会社の設立ガイド

徳島県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

徳島県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

近年、残業や不当賃金など様々な労働問題を聞きますが、従業員を雇っていく上で労務管理はとても重要な事だと思います。しっかりした知識を持ち、社内の規程を明確にする事で、従業員にも安心を与え、職場環境を良くしていく為にも、幅広い知識を持つ社会保険労務士に労務管理相談をするのは良い事だと思います。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

会社を設立する以上、他の同内容の企業と少なからず派閥や対立があると考えられるため、ことが大きくなりすぎないようプロに頼みたいと思ったから。プロの方が法的な知識などもあり円滑に話が進みそうだから。また社内においても、近年様々なハラスメントが問題になっているため、その解決のためにもお願いしたい。

行政書士(設立後の会計帳簿記帳代行)

社内の誰かにお願いするよりは外注の専門家に委託したほうがよくわかっている上、間違いが起こる可能性も低くなります。会社の会計帳簿となると扱う数字も大きく間違いが起きやすく、また、間違った場合修正するのはもっと大変な作業なので日ごろから正確に業務を行ってもらいたいからです。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

まず初めに会社を設立するために必要な書類を指導してもらうと同時に、今後必要なもの、必要なことなどのアドバイスがもらえそうだから。一番身近で助言相談などかしやすい立場で、かつ、最初から関わってもらえれば内情を理解し的確なアドバイスが継続的にもらえると思うのがメリット。

司法書士(会社の設立登記)

会社を創めるにあたっての大事な最初の作業になるので、不備や間違いがあってもいけないので、プロにお任せしてみてもらう事で安心して登録できると思う。さらに一番面倒な事務処理をお願いできて、相談しながら行えるので、法律や企業に関する知識が無くても大丈夫なところがすごく助かると思います。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

会社を設立する際に自身のそれまでの経験からそれなりのスキルは有るものの、やはり失敗を回避する為にも専門家の知識等を参考及び指導頂くのは大変有意義な事だと認識しており、それによって自身のスキルアップに繋がり事業拡大の成果を得る事が出来ると考えます。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社の定款は、国でいえば憲法に例えられる。ゆえにしっかりとした定款を作成し、それに乗っ取って会社を運営していくことが重要となる。会社を運営していく上で、労使共定まった定款にもとづいて歩む…それが健全な会社であるから、社長の立場からすると有能な司法書士に定款作成を依頼したい。

税理士(確定申告)

おそらく会社を立ち上げたら税金対策が必要になると思うので、税理士さんの力をお借りしたいです。通常年収が5000万以上の場合税金が5割取られますが、法人税なら3割ですむらしいですね。私に税金の管理が出来るかどうかわからないので、税理士さんの助けが必要です。

税理士(経理・決算業務)

経理はわからないことが多いが、自分で一から勉強するのは大変そう。帳簿つけなどは最初からフォーマットを決めてやらないと後で面倒になりそうなので、早い段階で専門家に任せたい。煩雑な業務を自分以外に割り振ることで、事業そのものに集中して取り組むことができると思う。

税理士(顧問税理士の依頼)

起業は誰にでも出来るけれど、継続させることはなかなか難しい。お金の流れが掴めていることが1番重要だと思います。そして、起業から継続して長くお金の流れを掴んでいて、アドバイスをくれる人が欲しいからです。せっかく設立した会社を長く続け、社員の生活を守ることが重要と考えました。

税理士(税務の相談)

会社を設立する以上、利益をあげることが必要となってくるが、利益があがると当然税金もかかってくる。税金は基本知識のない私たちにとって仕組みが難しく、自分で考え始めたら不利益になってしまうようなお金の使い方をしてしまいそうで怖い。お金のことはやはり専門の人に任せたい。

徳島県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    徳島県内の公証人役場
  • 徳島 〒770-0841 徳島市八百屋町3-15 サンコーポ徳島ビル7階
  • 鳴門 〒772-0002 鳴門市撫養町斎田字浜端南154 ライトビル1階

徳島県における会社設立専門家

徳島県徳島市の会社設立専門家

  • 福山会計(税理士法人) 〒770-0939徳島県徳島市かちどき橋2丁目16
  • 立石正博税理士事務所 〒770-0939徳島県徳島市かちどき橋3丁目50-4

徳島県鳴門市の会社設立専門家

  • ベルダ(税理士法人) 〒771-0361徳島県鳴門市瀬戸町堂浦字浦代41
  • 林清行政書士事務所 〒771-0361徳島県鳴門市瀬戸町堂浦字浦代41

徳島県小松島市の会社設立専門家

  • 水口税理士事務所 〒773-0006徳島県小松島市横須町8-38
  • 松下泰司法書士事務所 〒773-0007徳島県小松島市金磯町9-81

徳島県阿南市の会社設立専門家

  • すだち会計(税理士法人) 〒779-1106徳島県阿南市羽ノ浦町岩脇紫衣池95-9
  • 野村土地家屋調査士・行政書士事務所 〒779-1102徳島県阿南市羽ノ浦町宮倉前田28-12

徳島県吉野川市の会社設立専門家

  • 加美恵二税理士事務所 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島108-5
  • 大塚邦彦司法書士事務所 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島169-1-1F

徳島県阿波市の会社設立専門家

  • 黒田孝二行政書士事務所 〒771-1701徳島県阿波市阿波町大原4
  • 谷口伸二事務所 〒771-1701徳島県阿波市阿波町大道南250

徳島県美馬市の会社設立専門家

  • 小西社会保険労務士事務所 〒777-0002徳島県美馬市穴吹町三島字舞中島1806-1
  • 尾崎理事務所 〒779-3602徳島県美馬市脇町大字猪尻字若宮南7-1

徳島県三好市の会社設立専門家

  • 川西和幸社会保険労務士事務所 〒779-4806徳島県三好市井川町西井川319-35
  • 嵯峨勝事務所 〒778-0012徳島県三好市池田町イケミナミ1922

徳島県勝浦町の会社設立専門家

  • 小坂司法書士土地家屋調査士行政書士事務所 〒771-4305徳島県勝浦郡勝浦町大字久国字久保田5-12
  • 山本達夫司法書士事務所 〒771-4303徳島県勝浦郡勝浦町大字生名字神ノ木1-1

徳島県石井町の会社設立専門家

  • 毛利康男事務所 〒779-3223徳島県名西郡石井町高川原字高川原81-2
  • 毛利康男行政書士事務所 〒779-3223徳島県名西郡石井町高川原字高川原81-2

徳島県神山町の会社設立専門家

  • 中村實男事務所 〒771-3201徳島県名西郡神山町阿野字南行者野56-2

徳島県那賀町の会社設立専門家

  • 河野有事務所 〒771-5503徳島県那賀郡那賀町小浜196
  • 司法書士かがたに事務所 〒771-5203徳島県那賀郡那賀町和食郷字南川100-4

徳島県美波町の会社設立専門家

  • 戎谷公太郎事務所 〒779-2305徳島県海部郡美波町奥河内字寺前237-1
  • 戎谷公太郎行政書士事務所 〒779-2305徳島県海部郡美波町奥河内字寺前237-1

徳島県海陽町の会社設立専門家

  • 小倉博文行政書士事務所 〒775-0302徳島県海部郡海陽町奥浦字町内100-1
  • 西村税理士事務所 〒775-0203徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻35-3

徳島県松茂町の会社設立専門家

  • 河野事務所 〒771-0220徳島県板野郡松茂町広島字一番越7-4
  • 谷川進税理士事務所 〒771-0220徳島県板野郡松茂町広島字丸須1-148

徳島県北島町の会社設立専門家

  • 落合行政書士事務所 〒771-0205徳島県板野郡北島町江尻字松ノ本8-19
  • 高岡俊成司法書士事務所 〒771-0205徳島県板野郡北島町江尻字妙蛇池21-10

徳島県藍住町の会社設立専門家

  • 久次米貞美税理士事務所 〒771-1201徳島県板野郡藍住町奥野字原21-8
  • 久次米税理士事務所(税理士法人) 〒771-1202徳島県板野郡藍住町奥野字前川6-1

徳島県板野町の会社設立専門家

  • 平岡主税税理士事務所 〒779-0102徳島県板野郡板野町川端字金泉寺東20-2
  • 平岡芳和税理士事務所 〒779-0102徳島県板野郡板野町川端字出口3-1

徳島県上板町の会社設立専門家

  • 松尾孝税理士事務所 〒771-1302徳島県板野郡上板町七條字古町64-1-103
  • 乾香織司法書士事務所 〒771-1302徳島県板野郡上板町七條字御宝15-1

徳島県つるぎ町の会社設立専門家

  • 西岡美江子事務所 〒779-4401徳島県美馬郡つるぎ町半田字中藪34-6

徳島県東みよし町の会社設立専門家

  • 木藤社会保険労務士事務所 〒779-4701徳島県三好郡東みよし町加茂1499-4
  • 宮本正憲事務所 〒779-4701徳島県三好郡東みよし町加茂1646-3

徳島県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

まず、社会保険のことがよくわからない。だから、やってもらいたい。将来、会社を建てたいため、必要枠になってくると思う。社会保険労務士とは実際何をするのか、保険は生きていくうえでとても大事なことであるからこの仕事の人を外すことはできないと思う。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

社会保険の加入の手続きなどは、めんどくさく会社設立してなにかと忙しい時に申請書や届け出をなにも知識がない自分で行うのは大変です。社会保険加入などは従業員の為にも早いほうが良いと思うので、専門家にお願いしたほうが良いと考えています。メリットはスムーズな手続きができるということとその後の作業などの簡素化も教えてもらえるのではないかということです。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

限られた事業設立資金の中で専門家に依頼すべき案件は、トラブル発生時に会社の代理として矢面に立ち、会社に有利な条件で交渉をまとめることであると考えます。なぜならば、このトラブル対応は間違えば会社に大きな損害や信頼喪失を与えかねないためです。特に会社設立直後はどのようなトラブルに巻き込まれるか予想がつきにくいため、プロの柔軟な対応力が必要と考えます。

行政書士(補助金や助成金の申請)

会社を設立する当初は資金面でも不安が大きいと思います。そこで助成金や補助金は力強い味方でありますが、知らない情報のほうが多いかと思います。今はネットで検索すればあらゆる情報が出てくる時代ではありますが、やはり最新の情報を確実に知るためには行政書士にお願いしたほうがよいかと思います。

司法書士(会社の設立登記)

基本的な事として、会社を設立するにおいて瑕疵が生じる事は避けたいと考えます。また、スムーズ且つ確実な設立を進めるためには、司法書士に協力・相談頂いた上で様々な条件や準備等をクリアしていく事が賢明かと思います。設立後の初期においても最も重要なポイントではないでしょうか。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

司法書士に定款の認証を電子文書で作成してもらえば、用紙で作成した定款を役場に認証してもらうときにかかる結構な額の印紙代が、節約できるのがメリットになるからです。また、書類作成や提出といった煩雑な作業を代行してもらえることもメリットと思います。

税理士(確定申告)

私の働いているところが個人事業なのですが、税金については一番大変だと社長がいっておりました。確かに毎年確定申告の時期になるとピリピリしている気がしますね…。税金に関しては本当にプロでないとわからないことがたくさんあるので、自分の力でやろうとは思いません。

税理士(確定申告)

確定申告は自営業にとって年間でトップに入るぐらいややこしく時間がかかる作業。それをしてくれたり教えてくれるならありがたい。1番のメリットはやはりかかった経費や売上のまとめ。12ヶ月分をするのはかなり時間を費やす作業だし確定申告は必ず行わないといけない事だから。

税理士(経理・決算業務)

どれも自分で行うには難しそうだし面倒くさそうですが、その中でもお金の管理は間違えれない感じがして専門家に任せる方が計算など時間や手間など掛からずに済みそうだからです。専門家と名があるだけで安心感もあり信頼して任せれそうなので税理士は必要だと思います。

税理士(経理・決算業務)

日常の経理処理を行なう社員は必要ですが、決算業務までを完全にこなせる社員を確保するのは難しいので、専門家にお願いしたいと思います。メリットは、間違いなく決算を終えられることと、将来的には社員に決算ができるまでの力を付けてもらうためのお手本となることです。

税理士(経理・決算業務)

会社設立時の手続きも大事だが、やはり設立後に事業を安定して回していくためにお金周りのサポートが必要不可欠かと思う。無駄をはぶき利益を生み出すこと、それを従業員に還元すること、そして最終的にはきちんと納税することが社会に対しても必要不可欠なこと。またクライアントの信用を得るためにも必要。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社経営するにあたり、一番気になることは税金をきちんと納めていくことです。他のことに関しては労力や時間を惜しまなければ自分の力でできるような気がしますが、税金を抑えたりすることはより専門的な知識が必要になると思います。専門家を継続的に迎い入れて監修して頂きたいです。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を設立するにあたって税金などしっかりとしないといけないので専門的知識を持っている顧問税理士をつけておくことで安心ができるためです。例えばサービス業の会社を設立するとしたら顧客目線の税理士を選ぶことで成功につながると思うのでそういった税理士をつけたいです。

税理士(税務の相談)

やはり 税金関係はしっかりしていないと脱税が怖いです。上記にある質問はすべて大事ですが税金関係はしっかりしていないと駄目ですね。家の父親が経営者だったので父親には散々税金関係の話は聞かされておりました。流石にわたくしは会社経営はしていませんが上記の質問全部は大切な事だと思います

税理士(税務の相談)

会社にとって税金関係の出費が最も大きく、また節約できるポイントでもあると思うので、プロにお金を払ってでも節税してもらう価値はあると思います。自分の知識だけでできることではないし、もし間違っていた場合、追徴課税がかかると、余計な出費が増えてしまう。

税理士(税務の相談)

確定申告ではふるさと納税や医療費控除などよく聞く節税対策の他にも、たくさんの節税方法があるらしい。例えば前年より従業員が増えたとか、大きな設備投資をしたとかで、優遇される税制度などがあるらしい。こういった情報は、税金のプロである税理士さんから教えてもらいたい。