会社の設立ガイド

和歌山県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

和歌山県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

労務管理は、自分でいいと解釈していても他の人から解釈が違うと法令違反になったりしてしまい、違反した時は会社に大きなダメージになる為、専門家から教わりながら、自分のやりたい業務との労務管理が合っているかチェックしてもらいから。これにより、厳しくなっている労務管理によって、会社の信用リスク低下を防げる為。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

紛争が起こってしまうと会社内で自力で解決するのは大変難しく、到底できるとは思えません。専門知識をお借りして解決するのがその後の会社経営、存続を考えると確かな選択だと言えます。困った時こそ、その問題に適した外部の専門家に聞いて一緒解決していくべきだと考えます。

行政書士(設立後の会計帳簿記帳代行)

会社を設立するといろいろな書類を作成しなければならない。しかし、行政書士に依頼することで手間が省け、自分は他にしなければならないことに手を回すことができる。その上行政書士に頼むことで効率よく、さらに適格な書類を作成してもらうことができるからである。

行政書士(補助金や助成金の申請)

会社を設立するにあたって1番最初の課題が資金だと思います。その中でもし利用できる補助金などがあれば、少しでも資金の負担を軽くして事業を開始する事ができると思います。また補助金により使わなかった資金が、別の用途に使える事が有利になってくると思ったからです。

司法書士(会社の設立登記)

会社の心臓とも思われる登記ですので専門家の立場からしっかりとサポートしていただきたいと思います。したがって司法書士は必要であると考えております。また、仮に自分で管理する場合は会社全体の事情も考えてなくてはならないが登記等まで管理するのは余計な内容まで心配しなければならないため

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

会社設立に加えて事業を、軌道に乗せるために必要なことと考えた時に、会社が更に飛躍するには株式会社、合同会社を設立しさらなる業務の拡大と新しい考えを取り込むことにより斬新なアイディアで会社を盛り上げていくことが大切だと考えます。そのために専門の司法書士の方にお願いすることがはないのではないかと考えました。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

社員を雇用するに当たって、定款等がないとどんな会社の業務や就労形態等が明確ではなくなってしまって株式や上場する場合等を考えると信用問題等になりかねないから。また入社後細かい人は読む人は居ると思うから作って就労規則さえ守って置けば問題ない気がする。

税理士(確定申告)

そもそも会社の確定申告は大事ですし、収入と支出のバランス、税金を一般の人が全部管理するのは大変だからです。会社だとなおさらです。個人事業主の時に確定申告をやりましたが、毎回大変だったので、それなら税理士を雇ってやってもらったほうが助かると感じたためです。

税理士(経理・決算業務)

社長は目標とする行動を遂行するための時間に重きを置くため、細かい作業に関してはアウトソーシング出来ることが理想。会計の知識といっても様々な為、プロフェッショナルな判断に任せ、会社を真っ当なものとして成長させていく必要がある。また社内外における信頼にも繋がる。

税理士(顧問税理士の依頼)

決算業務だけでなく、日々の経理処理や節税対策等の相談に乗ってもらえるため。日々の事業状況等をよく認識して頂ければ、決算業務もスムーズにして頂けると思う。また、定款や法務局への届け出も税理士であれば確実に間違えなくやっていただけると判断したため。

税理士(税務の相談)

お金の管理が1番むずかしそうだと思ったので。お金周りの事は責任も多そうだから、特化した人の知恵にまかせたい。メリットは、1から自力で勉強をしなくても他人に任せられる事かなと思った。あと、やっぱり自分が大きな責任を持ちたくないので、責任をもってくれる所もメリットだと思った。

和歌山県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    和歌山県内の公証人役場
  • 和歌山合同 〒640-8157 和歌山市八番丁11 日本生命和歌山八番丁ビル3階
  • 田辺 〒646-0032 田辺市下屋敷町37 西原ビル2階
  • 御坊 〒644-0012 御坊市湯川町小松原549-1 アスリービル1階
  • 新宮 〒647-0043 新宮市緑ケ丘2-1-31 カマツカビル3階
  • 橋本 〒648-0073 橋本市市脇1-3-18 橋本商工会館3階

和歌山県における会社設立専門家

和歌山県和歌山市の会社設立専門家

  • 山口会計事務所 〒649-6333和歌山県和歌山市永穂399
  • あすの労務 〒640-8434和歌山県和歌山市榎原150-298

和歌山県海南市の会社設立専門家

  • 宇野謙一税理士事務所 〒642-0021和歌山県海南市井田136
  • 宮尾文也税理士事務所 〒649-0133和歌山県海南市下津町下222

和歌山県橋本市の会社設立専門家

  • イヌイ社会保険労務事務所 〒648-0085和歌山県橋本市岸上408-3
  • 海堀友男税理士事務所 〒649-7204和歌山県橋本市高野口町小田499

和歌山県有田市の会社設立専門家

  • 石橋史朗 〒649-0317和歌山県有田市古江見201
  • 石橋司法書士事務所 〒649-0317和歌山県有田市古江見201

和歌山県御坊市の会社設立専門家

  • 西田良久司法書士事務所 〒644-0002和歌山県御坊市薗202-3
  • 原均税理士事務所 〒644-0002和歌山県御坊市薗204

和歌山県田辺市の会社設立専門家

  • 光吉直也税理士事務所 〒646-0021和歌山県田辺市あけぼの2-22
  • 池田税理士事務所 〒646-0048和歌山県田辺市栄町23

和歌山県新宮市の会社設立専門家

  • 慶福(税理士法人)紀南 〒647-0045和歌山県新宮市井の沢1-33
  • 宮崎会計事務所 〒647-0045和歌山県新宮市井の沢3-31

和歌山県紀の川市の会社設立専門家

  • 山本孝宏税理士事務所 〒640-0413和歌山県紀の川市貴志川町神戸400-3
  • 寺浦税理士事務所 〒649-6428和歌山県紀の川市東国分156

和歌山県岩出市の会社設立専門家

  • 吉村泰彦 〒649-6232和歌山県岩出市荊本50
  • 奥田税理士事務所 〒649-6223和歌山県岩出市高塚89-8

和歌山県紀美野町の会社設立専門家

  • 尾崎満壽代司法書士事務所 〒640-1141和歌山県海草郡紀美野町小畑282-1
  • 森下秀一税務会計事務所 〒640-1131和歌山県海草郡紀美野町動木566-8

和歌山県かつらぎ町の会社設立専門家

  • 山田義和行政書士事務所 〒649-7162和歌山県伊都郡かつらぎ町大字笠田中393
  • 森下悦男税理士事務所 〒649-7161和歌山県伊都郡かつらぎ町大字笠田東453-2

和歌山県九度山町の会社設立専門家

  • 海堀和彦 〒648-0101和歌山県伊都郡九度山町大字九度山1584

和歌山県高野町の会社設立専門家

  • ツルタニヨシジ司法書士事務所 〒648-0211和歌山県伊都郡高野町大字高野山672-2

和歌山県湯浅町の会社設立専門家

  • 金丸司法書士事務所 〒643-0002和歌山県有田郡湯浅町大字青木322
  • 濱田彰司法書士事務所 〒643-0004和歌山県有田郡湯浅町大字湯浅1745

和歌山県有田川町の会社設立専門家

  • 山下伸也司法書士事務所 〒643-0021和歌山県有田郡有田川町大字下津野1023-1
  • 崎山俊郎税理士事務所 〒643-0021和歌山県有田郡有田川町大字下津野1719

和歌山県美浜町の会社設立専門家

  • 石永善裕税理士事務所 〒644-0041和歌山県日高郡美浜町大字田井553-2

和歌山県日高町の会社設立専門家

  • 松下行政書士事務所 〒649-1211和歌山県日高郡日高町大字荊木112-3
  • 司法書士・行政書士掛井事務所 〒649-1213和歌山県日高郡日高町大字高家1089-7

和歌山県由良町の会社設立専門家

  • 東本慎司司法書士事務所 〒649-1111和歌山県日高郡由良町大字里281-1

和歌山県印南町の会社設立専門家

  • 片山孝之税理士事務所 〒649-1528和歌山県日高郡印南町大字西ノ地1135-1

和歌山県みなべ町の会社設立専門家

  • 井口司法書士事務所 〒645-0002和歌山県日高郡みなべ町芝377-15
  • 松下忠弘司法書士事務所 〒645-0002和歌山県日高郡みなべ町芝628-2

和歌山県白浜町の会社設立専門家

  • 栗林秀成司法書士事務所 〒649-2211和歌山県西牟婁郡白浜町1416-1-3
  • 川端総合手続事務所 〒649-2211和歌山県西牟婁郡白浜町1474-3

和歌山県上富田町の会社設立専門家

  • みかん行政書士事務所 〒649-2101和歌山県西牟婁郡上富田町岡363-2
  • 山本聖峰司法書士 〒649-2102和歌山県西牟婁郡上富田町岩田2654

和歌山県すさみ町の会社設立専門家

  • 庄堂司法書士事務所 〒649-2621和歌山県西牟婁郡すさみ町周参見4069

和歌山県那智勝浦町の会社設立専門家

  • 丸本訓史司法書士事務所 〒649-5312和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字宇久井1323-3
  • 間所寛夫司法書士事務所 〒649-5142和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字下里1337

和歌山県串本町の会社設立専門家

  • 斎藤健二会計事務所 〒649-3503和歌山県東牟婁郡串本町串本1833
  • 斎藤税務会計事務所 〒649-3503和歌山県東牟婁郡串本町串本1833

和歌山県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

長時間労働、有給消化の在り方等労務管理の対応を誤るとネットで拡散されてしまうこともあり、気が付けばネットでブラック企業と呼ばれることも少なくない。問題の芽は早いうちに摘み取り、かつ従業員と円滑に業務を進めていくためにも労務管理について綿密に相談できる相手がほしい。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

会社を設立し、最初は1人でも従業員が必要になってきます。そこで、きちんとした社会保険や福利厚生ができていないと、いい人が入ってきません。なので、1番にこちらの社会保険労務士に相談及びアドバイスをしていただき、ブラック企業と呼ばれない会社にしたいと思います。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

会社内の紛争による会社内部の分裂を防ぐためです。お願いするメリットは会社内部の分裂を防ぐことで、会社内で一体感が出たり、退職者を減らしたり、新卒・中途入社の社員がなじみやすい空気を作ることができることです。また、社内のストレスを軽減するのにも役立つと思います。

行政書士(補助金や助成金の申請)

自分が会社を立ち上げら場合に、何が一番足りていないのか考えた場合、やっぱり初期投資となる資金源に乏しいことが問題だと考えたから。専門家にお願いして、資金の助けとなりそうな補助金や助成金集めに協力してもらいたいと考えたから。自分がそういった制度について疎いため。

司法書士(会社の設立登記)

会社を設立するにあたってどのように登記をすればよいのかわからないので司法書士に設立登記をお願いしたいです。メリットとしては会社設立がスムーズに行うことが出来るということだと思います。そして、自分の業務に集中することが出来るということだと思います。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社設立のいろはのいの字も知らない状態なので、まずは設立の仕方等について教えてもらいたいと思ったから。会社の設立の難しい手続きに気を取られるよりは、会社の事業について考えることが会社の未来につながると考えた。また、司法書士のように会社のことに精通している人との関わりが出来ることで、今後の経営について相談することができるのではないかと思った。

税理士(確定申告)

お金の面で、色々と経費などがかかって来るときに、計算をする時間を取ることが師走の時期に難しいと思われるので、間違いを犯さないようにと、時間ロスを短縮させるために、プロに頼んで、ミスのないようにしっかりと管理してもらった方が、友好的に思えたため。

税理士(確定申告)

税務申告書類を作成するには非常に大変だと思う。医療費控除の関係で自分で何度も確定申告に行っているがいまだに慣れないです。まずどの数字が所得程度しか解らないためです。法人申告のできるソフトを使用すればいいのかもしれませんが、複雑な計算でもし過少申告した場合の事を考慮し、専門家に任せた方がいいと思います。

税理士(経理・決算業務)

旦那が会社を辞めて自営業を始める準備をしているのですが、税金対策や、青色申告、扶養控除や経費に関して調べた結果やはり専門的な経理作業の知識が必要な事が分かりました。事業を始めるに当たって損はしたくないという思いと、税金が予想を超えて課せられるんじゃないかという不安があるので、会社を設立する上で税理士という存在は大切だと思います。

税理士(経理・決算業務)

決算報告書やその他の面倒な事をやってもらいたいから。メリットとしてはそういう面倒な事をやってもらえば他の事に時間を有意義に使えて他の仕事もやる事が出来るからとても助かると思った。決算書やその他の税金関係も良くはわからないから専門家の人にやってもらえば安心だと思う。

税理士(経理・決算業務)

会社の経営は長期的にみないといけないと思いますので、この先も会社の経営や節税のためのアドバイスをもらいたいです。申告書や税務調査など素人ではわからないことが多いので経理のことはお任せして社長としては本業に専念して会社を経営していきたいと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を設立するとまずは仕事なの無いところからスタートするので会社を起動に乗せるまでは営業に注力したいと考えると難しい税金関連は自分でやっていたのでは時間が足りないので優秀な専門家に頼む事が得策であると思いました。メリットは自分は営業に特化する時間がつくれることです。

税理士(顧問税理士の依頼)

個人事業をやるうえで最も不得手で時間を取られるのが経理関係の業務であり、それを丸投げ出来るので業務の時間的に大いにメリットがある。年間顧問料もそれほど高くはないと聞いているので、本業に集中することが出来る。また特殊な減税免税など税法の適用のアドバイスをもらえそうなのでお願いしたい。

税理士(税務の相談)

会社を運営していくにあたり、諸々の税金等の算出業務を、代わりにまとめて依頼しておいたほうが、より効率的な業務になるのではないか?と考えたからです。やはりこういった専門的な事は、豊富な知識を持った税理士さんに全て任せてしまうのが賢いやり方だと思います。

税理士(税務の相談)

公務員の仕事しか経験しておらず、とにかくお金関係、税金関係のことに関する知識に疎いため、専門家にお願いしたいと考えた。設立の登記等の諸作業については、今、高校生でも起業しているぐらいだから、きちんと調べれば、自分でできるものなのかなと考えたから。

税理士(税務の相談)

会社設立の際、予想できる範囲で手に負えなさそうな問題は、それこそきりがありません。今現在四苦八苦している確定申告も、会社となるとさらに複雑になると思われます。その点プロの税理士ならば安心してお任せでき、税務に関する不安やストレスから解放されるメリットがあります。