会社の設立ガイド

香川県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

香川県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社を設立したら、間違いなくベンチャー企業になると思います。そのうえ自分が社長だとしたら、やはり会社にとって人、社員が宝だと思います。人に関する管理業務について、アドバイスをしていただける専門家が社会保険労務士さんと伺いましたので、同じ業界の他社さんの賃金や就業規則を念頭において、自社の適切な労働条件を作成したその上で、求人募集を行いたいですし、離職者の出にくい会社づくり、社員のモチベーションをあげるにはどうすればよいのか。など適切な助言をぜひいただきたいです。そのため、会社設立後の労務管理相談を、社会保険労務士さんにお願いいたしたいです。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

会社を運営する上で問題となることが多いのはヒトの問題だと思います。以前働いていた会社で、問題を起こした社員が退職した際、会社に嫌がらせをしたり、労働基準監督署に乗り込んだりと大騒動でした。それは、会社側の退職の際の対応にも不明確なことがあったからだと思います。プロにお任せして法律にのっとってきちんとした対応をしていきたいと思います。

行政書士(設立後の会計帳簿記帳代行)

いまの時代、情報の透明性が最も重要であると感じているから。特に会計の面は世間一般の人たちも不安視する部分であるため、そこは第三者機関である会計士に任せ、いい企業というお墨付きをもらい、応援してくれる人たちをコツコツと増やし、株主を募ることで企業経営もうまくいくと考えたから。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

会社を設立する際の手続きの種類や方法はネットや本で調べる事が出来ますが、申請書の作成は完璧に出来ていると思っても抜けてしまう事があり、設立前に何度も提出し直しになるような時間のムダは防ぎたいし、行政書士の方の力を設立、またその後も継続して借りたいから。

司法書士(会社の設立登記)

今からの設立であれば、設立のための一番最初からの業務をお願いしなければいけないと思うので、司法書士を選びました。事業を軌道に乗せるためには、おそらく、掲載してある業務全ての専門家が必要かと思うわれます。どれが欠けてもダメなのではないでしょうか?

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

株式会社、合同会社との設立に関して自社にとって良い影響を及ぼすと考えます。また自社だけの影響ではなく合同会社、株式会社らの影響も大きくあると考えました。お互いの会社の為を考え設立相談をお願いしたいと私は考えました。メリットがお互いにあると考えました。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

業務を依頼する人に対して細かいルールを作成しないと会社の風土が悪くなってくるため重要視している。社長は経営に対してはプロフェッショナル出なければならないが人材の育成や秩序の埋め込みについては素人であるため、細かいルールを作成するために専門の知識が必要になってくる。

税理士(確定申告)

税金を納める義務が会社にはあるため、確定申告だけはぬかりなく行いたい。決算業務に関しては、独自で可能な面もあるが、税金に関しては税法の改正等追いきれない部分もあるからです。会社の設立や登記に関しては今の時代はウェブでの申告や専門的な事もウェブで解決できるようになっておりますので、そんなに重要視はしていない。

税理士(経理・決算業務)

税金のことについて、なんでも相談に乗ってもらいたいから。税金の知識がこちらになくても、詳しいことまで教えてもらえそうだから。知らない間に脱税など、自分の気づかない落ち度や失敗を未然に防いでもらえそうだから。信頼を失墜しない経営がメリットと考えます。

税理士(顧問税理士の依頼)

毎月業務の実績を数字化することで何がどのくらいなのかということを把握するためにはやはり月々の顧問税理士さんとの関係が大事だと考えます。会社の全てをお見せし(現預金や家族状況なども)これからどう経営していきたいかを相談できるのは税理士の先生しかおられないと思います。税務や申告の依頼は当たり前ですが、日々関係を持ち深めていくことで商売の相談者として考えているからです。

税理士(税務の相談)

難しそうで詳しく教えてくれそうだからです。会社を設立するってなると税金や給料や経費などすごくたくさんあってわからないし、税金を安くする方法とか知ってそう。他の事もたくさん教えてくれそうだからお願いしたいと思いました。そのあとも確定申告や決済なども教えて欲しいです。

香川県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    香川県内の公証人役場
  • 高松 〒760-0050 高松市亀井町2番地1 朝日生命高松ビル7階
  • 丸亀 〒763-0024 丸亀市塩飽町7-2 県信ビル5階

香川県における会社設立専門家

香川県高松市の会社設立専門家

  • 平賀孝男司法書士事務所 〒761-8084香川県高松市一宮町1110-5
  • 中村陽介司法書士事務所 〒761-8084香川県高松市一宮町262-20

香川県丸亀市の会社設立専門家

  • 松原洋司法書士事務所 〒761-2402香川県丸亀市綾歌町岡田下527-12
  • 藤澤司法書士事務所 〒761-2407香川県丸亀市綾歌町富熊5039-5

香川県坂出市の会社設立専門家

  • 長尾昌信税理士事務所 〒762-0006香川県坂出市旭町1丁目1-29
  • 山下達也司法書士事務所 〒762-0005香川県坂出市横津町3丁目1-2

香川県善通寺市の会社設立専門家

  • 岸上善宣税理士事務所 〒765-0022香川県善通寺市稲木町405
  • 吉田敬司税理士事務所 〒765-0031香川県善通寺市金蔵寺町211-4

香川県観音寺市の会社設立専門家

  • 角崎繁則税理士事務所 〒768-0052香川県観音寺市粟井町2414
  • 税理士大西照男事務所 〒768-0060香川県観音寺市観音寺町3091-10

香川県さぬき市の会社設立専門家

  • 蓮井合同事務所 〒769-2323香川県さぬき市寒川町神前1643-6
  • 蓮井合同事務所・行政書士笠井佳豊 〒769-2323香川県さぬき市寒川町神前1643-6

香川県東かがわ市の会社設立専門家

  • 久保勝彦税理士事務所 〒769-2901香川県東かがわ市引田2217-1
  • 山上勇事務所 〒769-2901香川県東かがわ市引田538-8

香川県三豊市の会社設立専門家

  • 稲田司法書士事務所 〒767-0011香川県三豊市高瀬町下勝間505-3
  • 稲田行政書士事務所 〒767-0011香川県三豊市高瀬町下勝間505-3

香川県土庄町の会社設立専門家

  • 高尾行政書士事務所 〒761-4101香川県小豆郡土庄町甲535-7
  • 江木修税理士事務所 〒761-4101香川県小豆郡土庄町甲5931

香川県小豆島町の会社設立専門家

  • 株式会社上谷会計事務所 〒761-4411香川県小豆郡小豆島町安田甲144-202
  • 柴田司法書士事務所 〒761-4301香川県小豆郡小豆島町池田3442-2

香川県三木町の会社設立専門家

  • 司法書士森脇事務所 〒761-0703香川県木田郡三木町大字鹿伏328-1F
  • 長山修一司法書士事務所 〒761-0701香川県木田郡三木町大字池戸2729-13

香川県宇多津町の会社設立専門家

  • 行政書士前田法務事務所 〒769-0210香川県綾歌郡宇多津町203-14
  • 新名輝雄司法書士事務所 〒769-0210香川県綾歌郡宇多津町2628-614

香川県綾川町の会社設立専門家

  • 三好重徳司法書士事務所 〒761-2304香川県綾歌郡綾川町萱原778-5
  • 川本社会保険労務士事務所 〒761-2305香川県綾歌郡綾川町滝宮1325-2

香川県琴平町の会社設立専門家

  • 西山税理士事務所 〒766-0001香川県仲多度郡琴平町574-6
  • 大橋社会保険労務士事務所 〒766-0004香川県仲多度郡琴平町榎井758-4-2F

香川県多度津町の会社設立専門家

  • 久住労務管理事務所 〒764-0011香川県仲多度郡多度津町栄町2丁目5-26
  • 東原由幸司法書士事務所 〒764-0011香川県仲多度郡多度津町栄町3丁目1-3

香川県まんのう町の会社設立専門家

  • 宮本会計事務所 〒766-0026香川県仲多度郡まんのう町岸上691-2
  • 宮本公男社会保険労務士事務所 〒766-0026香川県仲多度郡まんのう町岸上691-2

香川県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社の社長として規模を大きくしていくためには、人が重要な要素だと思っております。人を雇用すると、勤怠管理も必要になってくるため、勤怠管理を含めた労務管理で役立つ情報がほしいと思っています。社労士の方にお願いすることで管理に使う時間と労力を事業に注力できると考えるためです。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

社会保険労務士さんは会社で働く人にとって重要な社会保険の加入手続きをサポートしてくれます。会社経営するにあたり安心して社員、労働者の方々に働いてもらうには安心してもらうことが重要。不安なままでは経営が上手くいきません。安心して働いていただくには社会保険は必須です。その手続きは大変ですのでサポートしていただけるのは大変ありがたく、プロにお手伝いしてもらうことによりその業務の効率化が見込めるからです。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

最近ではブラック企業という言葉をよく耳にします。そういった悪い噂は、特に若者たちの間ではすぐに広がり、業績にも悪影響が出てしまうことでしょう。なにより会社の従業員が幸せに働けない職場ではいけないと思うので、私は社労士に労務管理の相談をしたいです

行政書士(補助金や助成金の申請)

補助金や助成金を申請することで会社を安定させて皆への幸福の利益の獲得を目標としている為。自分だけが幸せでも仕方ないのでどうせなら皆で幸せを作り築き上げ共に社会貢献する道を歩みたいと思うから。皆が幸せを享受することで社会全体の活性化と景気の安定を図りたい

司法書士(会社の設立登記)

まずは設立登記をしないと、事業を始められない。決算などの会計処理は自分自身である程度処理して、シェアウェアで処理できますし、自分自身社会保険労務士の勉強をしているので、労働保険などの公保険の分野は自分で手続きができるものの、登記は専門家に頼まないとどうにもならないため。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社設立後はリストアップされているすべての業務が必要ですから本当は全部なんですが、まずは”設立に必要な定款の作成と認証”からでしょうか。それからある程度利益が出てくるようならば税理士さんが必要でしょうか。ただ数人の会社だったら帳簿の書き方と確定申告の最低限の知識を付けるうえでも社長は経理業務の勉強はしておいた方が良いでしょう。その他は会社が軌道に乗ってからで十分だと思います。

税理士(確定申告)

確定申告は毎年必要な作業である。それを専門家に任せられるなら、とても心強いと思えそうである。また、年数を重ねていくうえで、確定申告を行う税理士とは信頼関係を築いていける。社内のお金事情も全て把握されている分、確定申告以外でも何か業務をお願いできる可能性があるため、確定申告をお願いする。

税理士(確定申告)

個人での確定申告は経験しています。しかし会社での確定申告は経験がなくそれに関して質問をしてみたい。税金は会社の業績に大きな影響を与えるものだと考えています。正しい確定申告は会社の発展に必要なことだと考えています。作成の仕方など細かい確認をしてみたいです。

税理士(経理・決算業務)

どの業務も専門家がいるほどですし、素人が行うには難しく、慣れていないと時間が取られると思いますが、ひとつだけ、というと設立後の業務をお願いすると思います。 設立前も設立準備は忙しく、時間がないでしょうが、イメージ的に設立後は専門家にお願いできる業務は任せ、社長である自分は他にするべき事、力を入れるべき業務があるのでは、と思ったからです。

税理士(経理・決算業務)

今からはじめるにあたって知識も経験もないので、不安だらけなのでお願いしたいと思いました。また、メリットとして、税理士の人にお願いしておけば初めからお金の流れやいくら出費し、いくら売り上げがあったかなどを明白にわかると思い、また不正のない真っ当な会社を築きあげれると思います

税理士(経理・決算業務)

税務関連は専門的で規則も頻繁に変更となるため、専門家に相談することで費用が発生したとしても、しなかった時よりも利益を確定しやすい。また、素人判断のミスにより、後々莫大な追徴課税を課される可能性があると考えると、それを避けられる手段はその都度取っておきたいと思うため。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を立ち上げてはみても、確定申告以外でも税務に関する書類作成などが多々あると思います。時間がないと言う以外にも、専門的な知識がないと難しいような気がします。また、支店や新しい事業をやりたい時とか、給与関連など様々な事にアドバイスや代行作業をしてもらえるので心強いと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

顧問税理士がいることで会社内における税務業務の負荷削減につながることは間違いありません。それに加えて税理士的な側面から会社に対する節税指導、経営指導を依頼することでより多くの利益を会社にもたらすことは容易に可能です。多少資金がかかっても、それを取り戻すだけの働きは、十分にしてもらえると考えます。

税理士(税務の相談)

税務のことは、多少知識があったとしても専門の人に任せて必ずミスがないようにしなければならないと思う。せっかく会社を設立しても、税務で間違いがあれば、罪を犯したことになりかねない。そうなれば、会社の倒産につながったり自分自身が逮捕されることになるかもしれない。専門じ任せることで会社もいんちきすることができないし、間違いないというメリットがあります。

税理士(税務の相談)

税に関するトラブルが一番めんどくさく、時間がかかりそうだからです。他は最初だけでも自分でしないとのちのち困ることになりそうだと思いました。メリットは業務に集中できることと、トラブルが起きても自分の時間や労力をそこに使わなくていいところです。

税理士(税務の相談)

日本は諸外国と比べて税金が高いので、税理士に相談して節税することによって利益を確保していくことが会社の成長に繋がると考えているからです。また、税務については専門家にきかないと分からないことが多そうで、自分の足りない知識を補ってもらえると思います。