会社の設立ガイド

滋賀県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

滋賀県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社にとって利益を上げることは会社にとっても社員にとっても重要なことです。その利益を上げるのは紛れもなく人材です。人が働く環境を整備することは社長としてとても大切な仕事だと思います。社員にとって働きやすい働き方、休日、福利厚生など労務管理をしっかりしたいと思います。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

会社設立後はいろんなトラブルが怒ることが予想されるため、今後の会社運営を円滑にするためにしっかり対処したい 。そのためには豊富な専門的知識を持って問題の確実な解決をはかり、今後の会社の安定した運営が出来るように誠実に勤めてくれる事を期待したい。

行政書士(設立後の会計帳簿記帳代行)

行政書士(会計帳簿記帳代行)をお願いする。会計帳簿記帳はかなり知識がいるので、ゼロから勉強しなおすとかなり時間のかかることなので、信頼のある行政書士の方にその業務をお願いすることで自分が勉強しなきゃ行けなかった時間分違うことに費やせるから。

行政書士(補助金や助成金の申請)

中小企業向けの助成金を国が出しているそうですが、自分はその分野のことを詳しくないのでそのプロにお任せしたほうが良いと感じました。常にアンテナを張っているでしょうし、該当する助成金や補助についてアドバイスや使い方(場合によっては使わないほうがいいこともあるらしいので)を教えていただきたいです。

司法書士(会社の設立登記)

自分の専門分野ではないので,プロにお願いして間違いのないようにしてもらうため。会社の設立登記がしっかり出来ていないと会社として成り立たない。1番最初の大きな仕事でもあると思うので,間違いなく確実に行ってもらえる。設立登記の際に〇〇司法書士の先生にお力をお借りしましたと言える。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

株式会社や合同会社などとして設立を行うことで、企業としての信用に大きく影響すると思うため。また、社長とはいえ個人や素人がその作業を行うよりも知識のある司法書士に委託した方が書類などの不備もなく、断然スムーズ且つ確実にできると思うため。そうすれば、その時間に他の業務に専念することも可能になります。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社の設立は失敗できません。会社と一言で言っても様々なルールがあります。そのルールを専門家に教えてもらい、失敗できないからこそ、お金を出してお願いするのだと思います。たくさんの経験をもった専門家に聞くのが最優先であり、欠くことのできないことだと感じます。

税理士(確定申告)

確定申告に必要な項目すらわからないし、個人の確定申告とは全く違う次元のものであろうと想像するだけで、自分の手には負えない感じが半端ない。そこに自分の労力を注いでもいいが、これは行政との関わりなのでミス=不正となってしまっては会社の存続・信用問題に発展すると思うので、しっかりとクリーンに行いたいから。

税理士(経理・決算業務)

大企業なら公認会計士が必要になってくるのでしょうが、中小なら税理士が必要になってくるのではないでしょうか。また大企業であっても決算時などの特別な時以外公認会計士は日常的な経理に携わってはくれません。そういう意味でも経理系は税理士を総務系は社会保険労務士を目指すべきではないでしょうか。もちろん日常相談する士業の先生は必要になると思いますが。

税理士(顧問税理士の依頼)

税金は脱税が怖いので、従業員や自分では難しく、できないと思うから。メリットとしてはいくらいくらまでは税金がかからないとか節税対策にもなると思った。何に税金がかかるのかもよくわかると思う。何かあれば税理士さんに聞けばすぐに答えてくれると思う。

税理士(税務の相談)

会社が税金を払うのは当然です。でも上手に対応すると会社の利益につながると思われます。経理事務として勤務していた時、担当してくれた税理士さんは、会社への訪問は基本的に月に一度だけでした。しかし電話で随時税務に対しての情報をくれていました。やはり専門家は違うと思いました。

滋賀県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    滋賀県内の公証人役場
  • 大津 〒520-0043 大津市中央3-2-1 セザール大津森田ビル3階
  • 長浜 〒526-0042 長浜市勝町715
  • 近江八幡 〒523-0893 近江八幡市桜宮町214-5

滋賀県における会社設立専門家

滋賀県大津市の会社設立専門家

  • 八幡知行税理士・公認会計士事務所 〒520-0801滋賀県大津市におの浜2丁目1-21
  • 平井会計事務所(税理士法人) 〒520-0801滋賀県大津市におの浜3丁目4-8

滋賀県彦根市の会社設立専門家

  • 櫻田金造税理士事務所 〒522-0066滋賀県彦根市栄町1丁目10-20
  • 脇阪敏夫税理士事務所 〒522-0009滋賀県彦根市外町171-3

滋賀県長浜市の会社設立専門家

  • アルース(行政書士法人) 〒526-0828滋賀県長浜市加田町1371-1
  • 中川善雄税理士事務所 〒526-0804滋賀県長浜市加納町919-22

滋賀県近江八幡市の会社設立専門家

  • 小野慶・司法書士事務所 〒521-1351滋賀県近江八幡市安土町常楽寺391-4
  • 山本公認会計士事務所 〒521-1334滋賀県近江八幡市安土町西老蘇58-3

滋賀県草津市の会社設立専門家

  • 小澤司法書士事務所 〒525-0044滋賀県草津市岡本町843-3
  • 小澤税理士事務所 〒525-0044滋賀県草津市岡本町843-3

滋賀県守山市の会社設立専門家

  • 竹中税理士事務所 〒524-0035滋賀県守山市阿村町223-3
  • 松尾美江社会保険労務士事務所 〒524-0036滋賀県守山市伊勢町615-2

滋賀県栗東市の会社設立専門家

  • 加古総合事務所 〒520-3015滋賀県栗東市安養寺1丁目13-37
  • 田嶋行政書士事務所 〒520-3015滋賀県栗東市安養寺6丁目6-6

滋賀県甲賀市の会社設立専門家

  • 黒川司法書士事務所 〒520-3435滋賀県甲賀市甲賀町相模160
  • 税務会計・山下耕平事務所 〒520-3413滋賀県甲賀市甲賀町油日395

滋賀県野洲市の会社設立専門家

  • 有田繁実税理士事務所 〒520-2353滋賀県野洲市久野部100-60
  • 中央総研(税理士法人) 〒520-2341滋賀県野洲市行畑669

滋賀県湖南市の会社設立専門家

  • コナン行政書士・社会保険労務士事務所 〒520-3252滋賀県湖南市岩根257-28
  • 沢井事務所 〒520-3252滋賀県湖南市岩根724-1

滋賀県高島市の会社設立専門家

  • 梅村烈司法書士事務所 〒520-1223滋賀県高島市安曇川町下小川1520
  • 木村勝則税理士ITコーディネータ事務所 〒520-1213滋賀県高島市安曇川町五番領271-2

滋賀県東近江市の会社設立専門家

  • 貝沼行政書士事務所 〒527-0034滋賀県東近江市沖野2丁目10-5
  • 井黒淳税理士事務所 〒527-0034滋賀県東近江市沖野4丁目5-33

滋賀県米原市の会社設立専門家

  • あまのがわ法務事務所 〒521-0062滋賀県米原市宇賀野14-3
  • 田中事務所 〒521-0016滋賀県米原市下多良1丁目127

滋賀県日野町の会社設立専門家

  • 石井会計事務所 〒529-1648滋賀県蒲生郡日野町いせの14
  • 森沢社会保険労務士事務所 〒529-1601滋賀県蒲生郡日野町大字松尾1537

滋賀県竜王町の会社設立専門家

  • 山添稲子行政書士事務所 〒520-2573滋賀県蒲生郡竜王町大字鏡1168
  • 松本幸大司法書士事務所 〒520-2552滋賀県蒲生郡竜王町大字小口251-2

滋賀県愛荘町の会社設立専門家

  • 廣瀬滋夫事務所 〒529-1331滋賀県愛知郡愛荘町愛知川1729
  • ノムラ労務管理事務所 〒529-1331滋賀県愛知郡愛荘町愛知川7

滋賀県豊郷町の会社設立専門家

  • 平塚誠税理士事務所 〒529-1162滋賀県犬上郡豊郷町大字八町950
  • 岸田行政書士事務所 〒529-1168滋賀県犬上郡豊郷町大字八目370

滋賀県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

社員が気持ちよく働けてこその会社であり、賃金だけでなく、福利厚生の充実もよい人材確保に繋がると思うから。ひとりでも多く能力のある人に入社してもらい、社員たちに効率よくかつやりがいをもって働いてもらうためにも、労務管理の専門家にアドバイスをお願いしたい。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

社員を雇う際に必要な保険等、今雇用時間とか問題も多いので、トラブルも防ぎたいし、経営者としても、雇用される側も働きやすい環境を作りたいので、雇用する際に必要な保険は、ちゃんと手続きはしときたいから方法などちゃんとアドバイスをしていただきたいと思ったからです。

社会保険労務士(労働保険手続き)

自営を行うにあたり、様々な知識が必要とされます。会社設立等、従業員を抱える上で必ず依頼するのが、労務士や、税理士と考えます。しかし、任せっきりの状況より自分自身も高い知識を認識した上で経営を行えばより良い会社を持続可能となります。自営する自分自身に役立つ資格です。

行政書士(補助金や助成金の申請)

わたしが会社を設立する上で、補助金や助成金についての相談が一番大事だと思いました。資金集めが大変なので、自分が始める事業に対して、国の助成金がどれくらいもらえるのか、などをまず行政書士さんに相談してから会社設立をすすめていきたいと思います。

司法書士(会社の設立登記)

会社の運営は軌道になるまでは大変ですが、何とか頑張ることができます。しかし登記などは会社が建ってしまえば気にしなくなるものなので、関連書類なども紛失しやすくなるものです。会社を始める時がとてもたいへんなので、専門家にお願いしたいと思います。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

設立にあたって行動していくことが多く、定款作成などの細かく専門的なことは自分一人で考え作成していくのは時間もかかることで、自分で作成して何度もやり直したりする可能性を考えると専門家の方にお願いして進めてもらう方が短期間で処理ができ効率的だと思います。

税理士(確定申告)

今まで会社に勤めており自分自身確定申告などは会社でやってもらえてたが、会社を設立するとなると不足している知識のためです。また個人的に現在詳しく知っていきたい分野だと思っているため選びました。知人に税理士をやっている方がいて税理士の仕事に興味があるのも理由の一つです。

税理士(確定申告)

実際に起業した場合、現在はしていない確定申告をする必要があり、確定申告は何かとややこしいイメージがあるため。また、ある程度会社が軌道に乗った場合入ってくるお金と出ていくお金の管理をしていくのが大変になりそうなので、税務関係は専門家に依頼する方がよいと思う

税理士(経理・決算業務)

経理関係は手間がかかるので専門家に依頼したいと思った。税理士であれば第三者的に数字を捉えることができるし、資金繰りなんかの手当ても頼りになりそうに思う。また税金ばかりでなく原価計算やファイナンスといったように幅広く相談できると思う。会社を強くするためにも税理士を使うのが一番効率がいいと考える。

税理士(経理・決算業務)

私はずぼらなので、毎月きちんと経理業務ができるとは思えず、決算の時期にまとめて行い、パンクすることが目に見えているため。また、税理士の先生がいれば確定申告や税務の相談など、いろいろと相談したい事が出てきた際に頼りになるかと思ったためです。。

税理士(経理・決算業務)

会社を経営していくには、支出と収入を把握しておかないと、資金繰りがうまくいかなくなってすぐに倒産してしまう。税理士にお願いしておけば、収支の管理をきちんとやってくれそうだと思った。それに、税金のことに詳しいなら、必要な税金にはちゃんとお金を納めてくれそう。

税理士(顧問税理士の依頼)

税に関することでトラブルが多いと聞いたためです。自分では認識していない税が発生していて、支払いせずに督促を受けたケースもあると聞きました。認知していない部分でも悪質と判断され、罰金・懲役などがある場合もあるということなので、専門家に依頼すると思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を経営していく上で経営が順調に出来ているのか、無駄はないか経営状態をチェックしてもらえる事とずっと同じ人にやってもらう事で会社の状態も常に把握してもらえ、何かあった際も的確にアドバイスをしてもらえそうで危機管理の際に役立ちそうだからです。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を立ちあげる際、人材もそうですが、金銭面においてしっかり管理出来る人が居ると経営は成り立し、またしっかり管理されていると分かればそれだけ優秀な人材も集まり、会社は成り立ち、結果として良い会社として見なされ大企業として社会的にも地位が築けるから。

税理士(税務の相談)

会社を設立する目的の中に、利益を生み出すことがあります。お金を得ると、そこには必ず「納税」という義務が発生します。そのお金の計算は複雑であり、わからないからといって支払をしていないと、厳しく罰せられます。なのでそういったリスクを回避するために、専門家に手続きをお願いしたいと考えました。

税理士(税務の相談)

税金の申請等の業務は自分自身で行うと非常に困難を極め、その業務に忙殺されてしまうことが多くあると聞いている。そのため、税のプロフェッショナルである税理士の方にお願いすることによって本来行う業務を滞り無くでき、仕事の効率も上がり利益や従業員のサポートに時間を費やせると思ったから。