会社の設立ガイド

高知県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

高知県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社の労務管理をしっかりしておかないと、今後大きくして人を雇うことになった時に、色々問題が発生すると困るからです。現在は特にブラック企業等、労務に関する問題が多方面で取りざたされている時代なので、特に慎重にしていかなければならないと思うからです。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

私は争いごとが苦手です。社内紛争というものは人と人が争って起こりうるもので、状況によっては、社内の雰囲気および会社経営にも影響を及ぼす恐れがあると考えております。そのようなことが起きない為にも、社内紛争を未然に防げるよう手助けをして頂きたいと考えました。

行政書士(設立後の会計帳簿記帳代行)

正式な会社として成り立つためには運営資金を安定させておきたいし、経済状況をしっかり把握しておきたいと思うからです。さらに、金銭的な事に関しては細かな作業や管理が必要なため自分でやるには荷が重すぎるため、信頼できる方にお任せしたいと考えました。メリットとしては、専門職の方に任せられるという安心感があると思います。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

自分の専門分野ではないのため。また,会社設立するためにやらなければいけない事も多数あり,プロにお願いして作成してもらうのが1番だと思うから。その道のプロにお願いする事によって,提出する書類などの出し忘れなどを防ぐというメリットがあると思う。

司法書士(会社の設立登記)

会社を興す上でスタートラインであり、他の専門職は、その後の懸案事項であると思えたから。税理士・社労士・行政書士は設立後の会社の運営状況により変化すると思う。今から会社を設立する立場に有るならば、設立相談を含め登記に至るまで司法書士は必ず必要ではないでしょうか。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

司法書士の士業者なら、行政書士に依頼しなくとも済む部分があるのと、税理士に関する情報も把握している人が多いからです。社労士の請け負い業務の範囲にしても行政書士の業務範囲、知識ともに正確性や時事に対する柔軟性も司法書士の方が個人的には良いと思いました

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

司法書士の人はなんでもできそうなので色々任せられそうです。お小遣いが欲しいです。司法書士ということは頭が良さそうなので色々任せられると思います。司法書士は大変だとは思いますが頑張って仕事してもらいたいです。司法書士は大変そうだけどかっこいいです。

税理士(確定申告)

確定申告は会社にとって必ず必要な作業ですが、経費に上げていいものなど自分でやったら見逃してしまう事があると思うので、会社の利益になるようにプロにお願いして確定申告してもらった方がいいと思います。確定申告は失敗しないようにしなければいけないと思います。

税理士(経理・決算業務)

自分が社長になったとして、経営自体は自分の得意分野を生業としているので問題無いと思いますが、社員の給与や税金などのお金の流れは不案内なので依頼したいと思います。又、税金は認識や解釈の仕方で法に触れてしまう事があるので、万全を期す為にも依頼したいと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

税理士には信頼できる方に、顧問でついて貰いたいと考えています。出来れば設立時から継続で見て貰えるような関係を構築したいところです。おそらく自分では大雑把にしか纏められないでしょうから、決算時には細かいところまでアドバイスして頂けると助かります。

税理士(税務の相談)

私が税理士さんを選んだ理由としまして、会社の設立後、一番気にかけていかないといけない事で、脱税が起こらない様にする為に、収入と支出の管理は的確に行っていかないといけないので、確定申告の相談等を詳しく確認する為には、必須だと感じます。その他の事に関しては、税理士

高知県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    高知県内の公証人役場
  • 高知合同 〒780-0870 高知市本町1-1-3 朝日生命高知本町ビル3階
  • 中村 〒787-0033 四万十市中村大橋通6-3-7 第一とらやビル4階

高知県における会社設立専門家

高知県高知市の会社設立専門家

  • 岡田税理士事務所 〒780-0822高知県高知市はりまや町1丁目12-15-201
  • 西森慶造税理士事務所 〒780-0822高知県高知市はりまや町1丁目12-15-404

高知県室戸市の会社設立専門家

  • 山下義衛司法書士事務所 〒781-7102高知県室戸市室津2431-9
  • 宗石長男司法書士事務所 〒781-7103高知県室戸市浮津840-1F

高知県安芸市の会社設立専門家

  • 田中寅一郎税理士事務所 〒784-0045高知県安芸市伊尾木335
  • 岩戸税理士事務所 〒784-0022高知県安芸市庄之芝町1-52-2F

高知県南国市の会社設立専門家

  • 沼健税理士事務所 〒783-0084高知県南国市稲生331-1
  • 北岡社会保険労務士事務所 〒783-0002高知県南国市駅前町2丁目1-30

高知県土佐市の会社設立専門家

  • 細川博義司法書士事務所 〒781-1102高知県土佐市高岡町乙146-5
  • こまつ司法書士事務所 〒781-1102高知県土佐市高岡町乙213-1

高知県須崎市の会社設立専門家

  • 川北事務所(司法書士法人)横町事務所 〒785-0014高知県須崎市横町1-1
  • 西森裕保事務所 〒785-0014高知県須崎市横町1-33

高知県宿毛市の会社設立専門家

  • パブリック法務総合行政書士事務所 〒788-0010高知県宿毛市駅前町1丁目1001-202
  • 岡本清平司法書士事務所 〒788-0009高知県宿毛市駅東町4丁目709

高知県土佐清水市の会社設立専門家

  • 清水國弘税理士事務所 〒787-0306高知県土佐清水市幸町2-21
  • 西村和興事務所 〒787-0322高知県土佐清水市小江町11-2

高知県四万十市の会社設立専門家

  • 弘田税理士事務所 〒787-0008高知県四万十市安並3995-3
  • 黒石栄一司法書士事務所 〒787-0012高知県四万十市右山五月町14-5

高知県香南市の会社設立専門家

  • 小串和久税理士事務所 〒781-5241高知県香南市吉川町吉原981
  • 野本社会保険労務士事務所 〒781-5602高知県香南市夜須町千切1215-3

高知県香美市の会社設立専門家

  • 小松一利司法書士事務所 〒781-4205高知県香美市香北町吉野533-7
  • くすのき司法書士事務所 〒781-4212高知県香美市香北町美良布1150-3

高知県東洋町の会社設立専門家

  • 板東司法書士事務所 〒781-7413高知県安芸郡東洋町大字白浜121-1

高知県奈半利町の会社設立専門家

  • 曽我博明司法書士事務所 〒781-6402高知県安芸郡奈半利町乙1328-2

高知県芸西村の会社設立専門家

  • 吉永文明 〒781-5701高知県安芸郡芸西村和食甲246-4

高知県本山町の会社設立専門家

  • 大谷浩之司法書士事務所 〒781-3601高知県長岡郡本山町本山536-11
  • さくら司法書士事務所 〒781-3601高知県長岡郡本山町本山536-11

高知県土佐町の会社設立専門家

  • 川村盛昭事務所 〒781-3521高知県土佐郡土佐町田井1460-5

高知県いの町の会社設立専門家

  • 笹本和明司法書士事務所 〒781-2108高知県吾川郡いの町駅東町36-2
  • 筒井康嘉事務所 〒781-2103高知県吾川郡いの町幸町1

高知県仁淀川町の会社設立専門家

  • フレンズ(司法書士法人) 〒781-1501高知県吾川郡仁淀川町大崎444-1

高知県中土佐町の会社設立専門家

  • 川村靖仁司法書士事務所 〒789-1301高知県高岡郡中土佐町久礼6164-1

高知県佐川町の会社設立専門家

  • 山本健治社会保険労務士事務所 〒789-1204高知県高岡郡佐川町加茂731
  • 田中勇・司法書士事務所 〒789-1201高知県高岡郡佐川町甲1249-23

高知県越知町の会社設立専門家

  • 滝本繁広司法書士事務所 〒781-1301高知県高岡郡越知町越知甲1960

高知県日高村の会社設立専門家

  • 北添隆広税理士事務所 〒781-2154高知県高岡郡日高村岩目地1182-1
  • 鎮西司法書士土地家屋調査士事務所 〒781-2153高知県高岡郡日高村本郷5399-29

高知県津野町の会社設立専門家

  • 田中博志司法書士事務所 〒785-0501高知県高岡郡津野町力石2882

高知県四万十町の会社設立専門家

  • 戸梶司法書士事務所 〒786-0005高知県高岡郡四万十町本町3-5
  • かねこ司法書士事務所 〒786-0005高知県高岡郡四万十町本町5-17

高知県黒潮町の会社設立専門家

  • 中脇末子司法書士事務所 〒789-1931高知県幡多郡黒潮町入野2051

高知県で会社設立するなら

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

自分が昔、知り合いの社長に会社の手伝いで社会保険の書類等を見たときに訳がわからなくなったから社会保険等従業員が気になる法律や仕組みは絶対に知った方がいいし、専門家に相談して従業員の不安や自分の会社の法律の不備を治していくのは大事なことです。社長はいろんなことを知らなければならないです。

社会保険労務士(労働保険手続き)

私自身が今現在、雇用されている身ですので正解なのかは分かりませんが、雇用される側としては保険や手当などを重視するはずだからです。現在日本では少子化が進むにつれて労働者不足が問題が気になります。雇用する立場としてはまず人材を大切にすることを優先にするこのなら雇用保険の完備は外せばないと思います。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

政府が進めている働き方改革が進む中、従業員の労働時間の見直しなどの必要性が高まっています。会社の健全性を保ちつつ、生産性を高めていかなければなりません。社労士には、自社のおかれている状況と会社の意図を鑑み、よいアドバイスを頂戴できればと思います。

行政書士(補助金や助成金の申請)

資本金が少なく、設立当初の運転資金の乏しい状況で何か事業を始めるには、補助金を活用することが有効な手段だと考える。国や自治体が公募している補助金には、所定の用紙への記載だけではなく、必要書類を収集することや、自治体の意見書の記入依頼など、事業の合間に行うことが難しかったり、信用度の観点から難しかったりすることがあるので、行政書士に依頼することが有効だと思う。

司法書士(会社の設立登記)

設立時が肝心。設立後も、必ず専門家を要す場面がある。たとえすべての業務を依頼せずとも、組織も必要に応じて継続的に同じかたへ問い合わせを行うようになる。届出によっては組織内の人材で業務を完了することもある。しかし、提出書類の点検から、手続きにかかる期間や、問題の防止、および責任の配置を重視する意味で、やはり専門家の存在が欠かせない。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

税金や労働保険に関しては税務署、労働基準監督署にて相談できるけど、設立に必要な定款などはどうしたらいいのかわからないから司法書士さんにお願いしたいと思いました。また、会社がステップアップしていく際にも司法書士さんの法律の知識がとても役立つと思うののでぜひ相談等もできたらいいと思うからです。

税理士(確定申告)

確定申告は毎年行わなければならず、できるだけスムーズにミスなく行いために行いたいと思いました。慣れない確定申告を自分でやらなくて済むのが大きなメリットです。また確定申告に必要なパソコン入力や書類整理もしてもらえば、業務時間を無駄にすることがないので良いと思いました。

税理士(確定申告)

帳簿付けや税務申告を自分でやるのはとても時間がかかりそうなのでプロに任せたほうが早いし正確なので効率が良さそう。また、税関係はクリーンにしておきたいから。税務署に申告をする場合、税理士がいる場合、しっかりとした税務を行っていることの裏付けになるし信用が高くなりそう。節税対策や行政の支援も教えてくれそうだから。

税理士(経理・決算業務)

企業を発展させ、利益を生み出し、従業員の生活に責任をもつためには、日々のお金の使い方を徹底的に管理していく必要があると考えています。しかし企業運営をしている人にとっては、そこまでの手は回らず、ほかの業務に専念しなければならないため、税理士を雇い、プロに経理をお願いすることで効率があがることが期待できると思います。

税理士(経理・決算業務)

どれくらい大きな会社の社長であるかにもよると思いますが、私は税理士さんをお願いしたいです。短大の経営学科で学んだ中で経理や税については不得意でした。どんなに懸命に取り組んでもどこかでミスをしてしまいそうです。こちらはそんなつもりが毛頭なくとも、脱税疑惑をかけられてしまったら会社のイメージも悪くなりますし、そこで一生懸命働いてくれる社員にも迷惑をかけてしまいます。私が社長になった時にまず一番に是非ともお願いしたいのは税理士さんです。

税理士(経理・決算業務)

事業を軌道にのせ、成功させるためには経理について詳しいことが最重要だと考えるので税理士を選びました。自分がそこまで詳しくないということもありますが、より詳しいひとがそのポジションについたほうが会社のためにも、労働者のためにも大切なことだと考えたからです。

税理士(顧問税理士の依頼)

税金のことは全くわからないので、専門家のサポートが必要だと思いました。払わないといけない税金などがわかっていないので、違法行為をしてしまうかもしれません。そんな時に、顧問税理士がいれば細かいことも質問しやすいのではないかと考えました。これから、自分の知識を増やすより、専門家に聞いたほうが早いし、確実です。

税理士(顧問税理士の依頼)

税務について何も知らないので、顧問税理士であれば簡単な内容から本格的な税務についていつでも相談できると思ったからです。メリットとして経理や決済業務、確定申告などの業務を依頼し報告、連絡相談しておこなえると考えました。業務を専門家に頼むことで分業化ができ効率が良くなると思います。

税理士(税務の相談)

会社が黒字であれば、なんでもかんでも経費にしたいと思ってしまいます。でも実際は、経費に出来る出費と出来ない出費があると思います。 これは、会社の経費にあげていいのかなと不安になったら、すぐに相談出来るのは助かります。経費にもならないものを購入してしまう前に相談して、ストップ出来れば、無駄な出費も抑えられます。

税理士(税務の相談)

会社を設立するにあたり当然お金が必要になります。資本金、借入金、土地建物の購入等色々です、それらには税金が絡んできます。それらの対応の仕方扱い方等を決め実行していく必要があります。それらは税理士の方と相談しマニュアル化しておくべきだと思っています。そうすれば、個々の事柄らに迷うことが少なくなり業務が正確になると思います。

税理士(税務の相談)

会社の税務関係は難しそうなので専門家に相談したいと思いました。会社が軌道に乗っても、税務関係がダメで税務署から指摘されたりすると、折角会社が順調にいってたとしても波に乗り切れないと思います。専門家のアドバイスを受けつつ、会社に知識を蓄えていければいいなと思います。