会社の設立ガイド

佐賀県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

佐賀県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

現在の企業にとって労務管理で足を救われることが非常に増えてきています。ところが私もそうですが、経営者は営業に強い側面は有るのですが、総務面に非常に弱い面があります。そういう部分を社会保険労務士にカバーしていただいて、後顧の憂いを無くしたいと思っています。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

景気が悪く、非正規労働者が増加している中で、経営者側と労働者側が対立状態になった時に、中立的な立場で判断し問題を速やかに解決することが必要だと考えています。そうすれば中断していた業務が少しでも早いタイミングで遂行することができると思います。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

行政書士のマンガを読んでいて、弁護士、税理士、社会労務士、その他いろいろな専門家との横のつながりを持っている印象があります。あとは割りと何でも屋さんのイメージがあるので、なんでも任せられる気がしています。気軽に相談できる相手として行政書士さんを選びました。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

新しく会社を設立するにあたって申請するのに必要な書類をお願いしたい。提出書類の内容に不備があっては、申請するのに時間がかかってしまうし、不備を訂正して申請しなおす等のに手間がかかるので、専門の知識をもった行政書士さんにお願いするのは、重要だと思いましす。

司法書士(会社の設立登記)

以前、私自身、事務として司法書士事務所ではたらいており、たくさんの会社の設立のお手伝いをしました。そのため、まず会社を始めるときは、司法書士の先生に頼んで、会社設立の登記からはじまるものだと思うからです。設立の登記をするにあって税理士さんを紹介してもらえたり、どんどん次のやる事へ繋がっていき、スムーズに全て進みます。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

会社設立のスタートは、大事だと思うので、わからない事、やらなければならない事を相談できる事。その後、会社を運営していく上で必要になってくるであろう専門の知識を持った人が必要なのかも相談できると思う事と、そのような方に繋げてもらえると思います。

司法書士(会社の設立登記)

一番初めにすることとしたら登記なので、登記手続きはとても面倒なため、専門家に任せるのが一番適任だと思ったからです。また、会社を運営していくうえで何か問題が起こったときにも相談できるような「つて」を持つことができることもメリットかと思います。

税理士(確定申告)

会社になると大きなお金が動いていると思います。お金管理も大変ですが、税金等の申請書類も複雑で難しいものになっていると思います。申請漏れ等で脱税してしまうと、罰やニュース等で報道される可能性があるので、会社にとってもマイナスにしかならないのできちんとした税理士さんにお願いしたいです。

税理士(経理・決算業務)

実際に会社を設立していますが、税務関連や税金の仕組み等が私自身の中で一番複雑で年ごとに変更がかかる為、経理関係、決算業務をお願いしたいと思います。会社を経営していく中で、トップが経営状況を把握するために経理を細かくチェックするのは大いにありだと思いますが、大きくなっていくに従って業務量が莫大になることから一番必要なビジネスパートナーと考えます。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を経営していくうえで、あらゆる税金対策や税務処理を自分で行うのはほぼ不可能です。また、それができる人材を雇用するよりは、外部のプロに委託したほうが間違いも起こりにくいと感じます。決算時期のみや特定のタイミングに限定し依頼するよりも、常に顧問として税理士と監査役が付いていてくれたほうが相談もしやすく安心です。

税理士(税務の相談)

税金対策を完璧にしてクリーンな事業を進めていきたいからです。また税金に関するルールはたくさんあり、中には知らないことや知っていると得することなどがあるのでそういった業務をぜひお願いしたいと考えます。自分では対応しきれないことを専門家にお願いすることで効率的だと思います。

佐賀県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    佐賀県内の公証人役場
  • 佐賀合同 〒840-0801 佐賀市駅前中央1-5-10 朝日生命駅前ビル7階
  • 唐津 〒847-0016 唐津市東城内17-29 唐津商工共済ビル2階

佐賀県における会社設立専門家

佐賀県佐賀市の会社設立専門家

  • 山口司法書士事務所 〒840-0812佐賀県佐賀市愛敬町12-15-1F
  • 渡辺税理士事務所 〒840-0812佐賀県佐賀市愛敬町13-13

佐賀県唐津市の会社設立専門家

  • あおば司法書士事務所 〒847-0011佐賀県唐津市栄町2569-16-3F
  • 井ノ口浩二税理士事務所 〒847-0011佐賀県唐津市栄町2571-13

佐賀県鳥栖市の会社設立専門家

  • 久保山勝予史税理士事務所 〒841-0024佐賀県鳥栖市原町735-3
  • 宮川清税理士事務所 〒841-0038佐賀県鳥栖市古野町221-1-403

佐賀県多久市の会社設立専門家

  • 西山社会保険労務士事務所 〒846-0031佐賀県多久市多久町1535-1
  • 泉繁雄税理士事務所 〒846-0031佐賀県多久市多久町1617-5

佐賀県伊万里市の会社設立専門家

  • 本田税理士事務所 〒848-0045佐賀県伊万里市松島町69-9
  • 本田行政書士事務所 〒848-0045佐賀県伊万里市松島町69-9

佐賀県武雄市の会社設立専門家

  • 山口会計事務所 〒843-0014佐賀県武雄市橘町大字永島4411-5
  • 山崎社会保険労務士事務所 〒843-0012佐賀県武雄市橘町大字片白8608

佐賀県鹿島市の会社設立専門家

  • 石橋孝信行政書士事務所 〒849-1311佐賀県鹿島市大字高津原1737-2-C3
  • 熊谷国広税理士事務所 〒849-1311佐賀県鹿島市大字高津原3427-4

佐賀県小城市の会社設立専門家

  • 小柳法務事務所 〒849-0303佐賀県小城市牛津町牛津759
  • 一ノ瀬康隆税理士事務所 〒845-0022佐賀県小城市三日月町久米2144-1

佐賀県嬉野市の会社設立専門家

  • 城野幹丈税理士事務所 〒849-1415佐賀県嬉野市塩田町大字大草野丙1996-1
  • 深村司法書士事務所 〒849-1411佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲742-5

佐賀県神埼市の会社設立専門家

  • ゆずりはしげみ行政書士事務所 〒842-0121佐賀県神埼市神埼町志波屋3627
  • 林田昌隆税理士事務所 〒842-0006佐賀県神埼市神埼町枝ヶ里15-2

佐賀県吉野ヶ里町の会社設立専門家

  • 貞島司法書士事務所 〒842-0031佐賀県神埼郡吉野ヶ里町吉田667-58
  • 西牟田社会保険労務士事務所 〒842-0102佐賀県神埼郡吉野ヶ里町石動859-2

佐賀県基山町の会社設立専門家

  • 森下社会保険労務士事務所 〒841-0205佐賀県三養基郡基山町けやき台2丁目18-7
  • 川崎大祐税理士事務所 〒841-0205佐賀県三養基郡基山町けやき台2丁目27-2

佐賀県みやき町の会社設立専門家

  • 碇税理士事務所 〒849-0112佐賀県三養基郡みやき町大字江口1834-3
  • 佐々木社会保険労務士事務所 〒849-0114佐賀県三養基郡みやき町大字中津隈2608-31

佐賀県有田町の会社設立専門家

  • 中村社会保険労務士事務所 〒844-0023佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙1927-3
  • 西村誠税理士事務所 〒844-0024佐賀県西松浦郡有田町赤坂丙2351-123

佐賀県大町町の会社設立専門家

  • 尾形善明行政書士事務所 〒849-2101佐賀県杵島郡大町町大字大町5942
  • 福田経営社会保険労務士 〒849-2102佐賀県杵島郡大町町大字福母384

佐賀県江北町の会社設立専門家

  • 諸富俊郎司法書士事務所 〒849-0502佐賀県杵島郡江北町大字佐留志2069-1
  • 石戸労務コンサルタント 〒849-0506佐賀県杵島郡江北町大字上小田305-7

佐賀県白石町の会社設立専門家

  • 川崎渉司法書士事務所 〒849-1105佐賀県杵島郡白石町大字遠江3097-3
  • 門田由美子司法書士事務所 〒849-1201佐賀県杵島郡白石町大字牛屋新興1757

佐賀県太良町の会社設立専門家

  • 秋丸司法書士事務所 〒849-1612佐賀県藤津郡太良町大字大浦丁595

佐賀県で会社設立するなら

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

会社業務に集中したいので労務関係など業務に直結しないような仕事に関しては手を煩わしたくないのでお願いすると思います。労務関係(時給など)は、日々変化していっているので専門家の方にしてもらったほうが、抜け落ちもなくスムースに進めることが出来るのでそれがメリットだと思います。

社会保険労務士(労働保険手続き)

労働安全衛生である安全衛生管理・安全衛生教育・就業環境の改善をしてくれるから。安全で安心な会社でないと働けないと思ったため。労働者の安全管理、健康の保持増進を確保するのは、事業者の責務で、労働災害の防止、従業員への安全衛生教育等を教えてもらえるため

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

現在、日本政府が盛んに掲げている「働き方改革」が近い将来の実現に向け加速しますので、労務問題に詳し方の知識などが必要になると考えます。これからの日本の働き方については従来の長労働時間から効率を上げた業務改善が必要になるのでその際に発生し得る問題解決を合わせて行っていく事が必要の為

行政書士(補助金や助成金の申請)

補助金や助成金を受けることができれば、会社を運営するにあたってとても助かりそうで気持ちに少しゆとりができるのではと思い倒産のリスクが低くなるのではないかと思います。行政書士の方にお願いすれば多少依頼料はかかるかもしれませんが楽になるかと思います。

司法書士(会社の設立登記)

まずは正しく会社を設立するためには、いの一番に商業登記をする必要があるので、司法書士にお願いするしかないと思います。ここで時間を取られていてはヒヨッコ同然の新会社はスタートダッシュをかけられません。餅は餅屋で登記関係はその道のプロにお任せするしかないと思います。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社の設立登記時に定款の提出があると思いますが、やはり会社の~定款~という書類にはそれなりの形式があると思いましたし、わかりやすく、きちんとしたものを作りたい。でもよくわからないし形式も知らないし、やはり専門家への相談依頼は必須かと思いました。まずは何よりも会社の~定款~をしっかりしておかないと、何も始まらないし、会社の全てを明確にしておくためにも、専門家と共に作成するべきかと思いました。

税理士(確定申告)

現在でも確定申告の記入が難しく、いつも締め切りギリギリになってしまうので、税理士さんに来ていただいて、スムーズに確定申告を仕上げてしまいたい。そして記入の仕方を教えてもらいたいです。その他、経理や書類のチェックなども全て目を通していただきたく思う。

税理士(確定申告)

今の状態から既にいちばん身近で、調べてもいまいち分かりづらいと感じているものです。会社を設立した場合の利益がかなり上がる事を前提ですが、節税のポイントなど、やはりその道のプロにお願いして、しっかりとフォローしていってもらいたいなと思いました。

税理士(経理・決算業務)

会社設立はインターネットや無料相談などでアドバイスを受けたりしながら自分で何とかできそうだが、経理のことは専門家に任せた方が、会社の経営や必要な知識についてなど有益なアドバイスももらえるし、経理以外で自分がやらなければいけないことに集中できるように思う。

税理士(経理・決算業務)

経理などをしてくれる事務員を雇うよりも、会社の外に出てクライアントと交渉し、仕事を取ってくる人を雇いたい。そしてその優秀な人の側に向上心のある若い人をおいて、更なる会社の利益になるような人材を育成したい。税理士などのプロに経理などを頼んだら、そちらに費やす時間も人も必要なく、会社の成績向上のためになると思ったから。

税理士(経理・決算業務)

会社を立ち上げるにあたり、どんな税金が必要なのか、手続きはどうすればいいのかアドバイスをしてほしい。また税金がどれくらいかかってくるのかを理解しておくと、今後の経営に役に立ちそうだから。また、自分のプライベートな面や雇用した人の税金の相談にものってもらえるといいと思う。

税理士(顧問税理士の依頼)

ニュースでよく脱税したお金を自分のものにするという悪質なことを耳にします。1番大切なのは、必ず納めなければならない税金を管理することだと思いますが、やはり自分で管理するには難しいと思うので、専門家に依頼すれば、安心して業務に取り組めるのではないかと思いました。

税理士(顧問税理士の依頼)

設立時のことも大事だけど、お金のことは専門の方に任せた方が絶対にいいと思います。社会保険とか労務に関しては自分で学びながらなんとかやっていける。謄本とかもそう。でも税に関しては奥深いし、会社のお金は自分が普段管理してる額の何倍にもなるとおもうから、確実性を求めたい。

税理士(税務の相談)

全てお願いしたい事項ばかりですが、1番にそう思ったのは税金関係はしっかりと始めにやっておかないと後々大変だったり面倒な事が出てきたりすると思うからです。勤めていた会社で税金の事で色々面倒な事があったのを目の当たりにしたので、きをつけなけれぼならないなと思っています。

税理士(税務の相談)

自分で会社を設立して2年後に消費税について原則課税か簡易課税の選択をするときに、「中小事業者に対する特例・・・」ということから「事業区分・みなし仕入率」を考えず安易に簡易課税を選択してしまい、100万円近い損害となりました。税務署に相談したところ、幸いにも売り上げが5000万円を超えたので翌年からは原則課税に変更となりましたが、素人考えで判断せずに税理士さんに相談すべきだったと後悔しました。

税理士(税務の相談)

登記などは一度の事なので提出先の相談窓口に行けば相談に乗ってもらえます。労働保険に関しても手続き時、または新しい社員の入社、退社時に各提出先に行けば相談に乗ってもらえます。私は会社を動かすにあたり一番必要なのはお金で、その管理をプロに任せたいと考えます。