会社の設立ガイド

宮崎県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

宮崎県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社で一番大事なのは従業員だと思うからなるべく働いて不満が出ないようにしたいです。そうすれば従業員の生産性は必ず上がると思っています。無理な労働を求めるような会社には誰も入りたくないし頑張って働こうとは思いません。だからまずは自分が気付いてないようなところでもしっかりサポートできるように社会保険労務士さんに業務をお願いしたいです。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

自分では基本的な部分が分からないこともあるため、専門家に任せたほうが、第三者からのアドバイスなどをしてもらえるから、いいのではないかと思う。自分よがりな考えになってしまうと他者が付いてこなかったり、会社の中しかみれなくなってしまうので、それを防ぎたい。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

定款の内容変更は軽微なものではありますが、総会を開かなくてはならなかったり、必要書類を用意したり、自分で行うとやはり面倒です。行政書士にお願いすれば、流れをサポートしてもらえますし、特に定款の内容変更であるならば開業後で業務がスタートしている時期に余計な時間を割く手間が省けると思います。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

許可申請はまず会社を立ち上げる為にぶつかる壁だと思います。必要な書類に関してはホームページなどを参考にすれば自身でも出来ると思いますが、会社を早く立ち上げる為に素早く且つ適切に作業する為には専門家への相談は不可欠になるのではないでしょうか。

司法書士(会社の設立登記)

実際に会社を起業する知識は全く持ち合わせていないので、起業の時点から問題を抱えたく無いので仕事を依頼したいと思います。又、司法書士に仕事を依頼する事で会社を起業して経営が不安定な時期に司法書士の顔の広さで仕事を紹介して貰える可能性があるので知り合いや味方を増やす上でも依頼します。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

まずは最初が肝心だと思います。どのような会社にしていくかをしっかり形にしていかないと社員を雇っていくにも取引先にも認めてもらえないと思います。そこで自分の思いを周囲に認めてもらえるように専門家のしっかりとしたサポートを受けて築いていきたいと考えます。

司法書士(会社の設立登記)

会社を設立する際に登記の登録はかなり大変ですからね!何も知らないと設立なんて出来ないですし知っていても必要な書類が多すぎて大変ですから司法書士の方がいればかなり助かるんじゃないでしょうか。ミスが無いように気を配ってくださると思うのでお願いしたいと思いますね。

税理士(確定申告)

自分の経験です。 会社の設立・登記は自分で行い、経理と決算までは使用していた「財務会計ソフト」で出来ました。しかし、確定申告は難しくて特に「消費税の確定申告」でつまづいてしまい、税務上で誤りが発生するとややこしくなるので已む無く税理士におねがいしました。

税理士(経理・決算業務)

経理や決算については、どんなに勉強しても理解できなかったからです。他の方に任せてしまった方が、自分は会社経営に集中できてよいなと思ったのでお願いしようと思いました。やはり、お願いすることで、経理や決算以外のことに集中できるのがメリットだと思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

絶対な税理士がいないと成り立たない。お金が円滑にまわらないとやっていけないと思うから。確定申告から税務調査対策、節税などお金の問題は沢山あるからスペシャリストに任せておくと安心だし、いろんなアドバイスやサポートをしてもらえる気がするからです。

税理士(税務の相談)

税理士のお勉強をして本当に大変なのを知ってるから、どうやったら節税対策になるかと知識がないと損するからちゃんとした税理士にお願いして、会社のお金を守っていってほしいし、ちゃんとした会社にしたいから。それと確定申告など手間がかかるお仕事だから税理士にお願いして、他の仕事を進めたい。

宮崎県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    宮崎県内の公証人役場
  • 宮崎合同 〒880-0802 宮崎市別府町2-5 コスモ別府ビル2階
  • 都城 〒885-0025 都城市前田町15街区10-1
  • 延岡 〒882-0823 延岡市中町2-1-7 ジブラルタ生命延岡ビル5階
  • 日南 〒887-0031 日南市戸高1-3-1

宮崎県における会社設立専門家

宮崎県宮崎市の会社設立専門家

  • 湯川利孝社会保険労務士事務所 〒880-0835宮崎県宮崎市阿波岐原町前浜4276-167
  • 三浦英男行政書士事務所 〒880-0803宮崎県宮崎市旭1丁目1-19-1F

宮崎県都城市の会社設立専門家

  • 池山弘徳行政書士事務所 〒885-0041宮崎県都城市一万城町44-4-1
  • 脇丸労務管理事務所 〒885-0041宮崎県都城市一万城町56-22

宮崎県延岡市の会社設立専門家

  • 林田真一税理士事務所 〒882-0872宮崎県延岡市愛宕町2丁目2278-6
  • 屋谷社会保険労務士事務所 〒882-0025宮崎県延岡市粟野名町1522-1

宮崎県日南市の会社設立専門家

  • 小坂康仁税理士事務所 〒887-0012宮崎県日南市園田2丁目8-5
  • 穂積正憲行政書士事務所 〒887-0014宮崎県日南市岩崎3丁目5-18-1

宮崎県小林市の会社設立専門家

  • 前田吉治社会保険労務管理事務所 〒886-0004宮崎県小林市細野201
  • 下野秀晴税理士事務所 〒886-0004宮崎県小林市細野2036-12

宮崎県日向市の会社設立専門家

  • 江藤社会保険労務士事務所 〒883-0053宮崎県日向市梶木町1丁目14
  • 社会保険労務士轟事務所 〒883-0066宮崎県日向市亀崎2丁目123

宮崎県串間市の会社設立専門家

  • 豊饒行政書士事務所 〒888-0001宮崎県串間市大字西方3121
  • 加藤茂樹税理士事務所 〒888-0001宮崎県串間市大字西方3441-10

宮崎県西都市の会社設立専門家

  • 中武猛夫司法書士事務所 〒881-0012宮崎県西都市小野崎1丁目106
  • 黒木功税理士事務所 〒881-0012宮崎県西都市小野崎2丁目20

宮崎県えびの市の会社設立専門家

  • 山下惠朗税理士事務所 〒889-4301宮崎県えびの市大字原田70-1
  • 徳澄尚元司法書士事務所 〒889-4301宮崎県えびの市大字原田91-1

宮崎県三股町の会社設立専門家

  • 高妻法政保険事務所 〒889-1901宮崎県北諸県郡三股町大字樺山1888-18
  • 赤池徹司法書士事務所 〒889-1901宮崎県北諸県郡三股町大字樺山3481-8

宮崎県高原町の会社設立専門家

  • 瀬戸山・田中パートナーズ(税理士法人) 〒889-4414宮崎県西諸県郡高原町大字蒲牟田1156-2
  • 竹之下公博司法書士事務所 〒889-4412宮崎県西諸県郡高原町大字西麓922-2

宮崎県国富町の会社設立専門家

  • 大津留社会保険労務士事務所 〒880-1102宮崎県東諸県郡国富町大字宮王丸139-1
  • 市来行政書士事務所 〒880-1224宮崎県東諸県郡国富町大字深年6336-1

宮崎県綾町の会社設立専門家

  • 宮本行政書士事務所 〒880-1303宮崎県東諸県郡綾町大字南俣499-4
  • 折田茂秀税理士事務所 〒880-1302宮崎県東諸県郡綾町大字北俣493-4

宮崎県高鍋町の会社設立専門家

  • 黒木労務管理事務所 〒884-0006宮崎県児湯郡高鍋町大字上江2138
  • 横川行政書士事務所 〒884-0006宮崎県児湯郡高鍋町大字上江6649-58

宮崎県新富町の会社設立専門家

  • 宮本良一司法書士事務所 〒889-1402宮崎県児湯郡新富町大字三納代2406-6
  • 伊藤久好司法書士事務所 〒889-1402宮崎県児湯郡新富町大字三納代2843-40

宮崎県木城町の会社設立専門家

  • すがしのぶ行政書士事務所 〒884-0102宮崎県児湯郡木城町大字椎木4503-5

宮崎県川南町の会社設立専門家

  • 坂元和紀税理士事務所 〒889-1301宮崎県児湯郡川南町大字川南13509-40
  • 日高省吾司法書士事務所 〒889-1301宮崎県児湯郡川南町大字川南13575-15

宮崎県都農町の会社設立専門家

  • 黒木今朝満事務所 〒889-1201宮崎県児湯郡都農町大字川北4757-4
  • 河野保之司法書士事務所 〒889-1201宮崎県児湯郡都農町大字川北4862-2

宮崎県門川町の会社設立専門家

  • 安田稔 〒889-0614宮崎県東臼杵郡門川町上町6丁目31
  • 松尾純子司法書士事務所 〒889-0614宮崎県東臼杵郡門川町上町6丁目8

宮崎県椎葉村の会社設立専門家

  • 行政サポート椎葉 〒883-1601宮崎県東臼杵郡椎葉村大字下福良1747-6

宮崎県高千穂町の会社設立専門家

  • 梅田司法書士事務所 〒882-1101宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井10-5
  • 馬崎さやか司法書士事務所 〒882-1101宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井722-5

宮崎県で会社設立するなら

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

自分ができるところは自分でやりますが難しいことは外注したいからです。そうなりますと社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス) が現実的に自分では手に負えるとは思えないからです。ただ、できるのであれば自分でも勉強し、なるべく外注は避けたいところです

社会保険労務士(労働保険手続き)

実際、将来的に会社の設立を検討しているので、よく考えていることですが、会社を設立するにあたり身近に司法書士をしている人がいるので相談することができますし、会社を経営している人に社会保険などの手続きも相談できますが、お金の管理や税金などは会社を運営していくなかで継続的に考えていかなくてはいけないですし、売り上げなど数字が特に変動するものなので、適切な対応をしてもらえる方にお願いしたいと考えるからです

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

労働者と経営者との立場で対立しないのが一番ですが、意見の相違など会った場合、法律的な観点からアドバイスを頂けると思うので。家族経営ならば、心配はなさそうですが、第三者を雇うとなると法律的な相談は必要だと思います。それに、労務関係の法律は本当に難しいので。

行政書士(補助金や助成金の申請)

行政への書類作成には時間がかかる、行政書士にお願いして補助金など資料を多く要するもの、手のかかるっものをお願いして時間短縮をはかり、助成金などを多くもらいたい、また、申請時の資料確認、または、補助金の種類などに精通しているので、相談することも簡単

司法書士(会社の設立登記)

会社を設立にあたり、どのような書類が必要であり、規則があるのかというのとは自分自身でももちろんしっかり把握し理解することは必要不可欠です。しかし、法律や規定など見落としたり、解釈がずれてしまっていると問題が発生してしまうので専門家にサポートしていただければ心強いと思いますし、安心して会社設立に力が注げると思います。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

初めてのことであるし、会社設立に大事な定款は専門家に任せたいと考えます。自分でやれば費用は掛からないでしょうが、あれこれ調べたり悩んだりするくらいなら、初めはプロにお願いしてしまうのが効率的に思います。その時に他の部分でも、簡単なアドバイスなら引き出せるかも知れません。

税理士(確定申告)

実際、自営業をしている友達を見ていると毎年2月の確定申告の時期はとっても忙しそうでイライラしていて余裕がなさそうにしているからです。私自身、昨年はじめて、医療費控除を受けるために確定申告しましたが申請の仕方がよくわからず大変な思いをしました。それが会社の確定申告となるときっと大変に違いないと思うので、税理士さんにお願いしたいと思います。

税理士(経理・決算業務)

専門性が無いと決算は大変だと、経理の人に聞いたことがあるため。また、間違いがあると社の不利益になる度合いが高いと思う。簡単には学べないし、古くから会社と関わっていた方が、先々にも良いと考える。将来的に会社を大きくしていきたいなら必須にみえます。

税理士(経理・決算業務)

会社を設立という言う事は社員の労働時間や、勤務条件、給与、利益、様々必要な事がありますが、私の考えでは何よりもやはり会社と言うことなのでお金が1番重要になるかなと思い、自分で計算して少しでも間違ってしまえば大きな損害になってしまったり、労働時間に関しては自分の人情で何とかなりそうですが、お金に関してはしっかり計算して経理を立てていかないと大問題になるので税理士が1番必要だなと思い選びました。

税理士(経理・決算業務)

会社を経営するにあたってまず最初につまづくのはお金の問題になると思いました。収支の計算や経費の算出など数字に関することは会社経営やそうでない人も確実に通ってはいかないといけないものだと思うからです。もし社長が経営の腕が多少無くても仕事の専門分野の腕があればその腕に頼って仕事を頂けるかもしれませんがお金の勘定もままにならないほどだと支払いや受け取り請求など滞ってしまってはお金のサイクルが生みだされず経営には至らなくなってしまうからです。

税理士(経理・決算業務)

金銭の管理をお願いしたいと感じたは、自分の一番苦手な分野だと感じたからです。また、客観的な立場からお金を管理していただける方がいたときのことを考えると、非常に心強く業務に集中して取り組めるのではないかと感じます。経理という立場を任せられるのはとても信用のおける方だと思うので、そのような方が会社にいるだけでも安心します。

税理士(顧問税理士の依頼)

事業が上手くいき、軌道に乗ってきたら今まで自分で行っていた税金の計算を顧問税理士に依頼したいと考えるから。依頼することによって自身で行うよりも時間が短縮化され、自分は更に仕事に精が出せるメリットがあるのではないかと考えるため。但し、信頼出来る方を探さなければならないと思う。

税理士(顧問税理士の依頼)

経営者は、基本的には自分一人で判断しなければならず、もし迷ったり、悩んでしまった場合には、同じ経営者同士で相談をする場合が多いです。ただ、税理士であれば、数多くの会社に携わった経験があり、また自分の会社の内情(財務状況など)も知っているため、「どんな問題があって」「どのような方法をとるべきか」という相談にも理解がしやすく、アドバイスもしやすいという利点があります。 税理士自身もいろいろな解決策を持っている場合が多く、税務以外の専門的な問題を解決できる人物(弁護士、社会保険労務士など)を知っていたり、取引先となりうるクライアントを抱えていることもあります。経営者(会社)の事情の深い部分まで知っている税理士だからこそ、「相談役」という重要な役割を担うことが可能となります。

税理士(税務の相談)

税務に関しての一日の仕事に取られる時間が非常に長く、詳しくも無いという点から、その時間をもっと有効活用し行政書士への支払い以上の見返りがあると確信できる為、分かる分からないではなく生産効率を考えて無駄にならない依頼と考えた為です。またさらに踏み入って考えれば無理な事は別にたくさんありますが、優先順位で考えました。

税理士(税務の相談)

会社を作るメリットは自分の金を税金という罰則から守るためだと感じているからです。会社を作るのは、大変なこともあるが、メリットもたくさんあると思います。自分のために金を働かせることを学んだ人たち、またはそのビジネスを最もいい形で残すのが会社の役目だと思っています。税金という制度に真面目に対応して儲けが減るのは納得がいかない。税のプロを雇おうと思ったのはそのためです。

税理士(税務の相談)

法人であったり、個人であっても事業を始めれば営利を追求する。そこで利益が出る出ないに関わらず、住民税や事業所税事業所税、物を仕入たり売却したりすれば、消費税も発生する。やはり税金計算を一人で行うのは手間がかかる。そのために税金の専門家である税理士に仕事を依頼するのが得策だと思います。