会社の設立ガイド

静岡県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

静岡県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

正社員・契約社員だけでなく、アルバイトを含めて労基署による労務管理指導が厳しくなっているため。社労士の指導があれば、組織の末端まで適正な労働環境が保たれ、皆が健康かつ効率的に業務を遂行することができるようになり、社会的な評価も高まると思います。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

社労士は会社にとって必要だから。会社を経営するとなると、会社の理念に沿う人材を雇わないといけないし、その後の仕事の状況が上手くいかなかった時に自分が面接をして雇った従業員から、責任を問われる可能性がある為。賃金や休暇など懲戒解雇などのお金がからむ問題が起きた時に、労働法を良く知る社労士に相談することは大きなメリットとなる。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

会社設立にあたり必要書類をこなすのは難しいですまた権利の事や登記簿の事を全てお任せしていきたいです。また特許を取るにあたり専門家がいる事で侵害などのトラブル防止に役立てら予定です権利を得る事で運営を安定させる仕組み作りに力をいれたいので希望します

行政書士(補助金や助成金の申請)

補助金や助成金の申請は自分で行ったり、勉強することは経営者としてなかなか時間を割くことが難しいが、専門の行政書士に依頼することにより、物事がスムーズに進むと考えるため。また、助成金等の申請以外の内容については、これまでの経験上、自分で行えるから。

司法書士(会社の設立登記)

司法書士の合格率も低いため、合格をしただけでも信頼や信用も高くなると思います。会社を設立する上で必要なこと、また多くの人にチャンスが与えられたらいいと思いました。なかなか個人の知識だけで会社を設立すると失敗をするリスクも高くなるため、的確にアドバイスできたらいいと考えました。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

自分の専門分野ではないので,書類や申請などの手続きなどに不備があっては困るのでプロにお願いするのが1番だと思う。資料や申請に必要なものなどもしっかりフォローしてもらえるし,不備がないようにサポートしてもらえる点がメリットだと思う。会社としてやって行く上で必要なものだと思う。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

知っている企業(事業所)が司法書士に必要な書類の作成をお願いしており、それほど大変な作業なのだと実感したから。実際にそのような作業をすると考えたとき、自分1人でできる自信がないから。また、どのように作業を進めれば良いのかなど分からないから。

税理士(確定申告)

確定申告は事業をする上で必ず必要になってくる。しかし、確定申告の時期は年度末なので決算時期と重なる可能性もあり、仕事も忙しくなってくるはずなので期間内で申告ことが大変である。なのでプロに任せた方が間違いがなく何回も役所に行く必要もないので安心である。

税理士(経理・決算業務)

自分では、専門的なことなので、わからないので、お手伝いをお願いしたいから。また、会社の決算状況をきちんと把握することで、次の年の経営をどうしていくか考えることができると思うので、正確な決算が大事だと思うから。どこにいくらかかっているのかを正確に知る必要があると思うから。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社設立のために忙しく、複雑で時間を取られる専門的なことに落ち度がないようにしたいので。毎月の資金繰りは、会社設立当初から自分で行っていたほうが内情がわかってよいのだが、実際自分が社長となり他のことで気を取られているなら、金銭面ではしっかりと管理してもらい、現状だけ報告されることで業務が軌道に乗りやすい。

税理士(税務の相談)

経営が初心者のため、必ず必要な税金に管理はプロに任せたいと思った。また、どのような箇所にポイントを置いて経営をすれば儲かる、や、コスト削減についての具体的なアドバイスももらえると思う。そこから企業拡大や資産運用の相談も増やしていこうと思ったから。

静岡県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    静岡県内の公証人役場
  • 静岡合同 〒420-0853 静岡市葵区追手町2-12 安藤ビル3階
  • 沼津合同 〒410-0801 沼津市大手町3-6-18 住友生命沼津ビル5階
  • 熱海 〒413-0005 熱海市春日町2-9 熱海駅前第二ビル3階
  • 富士 〒417-0055 富士市永田町1-124-2 EPO富士ビル2階
  • 浜松合同 〒430-0946 浜松市中区元城町219-21 第一ビル2階
  • 掛川 〒436-0056 掛川市中央2-4-27 中央ビル5階
  • 袋井 〒437-0013 袋井市新屋1-2-1 袋井商工会議所2階
  • 下田 〒415-0036 下田市西本郷1-2-5 佐々木ビル3階

静岡県における会社設立専門家

静岡県静岡市の会社設立専門家

  • 青島進二税理士事務所 〒420-0011静岡県静岡市葵区安西1丁目2-9
  • 次広達摩税理士事務所 〒420-0011静岡県静岡市葵区安西1丁目62

静岡県浜松市の会社設立専門家

  • 村上清税理士事務所 〒431-1111静岡県浜松市西区伊左地町6668
  • 袴田暁広税理士事務所 〒431-1209静岡県浜松市西区舘山寺町2000-7

静岡県沼津市の会社設立専門家

  • 大貫勝己事務所 〒410-0314静岡県沼津市一本松484-1
  • 大橋寛税理士事務所 〒410-0314静岡県沼津市一本松551-2

静岡県熱海市の会社設立専門家

  • 司法書士清水事務所 〒413-0102静岡県熱海市下多賀434-1
  • 齊藤薫事務所 〒413-0102静岡県熱海市下多賀601-1

静岡県三島市の会社設立専門家

  • 労務サポート三島事務所 〒411-0020静岡県三島市旭ヶ丘2-1
  • 野口労務管理事務所 〒411-0815静岡県三島市安久615-3

静岡県富士宮市の会社設立専門家

  • 土屋道雄税理士事務所 〒418-0003静岡県富士宮市ひばりが丘270-2
  • 久保田明宏税理士事務所 〒418-0037静岡県富士宮市安居山536-4

静岡県伊東市の会社設立専門家

  • 出口啓一税理士事務所 〒414-0001静岡県伊東市宇佐美1124-8
  • いそべ社労士オフィス 〒414-0001静岡県伊東市宇佐美1131-5

静岡県島田市の会社設立専門家

  • 濱田行二税理士事務所 〒427-0006静岡県島田市阿知ケ谷219-6
  • 田村税理士事務所(税理士法人) 〒427-0018静岡県島田市旭3丁目28-15

静岡県富士市の会社設立専門家

  • 鈴木孝治税理士事務所 〒417-0003静岡県富士市依田橋町5-5
  • 佐野良治税理士事務所 〒417-0853静岡県富士市宇東川東町4-17

静岡県磐田市の会社設立専門家

  • 鈴木幸治税理士事務所 〒438-0017静岡県磐田市安久路2丁目12-5-101
  • 野田労務管理事務所 〒438-0017静岡県磐田市安久路2丁目22-3

静岡県焼津市の会社設立専門家

  • なないろ司法書士事務所 〒425-0027静岡県焼津市栄町3丁目1-12
  • 平井幸子税理士事務所 〒425-0027静岡県焼津市栄町3丁目2-18

静岡県掛川市の会社設立専門家

  • 名波良明税理士事務所 〒436-0076静岡県掛川市塩町7-3
  • 加藤英利事務所 〒437-1301静岡県掛川市横須賀1100-1

静岡県藤枝市の会社設立専門家

  • 鈴木和臣税理士事務所 〒426-0029静岡県藤枝市益津364-9
  • 山崎博司法書士事務所 〒426-0034静岡県藤枝市駅前1丁目12-7

静岡県御殿場市の会社設立専門家

  • 小松義昌税理士事務所 〒412-0028静岡県御殿場市御殿場168
  • 武藤三郎税理士事務所 〒412-0028静岡県御殿場市御殿場547-4

静岡県袋井市の会社設立専門家

  • 一柳行政書士事務所 〒437-0039静岡県袋井市愛野東1丁目6-13
  • 山下社会保険労務士事務所 〒437-0039静岡県袋井市愛野東1丁目7-8

静岡県下田市の会社設立専門家

  • 佐野靖晃税理士事務所 〒415-0021静岡県下田市一丁目16-13
  • 労務研究所(社会保険労務士法人) 〒415-0011静岡県下田市河内170-1

静岡県裾野市の会社設立専門家

  • 小林靖幸司法書士事務所 〒410-1113静岡県裾野市稲荷21
  • 八木幸夫司法書士事務所 〒410-1113静岡県裾野市稲荷6-3

静岡県湖西市の会社設立専門家

  • 行政書士菅沼法務事務所 〒431-0422静岡県湖西市岡崎2253-11
  • 桑野昌寛事務所 〒431-0442静岡県湖西市古見1037-2

静岡県伊豆市の会社設立専門家

  • 岡本光一朗税理士事務所 〒410-2411静岡県伊豆市熊坂597
  • 石井司法書士事務所 〒410-2416静岡県伊豆市修善寺290

静岡県御前崎市の会社設立専門家

  • 釆見章事務所 〒437-1621静岡県御前崎市御前崎30-39
  • 行政書士増田隆宏事務所 〒437-1611静岡県御前崎市新野1002

静岡県菊川市の会社設立専門家

  • 後藤逸郎税理士事務所 〒437-1514静岡県菊川市下平川6294-1
  • 山本賢司税理士事務所 〒439-0031静岡県菊川市加茂5305

静岡県伊豆の国市の会社設立専門家

  • 相磯照夫司法書士事務所 〒410-2322静岡県伊豆の国市吉田122
  • 加藤・山崎司法行政事務所 〒410-2322静岡県伊豆の国市吉田139

静岡県牧之原市の会社設立専門家

  • 加藤俊夫税理士事務所 〒421-0421静岡県牧之原市細江1980-1
  • 佐藤寛事務所 〒421-0421静岡県牧之原市細江3203-2

静岡県東伊豆町の会社設立専門家

  • 司法書士おさだ法務事務所 〒413-0411静岡県賀茂郡東伊豆町稲取280-1
  • 広沢一久税理士事務所 〒413-0411静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3010-118

静岡県河津町の会社設立専門家

  • 杉山忠一行政書士事務所 〒413-0512静岡県賀茂郡河津町笹原299-4
  • 志賀司法書士事務所 〒413-0512静岡県賀茂郡河津町笹原300-2

静岡県南伊豆町の会社設立専門家

  • 吉川映治税理士事務所 〒415-0302静岡県賀茂郡南伊豆町上賀茂473-4
  • 斎藤つとむ行政書士事務所 〒415-0151静岡県賀茂郡南伊豆町青市1082-10

静岡県松崎町の会社設立専門家

  • 進士みゆき税理士事務所 〒410-3624静岡県賀茂郡松崎町江奈181-3
  • 吉川定延税理士事務所 〒410-3625静岡県賀茂郡松崎町櫻田20-5

静岡県西伊豆町の会社設立専門家

  • 大場勝行行政書士事務所 〒410-3514静岡県賀茂郡西伊豆町仁科387-8
  • 司法書士川端満秋事務所 〒410-3514静岡県賀茂郡西伊豆町仁科389-3

静岡県函南町の会社設立専門家

  • 社会保険労務士鈴木事務所 〒419-0123静岡県田方郡函南町間宮117-1
  • 鈴木一彦事務所 〒419-0123静岡県田方郡函南町間宮117-1

静岡県清水町の会社設立専門家

  • 小早川社会保険労務士事務所 〒411-0904静岡県駿東郡清水町柿田688-2
  • 山口広晃税理士事務所 〒411-0904静岡県駿東郡清水町柿田985-9

静岡県長泉町の会社設立専門家

  • 日吉社会保険労務士事務所 〒411-0934静岡県駿東郡長泉町下長窪616-1-205
  • 下山健二税理士事務所 〒411-0943静岡県駿東郡長泉町下土狩1092-4

静岡県小山町の会社設立専門家

  • 田代登志男税理士事務所 〒410-1321静岡県駿東郡小山町阿多野2-8
  • 羽佐田孔司行政書士事務所 〒410-1311静岡県駿東郡小山町小山770

静岡県吉田町の会社設立専門家

  • 久保田則夫税理士事務所 〒421-0301静岡県榛原郡吉田町住吉1280-2
  • 落合鷹雄行政書士事務所 〒421-0301静岡県榛原郡吉田町住吉21-1

静岡県川根本町の会社設立専門家

  • 森博士事務所 〒428-0301静岡県榛原郡川根本町徳山1005-1

静岡県森町の会社設立専門家

  • 中村労務管理事務所 〒437-0226静岡県周智郡森町一宮5286
  • 中村典雄行政書士事務所 〒437-0226静岡県周智郡森町一宮5286

静岡県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

どんな職種であってもひとりで運営することはできないため、優秀な人材を多く確保し長く働いてもらうことが必要になる。労務管理がしっかり行われることは従業員に能力を発揮してもらうための基礎であり、やはりその部分は専門家に委ねることで従業員にも安心して働いてもらえる環境整備につながる。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

今後入社する社員の環境を整えることで、求人をかけやすく安心して業務に取り組んでもらえることと、作業自体が細かく必ず必要になってくると思うので、専門の方に依頼もしくは専門の知識のある方に入社してもらい手続きをしてもらいたいので依頼したいと思います。

社会保険労務士(労働保険手続き)

労働保険の手続きはやったことがないので他の人にやってもらったほうが効率的だから。他の事務的な作業は自分でも勉強してできそうな気がするからです。経験してみたものもあるのでその点ではこの社会保険の労務士さんは大変なんじゃないかと思いました。なのでお願いしたいです。

行政書士(補助金や助成金の申請)

対象であるかどうかわからない時点で話は出しにくいし、あてにするわけではないけれどその資金によって今後の会社の運営方法や規模もより具体的に出すことができるかと思ったから。助成金や補助金の申請は枠があっても当てはまるのかどうかの見極めがむつかしく、市からは進めて助成金や補助金のお話が上がってこないとおもったから。

司法書士(会社の設立登記)

会社設立にあたり、どの様な会社にしていくか、やっていきたい事のイメージはすべて頭にあるのですが、法律の事には全く無知な事と自分でやることで不備があると困るので最初からつまずかない為にも専門家にお願いしてスムーズに会社を立ち上げたいと思ったからです。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

まずは、会社の設立の仕方がわからないため。設立について司法書士さんに色々と話を聞きながら、今後の税金のことや、登記についてや、会社を設立してからの大まかなことを相談できると考えたから。設立の時点で疑問に思っていることは、だいたいはじめに関わる人に聞けばいいという考えだから。

税理士(確定申告)

基本的な処理から、整合性の確認、申告業務に膨大なエネルギーと専門性が必要になるため、その作業で時間を浪費したくない。もし自分で処理をして問題が発生すると、余計な時間的、機会的な損失になるため、専門家に依頼して安心したい。確実な方法で処理をしたい。

税理士(確定申告)

素人だと確定申告もれが出てきたり、間違いがある可能性もある。もれがあると、最悪脱税などの大きな問題に繋がり、会社の立場を大きく損なう。よって、専門かである税理士を雇い、トータルで見てもらった上で、間違いがないようきちんと確定申告することが必要である。

税理士(経理・決算業務)

税務関連全般に当てはまるが、特に決算は手間がかかり確実な仕事が必要だと思うので専門家にお願いした方がいいと思うため。社長自身も決算の結果は把握しなければいけないが煩雑な作業や確認は任せて他の作業に専念出来るメリットがあると思うためこの回答にしました。

税理士(経理・決算業務)

社員は、部長などの言うことを聞いて、部長は社長が掲げた目標に対しどうしたらそれを達成できるか考え下に指示をする。社長は、何もない場所から今月はいくら生み出すか、などお金も含めて色々考え決断しなければいけないことがたくさんあるので、もう確定している部分の金銭面は任せたいと思ったから。

税理士(経理・決算業務)

会社を継続させていくにはお金の運用が大事です。経理、決算などは専門家に任せて現状を分析してもらい、何が良くて何がダメなのかを専門的に行っている方から近いところで意見を聞けるのは大事だと思うからです。また決算の状況により銀行等の付き合いも良くなると思うので重要だと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

設立の為の司法書士や行政書士の業務は、私の経験上調べれば本人申請できると考え、税理士か社会保険労務士にお願いしたいと考えました。経理、決算、申告等の税務は会社経営において非常に重要度が高いにもかかわらず、私が一番苦手とする部分なので、税務の全般を助けてもらえるよう顧問税理士の依頼を選びました。自分の苦手分野に時間を割くことなく、得意な分野に集中できることがメリットだと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

税理士がいれば、会社設立時からの相談から、期中の会計処理や期末の決算申告まで対応をしてもらえます。また、会社が軌道に乗ってきた際には、今後の融資計画や経営改善診断なども相談でき、実際に具体的な手続きまでしてもらえることもあります。会社を経営する上で一番大切な、資金繰りや融資について、専門的な知識を得ることができて便利です。顧問で、月イチの面談でも充実だと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社をたちあげるにあたって必要な書類、税金対策、決算業務、保険等細かく調べるのはもちろんだが、やはり、最終的な確認ともっとこうした方がよいなど、専門的な知識をもっていて、経験もある税理士の意見を是非聞きたい。また、顧問税理士となることで、長期に信頼関係が結べる。

税理士(税務の相談)

税理関係の知識がなく、やはりお金関係が1番不安なので税理士をお願いしたいです。税理士さんに頼めば損得もアドバイスいただけそうですし、会社を経営するうえで大切なことアドバイスしていただきたいです。お金関係強くなれば経営ものると思い税理士さんに頼みたいです。

税理士(税務の相談)

税務に関することは会社を長く運営していく上ではとても重要なことであると思います。しかし、実際には専門的な知識がないと難しいのではないかと思われます。会社経営と税務は切り離せないものだと思うので、特に専門家のアドバイスが不可欠なのではないかと考えられます。