会社の設立ガイド

長野県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

長野県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社設立において、社員の労務管理に関して大手企業であっても中小企業であっても、長期に渡り、多くの企業が様々な改善を検討しています。そのくらい難しい内容は専門家を踏まえて整理することが重要であると考えています。従業員がいることで会社は成り立つためそういった点に重点をおいて政策する必要があると考えます。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

会社設立後に、取引先とのトラブルが起きた時のために社会保険労務士にお願いしたいです。自分の予期せぬ所でトラブルが起きた時など、当事者同士で解決しようとするとどうしても私情が入ったりしてスムーズに解決出来ない事もあると思うので、社会保険労務士にお願いしたいです。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

会社を設立する時、どうしても必要になってくるのが役所関係に提出しなければならない書類です。はっきり言って素人にはわかりづらいものも多くあると思います。わからないまま何度も役所に足を運んだり、必要な書類を揃えるために走り回ったりするよりも、専門の方にお願いした方が時間のロスもなくスムーズに行きそうだからです。

行政書士(補助金や助成金の申請)

会社を設立するにあたり、やはり資金は必要です。しかし補助金などの知識が乏しいために申請の仕方がわかりません。そのために補助金等に詳しい行政書士さんに頼んで申請までして欲しいからです。やはり専門家に頼むと審査に通りやすい書類の書き方などに詳しそうなので行政書士にお願いしたいです。

司法書士(会社の設立登記)

まず知識が全くないので、どのような資料が必要かや何を書いたらよいか、などの基本からしっかり固めたいです。生まれ育った地元に恩返ししたいので、本社は東京で登記は地元で申請したいです。その際の注意事項を教えていただきたいです。メリットは地元が潤ってくれたら活性化すると思うからです。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

他にも税理士も必要ですし、いろんな専門家に意見を求める事はしていきたいですが、会社を始める1番最初の第一関門が設立についての問題だと思いますから、司法書士さんにまずお話を聞きたいです。メリットは、やはり専門家なので費用はかかりますが、時間短縮で作業を進められると思います。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

税務や社会保険などは営業している限り常に発生する業務なので自分である程度できたほうが良いと思うが、定款の作成は設立時にしか発生しないタスクであり、自分で覚えてもその後活かす機会がない。一度きりのことは専門家に任せて済ませてしまったほうが良いと思う。

税理士(確定申告)

確定申告は、企業の決算、税金の計算をして税務署に報告し、納税をすることですが、会計の知識、税務の知識が必要です。会計については、ある程度簿記の知識のある従業員を雇うことで問題は解消されますが、税金の計算については自社で計算するのは無理だと思います。税理士に依頼すべきです。

税理士(経理・決算業務)

色々とお願いしたいことがたくさんあるのですが、その中でも会社の経理などの知識があまりないので、自身に知識をつけるためにも会社を始めたら、まずは税理士さんに経理関係の事を教えていただきたいなと思いました。メリットとしては、経理のことをお任せできることです。

税理士(顧問税理士の依頼)

法律関係にも詳しくて、かつ、決算や税法のこともスペシャリストなのでまずは資金繰りや数字の将来に向けての具体的なシミュレーションができると思いました。また、顧問としてサポートしていただけるのであれば、一時的な相談だけでなく長期的なお付き合いもできると思ったため。

税理士(税務の相談)

税務に関する知識が全くなく、法律や規則に違反してしまわないように。また専門の人がいることにより、いつでもわからないことを聞くことができるため安心する。社長になることは想像できないが、強いて理由を上げるならば以上のようなことになると思う。とにかく安心感がある。

長野県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    長野県内の公証人役場
  • 長野合同 〒380-0872 長野市大字南長野妻科437-7 長野法律ビル1階
  • 上田 〒386-0023 上田市中央西1-15-32 フコク生命上田ビル3階
  • 松本 〒390-0874 松本市大手2-5-1 モモセビル3階
  • 諏訪 〒392-0026 諏訪市大手2-17-16 信濃ビル3階
  • 飯田 〒395-0033 飯田市常盤町30 飯伊森林組合ビル2階
  • 伊那 〒396-0015 伊那市中央4907-4 久保田ビル2階
  • 佐久 〒385-0027 佐久市佐久平駅北26-7 藤ビル2階

長野県における会社設立専門家

長野県長野市の会社設立専門家

  • 弓場・岡本会計事務所 〒380-0961長野県長野市安茂里小市2丁目14-1
  • 一由守行政書士事務所 〒380-0958長野県長野市伊勢宮1丁目17-15

長野県松本市の会社設立専門家

  • 多田井行政書士事務所 〒390-1702長野県松本市梓川梓南北条4166-3
  • 輪湖正行司法書士事務所 〒390-1703長野県松本市梓川上野195

長野県上田市の会社設立専門家

  • 笹井社会保険労務士事務所 〒386-0406長野県上田市下丸子263-2
  • 笠井行政書士事務所 〒386-0005長野県上田市古里204-11

長野県岡谷市の会社設立専門家

  • 信濃税務会(税理士法人) 〒394-0003長野県岡谷市加茂町1丁目1-19
  • 社会保険労務士行政書士新井事務所 〒394-0003長野県岡谷市加茂町2丁目2-17

長野県飯田市の会社設立専門家

  • 清水文夫税理士事務所 〒395-0067長野県飯田市羽場権現1004-1
  • 伊藤日出男税理士事務所 〒395-0073長野県飯田市羽場坂町2341-1

長野県諏訪市の会社設立専門家

  • 社会保険労務士山本事務所 〒392-0005長野県諏訪市岡村2丁目13-19
  • 飯田税務会計事務所 〒392-0013長野県諏訪市沖田町1丁目131-1

長野県須坂市の会社設立専門家

  • 小林祥子司法書士事務所 〒382-0003長野県須坂市旭ケ丘1-2
  • 齊藤孝典司法書士事務所 〒382-0028長野県須坂市臥竜5丁目10-8

長野県小諸市の会社設立専門家

  • 柏木社会保険労務士事務所 〒384-0004長野県小諸市乙女15-23
  • 行政書士よだ事務所 〒384-0032長野県小諸市古城2丁目2-28-205

長野県伊那市の会社設立専門家

  • 春日博幸行政書士事務所 〒396-0013長野県伊那市下新田3110-3-1B
  • 大住英昭司法書士事務所 〒396-0010長野県伊那市境1114

長野県駒ヶ根市の会社設立専門家

  • 大林直樹税理士事務所 〒399-4108長野県駒ヶ根市下市場24-5
  • 大林税理士行政書士事務所 〒399-4108長野県駒ヶ根市下市場24-5

長野県中野市の会社設立専門家

  • 渡辺会計事務所 〒383-0043長野県中野市三ツ和1068-3
  • 山崎申一司法書士事務所 〒383-0025長野県中野市三好町1丁目4-18

長野県大町市の会社設立専門家

  • 南塚行政書士事務所 〒398-0004長野県大町市常盤下一3473
  • 高山司法書士事務所 〒398-0002長野県大町市大町1198-2

長野県飯山市の会社設立専門家

  • 猪瀬康夫税理士事務所 〒389-2255長野県飯山市大字静間2117
  • 樋口一男税理士事務所 〒389-2255長野県飯山市大字静間2166-1

長野県茅野市の会社設立専門家

  • 小池義一行政書士事務所 〒391-0001長野県茅野市ちの236-7
  • 立石邦廣司法書士事務所 〒391-0001長野県茅野市ちの2809-1

長野県塩尻市の会社設立専門家

  • 上野税理士事務所 〒399-0712長野県塩尻市大字塩尻町156
  • 金子・赤羽社会保険労務士事務所 〒399-0701長野県塩尻市大字広丘吉田1214-1-105

長野県佐久市の会社設立専門家

  • 菊池英輔税理士事務所 〒384-0301長野県佐久市臼田1555-3
  • 遠山雅子司法書士事務所 〒384-0301長野県佐久市臼田2182

長野県千曲市の会社設立専門家

  • ワダ行政書士事務所 〒387-0011長野県千曲市杭瀬下3丁目86
  • 矢島会計事務所 〒389-0821長野県千曲市上山田温泉2丁目32-1

長野県東御市の会社設立専門家

  • 山浦幸雄税理士事務所 〒389-0514長野県東御市加沢679-10
  • 労働保険事務組合上田中央労研会 〒389-0517長野県東御市県163-1

長野県安曇野市の会社設立専門家

  • 田野社会保険労務士行政書士事務所 〒399-8102長野県安曇野市三郷温4600-41
  • かみじま社会保険労務士事務所 〒399-8101長野県安曇野市三郷明盛1108-5

長野県小海町の会社設立専門家

  • 井出光久税理士事務所 〒384-1102長野県南佐久郡小海町小海4302
  • 小山育郎司法書士事務所 〒384-1102長野県南佐久郡小海町大字小海4262

長野県川上村の会社設立専門家

  • 由井税務会計事務所 〒384-1407長野県南佐久郡川上村大字御所平1236

長野県南牧村の会社設立専門家

  • 井出高人税理士事務所 〒384-1301長野県南佐久郡南牧村大字海尻2306-1

長野県佐久穂町の会社設立専門家

  • 笹渕・友野合同事務所 〒384-0503長野県南佐久郡佐久穂町大字海瀬1238-2
  • 竹内達朗行政書士事務所 〒384-0503長野県南佐久郡佐久穂町大字海瀬向原6398

長野県軽井沢町の会社設立専門家

  • 矢野労務経営事務所 〒389-0102長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1370
  • 中山行政書士事務所 〒389-0104長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東9-2

長野県御代田町の会社設立専門家

  • 三井学税理士事務所 〒389-0206長野県北佐久郡御代田町大字御代田1972-1
  • 古越正人司法書士事務所 〒389-0206長野県北佐久郡御代田町大字御代田2382-2

長野県立科町の会社設立専門家

  • 笹井社会保険労務士事務所 〒384-2305長野県北佐久郡立科町大字芦田1260-1
  • 斉藤保好司法書士事務所 〒384-2305長野県北佐久郡立科町大字芦田2605-1

長野県長和町の会社設立専門家

  • 清水税務会計事務所 〒386-0603長野県小県郡長和町古町3844-1

長野県下諏訪町の会社設立専門家

  • 塩原孝幸司法書士事務所 〒393-0000長野県諏訪郡下諏訪町4779-7
  • 神山幸雄税理士事務所 〒393-0055長野県諏訪郡下諏訪町下諏訪駅前5403

長野県富士見町の会社設立専門家

  • 三好吉仁税理士事務所 〒399-0211長野県諏訪郡富士見町富士見3400-35
  • 小林喜次行政書士事務所 〒399-0211長野県諏訪郡富士見町富士見3594-21

長野県原村の会社設立専門家

  • 長田秀夫司法書士土地家屋調査士事務所 〒391-0100長野県諏訪郡原村6676-1
  • 長田事務所 〒391-0100長野県諏訪郡原村6676-1

長野県辰野町の会社設立専門家

  • 垣内雄治税理士事務所 〒399-0428長野県上伊那郡辰野町大字伊那富2245-5
  • 宮沢亮介司法書士事務所 〒399-0428長野県上伊那郡辰野町大字伊那富宮所724-イ

長野県箕輪町の会社設立専門家

  • 小川ゆかり税理士事務所 〒399-4603長野県上伊那郡箕輪町大字三日町873-2
  • おぎはら司法書士事務所 〒399-4601長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪12016-4

長野県飯島町の会社設立専門家

  • 酒井幸惠行政書士事務所 〒399-3705長野県上伊那郡飯島町七久保1406-21
  • 唐澤孝好税理士事務所 〒399-3705長野県上伊那郡飯島町七久保南街道734-2

長野県南箕輪村の会社設立専門家

  • 木下功会計事務所 〒399-4511長野県上伊那郡南箕輪村大泉1959-1
  • 木下功社会保険労務士事務所 〒399-4511長野県上伊那郡南箕輪村大泉1959-1

長野県中川村の会社設立専門家

  • 林常登司法書士事務所 〒399-3802長野県上伊那郡中川村片桐4554-2

長野県宮田村の会社設立専門家

  • 司法書士富田事務所 〒399-4301長野県上伊那郡宮田村3280
  • 石川行政書士事務所 〒399-4301長野県上伊那郡宮田村4487-13

長野県松川町の会社設立専門家

  • 寺澤仁税理士事務所 〒399-3303長野県下伊那郡松川町元大島1462
  • 矢澤宗彦司法書士事務所 〒399-3303長野県下伊那郡松川町元大島3826-2

長野県高森町の会社設立専門家

  • 清水俊平司法書士事務所 〒399-3103長野県下伊那郡高森町下市田2942-5
  • からさわ(税理士法人) 〒399-3103長野県下伊那郡高森町下市田2964-188

長野県阿南町の会社設立専門家

  • みなみ行政書士事務所 〒399-1505長野県下伊那郡阿南町富草4362-3
  • 加藤勝民税理士事務所 〒399-1505長野県下伊那郡阿南町富草643

長野県阿智村の会社設立専門家

  • 柴田智行司法書士事務所 〒395-0303長野県下伊那郡阿智村駒場243-2

長野県喬木村の会社設立専門家

  • 中島強司法書士事務所 〒395-1101長野県下伊那郡喬木村阿島1061-2

長野県豊丘村の会社設立専門家

  • 下平豊久司法書士事務所 〒399-3202長野県下伊那郡豊丘村大字神稲225-2
  • 小澤博社会保険労務士事務所 〒399-3202長野県下伊那郡豊丘村大字神稲6752-2

長野県上松町の会社設立専門家

  • 砂山文明司法書士事務所 〒399-5607長野県木曽郡上松町大字小川見帰2050-16
  • 砂山文明行政書士事務所 〒399-5607長野県木曽郡上松町大字小川見帰2050-16

長野県南木曽町の会社設立専門家

  • 山崎隆二行政書士事務所 〒399-5301長野県木曽郡南木曽町読書3639-6
  • 小幡和彦司法書士土地家屋調査士事務所 〒399-5301長野県木曽郡南木曽町読書4172-1

長野県木祖村の会社設立専門家

  • 嶋田税理士事務所 〒399-6201長野県木曽郡木祖村大字薮原1162-1

長野県木曽町の会社設立専門家

  • 奥原一吉 〒397-0002長野県木曽郡木曽町新開2662-1
  • いはら社会保険労務士事務所 〒397-0002長野県木曽郡木曽町新開3187

長野県山形村の会社設立専門家

  • 宮前光宏行政書士事務所 〒390-1301長野県東筑摩郡山形村下大池3914-10

長野県池田町の会社設立専門家

  • 一之瀬行政書士社会保険労務士事務所 〒399-8602長野県北安曇郡池田町大字会染6119-111
  • 吉澤税務会計事務所 〒399-8602長野県北安曇郡池田町大字会染6752-1

長野県松川村の会社設立専門家

  • 曽根原一昇税理士事務所 〒399-8501長野県北安曇郡松川村5689-275
  • 北口税理士事務所 〒399-8501長野県北安曇郡松川村6995-13

長野県白馬村の会社設立専門家

  • しろうま会計事務所 〒399-9211長野県北安曇郡白馬村大字神城24211
  • 鎌倉税務会計事務所 〒399-9211長野県北安曇郡白馬村大字神城堀之内18017

長野県小谷村の会社設立専門家

  • 菅野有子行政書士事務所 〒399-9422長野県北安曇郡小谷村大字千国乙4479-1

長野県坂城町の会社設立専門家

  • 中沢信明税理士事務所 〒389-0601長野県埴科郡坂城町大字坂城1854-1
  • 須藤亮司法書士事務所 〒389-0601長野県埴科郡坂城町大字坂城横町6402-18

長野県小布施町の会社設立専門家

  • 久保田会計事務所 〒381-0201長野県上高井郡小布施町大字小布施1030-11
  • 渡邉行政書士事務所 〒381-0201長野県上高井郡小布施町大字小布施228-13

長野県山ノ内町の会社設立専門家

  • 黒岩伯帆司法書士事務所 〒381-0401長野県下高井郡山ノ内町大字平穏1152-1
  • 信州会計 〒381-0401長野県下高井郡山ノ内町大字平穏3367-1

長野県木島平村の会社設立専門家

  • 宮川登美男行政書士事務所 〒389-2301長野県下高井郡木島平村大字穂高2975-7

長野県野沢温泉村の会社設立専門家

  • 松村清税理士事務所 〒389-2502長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷5036-4

長野県信濃町の会社設立専門家

  • 小林みち代司法書士事務所 〒389-1305長野県上水内郡信濃町大字柏原384-18
  • 信越行政書士事務所 〒389-1305長野県上水内郡信濃町大字柏原瑞穂4951-9

長野県飯綱町の会社設立専門家

  • 相澤廣税理士事務所 〒389-1201長野県上水内郡飯綱町大字芋川1560
  • 近藤保三税理士事務所 〒389-1214長野県上水内郡飯綱町大字黒川2156

長野県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社を経営するには仲間が必要で、皆と上手くやってゆきたいと思います。社長となったら現場の立場の事を忘れてしまいがちなので、社会保険労務士に労務管理を聞いたうえでホワイト企業を目指したいと思います。ホワイト企業になれば仲間も仕事しやすくモチベーションが上がり、良い成果を出すことが出来ます。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

保険をしっかりがっちりさせて社員を安心させてあげたいと思ったから選びました。プロの目線で見て最適なものを選んで入ることは会社に雇用される側の家族にも信頼してもらえるし、信頼してるからこそ仕事の成果も上がって、会社にとってプラスになるとおもいます。

社会保険労務士(労働保険手続き)

以前に、私が働いていた会社は個人経営の小規模会社だったので、福利厚生も含めた社員待遇がとても不足していた。だから、自分が会社を設立するときは最低限、労働保険などについて専門家に相談して加入をしたい。社員にとっても安心な環境づくりを目指したい。

行政書士(補助金や助成金の申請)

民間業務、公共機関の請負等あると思うが、以外なところで補助金が出る場合がある、また自身もその場面に良く遭遇しました(補助金申請でドローン購入代金の半額補助など)。日常業務を行いながら補助金の確認、適用できるかどうかの確認を行うことは非常に難しく、また補助金がおりるのにそれを知らなかったでは大きなマイナスになるため、専門の方に常にチェックしてもらう体制が良いと思う。

司法書士(会社の設立登記)

私は会社の設立登記に関して詳しい知識を持っていません。これからそれを勉強して自分で行なうよりも、専門家に任せるほうが現実的だと考えます。お願いするメリットは、登記に費やすであろう時間で、資金調達や従業員の確保など、他の業務を行なうことができることです。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

初めての事なので、どの様に手続きを踏んだら良いのか。また違法にならない様にする為に踏む手続きに不備のない様にする為。又今後、従業員を雇うことを考えて労働条件など、働きやすく又労働基準法に触れないように明確な約款を作成して欲しい。立ち上げ時は自分1人ではこれらを全てはできないので、プロに任せたい。

税理士(確定申告)

毎年年末調整を会社がしてくれているけど会社に出す申請用紙の書き方も難しいしよくわからないから、もし自分が社長になったら一括して専門家にお願いしたい。従業員の確定申告を間違えたら大変な事だし翌年の住民税などに影響が出ると思うから。また確定申告時期は税務署が混むからまとめてやってきてほしい。

税理士(確定申告)

税理士の仕事が自分ではイマイチよくわからないのと友達に税理士がいるので一緒に仕事できたら頼もしいという事と安心できる税理士に頼めるという事。税務の事はお任せしたいと思う。また税理士件コンサルタントもできる人なので会社を一緒に作りあげて行ければ良い。

税理士(経理・決算業務)

一番には自分が数字に弱いことが理由ですが、会社の規模がどのような状態であっても、営利目的である限り常にしっかりしたお金の管理が必要だからです。他のものはその段階が終わっているか(すでに社長である前提なので)事業が軌道に乗ってから受けてもいいサポートのように思いました。

税理士(経理・決算業務)

やはり、経理と決算業務は肝心なことだと思うので、この業務をお願いしたいと思います。私の知り合いが企業した時も、この業務が大変だったみたいなので、自分がやらずに専門家にまかすほうが効率的で、かつ不正などもなく全てが専門家にまかすことでうまく行くと思ったからです。

税理士(経理・決算業務)

行政書士は自分の内容は自分でもできる。司法書士の内容も同じく自分でできる。社労士は事業を軌道にのせたあとで良いと思う。税理士は直接財務に関することになってくる為、自分でしても良いが税理士しにならないとわからない事が多数あるため、例えば節税や補助金等なので税理士にしました。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を設立し経営をしていくと絶対に税金の問題が出てきます。多分、知らないと損をするような事もあるのではないでしょうか。脱税は、会社の信頼を落としてしまうと思いますが節税対策は、誰でもどの会社でもしている事なのではないでしょうか。その専門的な知識は、素人では難しいと思うので専門家にお願いしたいです。

税理士(顧問税理士の依頼)

理由:資金の調達から資金繰りその他お金に関することが一番重要ととらえるから。 メリット:税理士であれば、経営に関する事やその他の労務・登記など全般の知識も豊富だと思われるから。また、多方面に知り合いなども多いから専門的な部分はそちらも利用できるのではないかと思う。顧問となってもらえれば、心強いのではないかと思う。

税理士(顧問税理士の依頼)

顧問税理士をお願いする事で様々な専門的税務の相談や確認が出来る。その事によってスムーズに会社を運営して行く事が出来る。税務関係がきちんとしていれば社員も安心出来る。メリットは、専門的な事をお願いする事で自らがやらなければならない会社の業務に専念できる。

税理士(税務の相談)

可能な限り節税して欲しい。社会が安定して運営されるために税の徴収が必要なのは理解しているが、すでに諸々名目で社員は税を納めている。会社としては安定した経営や社員の福利厚生のために資産を運用したい。その点も踏まえて税の納入額を抑える方向で会計役員と相談して欲しい。

税理士(税務の相談)

税務に関することは一般常識程度の知識しか持っていないため、専門家に依頼するのが一番であると思うから。どうすれば一番損なく運営できるかという点は非常に重要であると感じる。また、自分で行うよりもミスや漏れの心配がなくなるため、自分は安心して会社の運営に専念することができると考えたから。