会社の設立ガイド

京都府で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

税理士(経理・決算業務)

やはり数字をきちんと管理してくれる方がいないと無駄に支払いをしたり(買っていないのに請求書通り払ったり)、入金が少ないまま処理したり(物が動いてるのに未計上だったり)会社の損益に関わるので経理はしっかりした人を雇いたいです。決算業務まで出来るなら会計事務所に頼む必要もなく余計な経費がかかりません。

税理士(経理・決算業務)

商品開発など、会社の事業そのものについては、自分のしたい事なのでいくらでも頑張ろうと思えるが、その反面、経理などの細かい数字は苦手、面倒という意識がある。不得手な部分を無理に勉強して覚えるより、プロに任せてしまった方が安心だし、その分、自分は事業内容そのものに集中できる。

司法書士(会社の設立登記)

会社の設立登記は、会社を設立するにあたり、確実に必要になることですが、自分では法律的な知識もなく、また、会社設立時というのは本来の業務開始の準備で大変忙しい時ですので、自分で登記の方法を調べる時間も余裕もないと思います。専門家に依頼した方が、確実だと思います。

税理士(確定申告)

確定申告に必要な項目すらわからないし、個人の確定申告とは全く違う次元のものであろうと想像するだけで、自分の手には負えない感じが半端ない。そこに自分の労力を注いでもいいが、これは行政との関わりなのでミス=不正となってしまっては会社の存続・信用問題に発展すると思うので、しっかりとクリーンに行いたいから。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

やってみたい仕事もあるし、会社を自分でやりたい気持ちもあるが、いざ会社を立ち上げるとしても、やり方がわからない。自分で調べても、抜けてしまうところがあったり、もっといい方法があったりしそう。よくわかる人にお願いして、自分は実務に専念したい。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

初めての事なので、どの様に手続きを踏んだら良いのか。また違法にならない様にする為に踏む手続きに不備のない様にする為。又今後、従業員を雇うことを考えて労働条件など、働きやすく又労働基準法に触れないように明確な約款を作成して欲しい。立ち上げ時は自分1人ではこれらを全てはできないので、プロに任せたい。

税理士(税務の相談)

経理に長けている人がいればいいのですが、会計や税金関係は何かとややこしく、難しいものです。今後の事業をスムーズに行う為にも、ある程度の税知識は知っておきたいですし、自分の判断で間違って理解していると大変な事になります。だから税理士に税務相談をするのはとてもプラスになると思います。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

何もないに越したことはないのですが、紛争が起こらないように努力する事は(労務管理までは)自力で何とか頑張れそうです。もし起きた時は当事者同士だとヒートアップするだけで解決にならない。第三者に入って頂くのが一番すんなり解決できるのでは?(ここがメリットでもある。)とかんがえました。

京都府に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    京都府内の公証人役場
  • 京都合同 〒604-8187 京都市中京区東洞院通御池下る笹屋町436-2 シカタディスビル5階
  • 宇治 〒611-0021 宇治市宇治壱番132-4 谷口ビル2階
  • 舞鶴 〒624-0855 舞鶴市字北田辺126-1-1 広小路SKビル5階
  • 福知山 〒620-0045 福知山市駅前町322番地 三右衛門ビル3階

京都府の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士