会社の設立ガイド

熊本県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

熊本県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

労務管理を疎かにしたがために、社員一人ひとりの能力を存分に発揮できない職場環境ではもったいないし、それでは事業の存続に多大なる影響を及ぼすと感じたため。社会の役に立つ事業を起こしていても、そこで働く社員がイキイキと働けないようでは、何のための会社かと思ってしまうし、せっかく経験を積んだ人材が離れていってしまい、会社の存続すら危うくなってしまうのではないかと思います。メリットは、社員が働きやすい環境作りの実現です。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

まだ会社設立で慣れていないときに起きた労働者と経営者間のトラブルを自分たちで解決できないときに社労士がいると助かります。裁判には長い時間と弁護士費用など多額のお金が必要になるので社労士を立てることで裁判ではなく話し合いによってトラブル解決をしてくれるからです。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

法律が大好きなのと親父が行政書士なので、それの跡継ぎをしたいのとあの選択の中で行政書士が1番賢く感じました。行政書士なら、自宅でもできて、毎日、法律にも関わりお客様の為に書類を作ったり、人の為にも頑張れる、とてもかっこいいと感じました。他の職業も人の為ですが、私は行政書士が1番いいと感じました。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

会社を新たに設立する上で必ず必要なものだというふうに感じたから。お願いするメリットとしてはその認可申請書を作成する手間や時間が省けるため、その時間をどんな人を採用したい、あるいは将来どのような事業をしていこうかということを考える時間が出来るため。

司法書士(会社の設立登記)

会社の設立登記がまず社長になるための一つ目の仕事だと思います。とても面倒で、初心者社長ができるようなことではないので、そこを司法書士さんにパーっとやってほしいですね。そこをクリアできれば今後の会社経営もスムーズにいくような気がするんですよね。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

まず会社の立ち上げをするのに、大きな土台が出来ていないと信頼が得られないので選びました。また、たくさんの知識のある行政書士に相談することで不安な点や問題点が浮き彫りになっていくと思われます。まず、会社の土台を作って飛躍出来ればと思いました。

司法書士(会社の設立登記)

法律などにも詳しいため規則などをきちんと決めてもらえる。それが法律に関わることか、また規則を破った社員に対してどのような処罰を下すかを考えてもらえるから。裁判になってもこちらとしては法律にのっとって行なったことと言えばいいため問題がおきない。

税理士(確定申告)

社員数が多くなれば多くなる程、年末調整の書類関係で仕事がいっぱいになってしまいます。本来のすべき業務が、特に忙しい年度末の時期にできなくなる・とまってしまうということは会社にとって大きな痛手になりますから、税理士の手をお借りしたいところになります。

税理士(経理・決算業務)

会社=家族だと社長になったら考えます。家族を守るためにもお金の管理は大切。会社を運営するためにもきちんと債務や支出の管理を行いたいからです。人はお給料でやる気=モチベーションが上がると考えます。何が必要なものなのか、切り捨てる支出は何かを設立する立場で教えてもらいたいです。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を興して事業を行う上では、お金のことは最も重要になってくるからです。特に税金等に関することは複雑で普通の人にはとても大変です。なので、専門家に頼むのが一番であると考えています。その都度頼んだりするのは面倒なので、顧問契約という形にしたいと思います。

税理士(税務の相談)

会社を興すとなれば、会社の経理的な事はとても大切だと思います。経理的な事だけでなく、儲けがたくさん出た時には、ただただお役所に税金を納めていたのではもったいない。とも思いますがそこはきちんと税の知識のある方に相談して法律をきちんと守った上で節税もしたいので。

熊本県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    熊本県内の公証人役場
  • 熊本合同 〒862-0976 熊本市中央区九品寺2-1-24 ベストアメニティ熊本九品寺ビル3階
  • 八代 〒866-0861 八代市本町2-4-29
  • 天草 〒863-0037 天草市諏訪町2-10 武内ビル1階

熊本県における会社設立専門家

熊本県熊本市の会社設立専門家

  • 司法書士櫻井博邦事務所 〒860-0072熊本県熊本市西区花園1丁目3-1-2F
  • 佐藤耕三税理士事務所 〒860-0072熊本県熊本市西区花園2丁目9-7

熊本県八代市の会社設立専門家

  • 飛永まゆみ行政書士事務所 〒866-0844熊本県八代市旭中央通16-12
  • 安土裕二郎税理士事務所 〒866-0844熊本県八代市旭中央通16-4

熊本県人吉市の会社設立専門家

  • 尾下昇税理士事務所 〒868-0084熊本県人吉市温泉町2689-3
  • 行政書士にし法務事務所 〒868-0014熊本県人吉市下薩摩瀬町729-10

熊本県荒尾市の会社設立専門家

  • 立山博雪税理士事務所 〒864-0011熊本県荒尾市下井手339-1-202
  • 司法書士小柳亮幸事務所 〒864-0004熊本県荒尾市宮内176-11

熊本県水俣市の会社設立専門家

  • 嶽村博志税理士事務所 〒867-0044熊本県水俣市旭町1丁目3-6
  • 礒部季男税理士事務所 〒867-0067熊本県水俣市塩浜町1-20

熊本県玉名市の会社設立専門家

  • 東パートナーズ(税理士法人) 〒865-0045熊本県玉名市伊倉南方985-1
  • 平本和孝土地家屋調査士・行政書士事務所 〒865-0013熊本県玉名市下2697

熊本県山鹿市の会社設立専門家

  • 行政書士うどう綜合事務所 〒861-0501熊本県山鹿市山鹿1045-1
  • 藤嶋正文税理士事務所 〒861-0501熊本県山鹿市山鹿141

熊本県菊池市の会社設立専門家

  • 松本輝久司法書士事務所 〒861-1331熊本県菊池市隈府1056
  • 立迫行政書士事務所 〒861-1331熊本県菊池市隈府275

熊本県宇土市の会社設立専門家

  • 中村信二司法書士事務所 〒869-0445熊本県宇土市浦田町62
  • 中山貴博司法書士事務所 〒869-0453熊本県宇土市栄町141

熊本県上天草市の会社設立専門家

  • 松田一弘司法書士事務所 〒861-6102熊本県上天草市松島町合津3484-1
  • 山崎信一司法書士事務所 〒869-3602熊本県上天草市大矢野町上1498-3

熊本県宇城市の会社設立専門家

  • 中島孝司法書士事務所 〒869-3207熊本県宇城市三角町三角浦762-1
  • 大塚司法書士事務所 〒869-3205熊本県宇城市三角町波多265-2

熊本県阿蘇市の会社設立専門家

  • 小松経営税務会計事務所 〒869-2612熊本県阿蘇市一の宮町宮地1452-2
  • 郷良文税理士事務所 〒869-2612熊本県阿蘇市一の宮町宮地2005-201

熊本県天草市の会社設立専門家

  • 田中正和司法書士事務所 〒863-0022熊本県天草市栄町10-6
  • 小西大輝税理士事務所 〒863-0050熊本県天草市丸尾町15-30

熊本県合志市の会社設立専門家

  • 森藤税理士事務所 〒861-1112熊本県合志市幾久富1866-710
  • CMS社労士オフィス 〒861-1112熊本県合志市幾久富1866-936

熊本県美里町の会社設立専門家

  • 山本善裕司法書士行政書士事務所 〒861-4402熊本県下益城郡美里町堅志田49
  • 司法書士和田真彦事務所 〒861-4733熊本県下益城郡美里町二和田906

熊本県玉東町の会社設立専門家

  • 行政書士植野法務事務所 〒869-0301熊本県玉名郡玉東町大字稲佐604-2

熊本県南関町の会社設立専門家

  • 福山美子行政書士事務所 〒861-0803熊本県玉名郡南関町大字関町1310
  • 森秋光司法書士事務所 〒861-0803熊本県玉名郡南関町大字関町1318

熊本県長洲町の会社設立専門家

  • 行政書士児玉清一事務所 〒869-0102熊本県玉名郡長洲町大字折崎1480-1
  • 松山洋司法書士事務所 〒869-0123熊本県玉名郡長洲町大字長洲1985

熊本県和水町の会社設立専門家

  • 盛多一智 〒865-0136熊本県玉名郡和水町江田4376
  • 竹下進一税理士事務所 〒861-0914熊本県玉名郡和水町上板楠1676

熊本県大津町の会社設立専門家

  • 宮崎社会保険労務士事務所 〒869-1226熊本県菊池郡大津町大字灰塚185-1
  • 黒田傳行政書士事務所 〒869-1235熊本県菊池郡大津町大字室2080-7

熊本県菊陽町の会社設立専門家

  • 司法書士田島法務事務所 〒869-1108熊本県菊池郡菊陽町光の森1丁目2-1
  • 渡辺武徳司法書士事務所 〒869-1108熊本県菊池郡菊陽町光の森4丁目3480-7

熊本県小国町の会社設立専門家

  • 片岡不可止司法書士事務所 〒869-2501熊本県阿蘇郡小国町大字宮原1481-6
  • 大久保吉武司法書士事務所 〒869-2501熊本県阿蘇郡小国町大字宮原1727

熊本県高森町の会社設立専門家

  • 山村俊澄司法書士事務所 〒869-1602熊本県阿蘇郡高森町大字高森1254-2
  • 岩下嘉雄司法書士事務所 〒869-1602熊本県阿蘇郡高森町大字高森1537

熊本県西原村の会社設立専門家

  • 大岩幸哉税理士事務所 〒861-2403熊本県阿蘇郡西原村大字布田986-77

熊本県南阿蘇村の会社設立専門家

  • 緒方幸雄税理士事務所 〒869-1411熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陰3950-5
  • 高宮司法書士事務所 〒869-1401熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字立野840-2

熊本県御船町の会社設立専門家

  • 甲斐司法書士土地家屋調査士事務所 〒861-3207熊本県上益城郡御船町大字御船748-2
  • 宮部隆佐税理士事務所 〒861-3207熊本県上益城郡御船町大字御船838-4

熊本県嘉島町の会社設立専門家

  • 元田社会保険労務士事務所 〒861-3101熊本県上益城郡嘉島町大字鯰1599-3
  • 宮田泰助税理士事務所 〒861-3101熊本県上益城郡嘉島町大字鯰2770-1-401

熊本県益城町の会社設立専門家

  • 福岡莞爾司法書士事務所 〒861-2241熊本県上益城郡益城町大字宮園579
  • 本田税理士事務所 〒861-2234熊本県上益城郡益城町大字古閑551-5

熊本県山都町の会社設立専門家

  • 上田通治 〒861-3512熊本県上益城郡山都町下馬尾286
  • 瀧井一信税理士事務所 〒861-3543熊本県上益城郡山都町上寺1802

熊本県氷川町の会社設立専門家

  • 北村繁好税理士事務所 〒869-4602熊本県八代郡氷川町宮原1176-86
  • 川口司法書士事務所 〒869-4601熊本県八代郡氷川町今187-2

熊本県芦北町の会社設立専門家

  • 川添昇司法書士事務所 〒869-5461熊本県葦北郡芦北町大字芦北2765-1
  • 正林民治司法書士事務所 〒869-5461熊本県葦北郡芦北町大字芦北2791-6

熊本県津奈木町の会社設立専門家

  • 川崎正洋司法書士事務所 〒869-5604熊本県葦北郡津奈木町大字小津奈木2113-16

熊本県錦町の会社設立専門家

  • 渡部幸子司法書士事務所 〒868-0302熊本県球磨郡錦町大字一武1531-1
  • 遠山事務所 〒868-0302熊本県球磨郡錦町大字一武1531-1

熊本県多良木町の会社設立専門家

  • 辻隆友税理士事務所 〒868-0502熊本県球磨郡多良木町大字黒肥地877-1
  • 前田英敏司法書士事務所 〒868-0501熊本県球磨郡多良木町大字多良木1419-10

熊本県湯前町の会社設立専門家

  • 右田司法書士事務所 〒868-0600熊本県球磨郡湯前町1988
  • なえとこ行政書士事務所 〒868-0623熊本県球磨郡湯前町野中田2305-4

熊本県相良村の会社設立専門家

  • しらかわ行政書士事務所 〒868-0094熊本県球磨郡相良村大字深水2500-52

熊本県あさぎり町の会社設立専門家

  • 古賀晃法務行政事務所 〒868-0422熊本県球磨郡あさぎり町上北1883
  • 高山社会保険労務士事務所 〒868-0422熊本県球磨郡あさぎり町上北2196

熊本県苓北町の会社設立専門家

  • 宮本税務会計事務所 〒863-2503熊本県天草郡苓北町志岐149-1
  • 岡野社労士事務所 〒863-2507熊本県天草郡苓北町富岡3709-1

熊本県で会社設立するなら

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

福利厚生はやっぱり大事ですからね!従業員が怪我した際に保険がないと大変ですから、しっかりと保険を加入出来る様にするのは経営者の責任だと思いますね。でも今、会社を設立するとなると何をどうするのかも分からないので力になってもらえると大変助かるんじゃないですかね!

社会保険労務士(労働保険手続き)

年金や社会保険の計算は、現在勤めている会社の人事部を見る限り、本当によくわからないというのが実感です。もしも私が会社設立をした場合、そういう手続きや計算に疲弊してしまい、会社経営に集中できそうにありません。なので、社会保険労務士の方にその部分はお願いして、私は日々の業務に集中したいと思ったからです。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

現在企業の残業やパワハラなどが多くニュースで取り上げられていることとマイナンバー制度が始まったため、きちんとした人事労務ができる人がいたほうが会社としてまた社員が安心して働くことができる環境が必要だと思い社会保険労務士がいる会社を設立したいと考えました。

行政書士(補助金や助成金の申請)

補助金の申請などをお願いすると思います。簡単に利益をあげる事は難しいと思うので、国からの援助なりを受けつつ、少しずつ、自分の会社が成長出来るようにしながら、補助金額が降りなくなるまでの間に、利益を稼ぎ、会社をどんどん大きくして行きたいと思いました。

司法書士(会社の設立登記)

自分で出来ないから。設立に対して間違いがあると様々な不具合が生じて業務に支障がでる。さきに進む物も進めなくなる。正式な書類は専門家にお願いするのが正解だと思われる。過去にじぶんで行った事があり大変なことになって仕事どころでは無くなった。プロにお願いするのがベスト!

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社を設立するにあたっての第一歩であり、仕事で定款作成に少し関わる機会があったが経理などよりも日頃頻繁に関わることがないもの。後に定款内容変更を行うこともあるだろうが、やはり最初は専門分野に任せたり相談したりして基本形を作成した方が良いと考える

税理士(確定申告)

雇用されている側会社員であれば会社で必要となったレシート等を全て保管しておき確定申告を行う必要はとくにはないが自分が会社を経営する立場になれば会社の為に必要となった経費のレシートそれに関わる飲食代等の領収書、ガソリン代などを必ず毎度保管しておき入出金が分かる帳簿を付けて定められた確定申告を行う時期に税務署に行き申告が必要である。メリットは今まで雇用される側だった場合無知である可能性が高いため専門家を雇い処理してもらう方が効率が良いから。

税理士(確定申告)

事業に専念する為には、やはり余計な事は出来るだけしたくないと思います。その上で一番面倒だなと感じるのは、税金関係の事と思いました。毎年必ずやらなくてはならない確定申告を、税理士さんに丸投げ出来るのは、業務に余裕が出来る事と思います。また、自分では判断しにくい支出も税理士さんにお任せ出来るのは心強いと思ったからです。

税理士(経理・決算業務)

今の仕事を更に増やしていき、セクションを増やしていくようになれば、税理士の先生にお願いすることになると思います。特に経理方面については、わからないことが多いし、理科の範疇を超えているので、色々聞いたりして、手を借りることになっていくと思います。そうなれるくらい、仕事に邁進していきたいと思っています。

税理士(経理・決算業務)

最初は確定申告を選んでみましたが、なぜかと考えた時に、やはり経理や決算をお願いしたいと思いました。確定申告は、役所などに行き聞きながらしたり、現在はインターネットでもできるそうだという事を聞いたので、勉強すれば自分でも出来るのではないかと思いました。その反面、いざ自分が会社を立ちあげる事になった時、一番心配なのは資金繰りです。滞ってしまうと元もこうもありません。その他労働保険の手続きなどはした経験があるので、少し消去法のような形で考えました。メリットとしては、経理を誰かに委託する事で、自分が安心できます。

税理士(経理・決算業務)

専門的な知識が必要なため。登記や労務関連は必要な時に単発で外部委託も可能ですが、社内の数字はあまり外部に出したくないのと、経理部門は日々常に発生する業務(量も多い)で会社の基盤となる重要な部分なため。メリットとしては細かい仕事なので専門家にお願いすることで自分は別の仕事に時間を使えると思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社の利益が上がらないと意味がないから、きちんと管理してもらいたいです。私は、なんでもどんぶり勘定で、経理には、むいていないので、頼もしい存在になると思います。そして、あまり税金を払わなくていいように考えて欲しいものです。もし、税務署に指摘されることが起こっても全部、やってくれそうで安心です。

税理士(顧問税理士の依頼)

事業所で総務・経理を担当していたので、上記に出ている事の内容はわかるのですが、お金に関する事が一番「他者の目」「第三者の目」が必要と実感があります。よって、会社を設立するなら顧問税理士を雇いたいです。ここさえ押さえれば後は自分でカバーできます。

税理士(税務の相談)

私は金融機関に勤めるファイナンシャルプランナーですが、企業というものは節税の巧拙によって、随分、利益の増減が発生する事を学んできました。そしてそれを相談する相手としては、やはり毎年のように改定される税制について熟知している税理士にお願いするしかないというのが結論です。

税理士(税務の相談)

限りある資金で事業を運営するわけですから、法律にそって納税はしなければいけないけれど、少しでも利益を増やすためには節税することが大切だと思うので。払う税金を可能な限り減らすことで、商品やサービスの価格を下げることもできるし、従業員の賃金をあげることもできる。

税理士(税務の相談)

税に関してはきちんとしておかないと後々困ったことになると思うから。しかし、お金に関しては幅広い知識と専門性が必要なため、最も良い方法で会社のための方法などを考えてくれると思うからお願いしたいと思います。また、お金に関することはプロに相談するのが1番だと考えたため。