会社の設立ガイド

山梨県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

山梨県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

労働環境などがいい加減であれば、社員もいい加減になると思います。きちんと労務管理がされていれば、社員は仕事に専念でき、仕事の効率があがると思うから。 今まで経験した職場で雰囲気がよくないところは大抵、労務管理がいい加減だったから。そういう職場では、残業代や手当、各手続きなどに関してよく愚痴を聞きました。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

今のご時世、従業員とのトラブルが日常的に起こっており、素人では解決できないような事案もたくさん出ていますので、このようなことは素人の判断で進めていくよりも専門家に判断を仰いで進めていった方が、会社の経営に集中してやっていくことができますので、相談したいと思いました。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

会社を立ち上げるのにまずは許可を取らないといけないと思うが、そんな初期段階からつまずきたくはないしスムーズに事を進めたいので、必要な申請関係のサポートを期待して行政書士の方を選択したい。

行政書士(補助金や助成金の申請)

行政の助成金や補助金に当てはまる事業や投資をしていても、それを正しく申請できる能力や文章力は普通の社長にはなかなか難しいので、専門家である行政書士にお願いすることが社長の負担を軽くしてくれる最適な方法であると思います。

司法書士(会社の設立登記)

やっぱり、会社を作っていくことの一番はじめのことなんで、そこは一番サポートしてほしいと思います。メリットについては、一人で勝手にきめて大きな失敗するよりも、専門家の確実なサポートがあってこそ、会社が設立していくものだと思っているからです!そこから、また新しく色々と決めていかないと思います。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

まだどんな会社にするかも決めていないし、これからの世の中、私たちが生きていくうえで役に立ち、必要とされている、ニーズに答えられることは、どんなことかも相談していきたいです。当然、利益を出していかなければならないので、今必要で人が、お金を出そうという気持ちになれるものを相談していきたい。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

飲食店の会社を設立します。 食材やメニューは、自分のアイデアや今までの経験、他店等を参考に自分で作り上げていきたいです。 しかし、会社を設立する術を何一つ知りませんので、まず、設立するにあたっての必要な書類や手続きを間違いなく行って欲しいと思います。

税理士(確定申告)

私はとにかく数字にうといので、専門家の方にお願いすることがあれば、まず確定申告について、税理士の先生に相談すると思います。いずれ、本格的に業務量を増やしていきますが、確定申告についてお願いできるくらいになっていきたいと思っています。

税理士(経理・決算業務)

経理、決済の業務に関して全くの無知識であり専門的な知識がある方のアドバイスなどを伺って進めたい。また、経営戦略的なものの相談役にもなってくれるので独断での経営戦略に頼りがちなワンマン経営者の強い味方になってくれると思った。現在の所属する会社も税理士さんのアドバイスを取り入れているため頼りになると感じたためです。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社にとって一番は税金問題。有限会社や株式会社など、どのタイミグでやるかや、いろいろな決算業務や確定申告などの業務を一貫して一人の顧問税理士に管理してもらう方が相談もしやすく、効率もいいと考えます。最終の収支に大きく影響してくると思います。

税理士(税務の相談)

起業した場合自営業が想定されるため、労務は関係がなく、社会保険労務士はメリットを感じない。設立登記に関しては、紹介する書籍等もあり、個人でできるぶぶんもあるので司法書士への依頼は不要と考えるが、税務は複雑で難しく、また、経営に資する部分もあるので、コストをかけるメリットがあると判断した。

山梨県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    山梨県内の公証人役場
  • 甲府 〒400-0024 甲府市北口1-3-1
  • 大月 〒401-0011 大月市駒橋1-2-27 大月織物協同組合2階

山梨県における会社設立専門家

山梨県甲府市の会社設立専門家

  • 磯野行夫税理士事務所 〒400-0856山梨県甲府市伊勢2丁目3-2
  • 井上卓己税理士事務所 〒400-0856山梨県甲府市伊勢2丁目6-1

山梨県富士吉田市の会社設立専門家

  • 渡辺英高 〒403-0015山梨県富士吉田市ときわ台2丁目6-5
  • 宮下久光 〒403-0012山梨県富士吉田市旭5丁目8-32

山梨県都留市の会社設立専門家

  • 石原会計事務所 〒402-0051山梨県都留市下谷2441-1
  • 小俣久司法書士事務所 〒402-0051山梨県都留市下谷3丁目2-3

山梨県山梨市の会社設立専門家

  • 清水行政書士事務所 〒405-0015山梨県山梨市下石森1151-1
  • 河島右文司法書士事務所 〒405-0015山梨県山梨市下石森688

山梨県大月市の会社設立専門家

  • 土屋初音税理士事務所 〒409-0612山梨県大月市猿橋町藤崎250-12
  • 渡辺社会保険労務士事務所 〒401-0012山梨県大月市御太刀1丁目14-12

山梨県韮崎市の会社設立専門家

  • 小林義武税理士事務所 〒407-0005山梨県韮崎市一ツ谷2004
  • 三井英雄税務会計事務所 〒407-0015山梨県韮崎市若宮2丁目15-37-102

山梨県南アルプス市の会社設立専門家

  • 河西研吾司法書士事務所 〒400-0335山梨県南アルプス市加賀美2319
  • 鈴木行政書士事務所 〒400-0335山梨県南アルプス市加賀美2965

山梨県北杜市の会社設立専門家

  • 北杜総合事務所 〒408-0044山梨県北杜市小淵沢町3627-1
  • 八ヶ岳司法書士事務所 〒408-0041山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1980

山梨県甲斐市の会社設立専門家

  • 野崎労務管理事務所 〒400-0121山梨県甲斐市牛句2750-44
  • 岩下社会保険労務士事務所甲斐援隊 〒400-0107山梨県甲斐市志田534-2

山梨県笛吹市の会社設立専門家

  • 須田士郎税理士事務所 〒405-0077山梨県笛吹市一宮町坪井1291-1
  • 島村仁税理士事務所 〒405-0073山梨県笛吹市一宮町末木806-1

山梨県上野原市の会社設立専門家

  • 村松税理士事務所 〒409-0112山梨県上野原市上野原1154
  • 高橋税務会計事務所 〒409-0112山梨県上野原市上野原2028-4

山梨県甲州市の会社設立専門家

  • 内田幸雄税理士事務所 〒404-0043山梨県甲州市塩山下於曽1384-2
  • 北原税理士事務所 〒404-0053山梨県甲州市塩山小屋敷1251

山梨県中央市の会社設立専門家

  • 小澤経営労務事務所 〒409-3845山梨県中央市山之神1300-12
  • 山本社会保険労務士事務所 〒409-3845山梨県中央市山之神2038-5

山梨県市川三郷町の会社設立専門家

  • 三映(税理士法人) 〒409-3606山梨県西八代郡市川三郷町高田548-1
  • 秋山英樹行政書士事務所 〒409-3601山梨県西八代郡市川三郷町市川大門1587-1

山梨県身延町の会社設立専門家

  • 春澤政志税理士事務所 〒409-3106山梨県南巨摩郡身延町古関1676
  • 中村社会保険労務士事務所 〒409-2523山梨県南巨摩郡身延町波木井1372

山梨県南部町の会社設立専門家

  • 鴨狩毅司法書士事務所 〒409-2305山梨県南巨摩郡南部町内船4536-1
  • 渡邉進税理士事務所 〒409-2212山梨県南巨摩郡南部町南部4103-7

山梨県富士川町の会社設立専門家

  • 深沢直樹司法書士事務所 〒400-0601山梨県南巨摩郡富士川町鰍沢2543
  • 岸本文康司法書士事務所 〒400-0502山梨県南巨摩郡富士川町最勝寺1224-16

山梨県昭和町の会社設立専門家

  • 司法書士杉本美帆事務所 〒409-3864山梨県中巨摩郡昭和町押越2261-A-201
  • 司法書士杉本事務所 〒409-3864山梨県中巨摩郡昭和町押越2261-A-201

山梨県忍野村の会社設立専門家

  • 後藤政行社会保険労務士事務所 〒401-0512山梨県南都留郡忍野村内野430
  • 大森大樹税理士事務所 〒401-0511山梨県南都留郡忍野村忍草154

山梨県山中湖村の会社設立専門家

  • 羽田会計事務所 〒401-0501山梨県南都留郡山中湖村山中865-363

山梨県富士河口湖町の会社設立専門家

  • 中田進司法書士事務所 〒401-0304山梨県南都留郡富士河口湖町河口617-2
  • 堀内幸二会計事務所 〒401-0310山梨県南都留郡富士河口湖町勝山664

山梨県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

友達の中小企業社長が言ってました。時間外労働、有休取得など労働者の権利について、最近の労働者は専門的なことを知っていて要求が多く細かいそうです。素人が間違ったことを言って従業員とトラブルになり労働基準監督署に駆け込まれたら、通常業務に支障をきたします。無用な紛争を予防するため社労士のサポートは必要なのだそうです。私も同感です。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

会社を設立し、従業員を雇う立場なので働いて頂く方達の社会保険等に不備があっては困るため、専門家にお願いしたいと思った。また専門家に依頼する事によって的確なアドバイスをもらい福利厚生のしっかりした会社にすることができ、会社を運営していく中で大切な労働者との信頼関係をしっかり築けるメリットがあると考えた。

社会保険労務士(労働保険手続き)

会社で一番大切な財産といえば、やはり労働者であるべき。労働者がきちんと働いてくれて、それで会社が成り立っている。だからまずは最低限の保険の手続きはしてあげたい。後手後手にまわり、何かあってからでは遅い。会社の信用度にも大きく影響するとおもう。

行政書士(補助金や助成金の申請)

これから中小企業であるわが社の設立にあたり、労働者を雇うことが必要であります。我が国の高齢化がますます進行し、新入社員を雇用することが困難なため、高齢者の方々を雇用しようと思います。そこで高齢者雇用に対する補助金があればと考え行政書士の先生に相談しようと思います。

司法書士(会社の設立登記)

会社を設立するならいろいろと忙しい時期に大切な資料は任せて自分のことをしたいと思った。任せることで空いた時間を他に回せたり、会社の設立登記前にたくさん資料が必要で法務局に出すことになるので間違ったものを出すわけにはいかず、任せた方があんしんできる。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

設立に必要な手続き等ははじめてのことで自分ではよくわからないことが、多いからお願いすることで悩んだり、困ったり二度手間になるようなことを防いで、よけいなストレスをなくしたい。スムーズに進むにこしたことはないので、相談することで時短になれば良いと思います。

税理士(確定申告)

自分で申告書を作成するよりも、その時間、働いている方が稼げるということや、その時間を睡眠時間に充てたいということから確定申告をお願いしたい。また、税金について調べたいけど細かく調べている時間がないということを依頼したい。自分で調べるより頼んだ方が効率的で正確でまちがいがない。

税理士(確定申告)

確定申告時期になるとバタバタするし、領収書の計算等すべて自分で行うのは大変だから。また税金の申告を怠ると罪に問われてしまうので確定申告は大切だと思ったので。確定申告をするのは年収が多い人だと聞いたことがある。社長自らが確定申告をするというのはなかなか聞かないから。

税理士(経理・決算業務)

経理をしっかりと管理していないと会社として成り立たなくなると思うからです。経理について会社を立ち上げる上で、ある程度の知識を学んだとしても範囲が広く一筋縄ではいかないと思います。また、自分が経営者という社内の立場から経理を考えてしまうでしょう。外部の公正な目から経理を客観的に見てもらうことができる存在というのは大切だと思うからです。

税理士(経理・決算業務)

収支が分かっていなければ、利益に繋がらないし、お金の流れをつかんでなければ、資金運営ができないからです。また、損益計算書、経費仕訳など専門的な書類もあるので専門家がいなければわからないことが多いし、間違った処理をしていると余分な税金など無駄な支出が増えてしまうため。

税理士(経理・決算業務)

会社を経営して行く中でとにかく経営の中核をなすのは財務であり、ここがしっかりしていないと安定した事業運営ができなくなりそうだから。いくら巨万の利益をもたらしそうなアイデアがあっても、資本がしっかりしていなければ、取引先も信用してくれそうにないから。

税理士(顧問税理士の依頼)

登記などはある程度知識があれば出来るし、一度設立してしまえばそれで十分であるが、税務関連については、会社の状況によって変化し、赤字であっても黒字であっても必要なので、どうしても専門家の支援が必要であると思う。また、自分で経理を行うには時間がかかりすぎると思うから。

税理士(顧問税理士の依頼)

ある程度決まった手続きを行うものより、事業計画に沿いながら、資金計画や税務全般、決算までの相談ができそうな顧問税理士が最優先と感じた。メリットは顧問税理士なので中長期での関係が気づける点。他の業務依頼は単発なイメージもあり、顧問税理士と依頼内容、収支面等相談しながら進めることで堅実に進められると感じた。

税理士(顧問税理士の依頼)

他の業務は自力で調べながらなんとか出来そうなものがあり、友人を頼れば出来そうなものもある。しかし、税理士業務は知識もなく周りにも頼れる人がいないため。顧問税理士がいれば何かの時に相談できて助けてもらえると思うし、会社をやっていく上で専門的な人は必要となるため。

税理士(税務の相談)

とにかく数字に弱いから。加えて、税金ほど分からないものはない。知らないというだけで損をする事もあると思うし、経営をするなら尚更ムダなものは払いたくない。かと言って節税のつもりが脱税になったりしては洒落にならないので、税理士さんなら上手くやってくれそうだから。

税理士(税務の相談)

自分が苦手なことなので、知らないあいだに法を犯しているかもしれない不安があるから、しっかりした専門の方にお願いしたい。また忙しいため、自分が知らないことを一から勉強する時間と手間を考える意味でも、専門の方にお願いしたい。その2点から、税理士さんにお願いしたいと思いました。