会社の設立ガイド

愛媛県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

税理士(顧問税理士の依頼)

税務に関して知識が不足しているのはもちろんのこと、個人で調べるには労力がかかりすぎる事項だと思います。気づかないうちに税金が未払いになっていたり、多く払ってしまってしたり、どちらにしても知識がないと何も得はしません。多少の出費をしてでも、常に信頼できる専門家がいることは有益だと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

顧問税理士が一番幅広く様々な事象に対応できると思うから。日々の経理の相談はもちろんだが、新しい事業展開にあたって必要な手続きなど、税理士の範疇を超えている仕事も司法書士や行政書士などに繋いでもらえる。自分で各事象ごとで各専門家に頼むは大変だし理解しきれないので顧問税理士として依頼しておけば、それらの窓口になるのでメリットは大きいと思う。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

会社を新しく設立して従業員を雇う場合は社会保険が必要になる。その手続きを怠ったり間違えていると迷惑をかけたりするのてプロにアドバイスを受けて任せた方が確実に正確に手続きするとができる。信頼できる社会保険労務士を見つけておけば困ったときに相談できると思う。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

私が手続きのことなど何もわからないのと、司法書士の先生なら弁護士先生のような勉強もそこそこなさっているので、知識が豊富なのではないかな?とおもったからです。司法書士の先生はできる範囲の広さや、きちんとしていそうなので、私の支えになってくれるのではないかと思い、司法書士の先生を選びました。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

私が再就職したときに、その会社が雇用保険に入っておらず、小さい会社だったので、社長に話したところ、数ヶ月後には雇用保険に入ってもらえました。が、職業安定所で前の会社とこの会社の期間を足せば、失業保険をもらえるけど、未加入期間があるためもらえないと言われてしまいました。万が一!の為にはやはり保険は有り難いので、もし自分が設立するなら、そういう不安は取り除きたいので選びました。

税理士(確定申告)

おそらく会社を立ち上げたら税金対策が必要になると思うので、税理士さんの力をお借りしたいです。通常年収が5000万以上の場合税金が5割取られますが、法人税なら3割ですむらしいですね。私に税金の管理が出来るかどうかわからないので、税理士さんの助けが必要です。

税理士(確定申告)

会社になると大きなお金が動いていると思います。お金管理も大変ですが、税金等の申請書類も複雑で難しいものになっていると思います。申請漏れ等で脱税してしまうと、罰やニュース等で報道される可能性があるので、会社にとってもマイナスにしかならないのできちんとした税理士さんにお願いしたいです。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社の労務管理をしっかりしておかないと、今後大きくして人を雇うことになった時に、色々問題が発生すると困るからです。現在は特にブラック企業等、労務に関する問題が多方面で取りざたされている時代なので、特に慎重にしていかなければならないと思うからです。

愛媛県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    愛媛県内の公証人役場
  • 松山合同 〒790-0801 松山市歩行町2-3-26 公証ビル2階
  • 八幡浜 〒796-0048 八幡浜市北浜1-3-37 愛媛県南予地方局八幡浜支局庁舎1階
  • 新居浜 〒792-0025 新居浜市一宮町2-4-8 新居浜商工会館3階
  • 宇和島 〒798-0035 宇和島市新町1-3-19 兵頭ビル2階
  • 今治 〒794-0042 今治市旭町2-3-20 今治商工会議所ビル5階

愛媛県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士