会社の設立ガイド

大分県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

大分県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

従業員の社会保険や有給管理など給与計算は、とても大変な作業だし、デリケートなことなのでプロである社会保険労務士に任せたい。間違えると従業員からの信頼がなくなってしまう。就業規則などもきちんと整えて、社員が安心して働ける会社にしたい。助成金の情報もほしい。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

紛争については身内だけで解決するよりは第三者の意見を聞く必要があると思う。またいろんな角度から見れる人また見る人がいたほうがスムーズに解決すると思う。社長として会社にとって色んなことが良いように向かえるように社員の意見も聞けるような機会になると思う。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

設立後会社を大きくしていく過程で設立時に定めた定款などに不備などがあったりした場合、また素人考えで作成した文言などであとから起こる可能性のある不具合や問題などが起こる前に前もって対処・対応できるように。また自社に有利・有益な定款作成の参考になりそうなので。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

市役所に行ったりしなければいけないし、書類を準備するのが大変そうなのが一番の理由。その分会社設立前から営業する時間を作りたいので、許可申請は時間がかかるので。その他にも司法書士や税理士とは違い、比較的報酬が安いイメージがあるため行政書士にお願いしたいと思います。

司法書士(会社の設立登記)

会社を立ち上げてこれからという、その前段階でもある登記でつまずいては元も子もないので司法書士の先生にお願いしたいと思います。自分の力で出来ない事ではないのでしょうけれど、何度も経験するような事ではないのでここぞという一度の登記は滞りなく済ませたいです。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

大きな投資資本がない場合と仮定しての設立であるため、運営後の税金や社員たちの福利厚生より先に、設立手続きにおいての専門家が必要かと思えたので。後で大きくすることを考えて、まずは書類上だけでも正式な手続きを行うことで、後々問題がなくなることがメリットかと考えました。

司法書士(会社の設立登記)

会社の設立にあたって、まずは基盤が大事だと思ったため。登記などに関して、全く無知なので、専門の方にお願いしてから事業をスタートさせたいと思いました。その他のことは、設立後に必要になるものが多いような気がします。設立前につくっておく最低限必要なものとして挙げさせていただきました。

税理士(確定申告)

確定申告は難しいから。いくら使ったいくら収入があったまでは自分で出来ていても社員を雇うとなると社員への報酬などがあるため管理出来ないので。また、税金などはうまくやらないとたくさん取られてしまうので、間違いなくしっかりとやるには税理士にお願いするのが一番だと思ってます。

税理士(経理・決算業務)

自分がこれまでやってきた仕事に関する知識があっても、税金や登録関係のことはまったくわからず勉強したこともないからです。会社の登記や設立までの手続きもわからないですが、間違えたら登録できないでやり直せばいいですが、経理や税金関係のことは分からずにやって脱税などをしてしまったら困るからです。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社の運営にもっとも影響してくるのが税金関係だと思っています。顧問税理士を雇い、税務書類の作成や確定申告の作業を代わりにこなしてもらえるのは非常に助かると思います。それに企業を設立した場合は会社設立手続きでの窓口をしてもらえたりするので色々サポートしてもらえます

税理士(税務の相談)

税務のことについて詳しくないので、サポートしてほしいから。お金に関することは自分一人で行なうよりも専門家に任せたほうが安心できるし、間違った手続きをして損をするのは怖いから。今後会社が軌道に乗ってからも財務のことについて相談に乗っていただきたい。

大分県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    大分県内の公証人役場
  • 大分合同 〒870-0045 大分市城崎町2-1-9 城崎MKビル2階
  • 中津 〒871-0058 中津市豊田町6-11 徳永ビル2階
  • 日田 〒877-0025 日田市田島2-1-20 第2光ビル2階

大分県における会社設立専門家

大分県大分市の会社設立専門家

  • 甲斐幸丈税理士事務所 〒870-0874大分県大分市にじが丘2丁目14-1
  • 甲斐社会保険労務士事務所 〒870-0880大分県大分市はなの森15-3

大分県別府市の会社設立専門家

  • 濱田行政書士事務所 〒874-0012大分県別府市スパランド豊海38-8
  • 伊崎労務管理事務所 〒874-0935大分県別府市駅前町6-2

大分県中津市の会社設立専門家

  • 深邉司法書士事務所 〒871-0073大分県中津市塩町1129
  • 深邉昭二司法書士事務所 〒871-0073大分県中津市塩町1129

大分県日田市の会社設立専門家

  • 貞清司法書士事務所 〒877-0006大分県日田市港町3-4
  • 長澤千津子税理士事務所 〒877-0016大分県日田市三本松1丁目4-34

大分県佐伯市の会社設立専門家

  • 東重夫税理士事務所 〒876-0804大分県佐伯市蟹田9-7
  • 榎長三郎税理士事務所 〒876-0834大分県佐伯市城南町18-24

大分県臼杵市の会社設立専門家

  • 川野雄一税理士事務所 〒875-0041大分県臼杵市大字臼杵2-107-75
  • 大村直樹司法書士事務所 〒875-0041大分県臼杵市大字臼杵72-109

大分県津久見市の会社設立専門家

  • 小野秀和税理士事務所 〒879-2443大分県津久見市セメント町12-2
  • 西丸重明税理士事務所 〒879-2442大分県津久見市港町1-21

大分県竹田市の会社設立専門家

  • 佐藤喜一税理士事務所 〒878-0201大分県竹田市久住町大字久住5698-2
  • 司法書士渡辺久哉事務所 〒878-0011大分県竹田市大字会々1498-1

大分県豊後高田市の会社設立専門家

  • 三上達美司法書士事務所 〒879-0606大分県豊後高田市玉津1507-1
  • 馬場博之税理士事務所 〒879-0606大分県豊後高田市玉津1860

大分県杵築市の会社設立専門家

  • 野田学税理士事務所 〒873-0001大分県杵築市大字杵築1123
  • 末綱富久雄司法書士事務所 〒873-0001大分県杵築市大字杵築665-354

大分県宇佐市の会社設立専門家

  • 恵良安大司法書士事務所 〒872-0521大分県宇佐市安心院町下毛2060-1
  • 山村博俊税理士事務所 〒872-0517大分県宇佐市安心院町大218

大分県豊後大野市の会社設立専門家

  • 佐藤孝旺司法書士事務所 〒879-7101大分県豊後大野市三重町宮野4346
  • 小野傳治司法書士事務所 〒879-7131大分県豊後大野市三重町市場1255-1

大分県由布市の会社設立専門家

  • 司法書士田中事務所 〒879-5421大分県由布市庄内町柿原630-1
  • 生野基社会保険労務士事務所 〒879-5413大分県由布市庄内町大龍1670

大分県国東市の会社設立専門家

  • 山田社会保険労務士事務所 〒873-0221大分県国東市安岐町西本1060-3
  • プロフィット(税理士法人) 〒873-0511大分県国東市国東町小原2664-1

大分県日出町の会社設立専門家

  • 司法書士津崎久信 〒879-1506大分県速見郡日出町2544-7
  • 中島正税理士事務所 〒879-1506大分県速見郡日出町3232-2-3F

大分県玖珠町の会社設立専門家

  • 行政書士あない法務事務所 〒879-4414大分県玖珠郡玖珠町大字大隈275-11
  • 湯浅税理士事務所 〒879-4413大分県玖珠郡玖珠町大字塚脇180-12

大分県で会社設立するなら

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

経済的にどれだけの収入でどれだけ税金を支払いするのか?税金を安くする為にはどうすれば良いか?等をお願いしたいと思いました。税金が安くなればその分社員の給料を上げられるかもしれないからです。効率良くすればもっと会社が立ち上がれるのではないかと思います。

社会保険労務士(労働保険手続き)

社会保険は求められる知識が多様であり、毎年のように変化しています。働き方は日々変化しており、雇用保険料との関係も最新の知識が求められます。社会保険の業務を他の方にしていただくことで、本業に専念することが可能となり、会社の業績にもよい影響を与えるからです。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

人が快適に仕事ができるように職場環境を整える事が、会社の成長にも繋がっていくと思うからです。昨今の残業時間問題や仕事に関するストレスからのメンタル的な問題など、人を取り巻く職場環境はまだまだ満足いくものではないからです。労務関係の法改正が度々行われても、社労士がいればすぐ対応できる事がメリットだと思います。

行政書士(補助金や助成金の申請)

資本金にしんぱいがあるため、制度をうまく利用したいと考えている。一方で私にはそういった制度に対する知識がなく、誤った使い方をすることで将来的に法律に触れるような事になりたくないから。専門家の知恵をかりることで有効に制度を利用したいと考えるため。

司法書士(会社の設立登記)

会社設立への経緯など文章にしたい。文章の誤りや記載もれなどないよう、専門の人材を配置し適材適所で対応させていきたい。また会社のサイト立ち上げ時にも協力してもらい会社の理念等の掲載を図っていき従業員の募集も合わせておこなっていきたい。メリットとしては社長の作業時間の短縮に反映していく。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社の今後の方針や事業内容を決める最初の1歩目が定款の作成だと思うので、過不足なく仕上げられるようプロの力を借りたい。また事業を展開していき融資などを考えた時など定款を求められる機会があるためしっかりとした内容のものを最初に作成できた方がいいと思いました。

税理士(確定申告)

近年確定申告漏れや、所得隠しと疑われる様な案件をメディア等で多く目にする事があるので、会社の信用等を得る為にも必ずクリアにしておかなくてはならない部分であり。専門家にお願いするのが漏れ等を無くす為の最善策であり、時間短縮のメリットがあるのではと感じました。

税理士(経理・決算業務)

会社を経営するにあたり、地盤をしっかり、固めて行く必要性がある。会社の母体であり、社員の事を考えまた、会社の事も考えた上で、成立する経営をしていかなければならない。事業の軌道次第で経営破綻にならない為にも、また、倒産しない為にもしっかりしていなければならない。

税理士(経理・決算業務)

会社を経営するにあたって経理の分野が一番明朗会計でなけれなならないと考えるからです。信頼できる経理をお願いすることができれば安心して他の業務にも集中できますし、明朗会計が会社の信用にもつながってくると思うからです。また経理は一人ではなく複数の目で確認作業ができるほど信頼も高まると考えます。

税理士(経理・決算業務)

個人事業主の場合には、税理士に任せることで業務の一部から解放され、他の作業に回ることができて、作業の効率化を図ることができると思うからです。また、税務署に申告をする場合、税理士が介在している場合、しっかりとした税務を行っていることの裏付けになり、銀行などへ融資の申し込みをする際にも、税理士がいるということで信用力の向上になると思うからです。

税理士(経理・決算業務)

お金の計算はやはり専門家に頼むのが良いと思います。それもなるべく第三者の厳しい目がないと、仲間内でなあなあになって社のためにあまり良くなさそうだと思います。確定申告なら最近は専用ソフトを使うこともできますが、なかなか経理決算は難しいと思うので。

税理士(顧問税理士の依頼)

税法は、頻繁に改正されるのでプロにお任せしないと、素人ではハードルが高すぎます。もちろん年商が低く家族だけの経営のうちは税務署で税務相談を受けながらでも、申告出来るとは思いますが、他人を雇用するとなった時(正規でもパートでも)には、税金管理は必須です。経理の仕事が長いので実感しているのは、社員の労務管理も社会保険管理も、まず税務処理がどうなるか?マイナンバーとの絡みは?から始まります。なので税理士の方は、会社経営に関わる税務以外の知識をお持ちの方がおられるからです。。

税理士(顧問税理士の依頼)

複雑な経理業務でミスが発生すると会社の経理の停滞ならびに、社会的信用の失墜を招き以後の会社経営に支障をきたすため、専門家である有資格者に指導及び業務をお願いすることにより本来の業務に集中することで業績をあげまた、社会的な信用を得られると考えられるため

税理士(税務の相談)

会社を設立するということは、多かれ少なかれ売り上げや給料などのお金の出入りが発生する。お金の出入りが発生するということは、課税であろうと非課税であろうとそれらの申告や税務署と否応でもかかわることになる。会社を設立する限りは、すぐにでも軌道に乗せたいし、長く経営をして生き残りたいので、税務署と上手に付き合うノウハウ(申告書提出や節税など)をまずは税理士にお願いしたい。

税理士(税務の相談)

会社の役員報酬を減らして、その分社員の賞与やベースアップに分配したいからです。給料が上がるとモチベーションも上がるでしょうし、役員報酬が減ると、いい上司やいい会社と思ってもらえ、働きやすい仕事環境が整うでしょう。そのために無駄を省く税理士に相談したいですね。

税理士(税務の相談)

時々税理士さんが来てくれて作業をしてくださるのですが、その作業内容を見ていると到底自分ではできないような作業です。ですので税理士さんを雇いたいと思います。1番時間のかかるところだと思いますので、時間短縮のためにも良いと思います。