会社の設立ガイド

滋賀県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

起業するって言うことは、何かやりたい事業があるとか、勝算のある算段が見えてるってことだと思う。だからクリエイティブな部分は自分でできるし、やりたいと思うから、必要な裏方的な仕事をやってくれる人がいたらありがたい。コンプラもそうだけど、何が必要かを調べてやってくれたら助かる。

税理士(確定申告)

確定申告の際、書類の作成や税務署への申告を代わりにしてもらうことで、負担を軽減する為。また書類に不備が生じると二度手間になり業務がスムーズに進まなくなる。年一回の確定申告の際、税金の払いすぎを未然に防いだり次年度の節税や無駄な経費の確認もしてもらえる。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

事業を軌道に乗せるためには、まず優秀な人材を確保することが必要で、社会保険が整っていることが大前提だと考える。もし、職員が育休や産休、傷病でお休みすることになった際、お金をサポートすることができ、プライベートも大切してくれるし、労働環境に安心出来る。

税理士(税務の相談)

実際に経営を行う上で自分の持つ知識やスキルで税務に関する事は賄いきれないためその道のプロに任せて安定した経営を目指したいと考えたためです。会社設立自体は最低限出来れば最初はなんとかなるだろうし、社会保険に関しては経営が軌道にのって従業員が増えた際には必要になりますが少数人数で始めたばかりの頃には自分のでやっていけると考えたためです。

税理士(顧問税理士の依頼)

選択肢にある司法書士と行政書士と社会保険労務士の仕事については、一部を除き専門職でなくても構わないと思います。私は会社を維持するためのアドバイスがほしいのでかかりつけの税理士である顧問税理士を依頼したいです。税理士事務所については、ピンポイントで必要な仕事だけを頼むというやり方もあると思いますが、会社で抱える問題などにはそれぞれいきさつがあり、それを踏まえた上でのアドバイスをしてほしいので。

司法書士(会社の設立登記)

司法書士の合格率も低いため、合格をしただけでも信頼や信用も高くなると思います。会社を設立する上で必要なこと、また多くの人にチャンスが与えられたらいいと思いました。なかなか個人の知識だけで会社を設立すると失敗をするリスクも高くなるため、的確にアドバイスできたらいいと考えました。

税理士(確定申告)

確定申告は一年間の収益、必要経費のまとめとなり大切な業務になるため正解に行なって行く必要があります。また、節税も会社運営の為には行なっておきたい事です。正解な経費管理と節税のノウハウで、賢く正しく確定申告をする為に税理士にお願いしたいと思いました。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社の操業、人の管理など、専門家に相談、依頼したいものはたくさんあるが、まずは会社が正しく設立されなければ意味がないため、まずは会社の設立部分を専門家に相談、依頼したいと考えた。メリットとしては正しく会社が設立されること、また正しく会社が設立されたのかという不安がなく会社の操業に注力できることと思う。

滋賀県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    滋賀県内の公証人役場
  • 大津 〒520-0043 大津市中央3-2-1 セザール大津森田ビル3階
  • 長浜 〒526-0042 長浜市勝町715
  • 近江八幡 〒523-0893 近江八幡市桜宮町214-5

滋賀県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士