会社の設立ガイド

京都府で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

京都府で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社を経営する上で、そこに働く社員が働きやすい環境を作ることが大切だと考えました。専門家には、どのような管理体制にすれば社員が納得出来るものになるか詳しく聞きたい。人材を大切にしないような会社は、絶対に上手くいくはずもなく、成長もないと考えています。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

第三者の目で見てもらうことで不正をなくすため。従業員と円滑に物事を進めることも大事だが、人間同士の問題なので対立することも考えられる。その場合、当人同士が争うのではなく、中立な立場の人間が必要だと思ったから。また、対立だけを考えるのではなく、対立しないことを考えるために勉強してきた人が必要である。

行政書士(設立後の会計帳簿記帳代行)

会社を興すのに必要となるのが運転資金。自己資金や銀行などから借りる場合もあるかと思いますが、利益を上げたら正当に帳簿に計上して収益を合わせる必要があるため、会計簿記長の代行をお願いしたいと思います。良く政治家の秘書が政治資金の横領などで事件になっていますが、きちんと収支を合わせて実利と帳簿上の収支を照らし合わせる必要があり、それが出来て従業員を雇えたり、設備投資が出来たりするのではないでしょうか。

行政書士(補助金や助成金の申請)

よりよいビジネスを行えるために投資ということが必要だと考えています。ただ自己資金だけではどうしても不足し導入出来ずに新しいことにチャレンジすることもなく効率の悪い作業法をせざる追えないこともあると思います。少しでも効率よくよきものが提供できるようにするためには必要となるツールなどの導入も必要だと思うからです

司法書士(会社の設立登記)

まず会社立ち上げの際に自分の会社を法人として公的に認知してもらうために専門家である司法書士に作成代行していただきたいです。この登記を放っておくと罰則金を支払わなければならずまた、会社立ち上げの際の諸手続きの漏れ等、発生させないためにも代行で作成をお任せしたいと思います。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

事業を軌道に乗せ拡大していくことが必要不可欠だと思います。そうしたことを考えた時に専門家に相談して協力してもらうのが心強いです。合同会社などを設立することはとても1人の力ではできないし、よくわかっている人からの助言や意見を取り入れて確実に設立するために必要です。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

自分の会社の理想像やこれからに対する意欲はあっても、それらを定款に反映させて思うような形にできるような専門知識は無いから。専門家のサポートによって、自分の思い至らないようなことも指摘してもらえた上で抜けのない定款を作ることができるというメリットがあると考えます。

税理士(確定申告)

私の亡くなった父が会社を営んでいたころ毎年確定申告が大変でした。毎回父も頭を抱えていてかわいそうだったので僕も父の手伝いで確定申告の説明会とか勉強会などに参加して知識をちょっと取得しようと思いましたが、やはり理解に限界があり僕が会社を例えば経営したら税理士さんに確定申告をしてもらいたいです。

税理士(経理・決算業務)

経理はすごく大切だと思うからです。経理や決済を自分でするよりもプロの方にしてもらう方が確実だと思うからです。経理を正確に出来た場合、税金を必要な分だけ支払えばいいと思うので、結果として不必要な出費が減ると思うからです。プロに任せた場合と自分でする場合じゃ全然違うと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社経営においては、数字の管理が最も重要課題となると考えるため、専門的な知識を持って第三者の目線で経営を支援してくれる税理士が必要だと考えるから。その道のプロに相談したほうが、自分の知識や考えで物事を判断するよりも、確実性・信頼性が高く、より安定した会社経営が出来る。

税理士(税務の相談)

細かい金銭についてなどは問題を避けたいため、その専門の人にまず相談から始め、その後に自分で対処できるのか、誰かに頼まなければ対処できないのかを、相談をして得られた回答を参考にして考えたいから。また、相談ができる人に対して専門分野以外も少しは分かると言う印象があるから。

京都府に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    京都府内の公証人役場
  • 京都合同 〒604-8187 京都市中京区東洞院通御池下る笹屋町436-2 シカタディスビル5階
  • 宇治 〒611-0021 宇治市宇治壱番132-4 谷口ビル2階
  • 舞鶴 〒624-0855 舞鶴市字北田辺126-1-1 広小路SKビル5階
  • 福知山 〒620-0045 福知山市駅前町322番地 三右衛門ビル3階

京都府における会社設立専門家

京都府京都市の会社設立専門家

  • 行政書士みどり国際法務事務所 〒616-8201京都府京都市右京区宇多野北ノ院町1-5
  • 河崎司法書士事務所 〒601-0251京都府京都市右京区京北周山町下太田21-1

京都府福知山市の会社設立専門家

  • 小嶋勝税理士事務所 〒620-0921京都府福知山市かしの木台3丁目1
  • 井上・吉田司法書士事務所 〒620-0045京都府福知山市駅前町322

京都府舞鶴市の会社設立専門家

  • KANSAI(税理士法人) 〒624-0816京都府舞鶴市字伊佐津112-3
  • エース(社会保険労務士法人)舞鶴事務所 〒624-0816京都府舞鶴市字伊佐津474-3

京都府綾部市の会社設立専門家

  • 村上宣弘行政書士事務所 〒623-0221京都府綾部市位田町北野台16
  • 西岡社会保険労務士事務所 〒623-0066京都府綾部市駅前通28

京都府宇治市の会社設立専門家

  • 田中健三税理士事務所 〒611-0043京都府宇治市伊勢田町北山37-6
  • 小城康雄税理士事務所 〒611-0044京都府宇治市伊勢田町名木1丁目1-121

京都府宮津市の会社設立専門家

  • 川上司法書士事務所 〒626-0023京都府宮津市字宮本371
  • 吉岡實司法書士事務所 〒626-0032京都府宮津市字松原591

京都府亀岡市の会社設立専門家

  • ひらい司法書士事務所 〒621-0805京都府亀岡市安町21
  • エール司法書士事務所 〒621-0805京都府亀岡市安町釜ケ前23

京都府城陽市の会社設立専門家

  • 茨木司法書士事務所 〒610-0102京都府城陽市久世芝ケ原100
  • 岡本社会保険労務士事務所 〒610-0102京都府城陽市久世芝ケ原143

京都府向日市の会社設立専門家

  • 税理士酒井幸夫事務所 〒617-0004京都府向日市鶏冠井町十相10-27
  • 川村事務所(司法書士法人) 〒617-0004京都府向日市鶏冠井町大極殿63-1

京都府長岡京市の会社設立専門家

  • 古家英一行政書士事務所 〒617-0815京都府長岡京市うぐいす台72
  • 高橋税理士事務所 〒617-0853京都府長岡京市奥海印寺多貝垣外19-1

京都府八幡市の会社設立専門家

  • 知足庵社会保険労務士事務所 〒614-8363京都府八幡市男山吉井3-11
  • 大高友紀税理士事務所 〒614-8364京都府八幡市男山松里12-32

京都府京田辺市の会社設立専門家

  • 片岡司法書士事務所 〒610-0361京都府京田辺市河原食田10-19-305
  • 山内利明税理士事務所 〒610-0361京都府京田辺市河原食田10-9

京都府京丹後市の会社設立専門家

  • 今田司法書士事務所 〒629-2502京都府京丹後市大宮町河辺3485-4
  • 松本司法書士事務所 〒629-2501京都府京丹後市大宮町口大野131-5

京都府南丹市の会社設立専門家

  • 司法書士・行政書士南丹下村事務所 〒622-0051京都府南丹市園部町横田3号10-1
  • 井上雅夫司法書士事務所 〒622-0001京都府南丹市園部町宮町16

京都府木津川市の会社設立専門家

  • 加茂司法書士事務所 〒619-1154京都府木津川市加茂町駅東2丁目6-9-B-201
  • みかのはら行政書士事務所 〒619-1103京都府木津川市加茂町岡崎三光寺5-2

京都府大山崎町の会社設立専門家

  • 上羽孝昌税理士事務所 〒618-0091京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字横林12-6
  • くすの木労務経営管理事務所 〒618-0081京都府乙訓郡大山崎町字下植野小字宮脇1-22

京都府久御山町の会社設立専門家

  • 長谷川税理士事務所 〒613-0032京都府久世郡久御山町栄3丁目1-167
  • 長谷川社会保険労務士事務所 〒613-0031京都府久世郡久御山町佐古清水38-5

京都府和束町の会社設立専門家

  • 木津川・相楽行政書士共同事務所 〒619-1203京都府相楽郡和束町大字湯船小字五ノ瀬225

京都府精華町の会社設立専門家

  • 磯部社会保険労務士事務所 〒619-0237京都府相楽郡精華町光台1丁目7-9F
  • 平松正孝税理士事務所 〒619-0232京都府相楽郡精華町桜が丘3丁目29-11

京都府京丹波町の会社設立専門家

  • 行政書士森田一三事務所 〒622-0442京都府船井郡京丹波町鎌谷下上ノ山14
  • みずほ行政書士法人 〒622-0321京都府船井郡京丹波町橋爪桧山47-2

京都府与謝野町の会社設立専門家

  • 岩間行政書士事務所 〒629-2302京都府与謝郡与謝野町字下山田741-1
  • 糸井税務会計事務所 〒629-2302京都府与謝郡与謝野町字下山田855

京都府で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

経営者としても、労働者としてもお互いが満足できる会社にしたいと考え、正しい労務管理を行うことで、よりよい社内環境を得られると思ったからである。プロである第3者からの意見を聞くことにより、自分では見落としている部分に気がつけるというメリットがあると思う。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

最近になって、どこの会社でも社会保険が必須になりました。もちろん、税理士や行政書士も必要ですが、新しく改訂されたものについて今まで以上に会社にとって大切で厳しくなったと感じたからです。労働保険は従業員やその家族にとっても大切なもので、会社の信頼にも繋がると考えています。新たに会社設立にはやらねばならぬ事が山のようにありますが、専門の社会労務者からの援助は大切なことだと思い、選びました。

社会保険労務士(労働保険手続き)

労働保険と一口に言っても、健康保険・厚生年金・介護年金・雇用保険など業種によっては他にも種類があります。社員が少ない内は自分で調べて、書類を作成して、申請して、、、と出来るかもしれませんが、社員の数が増えれば作業が増えます。その分を社会保険労務士という専門の方にして頂く事で間違いもなく、自分の時間も別のことに有効活用できることです。

行政書士(補助金や助成金の申請)

補助金や助成金は上手く使えると非常に良いもののようなイメージはあるが、詳しいところはわからないのが現状なので、自分で調べて解釈が違ったりして後々問題が出てくる可能性があるなら、専門性の高い詳しい人にお願いをして助けてもらいたい。信頼できる人であればお任せをして、私は他の業務を進めていくことも可能になると思うので、そこがメリットだと考えます。

司法書士(会社の設立登記)

設立後登記をしないといけない期間内に、不備なく全てを揃えられるか不安がある。出来なかった時の高額な延滞金を払うくらいなら、安心して会社運営していけるよう、始めからプロにお願いして、スムーズに手続きを済ませ、もっと効率よく有意義に資金を費やしていきたい。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

定款とは、会社の目的、組織、活動等を記載しなければなりません、当然設立者である私が決め書き込むのが良いのでしょうが、書き方、言葉等が良く分かりません内容は当然知っていなければなりませんので司法書士の方の知識を借り相談しながら作成するべきだと思います。それを届ければ素人が作成したものより認証がされ易い事でしょう。

税理士(確定申告)

様々な収入源があると、確定申告の際には色々迷うことがあります。確定申告の時にお世話になっているので、税理士さんを選びました。もし会社にするならば、確定申告が上手く出来ない方のフォローができたり、円滑に進めることができれば良いと思います。じぶん

税理士(確定申告)

確定申告において、許可される経費とそうでないものの区別が難しいため、専門家にお願いしたいと思いました。その他にも、税金に関する専門用語の無知による間違いを減らせると思います。収入の金額に大きく差が出る可能性のある分野なので、対価を払っても専門家の力を借りるに値する分野だと感じました。

税理士(経理・決算業務)

収益や支出をきちんと管理することによりどうやって利益を出すか、どこでコスト削減を図るかを明確にする為に優秀な税理士に経理・決算業務をお願いしたいと思いました。社内の経理に任せるのも良いとは思いますが、その道のプロに任せる事により的確な意見や改善点を聞けるメリットがあります。

税理士(経理・決算業務)

会社を経営していくのに、まずは倒産しないよう資金運用していくことが重要だと思い、経理面を専門家に見てもらいたいと思いました。また、決算業務は会社の最重要事項との認識により、専門家のより良い節税対策のアドバイスが受けられるメリットがあると思いました。

税理士(経理・決算業務)

社長業を主体として、今後の会社の方向性や取引先との折衝更に商品の開発等で、商品や商材を販売していくことに注力していくことが目的なのに、経理(支払い業務等) 決算(帳簿)業務に専念してしまうと、会社の売上を上げていくことや会社の知名度を拡げることの妨げとなってしまうことになる。しかし、日々の経理決算業務は大事なので外注したいと思う。

税理士(顧問税理士の依頼)

健全な会社を経営するにはお金を儲けるのも大切ですが、税金などの義務もきちんと果たさないといかめせん。自分にとって一番知識不足で苦手な部分です。これを補ってくれるのが税理士なので必ずお世話になりたいと思います。税理士は幅広い知識を持っているという印象があり、とても役に立つアドバイスを頂けそうな気がいたします。

税理士(顧問税理士の依頼)

個人の税金関係に関しても専門的すぎてよく分からない部分が多い中、その問題が法人のものともなるとそれ以上に理解できない部分がほとんどだと思うので専門で仕事をされている人にすべてまかせてしまい、自分自身は本業に集中できるような環境を作りたいためです。

税理士(顧問税理士の依頼)

税理士で頼りにできる方がいれば、経理関連のアドバイスを頂けると思いますので自分は会社の業務拡大に専念できると思います。確定申告時にも税金に詳しくなければ本来控除対象にできていたものが出来ていなかったりして損するのは嫌なので節税対策についてもアドバイスをもらいたいです

税理士(税務の相談)

会社にとって、税は永続的について回るためです。選択肢のどれも全て大切なことですが、やはりお金のこと、ましてや税金は会社の利益に大きく関わってきます。社長本人に多少の知識があったとしても、必ず専門家の助言・補佐が必要になると思います。私自身、税や数字に強くないため、この回答になりました。

税理士(税務の相談)

売上など顧客が1番気にし、また会社としても目に見えるわかりやすい結果の部分を、自分1人の視点ではなく専門的な立場の方からアドバイスを貰いたいのと、税金など難しく素人には分かりにくい分野なのでその道のプロにお願いしたいと思い、税理士の方を選びました。