会社の設立ガイド

新潟県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

新潟県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

社員との間には小さいことを含めて何かと問題が生じるものです。対象社員に対しても、会社に対してもダメージの少ない解決方法を考える場合、社会保険労務士のアドバイスは有益です。事が大きくなって弁護士マターになる前に、社労士のサポートを受けて解決するのが最善策だと思います。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

まず、第一に私自身が口下手であり、思っていることを正確に伝えることが難しいことが挙げられます。そのような苦手分野をプロフェッショナルに任せることによって自分の得意な部分に力をより注げると思います。それだけにとどまらず、紛争自体を的確に解決に持っていくことにより、相手に一筋縄ではいかない印象を与えたり、場合によっては逆に信頼関係を築けると思います。そのような面でお願いしたいと思いました。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

どの事業を立ち上げるにも、役所や団体に許可や申請がまず第一に必要だと思います。そのためにも、法や決まり事にたけている行政書士さんが必要かと思います。また、不備無くスムースに申請をしていただき、会社を立ち上げるにも必要かと思いました。行政書士さんに任せて、経営のことに集中できると考えます。

行政書士(補助金や助成金の申請)

会社の設立の仕方等はインターネットで調べられるし、税務のことなどは税務署で相談ができる。会社を運営するにあたってまずは運転資金が必要。最近は起業に対しての補助金が沢山あるが、そもそもどんな種類があるのか、正しく申請するにはどうするのか等は専門家でないと分からない可能性があるから。

司法書士(会社の設立登記)

初めて会社の設立を行うにあたり、設立登記は最初のステップとして重要な事です。なので自身での知識が乏しく不安もあり、また設立登記にあたり、不備などで手続きに時間がかかったりする恐れがあるので、司法書士の専門的な観点からの助言が必要と感じたからです。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

設立するにあたって、最初の相談として話をする。そして、自分の理想などいろいろ話をする上で気づけることもあると思うので、話をして相談をし、自分の理想を叶えれる形を一緒に模索してもらえるのではないかと思った。メリットとして考えると以上の点があげられた。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

まず最初に登記などの手続きが必要ですから、個人ではとても難しそうなので、経験の豊富な方に頼むのが一番良いと思うからです。会社の定款の作成も面倒ですが、ある程度のパターン化は、されていると思うので、所々を、修正しながらの作成でき、相談できるのが良いところだと思います。

税理士(確定申告)

税理士でいうと、確定申告や行政書士の申請書作成、経理決算作業系に至ります。また社会保険労務士の紛争解決等です。理由はやはり、会社を立ち上げる上で赤字にならないようにだけではなく今の社会で問題になっている「どれだけ頑張っても評価してもらえない」環境を2度と生み出さないように自分の会社では全てを新しくすると思います。そして研修期間~終了後の教育体制も万全にして教える人が居ない現場を絶対に無くす事です。今の社会では求人情報に嘘も書かれてある事が非常に目立つ世の中です。それだけじゃなくて教えてもいないのに何でも怒れば下が動くと思ってる上司も沢山居ます。新人や部下に雑用ばかりをさせてノルマ達成をして仕事をふざけてやる上司と真面目にやる部下だったら絶対に会社として必要な人材や損してる部分を考えると真面目に仕事に取り組む姿勢の方が断然印象も良いです。容量が悪い悪いとか言う上司はどこに職場にも居ます。ですが、見下してる前に自分の社員と真剣に向き合うべきです。真剣に向き合いもしないのに容量が悪いなんてそれこそ、人として終わりです。そんな事をしてくる上司の元では誰も働きたい等思いませんから。なので定期的に面談を行うだけでなく、コスト削減や安全性、セキュリティ等、色々な面を万全にします。金銭面は何か起きては許されない重大な管理となります。そして在庫も無在庫にしてお金の削減も心掛けます。紛争解決は常に御客様により良い形で料金設定以上の価値を与えなくてなりませんし、それは従業員にも同様だと思います。1つには決められないくらい、社会にも作り上げる上でも必要なことは皆様が思ってる以上に沢山あると私は感じたため、こちらを選ばさせて頂きました。

税理士(経理・決算業務)

実家が自営業をしており、実際に税理士さんに会社の会計全般をお願いしています。月毎の簡単な帳簿は簿記検定を持っているのでできます。また、税理士さんからの人脈で弁護士さんや司法書士さんを紹介してもらえると思うので、会社的にはクリーンな会計に努めたいので専門家にお任せしたいと考えます。

税理士(顧問税理士の依頼)

税金に関しては、自分自身に知識が無いためです。必ず支払わなければいけないものや、何か対策をすることで税金の支払いを回避することができるもの等、自分では判断できないため、担当の顧問税理士が必要と思っています。浮いたお金は、会社の運営資金や人件費に上乗せしようと思っています。

税理士(税務の相談)

私は数字がとても苦手なので、会社を設立するにあたって会社の経理、特に税金の関係など計算がややこしいものについては税理士の方に相談する形をとると思います。さらにいえば友人などにも税理士関係の友人もいないので、なおのことお金のことで相談する相手が必要になると思います。

新潟県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    新潟県内の公証人役場
  • 新潟合同 〒950-0917 新潟市中央区天神1-1 プラーカ3棟(6階)
  • 長岡合同 〒940-0053 長岡市長町1丁目甲1672-1
  • 上越 〒943-0834 上越市西城町2-10-25 大島ビル1階
  • 三条 〒955-0047 三条市東三条1-5-1 川商ビル4階
  • 新発田 〒957-0054 新発田市本町1-3-5 第5樫内ビル3階

新潟県における会社設立専門家

新潟県新潟市の会社設立専門家

  • 有木総合経理事務所(税理士法人) 〒950-0122新潟県新潟市江南区稲葉1丁目1-70
  • 片岡税理事務所 〒950-0157新潟県新潟市江南区鵜ノ子2丁目2-32-102

新潟県長岡市の会社設立専門家

  • 川上啓雄税理士事務所 〒940-0036新潟県長岡市愛宕3丁目4-14-101
  • 安藤昇税理士事務所 〒940-0036新潟県長岡市愛宕3丁目9-31

新潟県三条市の会社設立専門家

  • 税理士会三条支部 〒955-0065新潟県三条市旭町1丁目1-4
  • 五十嵐義則税理士事務所 〒955-0065新潟県三条市旭町2丁目13-8

新潟県柏崎市の会社設立専門家

  • 関東信越税理士会柏崎支部 〒945-0061新潟県柏崎市栄町4-19
  • 大矢税理士事務所 〒945-0061新潟県柏崎市栄町4-23

新潟県新発田市の会社設立専門家

  • さくら行政書士事務所 〒959-2477新潟県新発田市下小中山1117-91
  • 小島裕子行政書士事務所 〒959-2477新潟県新発田市下小中山19-8

新潟県小千谷市の会社設立専門家

  • 平澤社会保険労務士行政書士事務所 〒947-0022新潟県小千谷市元町14-8
  • 平澤行政書士事務所 〒947-0022新潟県小千谷市元町14-8

新潟県加茂市の会社設立専門家

  • 外山事務所 〒959-1383新潟県加茂市旭町11-14
  • 吉田会計(税理士法人)加茂事務所 〒959-1383新潟県加茂市旭町1-13

新潟県十日町市の会社設立専門家

  • 十日町労務管理センター 〒948-0000新潟県十日町市卯1000-1
  • 西野労務士事務所 〒948-0000新潟県十日町市卯1000-1

新潟県見附市の会社設立専門家

  • 本間社会保険労務士事務所 〒954-0052新潟県見附市学校町1丁目5-43
  • 小林会計(税理士法人) 〒954-0111新潟県見附市今町1丁目12-16

新潟県村上市の会社設立専門家

  • 公認会計士・税理士鈴木信嘉事務所 〒958-0836新潟県村上市羽黒口10-31
  • 長谷川伸次司法書士事務所 〒958-0836新潟県村上市羽黒口1-9

新潟県燕市の会社設立専門家

  • 松山豊明税理士事務所 〒959-1232新潟県燕市井土巻4丁目121
  • セントラル税理士法人 〒959-1232新潟県燕市井土巻5丁目207

新潟県糸魚川市の会社設立専門家

  • 清水昇二土地家屋調査士行政書士事務所 〒941-0056新潟県糸魚川市一の宮5丁目8-27
  • 湯尾龍行税理士事務所 〒941-0067新潟県糸魚川市横町3丁目5-8

新潟県妙高市の会社設立専門家

  • 清水保行政書士事務所 〒944-0037新潟県妙高市学校町2-11
  • 島田猛税理士事務所 〒944-0014新潟県妙高市関川町1丁目4-16

新潟県五泉市の会社設立専門家

  • 長谷川香一司法書士事務所 〒959-1862新潟県五泉市旭町3-45
  • 遠藤伸男司法書士事務所 〒959-1862新潟県五泉市旭町7-47

新潟県上越市の会社設立専門家

  • 司法書士江口尚也事務所 〒942-0041新潟県上越市安江1丁目2-23
  • ビジネスカツシマ(税理士法人) 〒942-0072新潟県上越市栄町2丁目3-3

新潟県阿賀野市の会社設立専門家

  • 小熊正彦行政書士事務所 〒959-1918新潟県阿賀野市笹岡1110
  • 佐藤辰郎行政書士事務所 〒959-2021新潟県阿賀野市中央町1丁目2-17

新潟県佐渡市の会社設立専門家

  • 榎谷方志行政書士事務所 〒952-0504新潟県佐渡市羽茂本郷754-4
  • さど会計事務所(税理士法人) 〒952-0028新潟県佐渡市加茂歌代313-1

新潟県魚沼市の会社設立専門家

  • 桜井司法書士事務所 〒946-0076新潟県魚沼市井口新田431
  • 和久井司法書士事務所 〒946-0076新潟県魚沼市井口新田439-13

新潟県南魚沼市の会社設立専門家

  • 青木美智夫税理士事務所 〒949-7302新潟県南魚沼市浦佐1434-2
  • 湯本泰雄税理士事務所 〒949-7302新潟県南魚沼市浦佐366-7

新潟県胎内市の会社設立専門家

  • 安城会計事務所 〒959-2807新潟県胎内市黒川1206-6
  • 河内吉彦司法書士事務所 〒959-2642新潟県胎内市新和町2-5

新潟県聖籠町の会社設立専門家

  • 小川益一郎行政書士事務所 〒957-0116新潟県北蒲原郡聖籠町大字山倉569
  • 小竹佳子司法書士事務所 〒957-0117新潟県北蒲原郡聖籠町大字諏訪山1578-12

新潟県田上町の会社設立専門家

  • たがみ行政手続事務所 〒959-1512新潟県南蒲原郡田上町大字羽生田乙635-15
  • 田邉聡司法書士事務所 〒959-1511新潟県南蒲原郡田上町大字吉田新田丁514

新潟県阿賀町の会社設立専門家

  • 平林社会保険労務士事務所 〒959-4409新潟県東蒲原郡阿賀町京ノ瀬3667
  • 神田八郎行政書士事務所/自宅 〒959-4605新潟県東蒲原郡阿賀町細越1131-2

新潟県出雲崎町の会社設立専門家

  • 仲野土地家屋調査士・行政書士事務所 〒949-4353新潟県三島郡出雲崎町大字川西1046-25
  • 安沢励司法書士事務所 〒949-4353新潟県三島郡出雲崎町大字川西125-8

新潟県湯沢町の会社設立専門家

  • 高野政文行政書士事務所 〒949-6102新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立266-1
  • 小林吉一司法書士事務所 〒949-6102新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立281-1

新潟県津南町の会社設立専門家

  • 大口税理士事務所 〒949-8201新潟県中魚沼郡津南町大字下船渡丁2483
  • 大口社会保険労務士事務所 〒949-8201新潟県中魚沼郡津南町大字下船渡丁2483

新潟県関川村の会社設立専門家

  • 伊藤税理士事務所 〒959-3265新潟県岩船郡関川村大字下関12-2
  • 渡辺労務管理事務所 〒959-3273新潟県岩船郡関川村大字勝蔵52-1

新潟県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

現在社会的な問題になっているように、社員の労働状況などの把握は正確に行うべきである。労働基準法や残業時間の制限などに違反すると労働基準監督署からの指導を受けるリスクが高くなり、会社にとって大きな損失となる。そうした損失を防ぐためにも社会保険労務士による労務管理などを行う必要がある。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

保険の手続き等はプロのた時に頼れるから。私自身保険の内容についてさっぱりのためもし問題があってからじゃ遅いためしっかりとした保険会社に任せることによりスムーズにトラブル等をお願いできるため。保険はトラブルの予防とゆう意味それを自分で行うのはリスクがある。

社会保険労務士(労働保険手続き)

労働保険関係は複雑でかつ、一から学び一人でやっていくのは難しいと判断したから。専門分野(労働保険関係)をお願いすることによって、手続き等に手を取られることが少なくなり仕事に集中できる。何かあったときのリスクを避けることができるメリットもある。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

会社の基礎となる重要な文章の作成は、専門家に専門的な文章で書いてもらったほうが格式が出るため。その格式は会社を継続するために必要なものだと思います。また、重要な文章なのでこちらに不都合なミスがあると困るので、専門家にお願いしたいと思います。

司法書士(会社の設立登記)

まず会社設立に必要な書類の作成をお願いしたいです。経理や決算は業務が始まってから考えるとしても、会社の登記は専門家にお願いして間違いなく行っておく必要があるからです。登記書類を作成するのと同時に提出の際同行などアドバイスいただけたらと思います。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

そもそも定款の作成や各種法的手続きを完了するには、司法書士の資格取得者でなければできないこともあり、ぜひ雇いたい人材でもあり不可欠な人材でもあります。また、そういった法律のプロがいることによって、法的な紛争が回避されうるため、自身が司法書士の資格を持っていない場合はお願いしたいと考えます。

税理士(確定申告)

会社を運営していく上で必要な業務だからお願いしたいと思いました。確定申告のために必要な書類であったり、適切な申告のための書類の記入など、確認をしていくことが多い作業であるため、多くの時間を奪われることになりあます。その時間をプロにお願いすることで、さらなる営業活動に力を注いでいけるようになるというメリットがあると思います。

税理士(確定申告)

確定申告は税金にかかわる事項で、不備があるとトラブルになりやすく、社会的信用を失うこともありうると思います。しかしながら、その性質上、手続きが面倒なだけでなく、素人では判断できかねる項目もあると思うので、その道のプロにお任せして、時間効率と質の向上を目指したいと思います。

税理士(経理・決算業務)

ネットや人から聞いた知識だけでは、法律面はカバー出来なさそうだから。他の項目に関しては一度きりの事、単なるオペレーションなので、繰り返しお願いする理由やメリットは見当たらない。税の決済に関する数字は会社としても大事な数字なのでプロにお願いしたい。

税理士(経理・決算業務)

月末や年度末、年末には決算を出さないといけないと思うので、末というものは、何事もばたばたと忙しくなると思うので、専門的な知識を持っている人にお願いしたい。また、自分に知識のない分野で、必ず必要なことになるので、自分がきちんと知識をつけるまではお願いしたいと思います。

税理士(経理・決算業務)

自分では、経理や決算というのは、客観的に見れないと考えるからです。客観的に見てもらうことで経営のことがわかってきそうだと思います。わたしは、経営に関して素人なので、経理や決算には、プロの力が必要だと思いました。税理士さんをお願いすることで、素人のわたしがお金を管理しやすくなるとおもいます。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を創設して経営を行って行く上で行政への手続きなどの面倒な事を自分の会社の顧問弁護士が居れば何かと心強く感じますし、業績を伸ばして行く上でのコンプライアンス問題で会社の方向転換でも顧問で居る事が独立して会社を大きくして行くのに必要不可欠だと考えています。

税理士(顧問税理士の依頼)

長い目で見た時に、税金に関する事は会社を軌道に乗せて成長させてい行く中で絶対に必要だと思われるからです。また、税金に関する事は少しでも間違えたりすると支払額が増えそうだとも思いますし、きちんと信頼できる人かどうかを見極めていく必要があるとも考えたからです。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を設立するにあたり、自分には税の知識が少ないので顧問税理士がついていると心強いからです。設立登記等に関してはある程度、知識もあり無料相談等でも対応できると考えます。税に関してはきっちりしておかないと問題にまで発展しかねないのと、知らなかったではすまされないからです。

税理士(税務の相談)

一番大事なのはお金に関わるもの。会社を経営するのは私です。でも、私はお金の専門家ではありません。個人でも税金対策する方法は限られているのに、会社経営となると話しが違ってきます。専門家に話を聞いて税金のシステムや対策理解でき、適切に対応できるよう助けは必要です。

税理士(税務の相談)

税金対策をして、できるだけ無駄を減らしたいから。詳しく知らないとたくさん支払いすぎる税金も、専門家なら払わずに済む方法や額を減らす方法を知っていそうなので。素人が適当な知識でやってしまうと脱税などの犯罪行為になりかねないので、法に反しない範囲で節約ができるといいと思うから。