあって、新しい事業を踏み切っても良いのか?一緒に考えてもらえるからです。プロは、色んな経験があるので、わからないことはプロの方の目線で見てもらって意見を聞いた方が近道になると私は考えているからです。

税理士(税務の相談)

私のこれまでの業務経験上、個人的なスキルとして税金関係の業務に全く精通していないので、これから新しく会社を設立する立場なのであれば、その部分を補うことが出来る人材が必要だと強く感じているので、そのためには税理士が一番必要だと考えたからです。