会社の設立ガイド

鳥取県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

税理士(確定申告)

今、委任業務で仕事をしているのですが、税金の管理まで、手が回らないからです。一年分の山のようなレシートを処理するのに、個人では、手間がかかり、毎日の仕事に支障が出てしまうので、お願いしたいと思いました。お願いするメリットは、時間を有効に使いたいからです。

税理士(顧問税理士の依頼)

設立の為の司法書士や行政書士の業務は、私の経験上調べれば本人申請できると考え、税理士か社会保険労務士にお願いしたいと考えました。経理、決算、申告等の税務は会社経営において非常に重要度が高いにもかかわらず、私が一番苦手とする部分なので、税務の全般を助けてもらえるよう顧問税理士の依頼を選びました。自分の苦手分野に時間を割くことなく、得意な分野に集中できることがメリットだと思います。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

会社を設立するに当たり、多くの保険に加入しなければならないと考えるからです。さらに従業員のことも考え、より充実した保険に加入し、誰もが安心して仕事に取り掛かれるような体制を整えます。そのために社会保険労務士のアドバイスを参考にしたいからです。

税理士(顧問税理士の依頼)

決算上、問題があるような事業があるかないかはスタートする前にチェックをすることで、長期的にビジネスをするにあたっては、税法違反のリスク回避が必ず必要になってくるため。確定申告だけでは事後のチェックとなってしまうため、事前にチェックができる体制が必要だと思います。

税理士(確定申告)

私が社長の場合、確定申告など税金関係のことについて無知なのでお金を出しても頼みた仕事だと思います。また、確定申告関係は法律等に絡んでくると思うので、しっかりとしていないと会社としてうまくいかないと思ったからです。特に確定申告関係はミスがあってはいけないっ業務なのでお願いしたいと思います。

司法書士(会社の設立登記)

選択肢の中では、一番先にやらないといけないことだと思いますし、難しいことが多いような気がするので専門家に依頼したいと思いました。 専門家の方に依頼すると、その分高額なお金がいるけど正確で早い仕事をしてくれそうなところがメリットだと思います。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

新しく会社を設立するにあたって申請するのに必要な書類をお願いしたい。提出書類の内容に不備があっては、申請するのに時間がかかってしまうし、不備を訂正して申請しなおす等のに手間がかかるので、専門の知識をもった行政書士さんにお願いするのは、重要だと思いましす。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

これから会社を大きくしていく上で、社員の増加は必須であり、社員を増加するためには社会保険の充実が必要だと思うからです。社会保険が充実していない会社は社員に不満を持たれ、会社を大きくするどころか悪い評判が立ち、会社は倒産の方向へ向かってしまうと考えていることも理由の1つです。

鳥取県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    鳥取県内の公証人役場
  • 鳥取合同 〒680-0022 鳥取市西町1-201 ミタニ西町ビル4階
  • 米子 〒683-0823 米子市加茂町2-113 加茂町ビル2階206
  • 倉吉 〒682-0816 倉吉市駄経寺町2-15-1 倉吉合同事務所1階

鳥取県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士