会社の設立ガイド

三重県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

整体師なので、少しは保険の事も勉強していることもあり、もしも自分が倒れた時のことを考えて整体師という事もあり、病気で誰だって病院などにお世話になる可能性が誰だってあるので社会保険に対しては少しは知識があり、大切な事と分かっているので、まずは社会保険の事を相談したいと考える。

税理士(税務の相談)

会社が黒字であれば、なんでもかんでも経費にしたいと思ってしまいます。でも実際は、経費に出来る出費と出来ない出費があると思います。 これは、会社の経費にあげていいのかなと不安になったら、すぐに相談出来るのは助かります。経費にもならないものを購入してしまう前に相談して、ストップ出来れば、無駄な出費も抑えられます。

税理士(確定申告)

私はとにかく数字にうといので、もし専門家の方に何かお願いすることがあれば、まず確定申告について、税理士の先生に相談すると思います。いずれ、本格的に業務量を増やしていきますが、確定申告についてお願いできるくらいになっていきたいと思っています。

行政書士(補助金や助成金の申請)

補助金や助成金は上手く使えると非常に良いもののようなイメージはあるが、詳しいところはわからないのが現状なので、自分で調べて解釈が違ったりして後々問題が出てくる可能性があるなら、専門性の高い詳しい人にお願いをして助けてもらいたい。信頼できる人であればお任せをして、私は他の業務を進めていくことも可能になると思うので、そこがメリットだと考えます。

税理士(経理・決算業務)

実際に中小企業に勤めた経験があり、その企業の社長を見ていると経理(月次決算書)や決算業務が分からなかった人が多かったので、この分野は本当に専門家に頼むのが良いと思います。税理士さんは、ちっとした相談やアドバイスもしてくれるので絶対に大切なお願いしたい業務です。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社経営については、何でも自分1人で決めずに、社員の意見、専門家の意見を聞きながら、前進していくのが理想だと考えます。理由は、年齢に関係なく、しっかりした考えの人もいるし、例えばこの点に関しては秀でているという人もいるので、みんなの良い所を持ち寄りながら会社を成長させたいと思うからです。

税理士(経理・決算業務)

経理、決算業務は専門知識をかなり必要とすると思われます。その会得と作業にかかる時間、労力も大きな負担になると予測が出来ます。会社運営に欠かせない業務であり、専門家のサポートで 正解に、スムーズに対処しておく事が大切な業務となるため税理士にこの業務をお願いしたいと思いました。

司法書士(会社の設立登記)

会社設立の際の書類は素人でできないことはありませんが面倒が多く、その部分をアウトソーシングできるのであれば、設立の事務的部分はお任せして、他の従業員は利益追求の方向を目指せると思います。アウトソーシングの方がコストパフォーマンスがいいのは目に見えていますので、専門家の方がいてくれると助かります。

三重県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    三重県内の公証人役場
  • 津合同 〒514-0036 津市丸之内養正町7-3 山田ビル
  • 松阪合同 〒515-0034 松阪市南町178-5
  • 四日市合同 〒510-0074 四日市市鵜の森1-3-15 リックスビル3階
  • 伊勢 〒516-0037 伊勢市岩渕2-5-1 三銀日生ビル5階
  • 上野 〒518-0873 伊賀市上野丸之内55 丸ビル3階

三重県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士