会社の設立ガイド

愛媛県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

愛媛県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

ここ最近ブラック企業や時間外労働などの問題がよく起きており、自殺されている方もいたのでそのような問題が起きないためにも労務管理をお願いしたいと思いました。ブラック企業にならないために決まった時間に仕事をし休むときはしっかり休める、メリハリのある会社にしたいです。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

紛紛争解決が一番慎重に行わなければならないと考えたからです。他の項目も専門性の高いことではありますが、自分で頑張って勉強しようと思えます。しかさ紛争解決は知識を身につけてできることではないと思います。人同士のやり取りですので下手をすると今後の企業活動にマイナスの影響を与えかねません。なので紛争解決はプロに任せたいと思います。

行政書士(設立後の会計帳簿記帳代行)

お金の管理は自分一人で管理するには難しそうで、知識を身に着ければできるようにも思えないからです。専門家であれば、正しくお金、数字の管理をしてくれそうだからです。また限られたお金の中での計画にも、必要な数字をいつでも正確に出してくれそうだからです。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

いろいろな役所に出向き必要な書類をそろえなければならない。記入書類も多く難しい。行政書士にお願いしたら諸手続きがミスもなくスムーズに進み、時間を有効に活用できること。その後もいろいろなことを相談したり依頼したりして長く継続して行けると思うから。

司法書士(会社の設立登記)

会社設立には法的な手続きが必要であり、専門知識を持った人にしてもらうのが一番安全で確実である。まずは設立が合法的に認められなければ始まらない。また、自分で調べて登記するには時間や労力が非常にかかるため、経費は必要だが迅速に手続きが進むことが一番のメリットであると思う。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

会社を設立にするにあたり、基礎的なところからサポートしてもらえると後々事業が存続していくにあたり、盤石な体制を築くことができると思うからです。また、現状で会社設立に関する知識がないので、その知識を吸収しながら会社運営の基盤ができることがメリットであると考えます。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社の定款作成は知識も必要なためその道のプロである司法書士の方と相談しながらでないとできないと思ったからです。メリットはちゃんとした定款を作成できること、また認証についても知識として知らないとできない事なので、メリットは大きいと思いました。

税理士(確定申告)

税理士に確定申告をお願いする理由として、確定申告の知識が私自身にあまりないので自分でおこなうとミスと時間がかかってしまうからです。また深刻漏れがあった場合会社の信用を失う可能性があるのでプロにおまかせしたいと思います。併せて来期の経営を一緒に相談したいと思います

税理士(経理・決算業務)

利益がどれだけ出ているか、これからどのような対策をとって利益をだしていくか、社長として常に考えていなければならないと考えます。正確な数値を認識して会社が今どのような位置にいるのか的確な判断材料を提供してくれる税理士の存在は必要不可欠だと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

事業を軌道に乗せるためには、準備資金や運転資金がかかるのは必須です。その前に、行おうとしている事業でいくら収益が上がるのか、いくら費用がかかるのか、事前にしっかりと計算して計画を立てなければなりません。そういった場合はやはり税理士に依頼して予測や財務管理を相談する事が大事だと思います。

税理士(税務の相談)

やはり、会社を経営するにあたって、最も重要なことはお金の管理だと思います。特に、税金関係というのは、専門家ではないと分かりにくいことも多いと思いますし、それをしっかりとやってくれる人がいたら仕事に身が入ると感じます。だから、その選択肢を選びました。

愛媛県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    愛媛県内の公証人役場
  • 松山合同 〒790-0801 松山市歩行町2-3-26 公証ビル2階
  • 八幡浜 〒796-0048 八幡浜市北浜1-3-37 愛媛県南予地方局八幡浜支局庁舎1階
  • 新居浜 〒792-0025 新居浜市一宮町2-4-8 新居浜商工会館3階
  • 宇和島 〒798-0035 宇和島市新町1-3-19 兵頭ビル2階
  • 今治 〒794-0042 今治市旭町2-3-20 今治商工会議所ビル5階

愛媛県における会社設立専門家

愛媛県松山市の会社設立専門家

  • 森原社会保険労務士事務所 〒791-8068愛媛県松山市みどりケ丘4-9
  • 行政書士森原將夫事務所 〒791-8068愛媛県松山市みどりケ丘4-9

愛媛県今治市の会社設立専門家

  • 渡部正勝税理士事務所 〒794-0813愛媛県今治市衣干町2丁目2-62
  • 曽我部勝税理士事務所 〒794-0037愛媛県今治市黄金町1丁目6-32

愛媛県宇和島市の会社設立専門家

  • 中山滋夫税理士事務所 〒798-0042愛媛県宇和島市愛宕町2丁目1-12
  • つかさ(税理士法人) 〒798-0031愛媛県宇和島市栄町港1丁目2-3

愛媛県八幡浜市の会社設立専門家

  • 兵頭社会保険労務士事務所 〒796-0088愛媛県八幡浜市1014-1-1-3-4
  • 高鍋勝彦税理士事務所 〒796-0088愛媛県八幡浜市1107-1

愛媛県新居浜市の会社設立専門家

  • 坂上社会保険労務士事務所 〒792-0002愛媛県新居浜市磯浦町13-1
  • いよリーガル(司法書士法人) 〒792-0025愛媛県新居浜市一宮町1丁目1-1-3F

愛媛県西条市の会社設立専門家

  • 渡部伸一司法書士事務所 〒799-1344愛媛県西条市円海寺4-4
  • 浅野社会保険労務士事務所 〒793-0006愛媛県西条市下島山甲445

愛媛県大洲市の会社設立専門家

  • 梅木良照行政書士事務所 〒797-1504愛媛県大洲市肱川町山鳥坂45
  • 城元章税理士事務所 〒795-0052愛媛県大洲市若宮523-4

愛媛県伊予市の会社設立専門家

  • 竹本厚良司法書士事務所 〒799-3111愛媛県伊予市下吾川1438-6
  • ちょうせい社会保険労務士事務所 〒799-3111愛媛県伊予市下吾川1973-13-201

愛媛県四国中央市の会社設立専門家

  • 西原経営税務会計事務所 〒799-0431愛媛県四国中央市寒川町1432
  • 高橋司法書士事務所 〒799-0431愛媛県四国中央市寒川町2369-1

愛媛県西予市の会社設立専門家

  • 大塚社労士事務所 〒797-0015愛媛県西予市宇和町卯之町1丁目308
  • 古谷佑一税理士事務所 〒797-0015愛媛県西予市宇和町卯之町2丁目443-1F

愛媛県東温市の会社設立専門家

  • 竹村俊一税理士事務所 〒791-0222愛媛県東温市下林1593-2
  • 大西正博税理士事務所 〒791-0213愛媛県東温市牛渕1845-11

愛媛県久万高原町の会社設立専門家

  • 河口鼎司法書士事務所 〒791-1202愛媛県上浮穴郡久万高原町入野1208-3

愛媛県松前町の会社設立専門家

  • 徳本恵税理士事務所 〒791-3161愛媛県伊予郡松前町大字神崎22-5
  • 吉田税理士事務所 〒791-3161愛媛県伊予郡松前町大字神崎707-3

愛媛県砥部町の会社設立専門家

  • 山本良一司法書士事務所 〒791-2120愛媛県伊予郡砥部町宮内592-1-2F
  • 田中美幸社会保険労務士事務所 〒791-2116愛媛県伊予郡砥部町原町325-33-102

愛媛県内子町の会社設立専門家

  • 森社労士事務所 〒791-3301愛媛県喜多郡内子町内子873-14
  • 織田義春司法書士事務所 〒791-3301愛媛県喜多郡内子町内子874-2

愛媛県伊方町の会社設立専門家

  • 山口司法書士事務所 〒796-0421愛媛県西宇和郡伊方町九町1-554

愛媛県鬼北町の会社設立専門家

  • 河添和広司法書士事務所 〒798-1300愛媛県北宇和郡鬼北町大字近永794

愛媛県愛南町の会社設立専門家

  • 増田裕税理士事務所 〒798-4110愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城2096
  • 平田稔事務所 〒798-4110愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城2112

愛媛県で会社設立するなら

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

ブラック企業が多い中でのホワイト企業は尚更重宝されると思います。ただの社員では出来ることにも限界はありそうだし現代こそ経済の安定は精神の安定な時代なので人の上に立つならそれくらいの安心とお願いするなら安定したスタートラインにしたいと考えた。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

家庭持ちの社員が居た時に、家族が病気になった後のお金の手続きの手間を省かせたいと思い、上記の社会保険加入手続きのアドバイスを選びました。国民健康保険だと、病院後の年末調整や源泉徴収の手続きがあるので面倒な部分が多々あります。しかし社会保険にすると全部会社でやるので、負担にはならなくて家庭にも優しいと思い、この社会保険労務士を選びました。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社設立後労働管理条件を労働者との間にしっかり決めておかないと揉める可能性がるから。自身だけでは、労務管理の事を詳しく把握出来るとは、限らないから、プロからのアドバイスも聞いた上で労務管理の規定を考えたい。また、労働者との間で問題が発生した時に仲裁に入ってもらいたい。

行政書士(補助金や助成金の申請)

設立後軌道に乗せるため業務拡大の補助金、助成金などの申請をお願いしたいと思いました。メリットとしては時間効率の短縮と年に数回しかない申請に確実に通すため専門家にお願いしたほうが確率が大幅に上がると考えたからです。実際に補助金、助成金申請には限りがあり競争率が激しいので効率を考えればこの業務をお願いするのが妥当だと思います。

司法書士(会社の設立登記)

まず会社を立ち上げるとき設立登記をしっかりしていたら、優秀な人材も集まりそうな気もしますし、足元をしっかり固めると言う意味でも。右も左もわからない新米社長なので、設立登記をお願いし困ったら助けてくれそう

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社を設立するには新米なので、司法書士に頼んだ方がいろいろなアトバイスをもらえますし、面倒な手続きを一から調べなくて済みます。時間の節約になり、一番大事な時期なので、時間はお金です。これから立ち上げる会社の事業、営業などいろいろな戦略考えなければなりません。なので、お金払って、やってもらったほうが良いと思います。

税理士(確定申告)

確定申告は知らない人でもかなり面倒くさいイメージがあるので確定申告のできる税理士は信頼できる税理士さんがいたらアドバイスとかもできる感じでいいと思います。確定申告をしっかりやる企業をイメージさせれば後々にいい従業員も来ると思います。会社を経営するのは色々知識がないとダメです。

税理士(確定申告)

たとえ儲けたとしても、税金を多額支払わなければならないなら、純粋に手元に残るのがいくらになるのか等不安が山積みだからです。こういったことは専門家が一番だと感じていますので、節税のアドバイスやポイントなど教えていただき、自分の知識として身に付けていけたらいいと思います。

税理士(経理・決算業務)

実際に中小企業に勤めた経験があり、その企業の社長を見ていると経理(月次決算書)や決算業務が分からなかった人が多かったので、この分野は本当に専門家に頼むのが良いと思います。税理士さんは、ちっとした相談やアドバイスもしてくれるので絶対に大切なお願いしたい業務です。

税理士(経理・決算業務)

会社の設立に関しては、ネットなどで ある程度個人でできる内容が数多く記載しているので問題は やはり会社設立後の経理関係が一番大変だと認識しています。しかも経理担当者を雇っても結局のところ専門家の方にお願いしなければなりませんので最初から経理担当者を雇用せず専門の先生にお願いしたほうがよいと思います。

税理士(経理・決算業務)

一番の理由はその会社がこれからどれくらいのお金を必要としていくのか、どういう割合でどこに分担していかないといけないのかだと思います。なのでそのような処理は自分自身だけでは専門的な知識がなければ決定は難しいですし、仮に決めたとしても必ずどこかで会わなくなると思うので経理・決算業務の担当は必要になってくると思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

選択肢にある司法書士と行政書士と社会保険労務士の仕事については、一部を除き専門職でなくても構わないと思います。私は会社を維持するためのアドバイスがほしいのでかかりつけの税理士である顧問税理士を依頼したいです。税理士事務所については、ピンポイントで必要な仕事だけを頼むというやり方もあると思いますが、会社で抱える問題などにはそれぞれいきさつがあり、それを踏まえた上でのアドバイスをしてほしいので。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を設立や登記に関しては地域の行政に聞きながらできると思います。保険に関しては社会保険労務士が必要になってくると思いますが、税理士に比べると必要性は低いと考えます。経理、税金などに関しては専門的知識がないととてもできないことなので税理士は必要だと考えました。

税理士(税務の相談)

複雑多岐にわたる税制度について、専門的な知識を持った方にアドバイスを受けたいと思ったから。会社で経費として落とせるもの落とせないものなど知らないと、無駄に税金を納めていたり、知らなかったということで税申告での未納などが事前に防ぐことができるから。

税理士(税務の相談)

税金の計算は素人には分かりづらいから。記入漏れや記入ミスもなくなって間違えての脱税もなくなりそうだから。面倒な税務の計算や調べごとが減ることで自由に使える時間ふえて本業に専念できるから。相談できることで知識もついて今後のキャリアアップもできそう。

税理士(税務の相談)

頑張って売り上げを計上しても、どのくらい税金を引かれるのかが分からなければ利益が確定できません。複雑な税金の仕組みをすべて把握するより、大まかな税務知識を先に身につけておき、細かい税務サポートは専門家にお願いしたいと考えます。税務知識を習得する時間を本業に費やすことで売り上げを向上させ、経営を軌道に乗せます。