会社の設立ガイド

新潟県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

税理士(確定申告)

確定申告に必要な物を揃えたりまとめたりする労力はとても大変だと感じます。それを税理士さんに丸投げ出来れば、毎年確定申告の時期になっても焦ったり慌てたりすることがないと思うので、私が専門家にお願いしたいのは税理士さんの確定申告のサポートです。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を設立し経営をしていくと絶対に税金の問題が出てきます。多分、知らないと損をするような事もあるのではないでしょうか。脱税は、会社の信頼を落としてしまうと思いますが節税対策は、誰でもどの会社でもしている事なのではないでしょうか。その専門的な知識は、素人では難しいと思うので専門家にお願いしたいです。

税理士(税務の相談)

会社設立後は必ず税務上の手続きが必要になります。税理士に頼まずに、自身で処理することにより、無駄な税金を支払うことになる可能性もあると思います。そのようなことがないよう、税理士を選びます。メリットとして、その後の経理関係の代行もお願いできることではないかと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を設立するとまずは仕事なの無いところからスタートするので会社を起動に乗せるまでは営業に注力したいと考えると難しい税金関連は自分でやっていたのでは時間が足りないので優秀な専門家に頼む事が得策であると思いました。メリットは自分は営業に特化する時間がつくれることです。

税理士(確定申告)

収支と支出を専門家に把握してもらい収支は努力ではどうにもならない場合もあり、支出は削れる費用は削れば利益が増えると思います。それを自分の力では分からない所も気づかない所も専門家ならではの意見を聞きながら支出を抑えていけば何とかなるのではないかと思いました。

税理士(経理・決算業務)

会社にとって一番大切なのは、自分の会社の売上や経費といったお金に関する問題だと考えます。私が考えるに、お金を作るのが会社の役割であり、そのお金をどう作るのかを考えるのが社長の仕事ではないかと考えます。そして作ったお金の管理をお願いすることによって会社の運営がより楽になると考えます。

税理士(税務の相談)

税金については素人が勝手な判断で進めてしまうと、最悪、脱税にもなってしまうこともあると思いますし、そうなってからでは遅いので、自分は会社の経営に全力を尽くして、税金やその他のことについては税理士さんに任せて進めていった方が、会社の経営にもいい影響が出ると思いました。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

初めてなのでわからないことも多いと思うので、しっかりとアドバイスなどしてもらって良いスタートをきれるようにしたいです。不安も多いと思うしバタバタしていて抜けてしまうことなどないようにはじめをしっかりとやって始めたいと、そのあとのことは、少しは余裕をもってそのときに考えて いけると思う。

新潟県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    新潟県内の公証人役場
  • 新潟合同 〒950-0917 新潟市中央区天神1-1 プラーカ3棟(6階)
  • 長岡合同 〒940-0053 長岡市長町1丁目甲1672-1
  • 上越 〒943-0834 上越市西城町2-10-25 大島ビル1階
  • 三条 〒955-0047 三条市東三条1-5-1 川商ビル4階
  • 新発田 〒957-0054 新発田市本町1-3-5 第5樫内ビル3階

新潟県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士