会社の設立ガイド

長崎県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

長崎県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社を運営していくうちに法人に関する法律や、従業員の労働内容や条件に関わる法律も変わってくるので、自社が違反していないか相談する機会は多いと思うから。複数の会社で共同事業を行う場合、労働条件や対価が自社にとって不利なものではないことを確認したい。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

社会保険労務士の紛争解決。複雑な就業環境の中、紛争問題は複雑かつ多岐にわたりそうなので専門家にお願いし、早期解決をはかりたい。本音を言えば本業以外に時間を多く割かれたくない。司法書士の設立登記等は形式が決まっており、多数の書籍も出ているから自分でも努力できそう。できれば決算も外注したい。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

私は、以前から行政書士の勉強をしておりまして、行政書士の仕事をしたいと考えておりました。法律の勉強が好きでいつも法律に関われるから勉強して、ずっとその仕事に関わっていきたいから。あと、行政書士のが何となく自分のイメージでめちゃくちゃかっこいいからその仕事したいと思いました。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

設立当時に関わらず業務拡大等の際、許認可申請が必要になるシーンが多々あると思いますので、そのような際に社員を使って申請業務をさせるよりプロにお任せしたほうが安心ですし、社員の手が営業等に回せて一石二鳥と考えています。書類作成自体には利益は生まれませんから、外注しても;いいかと思っています。

司法書士(会社の設立登記)

まずはこの会社の設立登記がなければ、会社を起こすとかが出来ないと思ったため。一番最初の基礎がなければ、会社を興したくても起こさない。しかし、会社を設立出来たら、あとは少しでも自分で学びながら会社を経営していくことができるため、まずは一番最初に必要そうなものを一緒にやって欲しいから。

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

まず会社を設立するのが社長になるためのスタートラインだと思うので、司法書士の方にお願いをして、株式会社を設立する上で大切なことや必要なことを教えて頂けたら助かると思ったからです。身近な知り合いに聞くだけだと間違った情報かもしれないので、その道の専門家に聞くのが一番だと思い選びました。

司法書士(会社の設立登記)

今現在事業計画というものがなく、会社設立の相談をまずしたいと思い選択しました。税理士さんや、行政書士の方への相談は、事業計画のプランがある程度固まってから必要になると思いますので、その時にご相談したいと思います。起業するのがまず先だという事だと思います。

税理士(確定申告)

会社の経営に必要なことで、会社の経営や従業員の確定申告もやらないといけないと思うため。個々にやってもらうとなるとそれをやるための時間が必要になり会社にとっては個々の生産能力がマイナスになるためお金を払ってでも雇ってやってもらった方がいいと思う

税理士(経理・決算業務)

自分の知っている知識が乏しいので、お金に関する事なので、しっかり管理したいから専門の方にお願いするのが一番安心だから。利益や不利益な所をアドバイスしてもらえると、助かるかも。決算処理も大変なので、やってもらえると凄く助かるし、安心だと思う。

税理士(顧問税理士の依頼)

自分自信、社会保険労務士の資格は有しており、やはり会社を設立して、財務面を考えた時に数字に弱い為、顧問の税理士は必要と感じる。会社設立し、納税義務を果たさ無い場合はブラック企業扱いされて、社会的にも信用を無くす為、その防止が可能であるから。

税理士(税務の相談)

会社を設立する際に必要なのは資金であるし、資金がうまく回らなければ今後の会社の運営も危うくなってくるため。会社の血液とも言える資金のことをしっかりと管理し、これからの会社の運営について考えていきたいと思うから。税務についての相談があることで、より賢い選択をし、会社の運営に携わることができるというメリット。

長崎県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    長崎県内の公証人役場
  • 長崎合同 〒850-0033 長崎市万才町7-1 住友生命長崎ビル8階
  • 諫早 〒854-0016 諫早市高城町5-10 諫早商工会館4階
  • 佐世保 〒857-0052 佐世保市松浦町5-13 グリーンビル1階
  • 島原 〒855-0034 島原市田町675-6

長崎県における会社設立専門家

長崎県長崎市の会社設立専門家

  • 本田剛士税理士事務所 〒851-0115長崎県長崎市かき道2丁目31-20
  • 伊東寛高税理士事務所 〒852-8146長崎県長崎市けやき台町2-24

長崎県佐世保市の会社設立専門家

  • 田口寛税理士事務所 〒857-1153長崎県佐世保市もみじが丘町40-6
  • 千北裕吉行政書士事務所 〒857-0045長崎県佐世保市園田町3-18

長崎県島原市の会社設立専門家

  • 本村三郎税理士事務所 〒855-0056長崎県島原市浦の川2162
  • 宇土はるお行政書士事務所 〒855-0817長崎県島原市浦田2丁目779-1

長崎県諫早市の会社設立専門家

  • i社会保険労務士中山事務所 〒854-0061長崎県諫早市宇都町19-54
  • 橋本正和税理士事務所 〒854-0081長崎県諫早市栄田町26-2

長崎県大村市の会社設立専門家

  • 山下一則行政書士事務所 〒856-0802長崎県大村市皆同町227-8
  • 矢羽田修税理士事務所 〒856-0820長崎県大村市協和町829-1

長崎県平戸市の会社設立専門家

  • 桝屋可恵行政書士事務所 〒859-5111長崎県平戸市浦の町748-1-103
  • 松永いづみ税理士・行政書士事務所 〒859-5121長崎県平戸市岩の上町1084

長崎県松浦市の会社設立専門家

  • 山本愿行政書士事務所 〒859-4501長崎県松浦市志佐町浦免1500-1
  • 山口勇司法書士事務所 〒859-4501長崎県松浦市志佐町浦免1724

長崎県対馬市の会社設立専門家

  • TSM(税理士法人) 〒817-0031長崎県対馬市厳原町久田道1644
  • 中村雅彦行政書士事務所 〒817-0021長崎県対馬市厳原町今屋敷646-2

長崎県壱岐市の会社設立専門家

  • 殿川穂税理士事務所 〒811-5743長崎県壱岐市芦辺町住吉前触246
  • 下條保税理士事務所 〒811-5113長崎県壱岐市郷ノ浦町牛方触424-1

長崎県五島市の会社設立専門家

  • 南忠明司法書士事務所 〒853-0001長崎県五島市栄町1-53
  • 江口正則税理士事務所 〒853-0001長崎県五島市栄町9-15

長崎県西海市の会社設立専門家

  • ちねん法務行政書士事務所 〒851-3509長崎県西海市西海町横瀬郷1363-3
  • 瀬崎千里行政書士事務所 〒851-3423長崎県西海市西彼町八木原郷1799

長崎県雲仙市の会社設立専門家

  • 前川寅男司法書士事務所 〒854-0302長崎県雲仙市愛野町乙755-4
  • 前田修央人司法書士事務所 〒854-0301長崎県雲仙市愛野町甲3808-3

長崎県南島原市の会社設立専門家

  • 平湯正平司法書士事務所 〒859-2601長崎県南島原市加津佐町己3144
  • 甲斐田敦司法書士事務所 〒859-2502長崎県南島原市口之津町甲799

長崎県長与町の会社設立専門家

  • 村田社会保険労務士事務所 〒851-2124長崎県西彼杵郡長与町丸田郷1149-5
  • あゆみ行政書士事務所 〒851-2128長崎県西彼杵郡長与町嬉里郷275-1

長崎県時津町の会社設立専門家

  • 出島労務管理事務所 〒851-2105長崎県西彼杵郡時津町浦郷261-2
  • 森達暉行政書士事務所 〒851-2105長崎県西彼杵郡時津町浦郷275-2

長崎県東彼杵町の会社設立専門家

  • 小中尾一三司法書士事務所 〒859-3807長崎県東彼杵郡東彼杵町彼杵宿郷499-3

長崎県川棚町の会社設立専門家

  • 新井成光 〒859-3608長崎県東彼杵郡川棚町栄町48-1
  • 有田清人司法書士事務所 〒859-3615長崎県東彼杵郡川棚町下組郷13-4

長崎県波佐見町の会社設立専門家

  • 山口博幸 〒859-3722長崎県東彼杵郡波佐見町岳辺田郷616
  • 司法書士くらしな事務所 〒859-3715長崎県東彼杵郡波佐見町宿郷635

長崎県佐々町の会社設立専門家

  • 末永社会保険労務士事務所 〒857-0352長崎県北松浦郡佐々町口石免1202-5
  • 船原幸助司法書士事務所 〒857-0311長崎県北松浦郡佐々町本田原免190-1

長崎県新上五島町の会社設立専門家

  • 今村英文税理士事務所 〒857-4511長崎県南松浦郡新上五島町浦桑郷737-6
  • 増田展行行政書士事務所 〒853-2304長崎県南松浦郡新上五島町荒川郷37-2

長崎県で会社設立するなら

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

整体師なので、少しは保険の事も勉強していることもあり、もしも自分が倒れた時のことを考えて整体師という事もあり、病気で誰だって病院などにお世話になる可能性が誰だってあるので社会保険に対しては少しは知識があり、大切な事と分かっているので、まずは社会保険の事を相談したいと考える。

社会保険労務士(労働保険手続き)

会社を設立して、社員を集める際に社会保険労務士に労働保険の手続きなどをしてもらった方が福利厚生もしっかり大終えすることができ、社員が安心して務めてもらうことで会社にとってもいい影響になるのではないかと思ったからです。福利厚生を重視する人が増えているのでそこをアピールポイントにすることが出来ると思います。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

社員との間には小さいことを含めて何かと問題が生じるものです。対象社員に対しても、会社に対してもダメージの少ない解決方法を考える場合、社会保険労務士のアドバイスは有益です。事が大きくなって弁護士マターになる前に、社労士のサポートを受けて解決するのが最善策だと思います。

行政書士(補助金や助成金の申請)

専門分野ではないので,プロの方ならいろいろとご存知だと思うから。自分の知らない補助金や助成金の事も詳しく知っておられると思うので,それらに申請ができる。会社にはプラスになる事なので,しっかりと申請したいと思う。面倒な手続きなども請け負ってもらえる所はメリットがある。

司法書士(会社の設立登記)

会社設立にあたってそこに不備があったら元も子もないから。また自分では全てを網羅できないので、司法書士に設立、税理士にその後を相談したい。また、行政書士は司法書士で賄えるのでメリットはそこまでない。社会労務士は雇用としては必要だと思うが、まず雇用よりも1人社長兼社員として考えた結果、司法書士にお願いした方がいいと判断しました。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社設立・運営するにあたり、専門家の指導を仰ぎ会社の一番の基礎をきちんとしておかなければならないと思いました。また、会社を運営する中で、定款などはきちんとしたも出ないと、もしもの問題が発生したときにどうにも対処できなくなってしまうため。専門家による作成及び認証されていれば何かあった時でも対処できる。

税理士(確定申告)

お願いしたい理由は収支の計算が大変であるということです。正確に記入するのも大変ですし、そもそも領収書等の計算が大変です。もしこのような事務的なことをお願いできれば、もっと仕事について考える時間ができるし、動く時間もできて私にとってはとてもメリットがあります。

税理士(確定申告)

知り合いの社長の方など知っている範囲内でみなさん税理士の方などに頼んだりしているのを見ているので、WEBなどで簡単に申告出来るようになったと言ってもまだまだむずかしいイメージがあるのがひとつ。後、何とか自分で申告出来たとしてもその時間を違う事に注いだほうが効率的だと感じるから。

税理士(経理・決算業務)

経理決算業務が出来たら税務署対策もでき税金も対策ができそうだから経理は大事な仕事だと思います。経理は会社にとって中枢だと思います。お願いするメリットは税金逃れができそうかと思ったからです。私ももう少し勉強して彼の会社を支えていきたいです。これから支えていきたいです。

税理士(経理・決算業務)

数字的なことが苦手なので、経理のプロに任せた方が、作業効率が捗ると思い選びました。また、決算から出た数字に対していろいろな側面からアドバイスや今後の展望なども助言してくれるかもしれないと思います。含めての事にもなりますが、税金の対策にも相談してもらえる気がします。

税理士(経理・決算業務)

会社経営で、一番重要なのは、仕入れや売上、また資産などを明確にする経理の透明性だと思います。個人できっちりとできたらいいですが、経理に関しては、第三者の監督があることで、社会に対しても、不正会計をチェックしていることの信頼性が上がると思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

私自身、簿記の資格も持っていませんし、経理の仕事もした事がなく、正直経理関係で手を煩わされるのは、本業にも影響を与えてしまうと思います。かと言って、経理の人間を雇えるかというと、創業時は少しでも人件費を削りたいのでそれも難しいと思われ、それであれば、税理士さんにお願いすれば、自分は本業に専念できますし、売り上げも伸ばせると思えます。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社の代表になると迂闊に第三者に気軽に相談できる事柄ばかりではなくなるため守秘義務をもつ税理士に顧問として相談アドバイスを頂きたいから。メリットは多方面にわたる顧客や関わる諸問題解決の経験から適切なアドバイスが頂けること・また会社を取り巻く状況を知って頂くことで税務上にも役立つことがあることを期待します。

税理士(税務の相談)

会社を設立した場合、一番重要なことは利益をあげることです。収入ばかり多くても費用が多いと収益はあがりません。そのためにも無駄な税金を払わなくてよいよう節税する必要があります。税金の種類は多岐に渡るので、少しでも節税を考えるのであれば税理士の知識を利用するのが一番だと考えます。

税理士(税務の相談)

やっぱり立ち上げる時もそのあとにも税金の手続きや支払いなどがややこしいイメージがあり、自営の人が脱税を知らなかったなどで検挙されたりする事例を見ていると、会社の信用などにも関わり、専門家に1番任せておきたいと思ったからです。納税は義務なのでやはり大切だと思います。

税理士(税務の相談)

実際にお金のやりくりは重要であるため。一家庭ですら税金対策が重要だと言われる現在、会社となればなおさら重要だと感じるため。また専門家に依託することによってそこの部分の知識を自ら身につけなくてよくなるため。お金を少しでも自分の手元に残しておきたいため。