会社の設立ガイド

福井県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

福井県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

労働者と経営者との立場で対立しないのが一番ですが、意見の相違など会った場合、法律的な観点からアドバイスを頂けると思うので。家族経営ならば、心配はなさそうですが、第三者を雇うとなると法律的な相談は必要だと思います。それに、労務関係の法律は本当に難しいので。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

会社設立後は業務に忙しくなっているはずです。そんな中紛争が起こった場合自分で解決することは難しいので専門家に正しい手順で解決してもらうことが重要であると思う。そうでないと、さらに大きな問題になって会社の信用の問題になる可能性もあるのでしっかり対応するべきである。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

まずは、会社として機能させる為に設立に必要な書類関係を整備してもらいたい。その間社長として必要な営業活動や事業方向など、決めないといけないことが山ほどあると思います。会社を立ち上げることも大事ではあるけど、会社を立ち上げて、継続させる方にパワーを使いたいと思います。

行政書士(補助金や助成金の申請)

資金を集めるために出来る限りのことはしたい。自分では、通りにくいものもこつや申請の方法時期などのノウハウをお持ちかと思う。専門の知識をお借りしたい。立ち上げの資金を減らすことで優位に経営を開始できるのではないかという期待がある。確実に資金を得たい。

司法書士(会社の設立登記)

会社を設立するときに、まず初めに必要な手続きが会社の登記業務だと思います。その会社登記の業務が問題なくできるためにまず司法書士の力が必要なのではないかと思います。もし登記の段階で手続きに不備があれば、肝心な今後の仕事も始まることができません。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

会社設立に関して全くの無知で、株式会社や、合同会社の違いを教えていただき、何をどのようにしたらいいのかわからないので、まずは会社設立の方法を①から聞き、勉強したいと思います。メリットは、会社を設立するにあたって、損をしない方法を教えていただける気がすることです。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

司法書士さんに定款の作成などをお願いしたいと思います。メリットとしては、事業内容に合う定款だけではなく、法律の面でもしっかりした定款を作成してもらうことができるからです。インターネットでは定款のテンプレートなどを拾うこともできますが、内容が限られているので司法書士に直接作成してもらった方が確実です。

税理士(確定申告)

確定申告は一年の総決算として大事な手続きであるため。税理士に確定申告に関わる手続きをお願いすることで、税務署に対する申告漏れを防ぎ、場合によっては一連の作業の中で節税のためのアドバイスをもらうこともできる。税理士という専門家に手続きをお願いすることで、きちんと税金を納めていることを周りに対してアピールすることもできると思う。

税理士(経理・決算業務)

会社の利益や損失がしっかり把握できるように、専門家にお願いしたいと思ったからです。決算業務により会社の現状を数字で確認するのは大切なことですし、どの部分に力を入れればより利益をあげられるのか追求できます。損失に関しても、専門家の立場から助言をもらいたいです。

税理士(顧問税理士の依頼)

顧問税理士がいないと、毎年の確定申告の際に、必要な書類から計算まで全部自分でこなさなければいけないし、自分で行うには専門的な知識がないので税理士に依頼するより多額な税金を払わなければいけない状況に陥りそう。また、顧問税理士であることで信頼でき安心して自分の業務に取り組むことができ、顧問税理士を雇うのに人件費はかかってしまうが全体的に見ると色々とメリットが大きいと思う。

税理士(税務の相談)

税理士以外の業務も勿論のことですが、会社をスタートするにあたり最も重要な業務だと感じたから選択しました。設立するにあたって必ずお金が絡んでくるので、数ある業務の中でも税理士をつける方がまず必須事項だと考えてます。メリットはどの業務でも言えることではありますが、専門知識豊富な方に頼むことでミスなく、またアドバイスも頂けると考えてます。

福井県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    福井県内の公証人役場
  • 福井合同 〒910-0023 福井市順化1-24-43 ストークビル9階
  • 武生 〒915-0813 越前市京町2-1-6 善光寺ビル1階
  • 敦賀 〒914-0811 敦賀市中央町1-13-32 M&Mビル101

福井県における会社設立専門家

福井県福井市の会社設立専門家

  • 原ノリ税理士事務所 〒910-3604福井県福井市グリーンハイツ9丁目189
  • 高野ますみ行政書士事務所 〒910-0101福井県福井市つくし野2丁目1008

福井県敦賀市の会社設立専門家

  • 浜詰行政書士事務所 〒914-0057福井県敦賀市開町11-1
  • 藪原孝夫税理士事務所 〒914-0005福井県敦賀市樫曲9-43

福井県小浜市の会社設立専門家

  • 世戸英明税理士事務所 〒917-0077福井県小浜市駅前町9-16
  • 田中・丸木事務所 〒917-0241福井県小浜市遠敷10-806-2

福井県大野市の会社設立専門家

  • 金井社会保険労務士事務所 〒912-0068福井県大野市茜町160
  • 岩井春信事務所 〒912-0067福井県大野市右近次郎40-146

福井県勝山市の会社設立専門家

  • 前田労務行政事務所 〒911-0035福井県勝山市郡町1丁目2-43
  • 田村昌博事務所 〒911-0804福井県勝山市元町1丁目1-27

福井県鯖江市の会社設立専門家

  • 藤田慶一税理士事務所 〒916-0036福井県鯖江市横越町13-8
  • 中西武信税理士事務所 〒916-0046福井県鯖江市横江町1丁目2-15

福井県あわら市の会社設立専門家

  • 平田昭夫税理士事務所 〒919-0633福井県あわら市花乃杜1丁目23-1
  • 志田範雄事務所 〒919-0621福井県あわら市市姫4丁目7-10

福井県越前市の会社設立専門家

  • 岩坂昭衞事務所 〒915-0242福井県越前市粟田部町28-13
  • 宮川知恵美税理士事務所 〒915-0095福井県越前市稲寄町25-8-5

福井県坂井市の会社設立専門家

  • 酒井利広税理士事務所 〒910-0253福井県坂井市丸岡町一本田中34-84
  • 北岡司法書士事務所 〒910-0231福井県坂井市丸岡町霞町1丁目40-1

福井県永平寺町の会社設立専門家

  • 戸庭実司法書士・土地家屋調査士・行政書士事務所 〒910-1121福井県吉田郡永平寺町松岡吉野8-20
  • 藤岡誠一郎司法書士事務所 〒910-1106福井県吉田郡永平寺町松岡御公領108

福井県池田町の会社設立専門家

  • 谷端淳一郎行政書士事務所 〒910-2507福井県今立郡池田町清水谷40-8

福井県南越前町の会社設立専門家

  • 小松晴夫税理士事務所 〒919-0216福井県南条郡南越前町上別所2-9
  • 笛吹文彦税理士事務所 〒919-0204福井県南条郡南越前町上野24-18

福井県越前町の会社設立専門家

  • 田辺社会保険労務士事務所 〒916-0272福井県丹生郡越前町樫津80-88
  • 木下社会保険労務士事務所 〒916-0132福井県丹生郡越前町田中17-13-11

福井県高浜町の会社設立専門家

  • 松本経営労務サポートオフィス 〒919-2225福井県大飯郡高浜町宮崎63-7-10
  • 福田敏弘事務所 〒919-2225福井県大飯郡高浜町宮崎66-12-4

福井県おおい町の会社設立専門家

  • 萩原肇税理士事務所 〒919-2111福井県大飯郡おおい町本郷128-33-2
  • 奥治和税理士事務所 〒917-0385福井県大飯郡おおい町名田庄井上22-9

福井県若狭町の会社設立専門家

  • 古坂貴司税理士事務所 〒919-1534福井県三方上中郡若狭町仮屋26-5-2
  • 橋本隆司法書士事務所 〒919-1541福井県三方上中郡若狭町市場18-10

福井県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

今、どんな会社に働いていても、労働環境が良くないと感じます。みんなが忙しすぎることが、世の中のちょっとしたことでギスギスした空気を生んでいるよう思います。なので、仕事をよりスムーズに進めることや人間として当たり前の生活が送れることを仕事と同じくらい大切にしたいと思いお願いしたいと思いました。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

よい企業はよい人材からだと思うので、人材の雇用についてのアドバイスをしっかりとして頂きたいです。福利厚生について、雇用側と従業員側の双方が無理をせずに折り合いがつくような制度を整えておきたいです。そうすることで、良い人材が長く自分の会社に在籍してもらえて、会社のために貢献してもらえることに繋がると考えるからです。

社会保険労務士(労働保険手続き)

会社を長く安定した物を目指すなら、まず会社に貢献してくれる労働者の福利厚生をしっかりしたい。営業や軽作業、どんな仕事であれ会社に貢献してくれる社員を大切にすることにより意識の高い社員を生み出すことが出来るのではないかと考えるので私はまず労働保険に力を入れたい

行政書士(補助金や助成金の申請)

近頃では、国や地方も併せて様々な政策的補助金を出しているようです。素人では、どのように摘要したら良いのか、申請方法や問い合わせ方法すらよくわからない状態に陥ってしまうので、是非行政書士にお願いして、補助金の申請からアドバイスまで受けて資金確保をしたいです。

司法書士(会社の設立登記)

一番最初に行うことが会社を作り設立させることだと思いましたので最初に必要なのは司法書士の方に会社設立の依頼をすることだなと思いました。法律に関することを素人がわけわからず行うと無駄に時間を費やしてしまいそうだからです。その点法律のプロである司法書士に依頼することは安心だと思います。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

登記がないと法的に会社の存在が認められません。自分で書類を準備した際に不備があり、再作成を行うとすると日数がかかり業務がスムーズに行かず支障がでてくると思います。なので司法書士にお願いしたいと考えます。正確に作ってもらえることがメリットだと思います。

税理士(確定申告)

会社設立から、どの様なものを経費で落とせるのか落とせないのかの指導、確定申告のサポートをお願いしたいです。その事で細々経費を切り詰める時間を使って仕事をすることができ、仕事を第一に考えることができると思い、税理士さんにお願いしたいと思いました。

税理士(確定申告)

金額の計算が難しいため専門の方に出してもらいたい。また申告方法もややこしいため専門の方に対応してもらう。期限もあるためフォローをお願いしたい。日頃の支出の管理及び領収書のまとめもおこなってもらい決算書の作成もあわせてお願いし全般の管理をまとめて処理してもらう。

税理士(経理・決算業務)

商品開発など、会社の事業そのものについては、自分のしたい事なのでいくらでも頑張ろうと思えるが、その反面、経理などの細かい数字は苦手、面倒という意識がある。不得手な部分を無理に勉強して覚えるより、プロに任せてしまった方が安心だし、その分、自分は事業内容そのものに集中できる。

税理士(経理・決算業務)

会社を設立するにあたり、1番心配なのは会社のお金の管理だからです。お金の出入りは、イコール会社の姿だし、そうした点を安心して任せることが出来れば自分は会社や仕事の事に集中出来ます。また、そうした仕事は社員に兼務させるわけにもいかないため、得意な人に任せたいと思うからです。

税理士(経理・決算業務)

決算時や銀行借り入れの際の試算表づくりなどや会計処理など面倒な処理をお願いする事が多いので、また会計ソフトなどの使用方法や銀行への提出処理、監査が入った時も色々助けてくれそうだから。日々の売り上げや経費処理など欠かせない処理が多く税理士さんのお世話になる事が多くなるため。

税理士(顧問税理士の依頼)

技術や営業では得意分野があるけど会計や財務の知識が乏しい。運転資金がいくら必要とか、会計や財務をどのように管理したらいいのか、お金を理解していなければ成り立たないから財務の専門家のサポートが必要だと思う。会社が倒産の危機に陥らないように資金計画をすることが重要。

税理士(顧問税理士の依頼)

以前、秘書業務を行っていた際に、上記の中で経営者が1番信頼していたのが税理士さんだったから。また、企業の大きさに依らず、税理士とは最低でも月に1回は会社の経営実態について話しておけば、経営者としても事業計画の立て方がスムーズに、かつ安心して行えると感じたので。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を経営していく上で税については常について来る問題だと思います。税務についてはミスが有った時に被る被害が大きく信用を失うリスクが高いと思うのでミスが無い様にプロに依頼するのがもっとも有効だと思うから。また税務については業務と平行して対応するには難しいと思うから。

税理士(税務の相談)

税理は専門的な知識が必要で、知識を入れるのに時間を要するため。会社の資金繰りの相談ができることはもちろん、会社を運営するためのノウハウをサポートしてもらえる。お願いするところによっては、経理業務を全てやってくれるため、経理部分を専門におこなう人を雇う必要がなくなる。

税理士(税務の相談)

会社を設立し、やりたいこと(売りたいモノ)は明確になっているのですが、売ったものに対しての税金等、国にいくらくらい支払うのかがいまいち明確ではない為。自分での勉強ももちろん必要だと思いますが、その道のプロの税理士さんにしっかりと頼んでおけば健全、クリーンな会社を運営できると思うからです。