会社の設立ガイド

群馬県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

行政書士(補助金や助成金の申請)

民間業務、公共機関の請負等あると思うが、以外なところで補助金が出る場合がある、また自身もその場面に良く遭遇しました(補助金申請でドローン購入代金の半額補助など)。日常業務を行いながら補助金の確認、適用できるかどうかの確認を行うことは非常に難しく、また補助金がおりるのにそれを知らなかったでは大きなマイナスになるため、専門の方に常にチェックしてもらう体制が良いと思う。

税理士(確定申告)

税理士でいうと、確定申告や行政書士の申請書作成、経理決算作業系に至ります。また社会保険労務士の紛争解決等です。理由はやはり、会社を立ち上げる上で赤字にならないようにだけではなく今の社会で問題になっている「どれだけ頑張っても評価してもらえない」環境を2度と生み出さないように自分の会社では全てを新しくすると思います。そして研修期間~終了後の教育体制も万全にして教える人が居ない現場を絶対に無くす事です。今の社会では求人情報に嘘も書かれてある事が非常に目立つ世の中です。それだけじゃなくて教えてもいないのに何でも怒れば下が動くと思ってる上司も沢山居ます。新人や部下に雑用ばかりをさせてノルマ達成をして仕事をふざけてやる上司と真面目にやる部下だったら絶対に会社として必要な人材や損してる部分を考えると真面目に仕事に取り組む姿勢の方が断然印象も良いです。容量が悪い悪いとか言う上司はどこに職場にも居ます。ですが、見下してる前に自分の社員と真剣に向き合うべきです。真剣に向き合いもしないのに容量が悪いなんてそれこそ、人として終わりです。そんな事をしてくる上司の元では誰も働きたい等思いませんから。なので定期的に面談を行うだけでなく、コスト削減や安全性、セキュリティ等、色々な面を万全にします。金銭面は何か起きては許されない重大な管理となります。そして在庫も無在庫にしてお金の削減も心掛けます。紛争解決は常に御客様により良い形で料金設定以上の価値を与えなくてなりませんし、それは従業員にも同様だと思います。1つには決められないくらい、社会にも作り上げる上でも必要なことは皆様が思ってる以上に沢山あると私は感じたため、こちらを選ばさせて頂きました。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社を経営する上で、そこに働く社員が働きやすい環境を作ることが大切だと考えました。専門家には、どのような管理体制にすれば社員が納得出来るものになるか詳しく聞きたい。人材を大切にしないような会社は、絶対に上手くいくはずもなく、成長もないと考えています。

税理士(経理・決算業務)

日頃の会計において、ちょっとした出入金については簡単ですが、減価償却や固定資産については分かりにくいものがあります。見落としがあっても勿体無いですし、不備があれば後々面倒です。経理をしっかり行っていれば決算もスムーズなので、税理士にお願いするのは良い事だと思います。経理に費やす時間も有効に業務に費やせます。

税理士(経理・決算業務)

会社の経営状況を把握管理するには経理や決算業務は重要であると考えております。その業務は専門的な知識が必要であり、自身も簿記の勉強・資格取得を行ったが、簿記の知識では足りない、細かい部分は難しすぎると感じました。専門家に依頼し、経営状況をきっちりと管理してもらうことで、申告漏れを防げ(逃げ道も教えてもらえる?)、会社の経営が良いか悪いかを正確に判断できると思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

私自身、簿記の資格も持っていませんし、経理の仕事もした事がなく、正直経理関係で手を煩わされるのは、本業にも影響を与えてしまうと思います。かと言って、経理の人間を雇えるかというと、創業時は少しでも人件費を削りたいのでそれも難しいと思われ、それであれば、税理士さんにお願いすれば、自分は本業に専念できますし、売り上げも伸ばせると思えます。

税理士(確定申告)

税理士に確定申告をお願いする理由として、確定申告の知識が私自身にあまりないので自分でおこなうとミスと時間がかかってしまうからです。また深刻漏れがあった場合会社の信用を失う可能性があるのでプロにおまかせしたいと思います。併せて来期の経営を一緒に相談したいと思います

税理士(税務の相談)

会社を設立するにあたり当然お金が必要になります。資本金、借入金、土地建物の購入等色々です、それらには税金が絡んできます。それらの対応の仕方扱い方等を決め実行していく必要があります。それらは税理士の方と相談しマニュアル化しておくべきだと思っています。そうすれば、個々の事柄らに迷うことが少なくなり業務が正確になると思います。

群馬県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    群馬県内の公証人役場
  • 前橋合同 〒371-0023 前橋市本町1-3-6
  • 太田 〒373-0851 太田市飯田町1245-1 清水ビル1階
  • 高崎合同 〒370-0849 高崎市八島町20-1 武蔵屋ビル4階
  • 桐生 〒376-0011 桐生市相生町2-376-13
  • 伊勢崎 〒372-0014 伊勢崎市昭和町3919 伊勢崎商工会議所会館3階
  • 富岡 〒370-2316 富岡市富岡1130 富岡商工会館2階

群馬県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士