会社の設立ガイド

鳥取県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

鳥取県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

自分が作ろうとしている会社は、本当にコンプライアンス遵守できているか、第三者の立場できちっと見て頂くことにより、従業員及び顧客からの信頼を得た上で業務を遂行することが必要なのではないかと考えています。会社と従業員、顧客の幸福を一致させるには基礎となるコンプライアンス遵守を徹底すべきだと考えています。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

やはり会社は社員があってなりたつものだと考えます。だから社会保険労務士にお願いをして、会社設立後の紛争を解決できるように色々と知恵を貸していただき設立した会社が、よりよい方向に向かうようお願いをすると思います。正直、税理士や行政書士はあとからお願いしても問題無いと思います。

行政書士(設立後の会計帳簿記帳代行)

自分は会社の知名度を上げたり、取引先を増やしたり、多店舗を作るための営業や、売り上げを上げるための仕事をするので、行政書士さんには会社のお金の管理をすべて任せて会計の仕事をすべて行ってもらいたい。逆に会社の運営については関わってもらいたくないため。

行政書士(補助金や助成金の申請)

会社を設立する際には個人では限界があり、近年行政等が補助金や助成金を起業家に融資する試みが広まっており、もし私が会社を設立する場合、行政書士と協力して補助金や助成金を受け取ります。私が住んでいる広島には、広島市が広島で起業される方々の相談会を図書館で開催しております。

司法書士(会社の設立登記)

会社設立の際の書類は素人でできないことはありませんが面倒が多く、その部分をアウトソーシングできるのであれば、設立の事務的部分はお任せして、他の従業員は利益追求の方向を目指せると思います。アウトソーシングの方がコストパフォーマンスがいいのは目に見えていますので、専門家の方がいてくれると助かります。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

株式会社の設立でのデメリットなど、また助成金申請の可否、定款作成や登記、開業の届出など会社が滞りなく営業出来るようになる前に必要な諸手続きを相談したいと思う。自分で調べて行うとしても良い相談役が居れば無駄な時間や労力を使う事なく、その時間を営業活動に専念出来ると考えます。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

設立にあたって、専門的な知識が必要だけど、独学では限界があるので専門家に指導してもらいたいため。また、定款などは見解が難しいため間違った解釈をしてしまいがちなので、専門的に正しい知識を得たいので専門家に指導も兼ねてお願いをしたと思ったから。

税理士(確定申告)

最近、友人から税金の話をよく聞きます。自分がしたことのある仕事は今まで派遣やアルバイトだったのでそういうのはあまり詳しくありませんでした。自分が社長として経営していくのだったら、税金を納めクリーンな会社を作って行きたいと思いました。何か起こってから社員に迷惑をかけたくないという気持ちからそう思いました。

税理士(経理・決算業務)

今現在、事務職についているのですが、やはり大変だなと思うのは決算の時です。社長もバタバタと動いているし、昔の資料を引っ張り出してきては、読み直していたりするので、その道のプロがいたら楽だと考えるからです。今は色々なソフトがあるので確定申告とかは苦労しないと思うので、自分が会社を設立するなら、そういう人を雇用したいです。

税理士(顧問税理士の依頼)

事業を軌道に乗せるにあたって、支出である税金の支払いに際して少しでも節約できないか相談したいから。また、一般人には馴染みのない分野なので税制面での優遇措置など様々な工夫を教えてもらいたい。恐らく大きな会社には必ず顧問税理士は付いていると思うので、ノウハウなども聞けたらなと思います。

税理士(税務の相談)

会社を設立する以上、税金対策は欠かせないと思います。個人が支払っている税金についての知識はある程度ありますが、会社となるとどのような税種目があるのかを含めてほとんど知らないのが現実なので、専門家の適切なアドバイスがどうしても必要になると考えます。

鳥取県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    鳥取県内の公証人役場
  • 鳥取合同 〒680-0022 鳥取市西町1-201 ミタニ西町ビル4階
  • 米子 〒683-0823 米子市加茂町2-113 加茂町ビル2階206
  • 倉吉 〒682-0816 倉吉市駄経寺町2-15-1 倉吉合同事務所1階

鳥取県における会社設立専門家

鳥取県鳥取市の会社設立専門家

  • 田中順二税理士事務所 〒680-0862鳥取県鳥取市雲山48-7
  • 山根眞知子司法書士事務所 〒680-1251鳥取県鳥取市河原町河原72-1

鳥取県米子市の会社設立専門家

  • 藤田労務管理事務所 〒683-0846鳥取県米子市安倍750-7
  • 笠岡克巳税理士事務所 〒683-0846鳥取県米子市安倍98-6

鳥取県倉吉市の会社設立専門家

  • 谷本修一司法書士事務所 〒682-0822鳥取県倉吉市葵町731-2
  • 谷本修一行政書士事務所 〒682-0822鳥取県倉吉市葵町731-2

鳥取県境港市の会社設立専門家

  • 片岡和叫喜税理士事務所 〒684-0071鳥取県境港市外江町3366-1
  • 松本正福税理士事務所 〒684-0071鳥取県境港市外江町3801

鳥取県智頭町の会社設立専門家

  • 木原労務行政事務所 〒689-1402鳥取県八頭郡智頭町大字智頭1815-7
  • ちづ司法書士行政書士事務所 〒689-1402鳥取県八頭郡智頭町大字智頭1896-6

鳥取県八頭町の会社設立専門家

  • 鎌谷收司法書士事務所 〒680-0461鳥取県八頭郡八頭町郡家59-10
  • 松本伸介司法書士事務所 〒680-0461鳥取県八頭郡八頭町郡家76-20

鳥取県湯梨浜町の会社設立専門家

  • 植原徳彦行政書士事務所 〒682-0722鳥取県東伯郡湯梨浜町はわい長瀬1162-2
  • 西山行政書士・土地家屋調査士事務所 〒682-0712鳥取県東伯郡湯梨浜町大字上浅津463-2

鳥取県琴浦町の会社設立専門家

  • 中本喜八郎税理士事務所 〒689-2501鳥取県東伯郡琴浦町大字赤碕1297
  • 石賀孝司司法書士事務所 〒689-2303鳥取県東伯郡琴浦町大字徳万491-15

鳥取県北栄町の会社設立専門家

  • 堀尾昌志税理士事務所 〒689-2105鳥取県東伯郡北栄町下神141-1
  • 安松隆司税理士事務所 〒689-2104鳥取県東伯郡北栄町弓原251-2

鳥取県大山町の会社設立専門家

  • 井上広信司法書士 〒689-3211鳥取県西伯郡大山町御来屋1013
  • 山本健一司法書士事務所 〒689-3211鳥取県西伯郡大山町御来屋174-4

鳥取県南部町の会社設立専門家

  • 北井辰夫行政書士事務所 〒683-0211鳥取県西伯郡南部町円山157
  • 板清憲司法書士事務所 〒683-0351鳥取県西伯郡南部町法勝寺257-2

鳥取県伯耆町の会社設立専門家

  • 今岡由一司法書士事務所 〒689-4133鳥取県西伯郡伯耆町吉長22-4
  • 森谷清司法書士事務所 〒689-4201鳥取県西伯郡伯耆町溝口593

鳥取県日南町の会社設立専門家

  • ひがし司法書士事務所 〒689-5211鳥取県日野郡日南町生山676-2

鳥取県日野町の会社設立専門家

  • 小藤一郎司法書士行政書士事務所 〒689-4503鳥取県日野郡日野町根雨335-2
  • 山川洋介事務所 〒689-4503鳥取県日野郡日野町根雨716-5

鳥取県江府町の会社設立専門家

  • 賀本幹穂司法書士事務所 〒689-4401鳥取県日野郡江府町大字江尾2001

鳥取県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

最近、労働時間が多すぎて色々な問題が起きている中、知らずのうちに労働基準法を破って労働させてしまっているのではないかと不安なので、その辺はきちんと専門家にお願いしたいと考えました。更にこの問題で労働基準法の改正の動きが出ているので社会保険労務士さんであれば最新の法律改正にも対応してくれて末永くサポートしてくれると考えたからです。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

社会的弱者と言われる方々を多く雇いたいです。そのために必要な手続をお願いし、健常者も一緒にウィンウィンで働ける会社設立のためのアドバイスをいただきたい。障がい者を雇用する上で、キレイごとではない部分(自分が知らない制度やリスクなど)をアドバイスしてほしいです。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

もともと揉め事を解決するのが苦手な方なのでこういう人がいてくれると助かる。会社の事業に直接関係ない人が一人でもいた方が中立の立場に立って問題を穏便に解決出来そうな気がするから。紛争は次から次へと出てくると思うので仕事が滞る事がないようにするためにもこういう人が必要だと思う。

行政書士(補助金や助成金の申請)

会社を経営するにあたってはいろいろな補助金や助成金があると思いますが、その内容について理解するのはなかなか難しく、専門家にお任せしないともらえる補助金や助成金ももらえなくなってしまうパターンも出てくると思いますので、こういった業務は専門家にお任せしていきたいと思いました。

司法書士(会社の設立登記)

司法書士には、ほぼすべての手続きを任せることが出来ます。司法書士ではなく行政書士に依頼する選択もありますが書類のサポートはしてくれても法務局への会社設立の登記手続き自体は任せられないので司法書士の方が任せられる幅が広いのでメリットがあります。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社設立と一言で言ってもなかなか簡単ではありません。必要書類など沢山あります。やはり、手違いがないようにきちんとプロの人にお願いしたいです。もし、自分でして抜けている事があれば、設立したい日に間に合わなくなる危険性があります。それだけは避けたいので司法書士にお願いしたいです。

税理士(確定申告)

脱税をしてしまうとかなりのリスクになります。会社を設立するまでももちろん大切ですが、設立後長く運営していくためにも、確定申告の部分はきちんとしておきたいと考えます。また、業務が忙しくて中、確定申告に時間をとられてしまうのは惜しいので、外部委託した方がいいと考えます。

税理士(確定申告)

今後会社を設立する際、確定申告等の申請が不可欠となってきます。業務以上に考えなければいけない作業と考えます。法律によっても申請が変わるし手続きが面倒と思います。面倒な申請を一括に信頼し手続きして頂ける税理士はやはり不可欠な専門職だと思います。

税理士(経理・決算業務)

経理の人間を一人雇って会社に置くよりも、外部の税理士に依頼し経理や決算業務を行って貰いたいから。メリットとしては、第3者の目で会社のお金の流れを明確にして貰えること、税理士が二人以上の事務所に依頼することで、経理の人間が突然退職してしまった等の懸念を回避出来る事が有ります。

税理士(経理・決算業務)

会社を設立するということは事業の成長がキモ。事業の経理周りはなかなか知人には相談しづらいものであるため相談できる人が必要。メリットとしては、現状の売上・利益が事業計画に対して順調かどうかを確認ができる点。見直しポイントも自分で見つけるよりプロの視点よりアドバイスをしてもらえると大変ありがたい。

税理士(経理・決算業務)

会社の運営にあたっては、運転資金の調達や従業員の給与、設備投資などお金が重要になってくると思います。銀行からの借入も必要になると思います。銀行から借り入れをする時は決算書の開示が必要で決算内容をみて融資の判断を下されるので、決算書の作成はプロに任せたいと思いました。企業の格付け会社も決算内容を基に格付けをするので決算、経理業務はプロに任せるのが無難と思いました。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を設立する上で、もっとも注意すべき点だと思います。法人の場合、やり方によっては優遇措置を受けることができると思います。またお願いするメリットは、事業を行う上でよい節税対策を考慮することができること、関連する補助金や助成金のことも知ることができることです。

税理士(顧問税理士の依頼)

税理士の中でもコンサルタントもこなす方もかなりいます.会社が黒字になれば歩合給の契約をして自分の収入に繋げます.ですからかなり本気できつい事も言われますが的確に経営に関してはメリットが多い事も事実です。自分では気がついていない事などズバッと指摘してくれるからいいと思います。

税理士(税務の相談)

税務申告は手間も精度も必要になる作業です。私は経理の経験があるので、決算業務については心配がないのですが、年々変わる税制への対応、取引で特殊なケースが生じた場合の税務処理については、やはり専門家である税理士のサポートが必要不可欠なので。間違いのない税務申告とともに、節税という意味でも税理士への相談は有効です。

税理士(税務の相談)

税金については素人が勝手な判断で進めてしまうと、最悪、脱税にもなってしまうこともあると思いますし、そうなってからでは遅いので、自分は会社の経営に全力を尽くして、税金やその他のことについては税理士さんに任せて進めていった方が、会社の経営にもいい影響が出ると思いました。

税理士(税務の相談)

会社設立時以降、定期的に関わる必要があるものだからです。税務はある程度専門的な知識が必要であり、会社設立時をイメージすると税務について実務経験が豊富であるほうが良いと思います。また、この3つの中でも企業関係の報道で良く聞くのは“脱税”や“未納”です。設立後のいちばんのリスクとなり得るので、税務をお願いしたいです。