会社の設立ガイド

三重県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

三重県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

社長になったら定時退勤を推奨していきたいです。それに伴って、同じ仕事でも個々で仕事をこなす量に差が出て、仕事が出来る人の仕事量が増えて不公平になったりと何かと不満が溜まると思います。その時に個々で言い争うのではなく、労務士が相談に乗って間に入ることで、第三者の立場からどうしたらみんなが不公平にならずに仕事を終えることが出来るのかを考えていきたいです。みんなが楽しく、仕事が出来る環境を作っていきたいので。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

何もないに越したことはないのですが、紛争が起こらないように努力する事は(労務管理までは)自力で何とか頑張れそうです。もし起きた時は当事者同士だとヒートアップするだけで解決にならない。第三者に入って頂くのが一番すんなり解決できるのでは?(ここがメリットでもある。)とかんがえました。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

初めての会社設立は不安だらけです。いくら勉強しても、何か抜けてるのではないかと心配します。業種によっては許可の申請の種類が違うと思いますので、専門家にお願いしたいですね。メリットはやはりミスをなくすこと。許認可申請はまずは第一歩と考えていますので、専門家にお願いすれば、スムーズにことが運ぶと思います。

行政書士(補助金や助成金の申請)

社会保険加入や設立登記など、必ず必要な手続きは、専門家に頼まなくても、市役所や各所から請求がくると思いました。しかし、補助金や助成金の申請やアドバイスは、自ら申請しないと貰えないものであり、専門家に相談したほうが効率よく進める様な気がします。

司法書士(会社の設立登記)

選択肢の中では、一番先にやらないといけないことだと思いますし、難しいことが多いような気がするので専門家に依頼したいと思いました。 専門家の方に依頼すると、その分高額なお金がいるけど正確で早い仕事をしてくれそうなところがメリットだと思います。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

税務関係や労務管理などのほかの項目もとても大切だとは思いますが、まずは設立前にしっかりとした相談をしないと思わぬトラブルなどを招く可能性もあるかと思いました。設立後に事業をスムーズに軌道に乗せるためには、まずは設立前に時間をかけてじっくり相談することが相談が不可欠だと思います。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社を設立するとなると色んな法律が、関わってくると思います。考えてもいなかった事態も起こったりすると思うので色んな相談にも乗ってもらいたいのですね。そこから様々な専門家とのネットワークも広がっていって会社の運営もスムーズにスタート出来るのではないかと思います。

税理士(確定申告)

確定申告時期、法務局はとにかく混雑します。また、申告書類内容も慣れていないと複雑で、相当の時間を費やしてしまいます。慣れない事に頭を悩ませるよりも税理士にお願いしてスムーズに申告する方が得策だと思います。また、見落としている不足分があるかなどの再確認にもなります。

税理士(経理・決算業務)

会社を設立するにあたり、経理や決算に関することは専門家の知識を借りたほうがスムーズに運ぶのではないかと思いました。また、経理面をお願いすることで大幅に、事務的な処理を時間短縮できるのではないかと思うからです。素人では、経費で何が落とせるかなど見落としもあるかもしれません。そういった点もカバーしてもらえるのではと考えました。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を設立するとしたら莫大な資金を動かさなければならないので。また会社員でしたら会社で年末調整等をやって貰えますが会社を設立したら素人の知識では税金の申請等出来ないと思います。また節税についてのアドバイスをいただきたいと思ったので税理士を雇いたいです。

税理士(税務の相談)

間違いがあると、ペナルティが大きくなるので専門家の知識を仰いだ方がいい分野だと思うので。会社の規模にもよるとは思うが、税務に関しては定期的に専門家の目を通して業務内容を検証するのが望ましい。意図してない納税の不備などがあると、結果的に会社の信用問題に関わるので。

三重県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    三重県内の公証人役場
  • 津合同 〒514-0036 津市丸之内養正町7-3 山田ビル
  • 松阪合同 〒515-0034 松阪市南町178-5
  • 四日市合同 〒510-0074 四日市市鵜の森1-3-15 リックスビル3階
  • 伊勢 〒516-0037 伊勢市岩渕2-5-1 三銀日生ビル5階
  • 上野 〒518-0873 伊賀市上野丸之内55 丸ビル3階

三重県における会社設立専門家

三重県津市の会社設立専門家

  • 笠井会計事務所 〒514-0811三重県津市阿漕町津興173-3
  • 中山庸彦税理士事務所 〒514-2308三重県津市安濃町川西31

三重県四日市市の会社設立専門家

  • 司法書士船橋慎二事務所 〒512-1202三重県四日市市あがたが丘3丁目30-6
  • コルレオーネ行政書士事務所 〒512-8046三重県四日市市あかつき台1丁目3-26

三重県伊勢市の会社設立専門家

  • アシストブレイン行政書士事務所 〒516-0075三重県伊勢市一志町4-21
  • 久保雅子税理士事務所 〒516-0071三重県伊勢市一之木3丁目4-32

三重県松阪市の会社設立専門家

  • 司法書士鈴木法務合同事務所 〒515-0045三重県松阪市駅部田町1609-8
  • 森川久税理士事務所 〒515-0045三重県松阪市駅部田町1968-4

三重県桑名市の会社設立専門家

  • 松田社会保険労務士事務所 〒511-0041三重県桑名市外堀147
  • 野口浩司税理士事務所 〒511-0087三重県桑名市吉津屋町44

三重県鈴鹿市の会社設立専門家

  • 伴敏雄 〒513-0818三重県鈴鹿市安塚町1350-151
  • SR・OFFICE・社会保険労務士森本事務所 〒513-0031三重県鈴鹿市一ノ宮町1177-3

三重県名張市の会社設立専門家

  • 木戸人事労務管理事務所 〒518-0407三重県名張市すずらん台西2番町121
  • 林社会保険労務士事務所 〒518-0424三重県名張市つつじが丘南4番町51

三重県尾鷲市の会社設立専門家

  • 庄司純史司法書士事務所 〒519-3618三重県尾鷲市栄町5-15
  • 野田国一税理士事務所 〒519-3604三重県尾鷲市港町6-13

三重県亀山市の会社設立専門家

  • 林行政書士事務所 〒519-0111三重県亀山市栄町1488-97
  • 小川和宏司法書士事務所 〒519-1113三重県亀山市関町古厩360-2

三重県鳥羽市の会社設立専門家

  • 今井義弘税理士事務所 〒517-0021三重県鳥羽市安楽島町1264-1
  • 澤田宗和税理士事務所 〒517-0021三重県鳥羽市安楽島町1266-1

三重県熊野市の会社設立専門家

  • 榎本憲生税理士事務所 〒519-4324三重県熊野市井戸町337-5
  • 司法書士和田全功事務所 〒519-4324三重県熊野市井戸町669-9

三重県いなべ市の会社設立専門家

  • 出口紀幸税理士事務所 〒511-0225三重県いなべ市員弁町西方373
  • 日紫喜亮税理士事務所 〒511-0204三重県いなべ市員弁町石仏1943-2

三重県志摩市の会社設立専門家

  • 岩城司法書士事務所 〒517-0501三重県志摩市阿児町鵜方1115-5
  • 三矢社会保険労務士事務所 〒517-0501三重県志摩市阿児町鵜方1225

三重県伊賀市の会社設立専門家

  • 志浦労務管理事務所 〒518-0131三重県伊賀市ゆめが丘1丁目1-4
  • 伊藤望税理士事務所 〒518-0131三重県伊賀市ゆめが丘4丁目20-10

三重県木曽岬町の会社設立専門家

  • 諸戸事務所 〒498-0801三重県桑名郡木曽岬町大字加路戸573

三重県東員町の会社設立専門家

  • 木村正敏税理士事務所 〒511-0231三重県員弁郡東員町笹尾西2丁目2-1
  • 瀧本隆税理士事務所 〒511-0232三重県員弁郡東員町笹尾東2丁目1-10

三重県菰野町の会社設立専門家

  • 古市明子事務所 〒510-1243三重県三重郡菰野町大羽根園呉竹町21-3
  • 落合佳人税理士事務所 〒510-1311三重県三重郡菰野町大字永井665-1

三重県朝日町の会社設立専門家

  • 三木事務所 〒510-8103三重県三重郡朝日町大字柿2528
  • 因田司法書士事務所 〒510-8102三重県三重郡朝日町大字小向773

三重県川越町の会社設立専門家

  • 石川敬士税理士事務所 〒510-8121三重県三重郡川越町大字高松41-2
  • 唯見直矢税理士事務所 〒510-8124三重県三重郡川越町大字南福崎327-14

三重県多気町の会社設立専門家

  • 小野たくみ司法書士事務所 〒519-2184三重県多気郡多気町三疋田489-8
  • 小山司法書士事務所 〒519-2201三重県多気郡多気町上出江289

三重県明和町の会社設立専門家

  • ワタナベクニアキ税理士事務所 〒515-0321三重県多気郡明和町大字斎宮3656
  • 池田司法書士事務所 〒515-0302三重県多気郡明和町大字大淀甲114-4

三重県大台町の会社設立専門家

  • 森均司法書士事務所 〒519-2404三重県多気郡大台町佐原597-2
  • 司法書士中村事務所 〒519-2403三重県多気郡大台町上三瀬434-2

三重県玉城町の会社設立専門家

  • 池山敦行政書士事務所 〒519-0416三重県度会郡玉城町下田辺381-12
  • たまき社会保険労務士事務所中山博文 〒519-0414三重県度会郡玉城町佐田688-1

三重県度会町の会社設立専門家

  • 中村行政書士事務所 〒516-2103三重県度会郡度会町棚橋1343
  • 東谷雅郎司法書士事務所 〒516-2103三重県度会郡度会町棚橋1476-5

三重県南伊勢町の会社設立専門家

  • 吉田成實行政書士事務所 〒516-1534三重県度会郡南伊勢町古和浦106
  • 柳原事務所 〒516-0101三重県度会郡南伊勢町五ケ所浦3919-2

三重県紀北町の会社設立専門家

  • 行政書士西尾法務事務所 〒519-3406三重県北牟婁郡紀北町相賀480-52
  • 森秀世司法書士事務所 〒519-3204三重県北牟婁郡紀北町東長島247-1

三重県御浜町の会社設立専門家

  • 舟根和夫司法書士事務所 〒519-5204三重県南牟婁郡御浜町大字阿田和4230-1
  • 畑中義孝司法書士事務所 〒519-5204三重県南牟婁郡御浜町大字阿田和5014-41

三重県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社を設立してもそれを続けていくためには、自分の力だけでなく、周りの協力が必要不可欠です。人々が私の設立した会社でずっと働いていきたいと思ってもらわなければいけません。そのためには、社員の仕事量、残業や一人一人の裁量についても見ていかなければならないと思うのですが、自分が良いと思ったことを押しつけるだけでなく、周りの意見を聞いて、働きやすい環境を創って行くことが大切だと思います。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

起業したら、人を雇用し、組織や制度を整えていかなければならないので設立時の面倒な社会保険手続きを社会保険労務士に依頼すれば経営本業に専念できると思います。売り上げに直結しない総務や労務の仕事に時間を取られてしまっては、現状維持はできても売り上げを伸ばしていくことは難しいと思います。

社会保険労務士(労働保険手続き)

勤めたことのある会社で、労働保険の手続きが正しくされておらず、退職後、自分自身で各種手続きをしたり、過去にさかのぼって、給料や勤務日数などの報告に再度出向き、更には差額の分まで給料からは引かれていたのに、保険に入っていなかったことなどから、大変な思いをしたか子がある為。メリットとしては、そういう思いをする従業員さんがいなくなると思うから。

行政書士(補助金や助成金の申請)

補助金や助成金は、返さなくてよいお金なので、会社にとってとてもプラスになります。種類によって管轄が違いますし、自分で調べて書類を用意するのは大変です。行政書士にお願いすれば、どんな補助金や助成金が受けられるのかを相談できますし、スムーズに受け取る為にも申請業務を依頼するのは良い事だと思います。

司法書士(会社の設立登記)

アイデアや起業内容はしっかりとしたものがあっても、起業にあたっての法的なことが一切わからないので、多少コストは掛かっても正確にスピーディーに起業を進めたいので法律等に詳しい司法書士さんに法的な手続きを代行してもらい、私は起業内容に集中したい。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

普段から素人では作成が難しい書類や届け出の書類に不備があったりと、教えてもらっても初めてのことの申請は難しいことが多いと感じています。そう行ったことの面倒を請け負ってもらえたり経験豊富な立場からアドバイスをもらえると心強く感じるのと、本来の仕事に集中することができそうだからです。

税理士(確定申告)

働いている人はみな必ずしなければならない確定申告ですが、会社のこととなると規模も大きく自分ではやりきれないので専門知識のある人に間違いなく業務をしてほしいからです。外部に頼めることは外注に回して社内の効率化を図り、生産性を上げることも可能だからです。

税理士(確定申告)

お金に関することを見てるとたくさんあって、何をしていいかまったく分からない。税理士さんがいれば細かくサポートして手伝ってくれると思うから。ずっとお世話になるとも思う。どこの企業にいても税理士さんはよく来る

税理士(経理・決算業務)

税理士は専門性が高く内容の改正が多い為、自分で全て管理するのは限界があると思ったからです。税理士は金融機関との繋がりが強いため経営が苦しくなった時でもある程度、その繋がりがあることで融通が利く場合もあると考えます。経営する以上、利益の管理は他の業務と併用するより専属で構えた方が対応や対策が迅速かつ柔軟に出来ます。

税理士(経理・決算業務)

経営者の方にお話を聞く機会があり、経理や決算はかなり時間がかかるという事。自分の仕事に集中する為、ということもありますが、やはり 素人にはわからない経費等、削れる部分のアドバイスを頂けるのはメリットだと思う。脱税にならない範囲で、節税するのは大事なので。

税理士(経理・決算業務)

簿記や決算書の作成などは面倒で手間がかかり、計算ミスなど起こしそうなので。経理の得意な人材を確保するのも難しそうだし、お金のことなので信頼できる人でないと任せられない。設立当初は試行錯誤でトラブルも多いと思うので、会計のことを全部お任せできれば安心だと思う。

税理士(顧問税理士の依頼)

自分でやらないといけない帳簿付けや税務申告をしてもらえる為、自分自身は営業活動に専念することが出来る。税理士が介在していると銀行などの信用力が上がる。経営コンサルトとして、経営上の指導やアドバイスをしてもらえる、また節税対策の知識も豊富なので事業計画を立てる段階で節税を考えることが出来る。

税理士(顧問税理士の依頼)

顧問弁護士の依頼以外は自分で行うことが出来るが、顧問税理士は自分で出来ない。また、顧問税理士がちゃんといるという肩書きを書類に載せて取引先などに信頼感を持ってもらえ、顧問をしてもらえるということはその他の税理業務も依頼することが出来るから。

税理士(顧問税理士の依頼)

確定申告だけではなく、会社を運営する社長という立場になると、様々な財務手続が必要となるために、税理士からアドバイスをもらったり、実際に手続をしてもらったりすることは大きなメリットになる。実際に事業を起こすとなると、少しのミスから青色申告が出来ないということに成りかねないので、専門家の税理士と顧問契約を結ぶことが必要だと考えた。

税理士(税務の相談)

稼げばそれだけ税金がかかるので、節税対策を教えて欲しいからです。素人だと知識や経験不足から、税金の悩みで大変な思いをしそうな気がします。専門家なら色々と有益な情報を得る事ができそうですよね。安心して仕事をする為にも優秀な税理士にお願いしたいと思います。

税理士(税務の相談)

税金の仕組みは複雑で生半可な知識だと損をしてしまう場合があるので、プロに任せたほうが良いと思ったから。そして、税金の種類は多いためいちいち計算しているといつまで経っても作業を終えることができない。だから、作業をしていて業務が一日で終わらないなどということがないようにするため、税理士に任せたほうが良いと思ったから。