会社の設立ガイド

栃木県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

現在企業の残業やパワハラなどが多くニュースで取り上げられていることとマイナンバー制度が始まったため、きちんとした人事労務ができる人がいたほうが会社としてまた社員が安心して働くことができる環境が必要だと思い社会保険労務士がいる会社を設立したいと考えました。

税理士(経理・決算業務)

お金に関してはきちんとしていないといけません。経理、決算業務を怠っていると会社が成り立ちません。専門的な知識がある方に任せることで安心して会社を成り立たせることができます。お金の管理がしっかりしていることが会社の評判や信用につながるメリットもあるからです。

税理士(税務の相談)

税務に関しての一日の仕事に取られる時間が非常に長く、詳しくも無いという点から、その時間をもっと有効活用し行政書士への支払い以上の見返りがあると確信できる為、分かる分からないではなく生産効率を考えて無駄にならない依頼と考えた為です。またさらに踏み入って考えれば無理な事は別にたくさんありますが、優先順位で考えました。

税理士(顧問税理士の依頼)

税関係は慣れていないとややこしく難しいものだと思います。顧問税理士がいれば、業務に関する税の相談も気軽にでき、的確なアドバイスを受ける事ができます。そして、結果的に税金対策に繋がったりするので、顧問税理士と契約しておくのは会社にとってプラスになると思います。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

いろいろな役所に出向き必要な書類をそろえなければならない。記入書類も多く難しい。行政書士にお願いしたら諸手続きがミスもなくスムーズに進み、時間を有効に活用できること。その後もいろいろなことを相談したり依頼したりして長く継続して行けると思うから。

税理士(経理・決算業務)

会社を設立という言う事は社員の労働時間や、勤務条件、給与、利益、様々必要な事がありますが、私の考えでは何よりもやはり会社と言うことなのでお金が1番重要になるかなと思い、自分で計算して少しでも間違ってしまえば大きな損害になってしまったり、労働時間に関しては自分の人情で何とかなりそうですが、お金に関してはしっかり計算して経理を立てていかないと大問題になるので税理士が1番必要だなと思い選びました。

税理士(経理・決算業務)

会社を設立していく上で何にもお金の管理というものは一番に大切なものだと思います。会社が発展していく上で経理・決算業務がおろそかになっていれば、その他の業務に多大な影響を及ぼすことは間違いないはずです。しっかりとした管理をして、何にお金が使われているかを把握することで今後の発展のプランも立てやすくなると思います。

税理士(税務の相談)

税金の計算は素人には分かりづらいから。記入漏れや記入ミスもなくなって間違えての脱税もなくなりそうだから。面倒な税務の計算や調べごとが減ることで自由に使える時間ふえて本業に専念できるから。相談できることで知識もついて今後のキャリアアップもできそう。

栃木県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    栃木県内の公証人役場
  • 宇都宮 〒320-0811 宇都宮市大通り4-1-18 宇都宮大同生命ビル7階
  • 足利 〒326-0814 足利市通3-2589 足利織物会館3階
  • 小山 〒323-0807 小山市城東1-6-36 小山商工会議所会館3階
  • 大田原 〒324-0041 大田原市本町1-2714

栃木県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士