会社の設立ガイド

山口県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を創設して経営を行って行く上で行政への手続きなどの面倒な事を自分の会社の顧問弁護士が居れば何かと心強く感じますし、業績を伸ばして行く上でのコンプライアンス問題で会社の方向転換でも顧問で居る事が独立して会社を大きくして行くのに必要不可欠だと考えています。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社設立時にまず、何をしたいのかは明確にあるのだが、その業務範囲(定款)や関係書類作成の手続きが煩雑であるため。この手助けをしてくれる方がいると非常に助かる。また、作成時気づかぬことも気づけるのではないか。それ以上に会社設立後の佳き相談役・パートナーとして助言していただけるように思える。

税理士(確定申告)

確定申告は事業をする上で必ず必要になってくる。しかし、確定申告の時期は年度末なので決算時期と重なる可能性もあり、仕事も忙しくなってくるはずなので期間内で申告ことが大変である。なのでプロに任せた方が間違いがなく何回も役所に行く必要もないので安心である。

税理士(顧問税理士の依頼)

多くの会社が存在しているように、同じだけの経営者も存在しています。勿論その数だけ経営意向があるわけで、その多様な意向を深く理解し、賛同してもらえるパートナーの存在は大きいので、専属として管理、監督、意見がお願いできる顧問の立場が重要だと感じます。

税理士(経理・決算業務)

会社設立はインターネットや無料相談などでアドバイスを受けたりしながら自分で何とかできそうだが、経理のことは専門家に任せた方が、会社の経営や必要な知識についてなど有益なアドバイスももらえるし、経理以外で自分がやらなければいけないことに集中できるように思う。

税理士(確定申告)

確定申告は1年に1回必ず来る大切な業務なので素人には分からない事が多くあると思いましたので選びました。メリットとしては設立するという事はずっと続けていくと言う事ですので会社を継続的に考えると、仮にいくら業績が良くなっても税金についてきちんとしておかなければ存続だけではなく会社の信用にも関わってきますので、プロの税理士さんの力がより必要になると感じました。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

普段から素人では作成が難しい書類や届け出の書類に不備があったりと、教えてもらっても初めてのことの申請は難しいことが多いと感じています。そう行ったことの面倒を請け負ってもらえたり経験豊富な立場からアドバイスをもらえると心強く感じるのと、本来の仕事に集中することができそうだからです。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

まず最初だからこそ会社の信頼や基盤を盤石なものとしたいので、保険についての知識やどうすればいいのかをよく知っておくことで周りに不安を与えないようにし、詳しい立場から見たアドバイスも取り入れていくことで魅力ある会社にしたいと思ったので選びました。

山口県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    山口県内の公証人役場
  • 山口 〒753-0045 山口市黄金町3-5
  • 徳山 〒745-0034 周南市御幸通2-12 秋本ビル5階
  • 岩国 〒740-0017 岩国市今津町1-18-7
  • 下関唐戸 〒750-0004 下関市中之町6-4 大和交通ビル4階
  • 宇部 〒755-0032 宇部市寿町3-8-21
  • 萩 〒758-0071 萩市大字瓦町16 三好ビル2階

山口県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士