会社の設立ガイド

島根県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

島根県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社を作る上で従業員が働きやすい会社にしたいので社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)を選びました。従業員が満足する事によって会社が軌道に乗ると思うからです。また会社労務管理をしっかり行う事により仕事に効率化も図れると思っております。会社は利益を上げ存続させる事に意味があると思っております。従業員の満足あって会社は軌道に乗るのではないかと考えます。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

まず、会社に一番重要なのは人材であり、決してお金だけではないと思うからです。従業員を大事にできない社長は個人事業主となるべきであり、会社を興す必要がないと思います。従業員がいてこその会社ですので社内での紛争が会社にとって何よりの損失になりうると思うのでこの選択肢にいたしました。

行政書士(設立後の会計帳簿記帳代行)

会社の状況を把握するために重要で、正確さが求められる作業だと思うので、正確に記録を残したい。自分には専門知識ないので、そこはプロに任せたい。その作業に時間を取られてしまうより、社長としてやるべき事(社会貢献や利益の追求)に専念すべきだとおもうから。

行政書士(補助金や助成金の申請)

事業を軌道に乗せるには、まず資金が重要と思っています。どんな良い事業でも運転資金や宣伝費用が無いと失敗してしまいます。そんな時に役に立つのは、各種の補助金です。これらの情報をキャッチアップしてアドバイスしてくれる行政書士の方は、きっと頼りになる存在と思います。

司法書士(会社の設立登記)

会社の設立登記はまず一番初めに必要なことで、自分でも調べればできることなのですが、自分で設立登記するより確実かつ、調べたりする手間や時間を考えると司法書士にお願いするのが安心だと思いました。また手数料等の面から考えるとトータルで自分でやった場合とそれほど変わらないかとも思います。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

まずは設立に伴い分からない事だらけなので頼れる司法書士を探すのが先決だと思う。税理士や行政書士さんは運営して行く上で軌道に乗ればそれに見合った仕事をしてくれる方、報酬面も含めて探したら良いと思う。税理士とかは初めてなら税務署が相談にも乗ってくれるし斡旋もしてくれるので、まずは司法書士だと思う。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

設立に必要な定款の作成と認証が専門知識が必要で資格なども必要だと思ったからです。またメリットとしては会社の設立という大切な時期、項目にあたってはしっかりとした専門知識を兼ねそろえた司法書士の方にお願いしたいとおもったからです。事業を軌道に乗せるためには司法書士さんは必要不可欠だと思います。

税理士(確定申告)

私が社長の場合、確定申告など税金関係のことについて無知なのでお金を出しても頼みた仕事だと思います。また、確定申告関係は法律等に絡んでくると思うので、しっかりとしていないと会社としてうまくいかないと思ったからです。特に確定申告関係はミスがあってはいけないっ業務なのでお願いしたいと思います。

税理士(経理・決算業務)

税理士に頼んだ方が安心だと思います。なぜなら税理士に頼まない方がリスクがあると思ったからです。税理士に頼まなかったから何もしていない。そのため税額がふくらみ、払えなくなってしまった会社があると聞いたことがあります。税理士に一任した方が効率的ですし、安心だと思いました。

税理士(顧問税理士の依頼)

新しく会社を設立するにあたり、知り合いの税理士さんでは顧問料が高額なため深く質問することが大変困難です。そこで親切な先生を紹介して頂きたいと思います。料金表が明らかでなく不安を感じています。節税対策など相談できる税理士さんがあればお願いしたいと思います。

税理士(税務の相談)

税務の相談をお願いしたいと思います。なぜかというと、税金の知識については専門性が高く、また税金は経営に直接影響してくる部分だと思われるためです。出来るだけ評判のよい税理士を選ぶことも大切ではないかと思います。税理士は、知識の差があるということを聞いたことがあるためです。

島根県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    島根県内の公証人役場
  • 松江 〒690-0886 松江市母衣町95 古田ビル2階
  • 浜田 〒697-0016 浜田市野原町1826-1 いわみーる2階

島根県における会社設立専門家

島根県松江市の会社設立専門家

  • TERAMOTO(社会保険労務士法人) 〒690-0006島根県松江市伊勢宮町560
  • 磯崎恒夫税理士事務所 〒690-0872島根県松江市奥谷町158

島根県浜田市の会社設立専門家

  • 大田司法書士事務所 〒697-0032島根県浜田市牛市町20
  • 佐々木労務安全コンサルタント事務所 〒697-0042島根県浜田市錦町26-2

島根県出雲市の会社設立専門家

  • 高木利彰行政書士事務所 〒693-0035島根県出雲市芦渡町2036
  • 飯塚良市税理士事務所 〒693-0027島根県出雲市医大南町3丁目1-7

島根県益田市の会社設立専門家

  • 柳尾悦子司法書士事務所 〒698-0025島根県益田市あけぼの西町13-12
  • 竹中衛税理士事務所 〒698-0025島根県益田市あけぼの西町15-2

島根県大田市の会社設立専門家

  • 松尾操司法書士 〒694-0223島根県大田市三瓶町池田321
  • 山内社会保険労務士事務所 〒699-2301島根県大田市仁摩町仁万432-5

島根県安来市の会社設立専門家

  • 景山晴日司法書士行政書士事務所 〒692-0011島根県安来市安来町1108-3
  • 足立等行政書士事務所 〒692-0011島根県安来市安来町657-3

島根県江津市の会社設立専門家

  • 本藤繁夫・本藤敦子・坂根昌幸司法書士事務所 〒699-3162島根県江津市敬川町1746-1
  • 本藤繁夫・本藤敦子行政書士事務所 〒699-3162島根県江津市敬川町1746-1

島根県雲南市の会社設立専門家

  • 藤原清文税理士事務所 〒699-1105島根県雲南市加茂町宇治193-1
  • しまね中央(税理士法人)加藤事務所 〒699-1104島根県雲南市加茂町南加茂390

島根県奥出雲町の会社設立専門家

  • 渡部浩義司法書士事務所 〒699-1832島根県仁多郡奥出雲町横田1028-5
  • 司法書士久井好範事務所 〒699-1702島根県仁多郡奥出雲町郡668

島根県飯南町の会社設立専門家

  • 吉川玲嗣司法書士事務所 〒690-3513島根県飯石郡飯南町下赤名312
  • 戸谷健一税理士事務所 〒690-3401島根県飯石郡飯南町野萱805

島根県川本町の会社設立専門家

  • かとり司法書士事務所 〒696-0001島根県邑智郡川本町大字川本623-2

島根県邑南町の会社設立専門家

  • 片山暁司法書士事務所 〒696-0312島根県邑智郡邑南町出羽391
  • 植田司法書士事務所 〒696-0102島根県邑智郡邑南町中野504

島根県津和野町の会社設立専門家

  • 司法書士・行政書士領家義典事務所 〒699-5221島根県鹿足郡津和野町日原171-2

島根県吉賀町の会社設立専門家

  • 田村行政書士事務所 〒699-5305島根県鹿足郡吉賀町柿木村下須736
  • 村本静江行政書士事務所 〒699-5525島根県鹿足郡吉賀町抜月1680

島根県西ノ島町の会社設立専門家

  • 濱中良和司法書士事務所 〒684-0302島根県隠岐郡西ノ島町大字別府3-5

島根県隠岐の島町の会社設立専門家

  • 高梨礼三税理士事務所 〒685-0003島根県隠岐郡隠岐の島町犬来93-3
  • 北岡司法書士事務所 〒685-0014島根県隠岐郡隠岐の島町西町8-1

島根県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

昨今従業員の労働環境が問題に上がっています。その状況を踏まえて、労務管理を怠ると労働基準監督署の立ち入りやブラック企業の風評が起こりかねないと考え、会社、従業員双方の事を考えると、最低限労務管理はしっかりと行いたいと考え、社会保険労務士のサポートが必要と考えました。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

一番自分にとって苦手としている保険の分野は、社長になったとしても一朝一夕で身につくものではないし、ぜひプロの方にアドバイス頂きたい。作業として事務的にいろいろお願いするのではなく、コミュニケーションをとって他のいろんなこともアドバイスとして相談に乗ってほしい。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

会社を経営していくには必ず、従業員を雇用することが不可欠となります。しかしながら、従業員を雇用するということは、労務に関する揉め事は発生するものと考えられます。そこで、労務のプロである社会保険労務士に会社設立後の紛争問題の解決を依頼することにより、より一層、会社の経営がスムーズに運べると考える為です。

行政書士(補助金や助成金の申請)

全ての項目に印を付けたいくらいであったが、自分自身が経済関係のことにあまり得意な印象を感じていないため、忘れがちな部分をいつもきちんとやってくれる人が必要だと思う。自分の至らない点に至る人、そしてしっかりと自分の業務を達成できる人と仕事をしたいと感じる。

司法書士(会社の設立登記)

会社を設立する方法がわからない為、司法書士のサポートがある状態でもれや間違いが無いように会社を設立したい。また、専門的な知識がない為、会社の設立登記が遅れる可能性があり、スタートからつまづくことがないようにしたい。遅れることによって罪に問われることもあるようなので、それは絶対に避けたいです。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

上に書かれているどの業務も会社を運営する上で必要なものだが、まずは最初に会社を設立する時点で間違いや不備が無いようにしたい。そのため司法書士のサポートがまず必要ではないかと思いました。会社設立後は労務管理や税務についても重要であると思うので、司法書士の次に税理士や社会保険労務士にも相談したい。

税理士(確定申告)

収入面や資金面でどうしても一人の力では足りない所や不足する所が出てくると思うから。一年に一回の確定申告ですが、しっかりやっておかなければ大変な事になるというのは分かっています。実際に私が今働いている会社でも社長は税理士と仲良くしていますし、確定申告の大切さを訴えています。

税理士(確定申告)

毎年書類やレシートを集めて、それらを計算したりまとめたり、そして人が沢山いる税務署に並ばなければいけない、朝一番に並んで入ることができても、書類の確認、パソコンの入力ととにかく時間がかかる。それを第三者が行ってくれると、自分自身も仕事に集中できるし、不備もないので安心できる

税理士(経理・決算業務)

まず経理がいないと会社自体が成り立たないから。お金の動きをきちんと理解し、経費がとれだけ使われたらどこに予算が余るのかなどお金の行方について細かく間違えのないように仕事をしてくれると会社全体が動くと考えられる。計算に強く細かいことが苦にならない方にやっていただきたい

税理士(経理・決算業務)

自身が経理関係に自信がないため、専門家にサポートをお願いすることで会社の資金繰りが自身一人でするよりも軌道に乗ると思うので。また資金の地盤を固めておかないと、設立後従業員を雇ったり、お客様の信用を勝ち取ることが出来ないと考える。どんなことにおいてもお金は大事だと思う。

税理士(経理・決算業務)

色々な専門職の人に助けてもらうことが大切だと思うのですが、仕事をするうえで一番大切になってくるのはやはりお金かと思います。そのため、信頼できる税理士に経理や決算の相談をしながら、事業の方向性が正しいのか、改善点はあるのかなどを相談していきたいと思いました。

税理士(顧問税理士の依頼)

少しでも税金納付を安くする為の工夫等の相談や決算処理等をお願いすれば、いざとなった時(監査に入られた時)に一言「税理士に一任してます。」で言い通せますし、税理士通せば、監査も必要以上に立ち入りしにくいだろうと考えます。なのでまず、会社設立に当たり、一番最初に信頼でき、仕事のできる税理士を探すと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

事業を軌道に乗せられるかどうかの判断をする基準に売り上げなどの金額での判断が必要になると思うので。また、事業をスタートした時点から税理士に相談しておけば、今後事業が変化していく様子を見ていてもらえるし、過去の状態をわかったうえでのアドバイスをしてもらえそう。会社は設立するだけでなく、事業を軌道にのせ、継続していかなければいけないので、金銭管理が最重要だと思うので。

税理士(税務の相談)

会社を設立するにあたっては、金銭的なことが複雑に絡んできます。そういった時に、巧く物事を進めていくには、専門家のアドヴァイスも必要になってくると思います。設立時もそうですが、設立後も税金のことについては、必要な事項ですので揺るがせには出来ません。特に税法は頻繁に法改正がなされているので注意が必要な分野と思われます。そういったことからも、税理士の方に必要に応じて依頼した方が良いと考えられるものについては、依頼した方が良いと思いました。

税理士(税務の相談)

税務のことに関してお願いしたいと思いました。税金のことは何があってしっかり支払うのが義務です。会社を設立出来たのは誰かのお陰で出来ます。自分が頑張った分を世の中に返還していくのが世の常です。何かの手違いで、支払われてないとなるとややこしいのでプロにお任せするのがいいと思います。

税理士(税務の相談)

私はお金を取り扱うのがもともと苦手です。何から始めたら良いか、日々どういう作業が必要なのか、また確定申告を目指してどんな準備をして行ったら良いのかを具体的に知りたいです。専門家に頼むことで日々の作業が効率よく管理もうまくでき、大きな間違いを防げると思います。それは安心感に繋がり、毎日の業務に集中でき最終的に売上アップにつながると確信しています。