会社の設立ガイド

奈良県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

奈良県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

やはり大きなトラブルになるのは、人との関わりの中で起こると思います。特に現在は沢山の労働問題があり、労働者がとてもシビアになっており、何かあったら他に相談し、すぐに訴えてきます。その場合、労務管理がきちんとできていないと、信頼関係も崩れますし、訴えられた際も、お金を払わなければなりません。このように、信頼関係の構築や訴訟を避けることがメリットになると思います。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

近年、クレーマーの増加に伴って消費者とのトラブルが多く見受けられるので、そういった際に頼りになる人がいてくれたら心強いと思ったから。また、プロがいれば自分側に損のないように紛争解決へことを運べるかなと思ったから。自分にできないことをお願いしたい。

行政書士(設立後の会計帳簿記帳代行)

会計内容は、慣れるまでは科目一つみても迷ったり、一定でなかったりと自分で帳簿をつけると四苦八苦してしまい、結構な時間を費やしてしまいます。行政書士に帳簿代行をお願いすれば、安定的に記録でき、決算書類なども作成してもらえれば安心して確定申告に臨めると思います。

行政書士(補助金や助成金の申請)

毎年新しい制度や補助金・助成金などが増えてきていますが、全てを把握できているわけではないです。活用できるものはもれなく活用することで、コスト削減に繋げ、他のものに投資する余裕を作ったり、社員研修に活かせるものがあれば、今後の会社の発展に必要な知識を社員に習得してもらう機会を作りやすいと思うからです。

司法書士(会社の設立登記)

設立登記だけでなく、司法書士であれば法律全般に詳しい資格職のため、会社設立後の法律関係の問題、疑問点、何か事故など起きた時の対処法についても相談してきたいと思いました。また、社会的評価も高く、共にいて頂くだけで回りに牽制もでき、心強いと考えたからです。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

まずは会社を立ち上げる事が先決ですが、その為には設立段階は決めなくてはならない事が山ほどあるとおもいます。やりたい事が出来ない事もあると思いますので、法律のわから私には相談したりお手伝いして貰える司法のプロがいてくれると、非常に助かります。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

司法書士の仕事内容は実際に聞いてもなかなか理解しきれないくらい専門的なものだと思うので依頼したいと思った。軌道に乗せるためというよりも会社を起す事業者として、この分野を依頼することでよりスムーズに立ち上げが進行できると思う

税理士(確定申告)

確定申告や、税金の問題はフリーランスとしての活動、そして経営を行うにあたり、活動初期の段階ではとても重要視される部分である。自分の能力とは別問題の事案である上に、避けては通れない重要事項である確定申告は、少しでも有利かつ安全に行いたいから。

税理士(経理・決算業務)

経理・決算業務を税理士に任せることで、決算日が来てから慌てることなくスムーズに迎えること出来る。それと不要になった資産がある場合にすぐに分かるので、除去や売却などの選択がしやすい。それにしっかりとした利益などが目に見て分かるので、会社の良いところ悪い所もはっきりすると思うからです。

税理士(顧問税理士の依頼)

税金関係の事に関しての知識が不足しているので、顧問税理士をお願いして何かあった時に相談させていただきたいと考えました。専門知識が必要な事は専門家が作業をする事が時間が短くてすむこと、また、会社を続けて経営するにあたり経理や決算も大切だと感じたからです。

税理士(税務の相談)

経営していくために、お金は必要なものだと考えています。出資すべき部分に出資できるよう、ほかの支出部分に無駄がないか、もっと効率・最適化できる部分はないかを外部の目、かつお金のプロの目で見て判断してもらうことは有効な金銭管理方法だと思っています。

奈良県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    奈良県内の公証人役場
  • 奈良合同 〒630-8253 奈良市内侍原町6 奈良県林業会館3階
  • 高田 〒635-0095 大和高田市大字大中98 小川ビル2階

奈良県における会社設立専門家

奈良県奈良市の会社設立専門家

  • 山本税理士事務所 〒631-0032奈良県奈良市あやめ池北3丁目1-41
  • 津村良樹税理士事務所 〒631-0805奈良県奈良市右京3丁目19-24

奈良県大和高田市の会社設立専門家

  • 吉井馨税理士事務所 〒635-0035奈良県大和高田市旭南町6-5
  • 三好社会保険労務士事務所 〒635-0083奈良県大和高田市永和町9-2

奈良県大和郡山市の会社設立専門家

  • 車登録・封印代行・田上行政書士事務所 〒639-1037奈良県大和郡山市額田部北町981-8
  • 土居三良右衛門 〒639-1133奈良県大和郡山市高田口町32-2

奈良県天理市の会社設立専門家

  • 和田祐一司法書士事務所 〒632-0063奈良県天理市西長柄町289-78
  • 脇田司法書士事務所 〒632-0063奈良県天理市西長柄町425-102

奈良県橿原市の会社設立専門家

  • 赤穂芳美税理士事務所 〒634-0007奈良県橿原市葛本町118-6
  • 葛城総研コンサルティング 〒634-0063奈良県橿原市久米町569

奈良県桜井市の会社設立専門家

  • 若井成仁司法書士事務所 〒633-0062奈良県桜井市大字粟殿1006-23
  • 足立会計事務所 〒633-0062奈良県桜井市大字粟殿1011-8

奈良県五條市の会社設立専門家

  • 井谷公一司法書士事務所 〒637-0084奈良県五條市釜窪町427-3
  • 乾利昭税理士事務所 〒637-0042奈良県五條市五條2丁目371-1

奈良県御所市の会社設立専門家

  • 谷口信夫事務所 〒639-2200奈良県御所市755
  • 塚本泰生登記・測量事務所 〒639-2221奈良県御所市栄町74-9

奈良県生駒市の会社設立専門家

  • 坂本人事企画社労士事務所 〒630-0248奈良県生駒市喜里が丘3丁目3-24
  • 櫻井司法書士事務所 〒630-0257奈良県生駒市元町1丁目7-21-203

奈良県香芝市の会社設立専門家

  • 玉井聖志司法書士事務所 〒639-0231奈良県香芝市下田西3丁目1-21
  • ネクスト中央行政書士事務所 〒639-0231奈良県香芝市下田西4丁目152-1-506

奈良県葛城市の会社設立専門家

  • 木戸口司法書士事務所 〒639-2162奈良県葛城市尺土189-5-202
  • 村野幸司税理士事務所 〒639-2102奈良県葛城市東室123-1

奈良県宇陀市の会社設立専門家

  • 米田喜美子司法書士事務所 〒633-0317奈良県宇陀市室生三本松3183-1
  • 宇陀労務管理事務所 〒633-0241奈良県宇陀市榛原下井足1933-14

奈良県山添村の会社設立専門家

  • 山崎司法書士事務所 〒630-2344奈良県山辺郡山添村大字大西162

奈良県平群町の会社設立専門家

  • 木村勇司法書士事務所 〒636-0904奈良県生駒郡平群町大字三里780-6
  • とよしま司法書士事務所 〒636-0941奈良県生駒郡平群町緑ケ丘6丁目19-21

奈良県三郷町の会社設立専門家

  • 五島雅樹司法書士事務所 〒636-0824奈良県生駒郡三郷町城山台5丁目2-18
  • 安岡会計事務所 〒636-0813奈良県生駒郡三郷町信貴ケ丘1丁目1-12

奈良県斑鳩町の会社設立専門家

  • 西野司法書士事務所 〒636-0122奈良県生駒郡斑鳩町阿波2丁目10-30
  • 徳久亮太郎税理士事務所 〒636-0123奈良県生駒郡斑鳩町興留4丁目10-16

奈良県川西町の会社設立専門家

  • 中見寛税理士事務所 〒636-0202奈良県磯城郡川西町大字結崎589-30
  • やおい司法書士事務所 〒636-0202奈良県磯城郡川西町大字結崎747-128

奈良県三宅町の会社設立専門家

  • 吉川直宏行政書士事務所 〒636-0213奈良県磯城郡三宅町大字伴堂595

奈良県田原本町の会社設立専門家

  • 藤原幸子税理士事務所 〒636-0300奈良県磯城郡田原本町152
  • 森田総合法務事務所 〒636-0300奈良県磯城郡田原本町210-3

奈良県高取町の会社設立専門家

  • 竹田幸康司法書士事務所 〒635-0151奈良県高市郡高取町大字下子島56-6
  • ライフ行政書士センター 〒635-0154奈良県高市郡高取町大字観覚寺1255-1

奈良県上牧町の会社設立専門家

  • 木下税理士事務所 〒639-0216奈良県北葛城郡上牧町松里園1丁目6-14
  • 行政書士高野二郎事務所 〒639-0217奈良県北葛城郡上牧町大字中筋出作148-3

奈良県王寺町の会社設立専門家

  • 丸田税理士事務所 〒636-0002奈良県北葛城郡王寺町王寺2丁目11-33-40B
  • 永田事務所 〒636-0002奈良県北葛城郡王寺町王寺2丁目4-13-503

奈良県広陵町の会社設立専門家

  • 笹岡司法書士事務所 〒635-0835奈良県北葛城郡広陵町みささぎ台12-29
  • 後藤茂実 〒635-0835奈良県北葛城郡広陵町みささぎ台16-27

奈良県河合町の会社設立専門家

  • いろは司法書士事務所 〒636-0073奈良県北葛城郡河合町広瀬台3丁目12-66-202
  • 後藤恭平行政書士事務所 〒636-0071奈良県北葛城郡河合町高塚台2丁目6-16

奈良県吉野町の会社設立専門家

  • 坂本司法書士事務所 〒639-3111奈良県吉野郡吉野町大字上市150
  • 里田会計事務所 〒639-3114奈良県吉野郡吉野町大字丹治181-3

奈良県大淀町の会社設立専門家

  • 谷税理士事務所 〒638-0821奈良県吉野郡大淀町大字下渕66-3
  • 北澤司法書士・土地家屋調査士事務所 〒638-0821奈良県吉野郡大淀町大字下渕678-3

奈良県下市町の会社設立専門家

  • 金田光司税理士事務所 〒638-0011奈良県吉野郡下市町大字ヨ邑592

奈良県十津川村の会社設立専門家

  • 坂口司法書士事務所 〒637-1443奈良県吉野郡十津川村大字折立

奈良県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

従業員の募集、定着のためには労務環境が整っていなければいけないと思ったため。会社が大きくなるには従業員の力が必要不可欠。その従業員を雇用するため、そして力を発揮しつつ定着してもらうためには、労務のスペシャリストである社労士のサポートが必要だと感じた。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

自分には会社設立に対する考え方があまりなく、失敗してしまっては元も子もないので、設立するときにどのようなことに気をつけてどの保険に入っておけばその後困らないかを知りたい。設立して軌道に乗るにしろ乗らないにしろ保険がしっかりしていらばある程度のことは乗り越えられると思うから。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

経理的な面が非常に分からなく困っていた時税理士をお願いすれば経理的な面は楽になるしカバー出来るときいて検討したのと、やはり人を雇う立場になれば労働基準も考えないといけませんので、社会保健労務士もお願いしたいと感じました。

行政書士(補助金や助成金の申請)

起業をするにあたり、できるだけ、自己の投資金額を少なくしたいことと、地域が推進する業務、あるいは 地域が活性化していくことができるような地域貢献型の事業を推進していきたいので、まずは、行政書士に起業に使える助成金や補助金があればそれを利用する旨をお願いしたいです。

司法書士(会社の設立登記)

会社の設立時に必要な書類は多く、どれか1つにでも問題があると会社の設立は不可能になってしまいます。しかし専門家である司法書士に依頼すれば設立に関する各種書類の指導、校正は正確に行ってもらうことができます。このように、会社の設立において司法書士は非常に重要な役割を担います。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

司法書士の業務内容は自分には出来ないから。税理士の仕事は資格を持ってる訳ではないけど確定申告を自分でやった事があって年々やる内に全て自分で計算したり記入して提出するまで出来るようになったから必要ないと思った。でも行政書士も保険も自分には出来ないけど司法書士を、まず優先するかも…

税理士(確定申告)

いくら自分に知識があったとしても法改正などは日々行われるため。もし自分が社長という立場であるのなら自分の仕事は税金について専門家になることではなく会社や従業員を守っていくことであるため。また万が一の際も税理士さんがいるとプロとして対応して貰えるため。

税理士(確定申告)

知人が複数の事業展開をしており、税理士さんを遣わずに経営していて、確定申告の時期になると仕事どころではなくなるレベルで確定申告に追われているから。同じようになるくらいなら、最初から税理士さんを通して事業展開した方が効率的ではないかなと考えています。

税理士(経理・決算業務)

日頃の会計において、ちょっとした出入金については簡単ですが、減価償却や固定資産については分かりにくいものがあります。見落としがあっても勿体無いですし、不備があれば後々面倒です。経理をしっかり行っていれば決算もスムーズなので、税理士にお願いするのは良い事だと思います。経理に費やす時間も有効に業務に費やせます。

税理士(経理・決算業務)

社長として、会社を守っていく上で、資金面での管理は非常に大切だと思われるので、その分野のプロである税理士にぜひ資金の管理を任せたい。また、社長という立場では、やらなければならない業務も多く、社長自ら経理をすることは難しく、社長にも他の業務に専念して欲しいので、経理は、税理士に任せる。

税理士(経理・決算業務)

税理士さんを雇うと、勿論、お金が掛かりますが、煩わしい記帳作業や、決算作業から開放されると思います。その分、お仕事に打ち込める!何かトラブルがあった時には、税理士さんから説明して頂けるのでメリットも多いと思います。日々の経営の相談にも乗ってくれそうですし。

税理士(顧問税理士の依頼)

税関係は慣れていないとややこしく難しいものだと思います。顧問税理士がいれば、業務に関する税の相談も気軽にでき、的確なアドバイスを受ける事ができます。そして、結果的に税金対策に繋がったりするので、顧問税理士と契約しておくのは会社にとってプラスになると思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

私が今から会社をおこすなら、顧問税理士の方でしたら、税のことはもちろん、その他の会社を経営する上でのアドバイスなど何でも相談できると思ったからです。私が勤めていた会社の社長さんも顧問税理士の方がいらして業務外のことまで相談していましたから。

税理士(税務の相談)

会社にはたとえ儲かってなくても、お金がなくても、バカにならない金額の税金がかけられる場合があります。税金のためにお金を借りたり、経営を圧迫するような状況には絶対にしたくないので、優秀な税理士に相談してあらゆる税金の節約方法をアドバイスしてもらいたいです。

税理士(税務の相談)

数字に関するものは専門家に任せたほうが間違いがない。その他のものについては、専門の方に比べればやはり知識は劣るが、自社の社員で行うことは不可能ではない。税務の相談はもちろん、決算業務、確定申告業務の不備のチェックも頼みたいので、税理士は1人頼れる人がいれば助かる。

税理士(税務の相談)

経理処理をするにあたり売掛と買掛の状況とB/LやP/Lなどの状況を第3者が冷静に判断し、アドバイスをしてくれる人が必要になると思います。また費目の振り分けや適正なことや年末調整などの手続きに対して相談をすることができることで、健全な会社運営ができるし税理士の方からのアドバイスを受けることで信頼を得られる会社として存続する必要があるから