会社の設立ガイド

広島県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

会社設立後に、社会保険についての相談やさまざまな労働に対する申請書の制作や業務において、労働者からの思いがけないトラブルやクレーム処理など、自分では法的知識や、トラブル処理の対応などが出来ないと思うので、専門知識を持った方のサポートが必要になると思う

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

社長になったら定時退勤を推奨していきたいです。それに伴って、同じ仕事でも個々で仕事をこなす量に差が出て、仕事が出来る人の仕事量が増えて不公平になったりと何かと不満が溜まると思います。その時に個々で言い争うのではなく、労務士が相談に乗って間に入ることで、第三者の立場からどうしたらみんなが不公平にならずに仕事を終えることが出来るのかを考えていきたいです。みんなが楽しく、仕事が出来る環境を作っていきたいので。

税理士(税務の相談)

会社を設立する上では税務の相談は必要になると思います。節税することは税理士の目的では必ずしもないかもしれませんが、節税にも協力的な税理士についていただければ、必要なアドバイスを得て会社運営をすることが期待されます。資金調達にも詳しければなお良いです。

税理士(税務の相談)

大規模企業のみならず個人経営であっても、会社を運営していくにあたり避けては通れないことの一つに税金があります。健全な会社運営の中でもかなり重要な事柄ですので、経営者自身が一人でこなすことよりも第三者的な立場で助言が仰げる税理士は必要だと感じます。

税理士(税務の相談)

税務のことが全く分からないため。知識がゼロの状態から相談するので得るものが沢山あると思われる。また、お金の問題は一番事業にとって現実的なものなので、早めに不安を解決しておきたいため。登記や法律、保険のことはそれが済んでから落ち着いて勉強したい。

税理士(税務の相談)

会社にとって、税は永続的について回るためです。選択肢のどれも全て大切なことですが、やはりお金のこと、ましてや税金は会社の利益に大きく関わってきます。社長本人に多少の知識があったとしても、必ず専門家の助言・補佐が必要になると思います。私自身、税や数字に強くないため、この回答になりました。

税理士(経理・決算業務)

経理業務も大変なお仕事なので、毎日の帳簿付けなどの経理業務を税理士さんに任せることが出来たら、自分の仕事に集中出来ると思うからです。帳簿付けがきちんと出来ていたら、確定申告の際もあまり困ることもないと思うので、私は経理業務をお願いしたいです。

税理士(経理・決算業務)

経理・決算は大事なところですが、裏方で働くより表舞台で活躍し飛び回りたいので、細かい計算などをして頂いてそれに応じて自分の好きなように会社を盛り上げていきたいと思うからです。間違いがあってはいけない部門ですし、そこに集中するよりはプロに任せて会社の成功と発展に自分の能力を使いたい。

広島県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    広島県内の公証人役場
  • 広島合同 〒730-0037 広島市中区中町7-41 三栄ビル9階
  • 東広島 〒739-0043 東広島市西条西本町28-6 サンスクエア東広島4階
  • 呉 〒737-0051 呉市中央3-1-26 第一ビル3階
  • 尾道 〒722-0014 尾道市新浜2-5-27 大宝ビル5階
  • 福山 〒720-0034 福山市若松町10-7 若松ビル4階
  • 三次 〒728-0014 三次市十日市南1-4-11

広島県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士