会社の設立ガイド

岐阜県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

労働者と経営者との立場で対立しないのが一番ですが、意見の相違など会った場合、法律的な観点からアドバイスを頂けると思うので。家族経営ならば、心配はなさそうですが、第三者を雇うとなると法律的な相談は必要だと思います。それに、労務関係の法律は本当に難しいので。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

設立に関して知識がゼロだから その手のプロにお願いしてある程度形を作って貰いたいから 設立するならスムーズに進めたいから アドバイス等聞きたいから 法的に引っ掛かったとき相談出来そうだから 騙されたりしたくないから お金が絡むことだから 揉めたくないから

税理士(経理・決算業務)

税理士は専門性が高く内容の改正が多い為、自分で全て管理するのは限界があると思ったからです。税理士は金融機関との繋がりが強いため経営が苦しくなった時でもある程度、その繋がりがあることで融通が利く場合もあると考えます。経営する以上、利益の管理は他の業務と併用するより専属で構えた方が対応や対策が迅速かつ柔軟に出来ます。

税理士(経理・決算業務)

旦那が会社を辞めて自営業を始める準備をしているのですが、税金対策や、青色申告、扶養控除や経費に関して調べた結果やはり専門的な経理作業の知識が必要な事が分かりました。事業を始めるに当たって損はしたくないという思いと、税金が予想を超えて課せられるんじゃないかという不安があるので、会社を設立する上で税理士という存在は大切だと思います。

行政書士(補助金や助成金の申請)

補助金や助成金がもらえて普段の仕事以外でのお金が入ったら社員みんなでどこか研修旅行にいきたい!それも一般的なバカンスとはではなく、なかなか家族旅行などでは体験できないようなツアーとかだとなにか新しい発見もありそうだし、楽しくて社員それぞれのモチベーションをあげることができそう。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

設立に必要な手続き等ははじめてのことで自分ではよくわからないことが、多いからお願いすることで悩んだり、困ったり二度手間になるようなことを防いで、よけいなストレスをなくしたい。スムーズに進むにこしたことはないので、相談することで時短になれば良いと思います。

税理士(経理・決算業務)

会社を経営する上で、帳簿のチェックは必ず必要とされることであるから、専門知識を持ったプロフェッショナルの方にお願いするのが一番良いのではないかと思いました。また、私自身税に関してはほとんど知識がないので、後々トラブルにならないように会社の信用を守るためにも必要なのではないかと思いました。

税理士(確定申告)

社員数が多くなれば多くなる程、年末調整の書類関係で仕事がいっぱいになってしまいます。本来のすべき業務が、特に忙しい年度末の時期にできなくなる・とまってしまうということは会社にとって大きな痛手になりますから、税理士の手をお借りしたいところになります。

岐阜県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    岐阜県内の公証人役場
  • 岐阜合同 〒500-8856 岐阜市橋本町1-10-1 アクティブG2階
  • 大垣 〒503-0888 大垣市丸の内1-35
  • 美濃加茂 〒505-0034 美濃加茂市古井町下古井468 セントラルビル2階
  • 高山 〒506-0009 高山市花岡町2-55-25 高山LOビル2階
  • 多治見 〒507-0033 多治見市本町5-15-2

岐阜県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士