会社の設立ガイド

宮崎県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

税理士(顧問税理士の依頼)

技術や営業では得意分野があるけど会計や財務の知識が乏しい。運転資金がいくら必要とか、会計や財務をどのように管理したらいいのか、お金を理解していなければ成り立たないから財務の専門家のサポートが必要だと思う。会社が倒産の危機に陥らないように資金計画をすることが重要。

税理士(経理・決算業務)

一番には自分が数字に弱いことが理由ですが、会社の規模がどのような状態であっても、営利目的である限り常にしっかりしたお金の管理が必要だからです。他のものはその段階が終わっているか(すでに社長である前提なので)事業が軌道に乗ってから受けてもいいサポートのように思いました。

税理士(経理・決算業務)

登記の司法書士や、行政書士、社労士業務は、行政から話を聞けば大体自分で手続が可能ですが、会計は自力で決算をするのは難しいです。また、経費削減や税金対策について自分では調べられないこと、税制改正が多いことから税理士は必要だと思います。良い税理士の場合は、経営アドバイスもしてもらえると思います。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

会社設立の法律上必要な規則や規定は 今まで会社経営する立場でなかったので中々細かく複雑なので 専門家に頼み 手順を踏んで必要な手続きを誤りなく踏んで会社設立したく思います。専門家に頼むメリットは やはり素人では分かりにくい盲点や 特記事項への対処にあります。

税理士(経理・決算業務)

会社を経営するにあたって経理の分野が一番明朗会計でなけれなならないと考えるからです。信頼できる経理をお願いすることができれば安心して他の業務にも集中できますし、明朗会計が会社の信用にもつながってくると思うからです。また経理は一人ではなく複数の目で確認作業ができるほど信頼も高まると考えます。

司法書士(会社の設立登記)

自分の専門分野ではないので,プロにお願いして間違いのないようにしてもらうため。会社の設立登記がしっかり出来ていないと会社として成り立たない。1番最初の大きな仕事でもあると思うので,間違いなく確実に行ってもらえる。設立登記の際に〇〇司法書士の先生にお力をお借りしましたと言える。

行政書士(補助金や助成金の申請)

初めて起業するとしたら、とりあえず資金は必要になります。自分の夢を描くのは容易いことですが、実際に具体的な展開を進めるには専門家の意見は必要になります。補助金の制度があれば積極的に利用したいと思いますし、その後安定した経営をしたいのであれば重要なことだと思います。

税理士(税務の相談)

会社を設立する際に、一番問題になることは金銭面での問題・トラブルだと私は考えている。税務面では、特に小さなミスが大きな問題となる。しかし自分たちの知識だけでは解決できないことでも、専門家に相談することによって、よりスムーズに、よりベストな選択ができるのではないかと思う。

宮崎県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    宮崎県内の公証人役場
  • 宮崎合同 〒880-0802 宮崎市別府町2-5 コスモ別府ビル2階
  • 都城 〒885-0025 都城市前田町15街区10-1
  • 延岡 〒882-0823 延岡市中町2-1-7 ジブラルタ生命延岡ビル5階
  • 日南 〒887-0031 日南市戸高1-3-1

宮崎県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士