会社の設立ガイド

石川県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

石川県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

人が快適に仕事ができるように職場環境を整える事が、会社の成長にも繋がっていくと思うからです。昨今の残業時間問題や仕事に関するストレスからのメンタル的な問題など、人を取り巻く職場環境はまだまだ満足いくものではないからです。労務関係の法改正が度々行われても、社労士がいればすぐ対応できる事がメリットだと思います。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

専門知識が必要な分野であり、自分は保有していない能力である。また、この関連の問題は他社の意見も取り入れて、最適な回答を出したい。そのため、重要なポジションであると考えます。特に多くの経験・実績を持った社会保険労務士、積極的な意見、行動がとれる方との出会いが重要である。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

どのような手続きが必要なのか分かりませんが、取り敢えずまず設立に必要な許認可申請書の作成も、必要な書類も、手続きの仕方もわかりません。行政書士さんにお願いして、作成していただき必要な書類は教えて頂き、尚且つ、手続きもしてもらいたいと思います。

行政書士(補助金や助成金の申請)

やはり企業をするには何かとお金が掛かります。スタッフの雇用、作業環境の構築、利益を出すまでの間にひとつの会社としてある程度の費用が必要になります。創業補助金を申請しておけば、条件さえ合えば誰でも返済不要の支援を受ける事が可能になります。なので私も利用したいと思っています。

司法書士(会社の設立登記)

まず 何をしないと始まらないのか そこからフォローして欲しい。信頼できる経験豊富な人が良いです。カモだと思って騙すような社員に担当させない所に頼みたい。親身になって一緒に考えてくれる人が良いです。メリットは、自分だけでなく、複数の人が携われば必要な作業の漏れを防げるから。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

株式会社設立の際には必要な司法書士を選びました。株式設立は始めで一番の大仕事に対してこれから始まる会社の第一歩となる核の部分でもあるために司法書士を選びました。また会社を設立した後も司法書士にはこの先色々とお世話になりますので引き続き引き受けてくれるなら設立する会社を理解してくれている司法書士が必要です。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

まず、他の業務に関してはそれぞれ必要に応じて自分自身が勉強しながらある程度の知識を身につけながら実行するのは可能だと考えます。もちろん不明な事柄に関してはその都度関係各所に相談しながら進める事ができると思いました。ただ、定款に関しては会社組織を継続していく上で常に必要なものであり間違いは許されないものであると考えます。その上において専門家の知識をお借りしてでも間違いのないものが必要であると考えました。

税理士(確定申告)

両親が実際に自営業をしています。いつも税理士関係の話は複雑なことを聞いているので社員さんのたちばも考えてこれはかならず誰かにお願いしたいと思います。実際に両親はその作業をお願いしていて、スムーズに仕事を進めているし、信頼できる人だとさらにいいなと思います。

税理士(経理・決算業務)

日常の簡単な経理業務の貴重などは出来ますが、細かい勘定科目などになると分かりにくいこともあること。また決算時期になると年度末との兼ね合いで忙しいこともあるのと、減価償却の計さんの仕方など特別な計算もあるのでお願いしたほうが正確に提出できることです。

税理士(顧問税理士の依頼)

税理士さんは幅広い知識を持ってる方が多く銀行ともかかわりがあるかたも多いと思います。また様々な分野の顧客さんをかかえてる税理士さんはいろんな体験談など会社組織の知恵を持ってる方が多いように感じます。司法書士さんなどは、会社の節税方法などの知識はないですが、税理士さんであれば節税対策などにも詳しいと思うからまずは顧問税理士さんにお願いしたいと思います。

税理士(税務の相談)

会社を設立するにあたって一番の課題は税務関係だと思います。以前は大手の民間企業で営業の仕事をしていました。経理の経験がまったくなかったので税務関係はまったくわかりませんこれから先は税理士さんと相談して会社設立にあたって税務の管理などしっかりと勉強していきたいと思っています。

石川県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    石川県内の公証人役場
  • 金沢合同 〒920-0855 金沢市武蔵町6-1 レジデンス第2武蔵1階
  • 小松 〒923-0868 小松市日の出町1-126 ソレアード2階
  • 七尾 〒926-0816 七尾市藤橋町戌部26-1 トウアイビル102

石川県における会社設立専門家

石川県金沢市の会社設立専門家

  • 小坂社会保険労務士事務所 〒921-8132石川県金沢市しじま台1丁目6-4
  • 木戸実紀税理士事務所 〒920-0201石川県金沢市みずき2丁目14

石川県七尾市の会社設立専門家

  • 卜部賢樹税理士事務所 〒926-0851石川県七尾市つつじが浜3-31
  • 茶谷義隆税理士事務所 〒926-0854石川県七尾市なぎの浦79

石川県小松市の会社設立専門家

  • 島田真一税理士事務所 〒923-0938石川県小松市芦田町2丁目12
  • 潮津勇司法書士事務所 〒923-0938石川県小松市芦田町2丁目18

石川県輪島市の会社設立専門家

  • 中城政弘税理士事務所 〒928-0001石川県輪島市河井町15-90-55
  • 松下忠雄司法書士事務所 〒928-0001石川県輪島市河井町23-16

石川県珠洲市の会社設立専門家

  • たんぼ司法書士事務所 〒927-1216石川県珠洲市上戸町寺社3-51
  • 藪上繁晴司法書士事務所 〒927-1217石川県珠洲市上戸町南方オ5

石川県加賀市の会社設立専門家

  • 川倉正嗣司法書士事務所 〒922-0413石川県加賀市湖城町2丁目244
  • 河南彰一税理士事務所 〒922-0831石川県加賀市幸町1丁目51

石川県羽咋市の会社設立専門家

  • 西浦雅人税理士事務所 〒925-0021石川県羽咋市吉崎町イ21-1
  • 西司法書士事務所 〒925-0044石川県羽咋市新保町ク20

石川県かほく市の会社設立専門家

  • 今村修税理士事務所 〒929-1125石川県かほく市宇野気1丁目21-1
  • 小山行政書士事務所 〒929-1105石川県かほく市横山リ2-15

石川県白山市の会社設立専門家

  • 常山明夫税理士事務所 〒920-2154石川県白山市井口町ろ23-3
  • 田村芳晴社会保険労務士事務所 〒924-0844石川県白山市寄新保町48

石川県能美市の会社設立専門家

  • 北村國博法務行政書士事務所 〒923-1243石川県能美市三ツ屋町61-1
  • 竹田朋匡司法書士事務所 〒923-1124石川県能美市三道山町オ92

石川県野々市市の会社設立専門家

  • 岩本美恵子行政書士事務所 〒921-8823石川県野々市市粟田4丁目113
  • 番匠進税理士事務所 〒921-8846石川県野々市市位川282-1

石川県津幡町の会社設立専門家

  • 西川義忠登記測量事務所 〒929-0341石川県河北郡津幡町字横浜に9-3
  • 高瀬幸明税理士事務所 〒929-0346石川県河北郡津幡町字潟端そ56-2

石川県内灘町の会社設立専門家

  • 山口國男税理士事務所 〒920-0272石川県河北郡内灘町字向陽台1丁目44
  • 宮崎孝充税理士事務所 〒920-0272石川県河北郡内灘町字向陽台1丁目44

石川県志賀町の会社設立専門家

  • 中川廣子司法書士事務所 〒925-0141石川県羽咋郡志賀町高浜町ノ168-9
  • しか行政書士事務所 〒925-0202石川県羽咋郡志賀町代田イ30

石川県宝達志水町の会社設立専門家

  • 島田二郎税理士事務所 〒929-1412石川県羽咋郡宝達志水町荻島い45
  • 山本幸雄司法書士事務所 〒929-1425石川県羽咋郡宝達志水町子浦レ12

石川県中能登町の会社設立専門家

  • 鳥畑一成税理士事務所 〒929-1715石川県鹿島郡中能登町一青エ50
  • 池上弘士司法書士・土地家屋調査士事務所 〒929-1601石川県鹿島郡中能登町西馬場ホ20

石川県穴水町の会社設立専門家

  • 井上勇司法書士事務所 〒927-0027石川県鳳珠郡穴水町字川島ア24
  • 東信治税理士事務所 〒927-0027石川県鳳珠郡穴水町字川島キ97-1

石川県能登町の会社設立専門家

  • 池岸司法書士事務所 〒927-0433石川県鳳珠郡能登町字宇出津チ20-2
  • 川村司法書士事務所 〒927-0432石川県鳳珠郡能登町字宇出津新1-176-2

石川県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

労務管理は多岐にわたる仕事内容で専門的な事も分っていないといけないし、また大変複雑な面もあると思うので私が社長なら社会保険労務士を頼みます。社会保険労務士に依頼することによって社員の安定した生活も守れると思うし、それによって士気が上がり業績にも結び付くと思うからです。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

社会保険に加入する必要がありますが、会社の事業とは別の問題なのでわからことはアドバイスを聞いて決めて手続きをお願いするのが賢い方法だと思います。自分で調べるよりも知識のある人に初めから情報をもらって一緒に相談して決めたほうが跡で後悔することがないです。

社会保険労務士(労働保険手続き)

雇用保険は従業員を雇う立場として一番大切だと思ったからです。身近にも雇用保険をかけずに数人の人間を雇っている人がいるのですが、雇われてる人は雇用保険くらいかけてほしいけど言えないなどの話を聞いているので主調になるうえでまず雇用保険など従業員を第1に考えるようにしたほうが両者ともに良いと思います。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

以前会社経営をしているとき裁判になったことが有ったから。会社の定款に載せていない建築を請け負い会社売り上げに載せたのですがこれがトラブルになり、裁判になった。その時法廷で定款にない業務をなぜ行ったのかしつこく問いただされ非常に苦慮した経験が有るから。

司法書士(会社の設立登記)

会社の設立登記には本当に時間と手間がかかります。設立時は採用や社内の準備、事業計画の作成など社長にしかできないたくさんのことがあります。そこで設立登記には、登記のプロである司法書士さんにお任せしたいです。書類に不備があって、設立したいと思っていた日に、設立できないとなると困ります。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

まずは設立にあたって法律に触れる部分でのジャッジが必要と判断したために司法書士は欠かせないと感じました。会社の軸となる最初の基礎を創る上で、基本となるアウトラインを専門家と共に作り上げていかなければいけないと思います。財務や税金の話はそれから

税理士(確定申告)

なぜ確定申告をお願いしたいかというと会社設立後の社会保険についてと登記についてはある程度知識があれば、誰でも出来ると考えたためです。税務に関することは、非常にややこしく、一歩間違えれば脱税などにも繋がりかねず適正な税金を支払う事で企業の健全性を保ちたいと考えました。

税理士(確定申告)

確定申告は1年の締めくくり。毎月の経理、仕訳処理に加えて決算特有の処理が必要だと聞いた。また利益が出ていたら使える、所得控除や税額控除もあると聞いた。これは決算、税務のプロである税理士にお任せして、1番良い状態で数字を着地させ、新たな年度に入りたい。

税理士(経理・決算業務)

会社を経営していれば、年に一回は決算業務をしなければなりません。 その時に、自分の会社が払うべき税金が確定しますが、税の知識を全く持っていない人間がやると、上手くすれば軽減出来た税金を払わなければならない事になるかもしれません。儲かっている会社ならば、ことさらそうだと思います。 そうならないためにも、税の知識のプロである税理士にアドバイスを仰ぐことが、有益だなと感じます。

税理士(経理・決算業務)

会社を運営するにあたり一番重要な部分だと思うので頼みたい。また自分自身が簡単な税金のことしか分からないので、会社としてしっかりやっていくためにも、プロにお願いしておいた方が安心。雇用をする際にも、雇用者のこともきちんとした体制を整えてあげられるように思う。

税理士(経理・決算業務)

会社を支えるためには経理や決算は特に大切なことだと思います。これからの会社を大きくしていくためにも経理や決算をしっかりしていないと話にならないかなと思いました。なので私は会社のためにも1番大切でお願いしたい仕事は経理です。この仕事を完璧にこなせると自分のお金の管理もしっかりできるのでいい仕事です。

税理士(顧問税理士の依頼)

税務に関して知識が不足しているのはもちろんのこと、個人で調べるには労力がかかりすぎる事項だと思います。気づかないうちに税金が未払いになっていたり、多く払ってしまってしたり、どちらにしても知識がないと何も得はしません。多少の出費をしてでも、常に信頼できる専門家がいることは有益だと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

税金に関しては、専門家にお願いしなければ難しいのではないかと、思ったからです。経営の面で、お金の間違いは命取りになりかねません。とにかく間違いを防ぐ事を第一に考えて選びました。たとえ少しの問題でも、すぐ対処が出来る点がメリットだと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

最近の経理のソフトは優秀なので、毎月の試算表は作成出来ても、決算業務やその試算表を読む事は素人では不可能だと思います。顧問契約する事により、業務だけではなく、銀行の借り入れや決算対策など年間を通して幅広く、相談にのってもらえるメリットがあります。それに、税理士は他の仕業との連携もしっかりしているので、仕事の内容により対応してもらえます。

税理士(税務の相談)

税に関することは怠ると脱税など犯罪になってしまい怖いので、ちゃんと信頼の出来る資格を有した専門の方にお願いしたいです。また、自身にとって経営する上で、知るべき知識も多そうな印象です。自分の成長にも繋がり、結果として会社の役にも立つかと思います。

税理士(税務の相談)

会社だと重要な税務が増えますが、自分で全てを確認するのは難しいため、税務の相談をしたいです。会社が大きくなるにつれ、社長以外の従業員の給与などの計算や確定申告も必要になると思います。会社の決算処理や給与計算、節税対策の方法なども教えて頂きたいです。