会社の設立ガイド

奈良県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

税理士(税務の相談)

お金、税金の管理は専門の方に相談した方が良いと考えます。けれど、全てお任せするのではなく、自分でも動いたり、お金、税金の管理ができるようにアドバイスをもらいながら自分でやってみたいと思います。いずれは自分でお金、税金のの管理ができるまでのサポートをしてほしいと思い、税務の相談を選びました。

社会保険労務士(労働保険手続き)

労働安全衛生である安全衛生管理・安全衛生教育・就業環境の改善をしてくれるから。安全で安心な会社でないと働けないと思ったため。労働者の安全管理、健康の保持増進を確保するのは、事業者の責務で、労働災害の防止、従業員への安全衛生教育等を教えてもらえるため

税理士(確定申告)

確定申告は、企業の決算、税金の計算をして税務署に報告し、納税をすることですが、会計の知識、税務の知識が必要です。会計については、ある程度簿記の知識のある従業員を雇うことで問題は解消されますが、税金の計算については自社で計算するのは無理だと思います。税理士に依頼すべきです。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

はじめての会社設立なので、専門の司法書士の方のお願いした方が安心だからです。自分で設立に必要な定款の作成は、とうしていいのかわからないので、相談しながら作成して頂ければスムーズに出来て安心です。以前、会社設立をした時にも司法書士の方にお願いして作成して頂いたことがあります。

行政書士(設立後の会計帳簿記帳代行)

外部に会計帳簿記帳を委託することで、脱税や不正会計を防ぐ事が出来ると考える為。社内の経理担当に帳簿記載を担当させると、上からの圧力が働き、東芝のような不正会計に繋がり将来的な企業の存続に関わる問題に発展する可能性が高い為。その点、外部への委託を行えば、不正じは委託先に責任を問う事ができ、また委託側も不正をするメリットが無い為、健全な会計を行えると考える。

司法書士(会社の設立登記)

まず何をおいてもこれがないと会社として成立させられないから。専門家から正しい知識や指示が得られれば、安心して会社を設立することが出来る。専門家に見てもらえれば、こちらの見落としにも気づけるだろうから、記載漏れなどがないようにする為には必要な存在だと思う。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

許認可申請は、会社が事業をする上でなくてはならないものであったりするのでとても重要です。しかし、色々な書類や取得物が必要でややこしいので、短時間で確実に許可を得る為にも行政書士にお願いするのは良い事だと思います。またその分野に長けている行政書士を選べば、色々な事が聞けて助かります。

司法書士(会社の設立登記)

会社の設立登記はまず一番初めに必要なことで、自分でも調べればできることなのですが、自分で設立登記するより確実かつ、調べたりする手間や時間を考えると司法書士にお願いするのが安心だと思いました。また手数料等の面から考えるとトータルで自分でやった場合とそれほど変わらないかとも思います。

奈良県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    奈良県内の公証人役場
  • 奈良合同 〒630-8253 奈良市内侍原町6 奈良県林業会館3階
  • 高田 〒635-0095 大和高田市大字大中98 小川ビル2階

奈良県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士