会社の設立ガイド

山梨県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

税理士(顧問税理士の依頼)

今の会社でも経営に関わっており、「経営のコツ」は何となくわかっているものの、税務は自分の専門外でもあるので、顧問として的確なアドバイスが欲しいと思います。なお、今の会社では、会計から見る会社の状況の分析もしてもらっているので助かっています。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

正社員・契約社員だけでなく、アルバイトを含めて労基署による労務管理指導が厳しくなっているため。社労士の指導があれば、組織の末端まで適正な労働環境が保たれ、皆が健康かつ効率的に業務を遂行することができるようになり、社会的な評価も高まると思います。

税理士(税務の相談)

税務と言っても最初は起業することに集中していて、恐らくは手が回らないと思います。そんな時はプロである税理士の方に協力を仰ぐのが賢明ではないでしょうか。やはり「餅は餅屋」ということわざもあるぐらいで、その道のプロに頼ってしまう方が楽だと思います。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

労務管理は、自分でいいと解釈していても他の人から解釈が違うと法令違反になったりしてしまい、違反した時は会社に大きなダメージになる為、専門家から教わりながら、自分のやりたい業務との労務管理が合っているかチェックしてもらいから。これにより、厳しくなっている労務管理によって、会社の信用リスク低下を防げる為。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社設立については書類作成も含めて今まで一度もやった経験がないので、専門家である司法書士にお願いして間違いのないようにしたいと思います。ある程度の費用が掛かるのはやむを得ないと思いますが、専門家に依頼することで手間や時間はできる限り削減したいと思います。

税理士(税務の相談)

会社を経営するためにお金は実質的に大切。税の問題はいつも頭の中に入れておかなければならないと感じる。しかしながら自分が税金や節税対策に疎いので、税理士に依頼し相談すれば最新の情報を仕入れられるうえに、必要以上に勉強しなくていいと考えるから。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

今のご時世、従業員とのトラブルが日常的に起こっており、素人では解決できないような事案もたくさん出ていますので、このようなことは素人の判断で進めていくよりも専門家に判断を仰いで進めていった方が、会社の経営に集中してやっていくことができますので、相談したいと思いました。

税理士(確定申告)

会社の経営に必要なことで、会社の経営や従業員の確定申告もやらないといけないと思うため。個々にやってもらうとなるとそれをやるための時間が必要になり会社にとっては個々の生産能力がマイナスになるためお金を払ってでも雇ってやってもらった方がいいと思う

山梨県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    山梨県内の公証人役場
  • 甲府 〒400-0024 甲府市北口1-3-1
  • 大月 〒401-0011 大月市駒橋1-2-27 大月織物協同組合2階

山梨県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士