会社の設立ガイド

広島県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

広島県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社経営については、何でも自分1人で決めずに、社員の意見、専門家の意見を聞きながら、前進していくのが理想だと考えます。理由は、年齢に関係なく、しっかりした考えの人もいるし、例えばこの点に関しては秀でているという人もいるので、みんなの良い所を持ち寄りながら会社を成長させたいと思うからです。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

会社が大きくなって、従業員が増えた時に労働問題で従業員と揉めるケースが起こらないとは限らないので、起こるまえに社会保険労務士に意見を仰いだり相談する事は会社にとって後々重要になってくると思うので。扮装が起こる前に未然に防げたらいいと考えます。

行政書士(設立後の会計帳簿記帳代行)

自らの働きに支障が出ないよう、専任の帳簿作成者をたてる必要があるかと思ったからです。金銭を上手く帳簿で管理してもらえれば、安心して自らの進んで働けると思います。支出の決断は自分自信だが、帳簿ができてさえいればいい判断ができるのではないかと思います。設立後の管理が一番大切ではないかと思い、自分自身だけではなくもう1人頼れる存在がいたほうがいいと思い、行政書士さんを選びました。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

起業するって言うことは、何かやりたい事業があるとか、勝算のある算段が見えてるってことだと思う。だからクリエイティブな部分は自分でできるし、やりたいと思うから、必要な裏方的な仕事をやってくれる人がいたらありがたい。コンプラもそうだけど、何が必要かを調べてやってくれたら助かる。

司法書士(会社の設立登記)

司法書士をお願いしました。実際にやってみて最初に必要なものは会社の登記だったから。税理士は会社が大きくなって有限会社になってから必要になったし、行政書士は(私の仕事の場合)資格の問題で取り扱うことの出来ないものを手続きしてもらうだけで、設立したあとに必要になってくるから。社会保険労務士は主に月イチの話に代理で出席してもらっているだけで、実際は自分が行けば良いが行く暇がないだけだから。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

高校からの親友が、自営業することになり何度か「一緒の会社造らないか?」と誘われて貯金に余裕があればぜひ自営業をしてその友達と合同会社を立ち上げたいなと思いまして、一緒ならうまくいくのでは?と考えて司法書士の方にお力をいただいて成功したいなと思いました。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

必要な定款が全く分からない。経理や社会保険等は少しは知っている部分があるので、自分が全く分からない分野でサポートが受けられることがメリットだと思うから。また、定款は会社設立のはじめの方に必要なことだと思うので、他の項目よりは優先順位が高いと思った。

税理士(確定申告)

お金のことは何より大事なことだと思います。会社を設立するにあたり、もちろん自分でもある程度の勉強は必要不可欠だとは思いますが、やっぱり専門の方にお願いした方が、確実性があるし損をすることはないような気がするからです。自分でやって後悔するくらいならお金を払ってでもお願いしたいと思います。

税理士(経理・決算業務)

経理は細かい仕事がほぼ毎日。まとめてやるのもいいが領収書などをためておくのも手間がかかる。信頼する人に経理をやってもらえれば毎日の細かい作業にさく時間を社長としてやらねばならない仕事に使える。もちろん会社のお金の流れも把握できるように毎日確認はするのが条件。

税理士(顧問税理士の依頼)

金銭関連のやり取りが必須になる会社運営において、顧問税理士がいるだけで安定した会社運営の基盤になるから。また、税理士を社外取り締まり役に任命することによって、監査などの必要なタイミングで社外に依頼するよりも安価に依頼することができ、かつ多忙な税理士でもスケジュールを押さえることが容易になるから。

税理士(税務の相談)

税金対策のために必要だと思いました。節税に関しての知識、どのようにして節税をするのか、安心して経営をするためにどうしても必要なことです。節税をすることによって浮いたお金をほかのことに有効的に利用できることから税理士に相談したいと思いました。

広島県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    広島県内の公証人役場
  • 広島合同 〒730-0037 広島市中区中町7-41 三栄ビル9階
  • 東広島 〒739-0043 東広島市西条西本町28-6 サンスクエア東広島4階
  • 呉 〒737-0051 呉市中央3-1-26 第一ビル3階
  • 尾道 〒722-0014 尾道市新浜2-5-27 大宝ビル5階
  • 福山 〒720-0034 福山市若松町10-7 若松ビル4階
  • 三次 〒728-0014 三次市十日市南1-4-11

広島県における会社設立専門家

広島県広島市の会社設立専門家

  • 岡清二行政法務事務所 〒736-0082広島県広島市安芸区船越南2丁目18-18
  • 今泉質税理士事務所 〒736-0082広島県広島市安芸区船越南2丁目19-26-706

広島県呉市の会社設立専門家

  • 脇田翠司法書士・土地家屋調査士事務所 〒737-0003広島県呉市阿賀中央2丁目2-6
  • 加藤労務管理事務所 〒737-0003広島県呉市阿賀中央5丁目13-12

広島県竹原市の会社設立専門家

  • 和才英充行政書士事務所 〒725-0021広島県竹原市竹原町2576-6
  • 高杉薫二税理士事務所 〒725-0026広島県竹原市中央3丁目12-6

広島県三原市の会社設立専門家

  • 松尾社会保険労務士事務所 〒723-0015広島県三原市円一町3丁目11-10
  • 杉原恭治司法書士事務所 〒723-0015広島県三原市円一町3丁目13-8

広島県尾道市の会社設立専門家

  • 山口賢司税理士事務所 〒722-2102広島県尾道市因島重井町2172-7
  • 行政書士柏原光喜事務所 〒722-2102広島県尾道市因島重井町樋口2946-1

広島県福山市の会社設立専門家

  • 平田一也司法書士事務所 〒720-0033広島県福山市旭町2-12
  • 江草社会保険労務士事務所 〒720-1262広島県福山市芦田町大字下有地834

広島県府中市の会社設立専門家

  • 田中幸夫司法書士事務所 〒726-0002広島県府中市鵜飼町535-8
  • 岸川敬征司法書士事務所 〒726-0002広島県府中市鵜飼町543

広島県三次市の会社設立専門家

  • 大谷貞子税理士事務所 〒729-4204広島県三次市吉舎町三玉587-2
  • 福品博美司法書士事務所 〒729-4102広島県三次市甲奴町西野540-1

広島県庄原市の会社設立専門家

  • 青木照和税理士事務所 〒727-0013広島県庄原市西本町2丁目11-13
  • 茅日出夫司法書士事務所 〒727-0013広島県庄原市西本町3丁目7-3

広島県大竹市の会社設立専門家

  • 原田和雄司法書士事務所 〒739-0615広島県大竹市元町2丁目1-12
  • 宮本徹司法書士・行政書士事務所 〒739-0611広島県大竹市新町2丁目10-13

広島県東広島市の会社設立専門家

  • 石田昌宏司法書士事務所 〒739-2402広島県東広島市安芸津町三津5563-47
  • 市川行政書士事務所 〒739-2403広島県東広島市安芸津町風早3105-1

広島県廿日市市の会社設立専門家

  • 西本弘司税理士事務所 〒738-0054広島県廿日市市阿品2丁目3-8
  • 有限会社山岡社会保険サービスセンター 〒738-0053広島県廿日市市阿品台1丁目16-16

広島県安芸高田市の会社設立専門家

  • みつや会計(税理士法人) 〒731-0501広島県安芸高田市吉田町吉田1923-1
  • 板岡哲造社会保険労務士事務所 〒731-0501広島県安芸高田市吉田町吉田1923-1

広島県江田島市の会社設立専門家

  • 古田行政書士事務所 〒737-2213広島県江田島市大柿町大原1025-2
  • 平元勝一司法書士事務所 〒737-2213広島県江田島市大柿町大原3936-1

広島県府中町の会社設立専門家

  • 松本拓也税理士事務所 〒735-0006広島県安芸郡府中町2丁目13-15
  • カイハラ経営労務管理事務所 〒735-0005広島県安芸郡府中町宮の町4丁目23-3

広島県海田町の会社設立専門家

  • 田中社会保険労務士事務所 〒736-0022広島県安芸郡海田町蟹原1丁目11-16
  • 中尾哲税理士事務所 〒736-0022広島県安芸郡海田町蟹原1丁目11-29

広島県熊野町の会社設立専門家

  • 伊藤司法書士事務所 〒731-4227広島県安芸郡熊野町貴船2-25
  • 佛圓司法書士事務所 〒731-4213広島県安芸郡熊野町萩原7丁目6-5

広島県坂町の会社設立専門家

  • 西広明司法書士・行政書士事務所 〒731-4324広島県安芸郡坂町横浜西1丁目14-8
  • 司法書士吉田清郎事務所 〒731-4313広島県安芸郡坂町坂東3丁目9-16

広島県安芸太田町の会社設立専門家

  • 佐々木一好司法書士事務所 〒731-3501広島県山県郡安芸太田町大字加計3753-1
  • 上杉正作行政書士事務所 〒731-3664広島県山県郡安芸太田町大字上殿232-1

広島県北広島町の会社設立専門家

  • 箕野春人税理士事務所 〒731-1532広島県山県郡北広島町古保利228-1
  • 岡本司法書士事務所 〒731-1531広島県山県郡北広島町春木484-1-2

広島県大崎上島町の会社設立専門家

  • 岡田泰司法書士事務所 〒725-0301広島県豊田郡大崎上島町中野2120-1
  • 尾尻行政書士事務所 〒725-0301広島県豊田郡大崎上島町中野4610-33

広島県世羅町の会社設立専門家

  • 垣内晴子税理士事務所 〒722-1625広島県世羅郡世羅町大字重永618-2
  • 国政司法書士事務所 〒722-1121広島県世羅郡世羅町大字西上原456-3

広島県神石高原町の会社設立専門家

  • 平井秀行税理士事務所 〒729-3601広島県神石郡神石高原町相渡6532-4
  • 宇賀拓郎 〒720-1812広島県神石郡神石高原町油木乙1994

広島県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

小規模な会社で従業員が少ないと自身で管理はできるかもしれないが、大規模になると把握するのが大変になる。雇用が入れ替わり立ち代わりをすると自身で管理ができなくなる。資格を持っている社労士と契約すれば出費が出るかもしれないが資料も作成してもらえるし管理がスムーズになり、相談もできるので何かと助かる。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

従業員にも直接関わってくることだし、不正なくきちっとした加入手続きをしておかないと、知らなかったでは済まされないし、後々揉める要因になると思うから。専門である社会保険労務士にお願いすれば、自分の知識が足らないとこや勉強不足なとこも補えるし、安心できるというメリットがある。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

会社を設立した後、よく揉めたり問題が多く出てくると思うのでお願いしたいと思いました。問題が起こった時に素人が1人で解決出来るとは思えないという理由が1点。また揉めた相手側が素人じゃなかったり、暴力団に関係してたり、関わっていたりした場合に太刀打ちできないと思いました。人と人の揉め事や問題は第三者をたてて話し合いする事が1番早く冷静に対処出来解決すると思うので選びました。

行政書士(補助金や助成金の申請)

初めて起業するとしたら、とりあえず資金は必要になります。自分の夢を描くのは容易いことですが、実際に具体的な展開を進めるには専門家の意見は必要になります。補助金の制度があれば積極的に利用したいと思いますし、その後安定した経営をしたいのであれば重要なことだと思います。

司法書士(会社の設立登記)

事業登録をしてしっかりと会社の枠組みを作ってもらうためです。もし自己の判断で会社というのを作ってもそれでは機能しにくいしビジネスにもつながらないと思います。公的にも難しいですし取引も困難でしょう。実際の事業方針ができていてなおかつ資本があれば土台さでしっかりしていれば軌道に乗せるのにプラスになると思うからです。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

設立する、といっても、設立を完了するのに関する書類等、専門家の知識がないと作成できないものもあるので、司法書士に入っていただき、色々必要なことが理解できるように勉強していきたいし、もしトラブルが起きたとき、頼るところがあると安心できるから。

税理士(確定申告)

どんなに軌道にのって、業績がよくなっても半分ぐらいぜいきんに持っていかれるより、次の事業展開に使ったり、新しい事になるべく自分の会社で回していければいいと思います。あと、申告の時期に忙しくなるのでその辺の作業はなるべく専門の方にお願いするのが一番いいと思います。

税理士(確定申告)

会社設立するためには、法律を遵守する必要があると考えています。その中で税金のことについては慎重に行わないといけないかと思います。もし確定申告で誤った申告をしてしまったら脱税になってしまい、通常の倍以上の税金を払ったり、場合によっては業務停止になったりすることもあるので確定申告のための税理士さんは重要と考えます。

税理士(経理・決算業務)

業務の狙いや活動は自身にあるので、それに付随する資金のやりくりをお任せしたいから。事業が安定稼働するまでの間の資金繰りは、出入りが不安定になり、突発的な物も多くなり、複雑になるのが目に見えているので、専門のプロに目を光らせて貰った方が安心できる。

税理士(経理・決算業務)

お金の管理が会社運営には一番大切だと思うから。経理が全く分からないのでアドバイスが欲しい。自分の会社にあったプロのアドバイスを期待したい。いきなり誰かを雇って任せるのも不安なので、軌道にのせられるまで基本的な部分を教えてもらいながら学びたい。

税理士(経理・決算業務)

会社を経営する上で経理、決算業務は会社の利益を決定させるための大事な役割であるため専門家に任せたいと思いました。お願いするメリットは、外部に委託することで会社内の不正を防止できること、経理のプロに任せることで正しい利益確定ができることが挙げられます。

税理士(顧問税理士の依頼)

多くの会社が存在しているように、同じだけの経営者も存在しています。勿論その数だけ経営意向があるわけで、その多様な意向を深く理解し、賛同してもらえるパートナーの存在は大きいので、専属として管理、監督、意見がお願いできる顧問の立場が重要だと感じます。

税理士(顧問税理士の依頼)

確定申告など税金の事は難しいと思うので、社員などをかかえるのであれば、社会保険労務士など上記に載っている方々のお力を借りなくてはと思いますが、まず初めに会社設立にあたり税理士さんとの掛け合いから、会社の税金対策などをちゃんとするところからかと私は思いました。

税理士(税務の相談)

お金、税金の管理は専門の方に相談した方が良いと考えます。けれど、全てお任せするのではなく、自分でも動いたり、お金、税金の管理ができるようにアドバイスをもらいながら自分でやってみたいと思います。いずれは自分でお金、税金のの管理ができるまでのサポートをしてほしいと思い、税務の相談を選びました。

税理士(税務の相談)

「餅は餅屋」という諺があるように税務面はプロに任せたほうがいいから。プロにお任せすることで、節税対策がしやすくなる。素人がやると、下手をすれば脱税の疑いをもたれて節税どころか多くの税金を支払う羽目になるかもしれないので。今の日本は、税金対策が難しい・・・

税理士(税務の相談)

税金面でのトラブルは社会的な信頼を失うことが多いと思っているのため。また、素人ではわからない内容が多いので、専門家に依頼し、社内でのさまざまな税金面の手続きを行ってほしいと思う。ここをきちんと行うことで、会社が安定するのであれば、いちばん初めにやっておくべきだと思う。