会社の設立ガイド

鹿児島県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

鹿児島県で会社設立するなら

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社を設立すると、従業員を雇うことになる。初めはお手伝いやサポートという立ち位置での業務が出来ても、いずれ従業員数が増えれば、労務管理は必須となってくる。そこに割く労力は、専門家に依頼するほうがコストが削減できると考えるから。従業員としても安心して働くことが出来る。

社会保険労務士(会社設立後の紛争解決)

会社の角となるところだから、しっかり機能してほしいところが社労士である。特に紛争解決の場を抑えとかないと、会社の根幹から崩れ落ちる可能性があるため、しっかり委託できる人間に任せて、問題が発生していないときはあまり関わりたくないとおもっているため。

行政書士(設立時や内容変更時の定款の作成代行)

どの専門家の方もとても必要な存在ではありますが、会社を立ちあげる最初に行うことが定款なのかなと思いましたので、まず初めに行政書士の方とお話をしながら公的手続きはどのように行ったらいいかを話し合いたいなと思いました。税務のことも分からないので税理士さんと迷いましたが今回は以上の理由で行政書士さんを選びました。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

設立を届け出るのに虚偽や間違いのない情報は確実に必要です。素人が自分で作成するよりもお金をかけてプロに作成してもらったほうが結局手間も省けて良かったということになりかねません。また頻繁にするような業務ではないのでここぞという時は専門家に任せるのが賢明だと思います。

司法書士(会社の設立登記)

設立時の手続き、登記をする際は必要になるためお願いしたい。その他は知識があったり調べたりすればなんとかクリア出来そう。設立する会社の規模によっても違うと思うが、行政書士に出来ないことも司法書士であれば出来る為、設立時のみではなくその後も関係を持っておきたい。税理士は利益が出だしてからでもいいと思うし、社労士も紛争時はお願いしたいけど、通常の事務であれば電子申請等で簡易に出来る為。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

設立に関して知識がゼロだから その手のプロにお願いしてある程度形を作って貰いたいから 設立するならスムーズに進めたいから アドバイス等聞きたいから 法的に引っ掛かったとき相談出来そうだから 騙されたりしたくないから お金が絡むことだから 揉めたくないから

司法書士(会社の設立登記)

まず登記のサポートを踏まえ、力や知識がある方にお願いをしておけば、会社を設立することができます。お仕事柄、その方の紹介で、他に会社設立のノウハウを教えてくださる方が見つかりそう。有利なことがありそう。自分はやりたい事業に専念できると思ったから。

税理士(確定申告)

単回答しか選べませんでしたので、「確定申告」を選択しましたが、税理士へ「決算業務」と「確定申告」をお願いしたいです。それをお願いするメリットは、決算処理に当たり、日常の簿記の不備もチェックして貰える点、個人や企業で確定申告するよりも税務署のチェックが厳しくなりにくい事を期待できる点です。

税理士(経理・決算業務)

経理業務の経験が無いため、知識が浅い。そのため、専門的な知識を有する税理士に会社の経理業務・決算業務を依頼したいと思う。会社を経営するに当たっては、経理業務以外にも本来の業務が発生するため、専門家に依頼した方がより効率的な会社経営が出来る。

税理士(顧問税理士の依頼)

単純な理由なのですが、税金は会社にとっての重要な社会への証明となります。もし、不正をしてしまえば、せっかく築き上げた信頼を一気に失いかねません。お金とは、怖い物でばれなければという心が働きますのでその点を指摘して頂ける第三者の目が必要と思ったからです。

税理士(税務の相談)

会社の設立登記や、定款の認証は法務局の方に聞けば今は丁寧に教えてくれます。何度も足を運び、電話で聞いたりすることも出来ます。ただし、税理士の方は専門性が他に比べて高いと思います。一般的な知識は誰にでもあるかもしれないですが、節税という面を考えるとやはり専門家の方にお願いするべきだと思いました。

鹿児島県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    鹿児島県内の公証人役場
  • 鹿児島合同 〒892-0816 鹿児島市山下町17-12 平正ビル
  • 川内 〒895-0061 薩摩川内市御陵下町14-1
  • 鹿屋 〒893-0014 鹿屋市寿1-19-2-1
  • 名瀬 〒894-0025 奄美市名瀬幸町12-22-201

鹿児島県における会社設立専門家

鹿児島県鹿児島市の会社設立専門家

  • いわきり社会保険労務士事務所鹿児島オフィス 〒890-0008鹿児島県鹿児島市伊敷3丁目7-8
  • 新穂信一司法書士事務所 〒890-0008鹿児島県鹿児島市伊敷5丁目3-8

鹿児島県鹿屋市の会社設立専門家

  • 七村義見税理士事務所 〒893-0047鹿児島県鹿屋市下堀町3001-18-1F
  • 杉木行政書士事務所 〒893-0024鹿児島県鹿屋市下祓川町1488-6

鹿児島県枕崎市の会社設立専門家

  • 福留京子社会保険労務士事務所 〒898-0042鹿児島県枕崎市塩屋南町402
  • 福留京子行政書士事務所 〒898-0042鹿児島県枕崎市塩屋南町402

鹿児島県阿久根市の会社設立専門家

  • 林純弘行政書士・土地家屋調査士事務所 〒899-1628鹿児島県阿久根市塩鶴町1丁目28
  • 野畑誠行政書士事務所 〒899-1628鹿児島県阿久根市塩鶴町2丁目102

鹿児島県出水市の会社設立専門家

  • 山岡冨士男行政書士事務所 〒899-0206鹿児島県出水市向江町2-38-1F
  • 萩原安徳税理士事務所 〒899-0407鹿児島県出水市高尾野町江内1361-6

鹿児島県指宿市の会社設立専門家

  • 外薗幸吉行政書士事務所 〒891-0515鹿児島県指宿市山川小川1543-1
  • 吉村成好司法書士事務所 〒891-0516鹿児島県指宿市山川成川5187

鹿児島県西之表市の会社設立専門家

  • 多々崎登事務所 〒891-3116鹿児島県西之表市鴨女町208
  • 田添祐一税理士事務所 〒891-3116鹿児島県西之表市鴨女町50-15

鹿児島県垂水市の会社設立専門家

  • 井之上社会保険労務士・行政書士事務所 〒891-2105鹿児島県垂水市松原町36
  • 國師司法書士事務所 〒891-2104鹿児島県垂水市田神3495-1-2F

鹿児島県薩摩川内市の会社設立専門家

  • 鎌田政胤司法書士事務所 〒895-0064鹿児島県薩摩川内市花木町16-6
  • 堂免事務所 〒895-0064鹿児島県薩摩川内市花木町8-3

鹿児島県日置市の会社設立専門家

  • しもごりょう社会保険労務士事務所 〒899-2511鹿児島県日置市伊集院町下神殿1977-2
  • 種子島節行政書士事務所 〒899-2501鹿児島県日置市伊集院町下谷口1845

鹿児島県曽於市の会社設立専門家

  • 川崎良弘司法書士事務所 〒899-4101鹿児島県曽於市財部町南俣11309
  • 桂勝博司法書士事務所 〒899-8102鹿児島県曽於市大隅町岩川5644

鹿児島県霧島市の会社設立専門家

  • 安永せつ子行政書士事務所 〒899-4463鹿児島県霧島市国分下井852-1
  • 齊藤章司法書士事務所 〒899-4325鹿児島県霧島市国分松木町37-27

鹿児島県いちき串木野市の会社設立専門家

  • 田中和矢行政書士事務所 〒896-0014鹿児島県いちき串木野市元町100
  • 平地司法書士事務所 〒896-0014鹿児島県いちき串木野市元町125

鹿児島県南さつま市の会社設立専門家

  • 本田和俊司法書士事務所 〒897-1125鹿児島県南さつま市加世田益山2600-3
  • 弥栄健一行政書士事務所 〒897-1123鹿児島県南さつま市加世田高橋2066-97

鹿児島県志布志市の会社設立専門家

  • 高瀬一己税理士事務所 〒899-7104鹿児島県志布志市志布志町安楽1397-1
  • 海江田経営会計事務所 〒899-7104鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2

鹿児島県奄美市の会社設立専門家

  • 永田義治司法書士事務所 〒894-0025鹿児島県奄美市名瀬幸町2-1-2F
  • 岩下美佐子税理士事務所 〒894-0025鹿児島県奄美市名瀬幸町21-9-2F

鹿児島県南九州市の会社設立専門家

  • 福元社会保険労務士事務所 〒891-0701鹿児島県南九州市頴娃町郡1551-13
  • 福元健祐司法書士事務所 〒891-0701鹿児島県南九州市頴娃町郡1616

鹿児島県伊佐市の会社設立専門家

  • 楠税理士事務所 〒895-2525鹿児島県伊佐市大口下殿835-107
  • 大塚一陽司法書士事務所 〒895-2512鹿児島県伊佐市大口元町19-1

鹿児島県姶良市の会社設立専門家

  • 植木春生司法書士事務所 〒899-5214鹿児島県姶良市加治木町仮屋町23
  • 西村久男税理士事務所 〒899-5214鹿児島県姶良市加治木町仮屋町62-15

鹿児島県さつま町の会社設立専門家

  • 山田元彦税理士事務所 〒895-1803鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1036
  • 山崎宏税理士事務所 〒895-1803鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1563-6

鹿児島県長島町の会社設立専門家

  • 竹之内輝博行政書士事務所 〒899-1303鹿児島県出水郡長島町指江1327-1
  • 児島司法書士事務所 〒899-1401鹿児島県出水郡長島町鷹巣1759-1

鹿児島県湧水町の会社設立専門家

  • 中村行政書士市民法務事務所 〒899-6105鹿児島県姶良郡湧水町般若寺1751-2
  • 宮田康浩司法書士事務所 〒899-6207鹿児島県姶良郡湧水町米永585-34

鹿児島県大崎町の会社設立専門家

  • のがた行政書士事務所 〒899-8313鹿児島県曽於郡大崎町野方6090-13
  • 池辺政興 〒899-8313鹿児島県曽於郡大崎町野方6179-6

鹿児島県東串良町の会社設立専門家

  • 原田猛司法書士事務所 〒893-1613鹿児島県肝属郡東串良町川西1547

鹿児島県錦江町の会社設立専門家

  • 南大隅地区司法書士法律相談センター 〒893-2302鹿児島県肝属郡錦江町城元1043-4
  • 中迫文範司法書士事務所 〒893-2302鹿児島県肝属郡錦江町城元712-9

鹿児島県南大隅町の会社設立専門家

  • 上之原俊郎司法書士事務所 〒893-2501鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北315
  • 行政書士内園博己事務所 〒893-2501鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北4878-イ

鹿児島県肝付町の会社設立専門家

  • 窪田哲郎税理士事務所 〒893-1207鹿児島県肝属郡肝付町新富34
  • 堀之内初男税理士事務所 〒893-1206鹿児島県肝属郡肝付町前田3687-26

鹿児島県中種子町の会社設立専門家

  • 松木建雄司法書士事務所 〒891-3604鹿児島県熊毛郡中種子町野間5269-76
  • 松木建雄行政書士事務所 〒891-3604鹿児島県熊毛郡中種子町野間5269-76

鹿児島県南種子町の会社設立専門家

  • 松木建雄司法書士事務所 〒891-3604鹿児島県熊毛郡中種子町野間5269-76
  • 松木建雄行政書士事務所 〒891-3604鹿児島県熊毛郡中種子町野間5269-76

鹿児島県屋久島町の会社設立専門家

  • 酒井英昭司法書士事務所 〒891-4311鹿児島県熊毛郡屋久島町安房1763-13
  • 山本税務会計事務所 〒891-4311鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2353

鹿児島県瀬戸内町の会社設立専門家

  • 久保司法書士事務所 〒894-1505鹿児島県大島郡瀬戸内町大字古仁屋字松江21
  • 司法書士事務所木村 〒894-1505鹿児島県大島郡瀬戸内町大字古仁屋字松江4-3

鹿児島県喜界町の会社設立専門家

  • 向田行政書士事務所 〒891-6143鹿児島県大島郡喜界町大字志戸桶730-1
  • 山口行政書士事務所 〒891-6201鹿児島県大島郡喜界町大字赤連2901-1

鹿児島県徳之島町の会社設立専門家

  • 松永光子税理士事務所 〒891-7101鹿児島県大島郡徳之島町亀津7243
  • 富山税理士事務所 〒891-7101鹿児島県大島郡徳之島町亀津7398-1F

鹿児島県天城町の会社設立専門家

  • 吉内測量登記事務所 〒891-7611鹿児島県大島郡天城町大字天城360-2

鹿児島県和泊町の会社設立専門家

  • 伊地知実嘉司法書士事務所 〒891-9112鹿児島県大島郡和泊町大字和泊11
  • 福山肇行政書士事務所 〒891-9112鹿児島県大島郡和泊町大字和泊1218

鹿児島県知名町の会社設立専門家

  • 平山浩蔵 〒891-9213鹿児島県大島郡知名町大字瀬利覚2240
  • 横山彰行政書士事務所 〒891-9214鹿児島県大島郡知名町大字知名474

鹿児島県で会社設立するなら

社会保険労務士(設立時の社会保険加入手続きとアドバイス)

会社の社員を全員正社員にしたいので社会保険加入の手続きは欠かせないし、社員にはまともに生活ができる給料と社会保障と労働環境を提供したいのが理由で社員の家族が給料が少ないことや社会保障がままならないことでは働いてくれないと思ったのです。社会保険などのいろいろなアドバイスや補助金などもあれば積極的にお願いしたいと思います。

社会保険労務士(労働保険手続き)

労働保険の手続きは抜かりなくチェックしときたいです。人生をかけて自分の会社に入社してくれた社員が快適に安心して過ごせるようにしたいからです。社員そしてその家族までも背負ってる覚悟で取り組みたいものです。その為にも労働保険に関してはプロにお任せするのがいいと思います。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

労働環境などがいい加減であれば、社員もいい加減になると思います。きちんと労務管理がされていれば、社員は仕事に専念でき、仕事の効率があがると思うから。 今まで経験した職場で雰囲気がよくないところは大抵、労務管理がいい加減だったから。そういう職場では、残業代や手当、各手続きなどに関してよく愚痴を聞きました。

行政書士(補助金や助成金の申請)

事業の拡大や立て直しなど、業務を軌道に乗せるのに、資金があるとスピード感がでるため補助金や助成金の申請が必要だと考えたため。また、申請には事業計画も必要になるので、事業を軌道に乗せる上で必然的にチェックされるため業務の客観的視点も知れていいのでないかと思います。

司法書士(会社の設立登記)

会社の設立には信用できる人が必要だから司法書士の人が必要なんだと思います。司法書士の資格を持ってればとりあえず安心するしなんでもできるからです。司法書士の人はモテそうですよね。司法書士はかっこいいと思います。司法書士はとても大事ですよね。ありがとうございました。

司法書士(設立に必要な定款の作成と認証)

まず会社の決まりをキチンと決めないことには社員を雇おうが、商品を扱おうが、台無しになってしまいます。そこで専門家の知識を借り、理想の会社に育て上げるためには最低限どんな決まりが必要なのかを考え、社員に周知してもらうことで、もし何か起きた時に落ち着いて対応できるようになると思うからです。

税理士(確定申告)

今、個人で確定申告をする時も、書類を集めたり、パソコンの操作で手間取ったりしているので、会社の確定申告は、プロの方にやってもらったほうがミスもなくやり直しのリスクも減るのではないかと思い選ばせて頂きました。社長になっているくらいなので自分の時間を惜しいとも思っているはずなので

税理士(経理・決算業務)

素人考えですが、会社を設立したら、従業員給料、売り上げ、経費、家賃等のお金に関することを税理士にお願いしないと自分ではすべてかんりが難しいし、前の会社が定期的に税理士さんが来てたので必要と思ったのは1つです。他にも必要なことは有りますが、お金の管理はプロに任せたいです。

税理士(経理・決算業務)

会社にとって一番大切なのは、自分の会社の売上や経費といったお金に関する問題だと考えます。私が考えるに、お金を作るのが会社の役割であり、そのお金をどう作るのかを考えるのが社長の仕事ではないかと考えます。そして作ったお金の管理をお願いすることによって会社の運営がより楽になると考えます。

税理士(経理・決算業務)

会社を設立、運営する上で税理士のポジションの人材を置くことは必要不可欠であり他の部でそれぞれ経理を管理することができても効率の部分にかけてくるので経理関係の人材はマストです。それぞれ円滑に業務を進める上で経理担当がしっかりいることで予算などをまとめてくれるとたすかるからです。

税理士(経理・決算業務)

税金に関して仕組みが複雑で、自分の知識では全く理解できないから、専門知識を持った税理士に会計をまかせられたら頼もしいから。ややこしいし、計算方法などが複雑だから。税金に関しての法律が複雑で、誤った処理を行うと、税務著から調査が入ってきて大変だから。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社の経理を考えながら事業を拡大、成功に導く指導をしてくれそうに考えます。例えば従業員のこと、社会保険のこと、給料形態のこと、資金運用のノウハウなどをきちんと整えた会社経営を考えて行きたいからです。社内の雰囲気や、社員のモチベーションを高めたいです。

税理士(顧問税理士の依頼)

税金関係などを会社を設立するにあたって、とても大事な事だから、顧問税理士にお任せすれば、きちんとやってくれそう。会社を設立して、会社が大きくなればなるほど、税務関係は大事だと思うので、顧問税理士を依頼すれば安心してお任せ出来るからいいと思う。

税理士(税務の相談)

会社設立後は必ず税務上の手続きが必要になります。税理士に頼まずに、自身で処理することにより、無駄な税金を支払うことになる可能性もあると思います。そのようなことがないよう、税理士を選びます。メリットとして、その後の経理関係の代行もお願いできることではないかと思います。

税理士(税務の相談)

何は無くとも、お金の管理が1番重要、税機を対策も専門家についてもらって、難しいとされる税制度に対応してほしい。そして、稼ぎは大きく、税金はできるだけ少なく、それでいて、還付金は1円でも多く欲しい。税理士は絶対に必要だと思う。創業後もいつでも相談出来る状態でいて欲しい。

税理士(税務の相談)

会社を運営していく上で必要となる税金(出費)を少しでも節約するためです。お願いするメリットは、無駄な出費を防ぎ、残ったお金で新しい事業の立ち上げおよび既存事業の拡充、社員教育、会社内の各種イベント、福利厚生など各方面に力を入れることができることです。