会社の設立ガイド

沖縄県で会社設立するならおまかせください/法人設立から業務まで

株式会社や合同会社など会社を設立(法人化)するとき、あなたはどのように事業を軌道にのせていきますか?本業も大事、でも会社設立となると申請や書類作成、許認可、手続きなどしなければならない大量にあります。

できるだけ自分で手続きするというのもひとつの方法です。ですが会社設立前後の不安定な時期だからこそできるだけ本業の仕事に集中する時間を確保できるかどうかが事業を軌道にのせるためにも大事なことです。

まずはみんなはどんな専門家にどんなサポートをお願いしたいと思っているのか聞いてみましょう。

会社設立するとき誰に何をお願いしますか?

司法書士(株式会社や合同会社の設立相談)

会社を立てるにあたって、株主や合同会社の協力は不可欠なものだと思います。最初は上手くいっていても何か問題が起きたときにすぐに裏切られてしまうようでは長続きしないと思います。なので、初めの段階でプロの人を仲介に認識の違いなどが生まれないようにきちっと決めることは決めたいと思うからです。

税理士(顧問税理士の依頼)

税に関することでトラブルが多いと聞いたためです。自分では認識していない税が発生していて、支払いせずに督促を受けたケースもあると聞きました。認知していない部分でも悪質と判断され、罰金・懲役などがある場合もあるということなので、専門家に依頼すると思います。

税理士(確定申告)

去年自分で確定申告をする機会があり、初めてでしたが結構ややこしかったので、会社を経営する場合にはこれ以上に難しいと思ったからです。確定申告の代行と、確定申告に必要な書類の作成を専門家である税理士さんが行ってくれれば、ミスも無いと思うので安心出来ると思います。

税理士(顧問税理士の依頼)

会社を立ち上げてはみても、確定申告以外でも税務に関する書類作成などが多々あると思います。時間がないと言う以外にも、専門的な知識がないと難しいような気がします。また、支店や新しい事業をやりたい時とか、給与関連など様々な事にアドバイスや代行作業をしてもらえるので心強いと思います。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

会社を作る上で従業員が働きやすい会社にしたいので社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)を選びました。従業員が満足する事によって会社が軌道に乗ると思うからです。また会社労務管理をしっかり行う事により仕事に効率化も図れると思っております。会社は利益を上げ存続させる事に意味があると思っております。従業員の満足あって会社は軌道に乗るのではないかと考えます。

行政書士(設立に必要な許認可申請書の作成)

自分の専門分野ではないのため。また,会社設立するためにやらなければいけない事も多数あり,プロにお願いして作成してもらうのが1番だと思うから。その道のプロにお願いする事によって,提出する書類などの出し忘れなどを防ぐというメリットがあると思う。

税理士(顧問税理士の依頼)

税金に関する事はとても細分化されていて、素人にはとても分かりにくいと思います。そんな中で、節税や適切な処理の仕方などの緒知識について、顧問の税理士さんの存在はとても大切だと思います。いつでも相談、依頼出来る環境がスムーズな会社経営にとってとても大切だと思います。

社会保険労務士(会社設立後の労務管理相談)

設立時の手続きについては、インターネットや書籍などで調べたりして自分一人でも何とか出来ると思うので、設立時に専門の方にお願いすることは極力避けたいです。今後の為に出来るだけ資金を使わないでおきたいですし、設立前ならまだ準備の時間が取れると思うので。なので、設立後に随時専門家に相談できる方が助かります。税務や補助金などは自分で調べても何とかなりそうですが、労務は「そもそも労務とは?」という感じなので、その分野で相談できたらいいなと思いました。

沖縄県に本店を置く会社設立の定款認証

定款は会社設立の第一歩ですが、間違いのない定款の作成(紙定款・電子定款)、公証人役場での事前確認、認証の電話予約など複雑ですることもたくさんありますので、お願いできるのであれば会社設立定款の作成のプロである支司法書士さんもしくは行政書士さんといった専門家にお願いしましょう。

    沖縄県内の公証人役場
  • 那覇公証センター 〒902-0067 那覇市字安里176-4 マリッサヒルズ3階
  • 沖縄 〒904-2153 沖縄市美里1-2-3

沖縄県の司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士