会社の設立ガイド

富山県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

富山県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

現在企業の残業やパワハラなどが多くニュースで取り上げられていることとマイナンバー制度が始まったため、きちんとした人事労務ができる人がいたほうが会社としてまた社員が安心して働くことができる環境が必要だと思い社会保険労務士がいる会社を設立したいと考えました。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

列記された業務の中で、他人もしくは他会社との折衝をする事が、1番精神的に苦痛を伴うと思います。 そのため、第三者に入ってもらい、専門のアドバイスを受けながら、紛争解決に協力頂くのは1番意味のある事ではないかと思います。 他の業務に関しては、例え相手がいる場合でも悪意を持ってるわけではありませんし。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

ライセンスは会社を始める時点で自分でしっかり調べておくことは基本でしょうが、見逃してしまう恐れのある、間接的に関係してくる法律や必要ライセンスなどを専門の方にお願することでその方の知識やアドバイスを受けながら、落ち度のない申請書を用意でき、無駄な時間を省けると思います。

行政書士(補助金や助成金の申請)

補助金や助成金に関しての知識がないから、なにをしたらもらえるのかや、どんな制度などがあるのかを教えてほしいからです。たしかその制度を使わないででおくともらえるものも貰えず勿体無い。メリットはもらえるお金は貰いたいから。そして今後とも無駄にぬらず、プラスになるから、

司法書士(会社の設立登記)

会社の設立登記には様々な書類が必要になります。代表印も納得した印影がいいですし、自分で申請して万が一不備があると希望設立日に間に合わない事も考えられます。また、自分で行っても、司法書士にお願いしてもさほど金額が変わりません。そう考えると司法書士にお願いした方が確実だと思います。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

会社設立後の役員の変更や商号、目的の変更や本店移転、増資原資などの、各種手続きに関しては、会社設立、開業直後の経営状況では頻繁に起こりうることも想定されるためです。 株式会社を設立する際は、会社設立登記、定款の作成、公証人役場での認証手続き、法務局に対する会社設立の登記手続きが必要になるため、登記の手続きを踏む手間が司法書士に依頼した場合が、一番効率的に進められるからです。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社設立にあたっては、他のことはある程度自分で「こういうものがある」という存在は認識していて、区役所などほかの相談窓口でもなんとかなりそうだけれど、定款の作成は会社によって細かく違うと思うし、法律に関することなので行政書士よりも司法書士のほうが良いように感じました。

税理士(確定申告)

確定申告の際、書類の作成や税務署への申告を代わりにしてもらうことで、負担を軽減する為。また書類に不備が生じると二度手間になり業務がスムーズに進まなくなる。年一回の確定申告の際、税金の払いすぎを未然に防いだり次年度の節税や無駄な経費の確認もしてもらえる。

税理士(経理・決算業務)

税金のことは詳しくないですし、利益が出てくれば節税したいと思ってくると思います。自分一人で日々の経理はとても大変そうだし、決算書の作り方がわからない。税の専門家ならではの視点で経営改善のアドバイスや節税に関するアドバイスを受けたいと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を経営する事は社員にあげる給料や他に様々な経費がかかります。他にも税金関係の手続きなんかも沢山あると思うんです。専門の人にやってもらえば自分で手続きするより税金が安くなったりしそうなので、専属の税理士にお金に関する全ての事を任せたいのでお願いしたいです。

税理士(税務の相談)

税務の相談が出来る人がいれば、仕事もまかせられて、相談できる人がいるだけで精神的に軽くなると私は思います。相談に乗る仕事も大事な仕事だと思います。聞き上手出ないと中々出来ないからです、もちろん話上手出なきゃいけませんが、相談された内容の不安はとりのぞけたら仕事も益々楽しくなると思い、仕事にやりがいを感じられると思います

富山県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    富山県内の公証人役場
  • 富山合同 〒930-0094 富山市安住町2-14 北日本スクエア北館8階
  • 高岡 〒933-0021 高岡市下関町1-19 毛利ビル1階
  • 魚津 〒937-0051 魚津市駅前新町5-30 サンプラザ2階

富山県における会社設立専門家

富山県富山市の会社設立専門家

  • 奥野豊税理士事務所 〒930-0845富山県富山市綾田町2丁目4-1
  • いしず行政書士事務所 〒930-0845富山県富山市綾田町2丁目6-2

富山県高岡市の会社設立専門家

  • 嶋田敏宏税理士事務所 〒933-0911富山県高岡市あわら町7-52
  • 上田律史税理士事務所 〒933-0807富山県高岡市井口本江498-7

富山県魚津市の会社設立専門家

  • 松本博税理士事務所 〒937-0803富山県魚津市下村木3529
  • 堤谷茂雄税理士事務所 〒937-0041富山県魚津市吉島121-2

富山県氷見市の会社設立専門家

  • 嶋田登記測量事務所 〒935-0063富山県氷見市加納186-1
  • 伊勢雅男税理士事務所 〒935-0033富山県氷見市宮田280-36

富山県滑川市の会社設立専門家

  • 杉林茂夫司法書士事務所 〒936-0058富山県滑川市下小泉町105-1
  • よつば滑川事務所(税理士法人) 〒936-0065富山県滑川市下島200-13

富山県黒部市の会社設立専門家

  • 宮崎長司税理士事務所 〒938-0043富山県黒部市犬山432
  • 内島司法書士事務所 〒938-0031富山県黒部市三日市3786-1

富山県砺波市の会社設立専門家

  • 水木保男税理士事務所 〒939-1373富山県砺波市一番町2-22
  • 松井幸純税理士事務所 〒939-1371富山県砺波市栄町3-2

富山県小矢部市の会社設立専門家

  • 石畠益郎税理士事務所 〒932-0127富山県小矢部市興法寺22
  • 岡本社会保険労務士事務所 〒932-0042富山県小矢部市西福町13-44

富山県南砺市の会社設立専門家

  • 司法書士新山事務所 〒939-1576富山県南砺市やかた147
  • 山本司法書士・行政書士・土地家屋調査士事務所 〒932-0211富山県南砺市井波3122

富山県射水市の会社設立専門家

  • 今井功高税理士事務所 〒939-0242富山県射水市安吉19-3
  • きさらぎ法務事務所 〒934-0055富山県射水市沖塚原747-1

富山県舟橋村の会社設立専門家

  • 河社会保険労務士事務所 〒930-0289富山県中新川郡舟橋村竹内335-1

富山県上市町の会社設立専門家

  • 碓井社会保険労務士事務所 〒930-0401富山県中新川郡上市町広野新255-3
  • 富田唯嗣税理士事務所 〒930-0315富山県中新川郡上市町若杉新1-1

富山県立山町の会社設立専門家

  • 高田雄治司法書士事務所 〒930-0235富山県中新川郡立山町榎21-4
  • 宝田明芳司法書士・土地家屋調査士事務所 〒930-0237富山県中新川郡立山町柿の木沢1-2

富山県入善町の会社設立専門家

  • 松平社会保険労務士事務所 〒938-0101富山県下新川郡入善町今江229
  • 五十里巧税理士事務所 〒939-0626富山県下新川郡入善町入膳10265

富山県朝日町の会社設立専門家

  • 由井崇司法書士事務所 〒939-0743富山県下新川郡朝日町道下980-1
  • 渡辺徹行政書士事務所 〒939-0741富山県下新川郡朝日町泊335

富山県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

自分には資格がないので、専門知識と実務経験のある人に業務を任せたいと思いました。専門知識がある人を社内におくことにより、社員が労務について相談しやすくなり、自分が気が付かなかった問題点や、社員の悩みに気付くことが出来き、それを知ることで良い労働環境作りが出来ると思います。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

軌道に乗ったら、仲間を増やしたいので求人を募集すると考えました。その場合、一番に募集側が、安心できるような雇用を考えたいと思いました。安心から考えたのは、保険関連の言葉です。 保険関連をしっかり示すことは、雇用する際とても大事だと感じていますので、まずは自分の会社の社会保険の仕組みづくり、アドバイスをもらいたいとイメージしました。

社会保険労務士(労働保険手続き)

会社を設立すると、従業員を雇い入れることになります。その時に必要になってくるのが、その従業員に対する保険や事務手続きなど諸々のこと。そういった事務関係の仕事をするにあたって、わからないことをいちいち調べたり、誰かに聞いたりする手間ひまを考えたら、そのプロに任せた方が間違いもないだろうし、時間も節約出来ると思うからです。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

会社を起こすに当たって、定款は一番しっかりとしていなければならない大切なものであると思うからです。定款の代行を頼むということですが、全て任せるのではなく一緒につくるなかでアドバイスをもらうというような形を私なら取ると思います。設立時に定款に関してアドバイスをもらうことにより、起業に関して自分に足りない知識などを確認し、失敗を防ぐことに繋がるのではやいか、というのがメリットです。

司法書士(会社の設立登記)

社長になる為にはまずは会社を設立しないことには始まらないので、最初に設立登記が必要になってくると思ったからです。会社を設立して起動に乗るには最初が肝心だと思うのでなにかと忙しくなりばたつくときに登記を間違いなくこなしてもらえるので良いと思いました。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社設立に関する手順・手続き方法もわからないが、やりたいことを実現したいとかビジネスの本業を考えたりとか、自分の時間を確保するためには、そうした手続き関連はなるべくアウトソースをしたい。そうすることで儲け(本業)に専念する時間が作れると考える。

税理士(確定申告)

自分にその分野の知識がなく、専門の方に任せるのが安心だから。また実際周囲の個人事業主はほとんどの方が経理、申告等の業務は専門の方に報酬を支払い任せている方が多い。自分がその知識を身に付けるよりも、専門の方に任せる方が安心で確実で効率が良いと思うから。

税理士(確定申告)

自分で確定申告の資料作成をすると減価償却の計算などもしないといけないので時間が掛かるし大変。自分で資料を集めて時間を割き提出するより、お金は掛かるかも知れないが必要な書類を専門知識のある方に渡して作業をしてもらえば時間を割く必要もなく効率よく別の作業が行える。

税理士(経理・決算業務)

会社を設立することになった時、個人事業となったらやはり決算面で会社の税金とか関わってくるので、その辺がかなり重要だとおもいます。初めての個人事業、今までサラリーマンで会社に任せっきりで何もお金税金などに関して無関心だったので、個人事業主になって何にお金を使おうか?とか税金対策が、欠かせない中、やはり信頼できる税理士さんに相談する事が大切だなぁと思いました。

税理士(経理・決算業務)

経理は一番難しい問題かもしれないと知人から聞いたことがあります。自分一人の管理だと他人がかかわることなく変な問題が起こらなくていいけれど、一人は一人で、問題が起こった時に一人の責任にされる。だから保証人を作っておいたほうがいいのかな、と経験談を聞き感じたからです。

税理士(経理・決算業務)

何より会社は利潤を追求するためにあり、その上で社員の幸福も追求する。会社の基礎となるお金は一円でも間違いが許されず、お金の狂いから従業員からも外部からも信用を失うため、経理の専門家を雇いたい。少なくともお金に関する責任をおい、担ってくれるからである。

税理士(顧問税理士の依頼)

税金は会社を運営するためには脱税等をしてはならないと思うので、会社を設立するのならば一番必要な事だと思います。一時的に税理士さんを雇ってもいいと思いますが、この先どんなことで税金などに関して不明な点が出てくるかわからないのでサポートが必要だと思いました。

税理士(顧問税理士の依頼)

まず、会社設立については自分で動かないと後先分からなくなってしまうので省き、行政書士についても同じ理由で外しました社会保険については加入や手続きは説明を聞くと分かりますが顧問税理士さんにお願いしたい理由は事業をするにあたって税の事柄が1番自分が理解出来ず難しいと思ったので専門家のサポートを税理士にしました。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社にかかる税金はかなり種類が多いため、素人が処理するには時間と労力がかかる。もし、ある程度会社が大きくなっているのであれば、何か分からない事などがある度に税理士に相談するくらいなら、一括で会社の税金関係をお願いしてしまった方が長い目で見ればはるかにメリットはあると思う。

税理士(税務の相談)

税務のことが全く分からないため。知識がゼロの状態から相談するので得るものが沢山あると思われる。また、お金の問題は一番事業にとって現実的なものなので、早めに不安を解決しておきたいため。登記や法律、保険のことはそれが済んでから落ち着いて勉強したい。

税理士(税務の相談)

税金は制度変更が頻繁に行われ、それにより会社利益に多大な影響を与える可能性を秘めているからです。近年、様々な情報がネットで収取できるが、税金関係の話であると数学的思考も必要とされ、なかなか理解できない部分もある。そのため税理士の存在は大きなものと考えるからである。