会社の設立ガイド

長崎県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

司法書士(会社の設立登記)

会社を設立する際に登記の登録はかなり大変ですからね!何も知らないと設立なんて出来ないですし知っていても必要な書類が多すぎて大変ですから司法書士の方がいればかなり助かるんじゃないでしょうか。ミスが無いように気を配ってくださると思うのでお願いしたいと思いますね。

税理士(税務の相談)

全てお願いしたい事項ばかりですが、1番にそう思ったのは税金関係はしっかりと始めにやっておかないと後々大変だったり面倒な事が出てきたりすると思うからです。勤めていた会社で税金の事で色々面倒な事があったのを目の当たりにしたので、きをつけなけれぼならないなと思っています。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

昨今、社会問題化している労務管理に関しては細心の注意を払っておく必要があると思われるためです。もし、会社設立後の労務管理に問題があれば、会社や社員に不利益が及ぶ可能性が高いと思います。会社設立後の労務管理をお願いするメリットとしては、労務管理に関する問題を未然に防止することが挙げられます。

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

雇用保険や社会保険の手続きをするのが会社の方針ですが不正とも呼ばれるきちんとした手続きをされてない会社が存在するのも事実なので働く人にとっての環境会社が雇うと決めた以上給料明細に表示される金額と差し引きが合うか不利がない対応が出来るようお願いしたい。社会保険や雇用保険の手続きをされると会社を退職する時や辞めた時に失業保険がおりてくるメリットがあります。

司法書士(会社の設立登記)

まず知識が全くないので、どのような資料が必要かや何を書いたらよいか、などの基本からしっかり固めたいです。生まれ育った地元に恩返ししたいので、本社は東京で登記は地元で申請したいです。その際の注意事項を教えていただきたいです。メリットは地元が潤ってくれたら活性化すると思うからです。

社会保険労務士(労働保険手続き)

実際、将来的に会社の設立を検討しているので、よく考えていることですが、会社を設立するにあたり身近に司法書士をしている人がいるので相談することができますし、会社を経営している人に社会保険などの手続きも相談できますが、お金の管理や税金などは会社を運営していくなかで継続的に考えていかなくてはいけないですし、売り上げなど数字が特に変動するものなので、適切な対応をしてもらえる方にお願いしたいと考えるからです

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

会社は実際、従業員の力で運営が左右される部分が多いと思います。そう考えると、労働問題をしっかり対応しなければ、その後の業務にも差し支えます。どのように対処すればいいのか相談する事は、自分の防衛にもなり、安定した業務を行っていく為にも良い事だと思います。

税理士(確定申告)

自分の経験です。 会社の設立・登記は自分で行い、経理と決算までは使用していた「財務会計ソフト」で出来ました。しかし、確定申告は難しくて特に「消費税の確定申告」でつまづいてしまい、税務上で誤りが発生するとややこしくなるので已む無く税理士におねがいしました。

長崎県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    長崎県内の公証人役場
  • 長崎合同 〒850-0033 長崎市万才町7-1 住友生命長崎ビル8階
  • 諫早 〒854-0016 諫早市高城町5-10 諫早商工会館4階
  • 佐世保 〒857-0052 佐世保市松浦町5-13 グリーンビル1階
  • 島原 〒855-0034 島原市田町675-6

長崎県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士